books

HOMEStudy RoomBooks 2019

書斎 - Books 2019

平積みになった本の中から最近読んだ小説の数々を、順不同にピックアップしていきます。それと感想をちょっぴり。
※ 簡単な感想を併記していますが、やっぱり表現が難しい。自分でも駄文だとは思いますが、仕方ないですよね。それにしても、ついさっき読み終わったばかりの本だというのに、内容の大半がはっきりと思い出せない・・・。どうしたものか・・・。
※ 一部ネタばれしていますので、未読の方は、ご注意ください。
※ 表紙絵の画像は全て所蔵する現物をスキャンして得ています(帯があるものはそのまま)。従いまして、このイメージの2次使用を禁止いたします。
※ 念のため、画像の解像度及びサイズは、"Thumbnail" 並に落としてあります。ネット通販サイトなどで見られる画像より「確実に」落としてあります。

[2014年] [2015年] [2016年] [2017年] [2018年] [2019年] [2020年] [2021年]

2019.12

the_brides_stories_otoyome_gatari_12the_brides_stories_otoyome_gatari_12_cover_all

"The Bride's Stories 12" - 「乙嫁語り 第12巻」

アニス&シーリーンふたたび! 『乙嫁』帰路編、スミス一行はペルシアへ!
中央アジアを舞台に、さまざまな結婚模様を描き連ねていく『乙嫁語り』。
撮影の旅を続けるスミス一行は、アニスとシーリーンが暮らす町へと戻ってきました。
『何もやることがない一日』を描いた前後編、
『猫』や『髪』、『風呂』に『手紙』の漫画など、大小さまざまな9篇の作品を収録。
ロシア軍の南下がうわさされるなか、スミスの旅路に幸あらんことを!」
- 2020.1.1 HARTA COMIX「乙嫁語り 12」より

スミスの動向は元より、各地各者の様子が丁寧に描かれていました。全部が優しい語りでしたね。さくさくと最後まで読んでしまいました。見開きに渡って、花びらが舞うシーンもいくつかありましたね。
ペルシャの女性たち(妻たち)の風景がそれとなく自然と描かれていましたね。

shokugyou_mushoku_no_ore_ga_4「職業無職の俺が冒険者を目指すワケ。 4」

ついに『学院対抗戦』、始まる! 敵は『戦巧者』に学院長秘蔵の天才児!?
いよいよ「学院対抗戦」に挑むマルス達。だが、去年の優勝校プルートの学院長の秘蔵っ子と仲良くなってしまったり、『戦巧者』と呼ばれる生徒と対立したり……かつてエリーが怪我をさせた相手も現れ、波乱の予感!?」
- 2019.12.29 KADOKAWA BOOKS「職業無職の俺が冒険者を目指すワケ。 4」より

本巻全編に渡り学院対抗戦の様子が描かれていました。この巻でも重要(と思われる)なキャラクターが登場します。そして何よりも重要なのがマルスの師匠が最後に登場するシーンですね。
史上最強であるマルスが最後に犠牲を払いながらもアニマとの戦闘を征するのですが、そのマルスが払った犠牲とは・・・。
次巻が発刊されていないようですので、おそらくはこの巻が最新刊ということになるのですが、とても完結した、という風ではありませんでした。大慌てで、締めくくったという体でしたね。
あまり発行部数が伸びなかったのかもしれませんね。

shokugyou_mushoku_no_ore_ga_3shokugyou_mushoku_no_ore_ga_3_pamph「職業無職の俺が冒険者を目指すワケ。 3」

マルス VS 学園最強!! 学園全体を巻き込む大騒動の行方は――!!
双子の闇森人の窮地を救ったことで彼女らとも友達となったマルスに、ついに『生徒会』が接触を図ってきた! 学園最優の生徒会長アリシア、学園最強ファルト――3年生トップを擁する『学園秩序の番人』の目的は!?」
- 2019.12.26 KADOKAWA BOOKS「職業無職の俺が冒険者を目指すワケ。 3」より

この巻では悪前巻のエルフたちのような人は出てきませんでしたね。前半は、生徒会会長のアリシアとマルスたちとの交流が描かれています。と言っても、アリシアもマルスに多分に興味があるようです。
アリシアは、マルスとエリシャを養護院に招待して、そこでも生活を垣間見させたりします。マルスも年下の幼女に対して、どのように接すればいいのか戸惑うばかりのようです。
そして後半は、アリシアと家族のように養護院で育った、学園最強と言われるファルトとの対決(?)が描かれていました。彼もまたマルスに興味を持ち、迷宮で魔物狩り競争をしたりします。
次巻はいよいよ学院対抗戦ですね。楽しみです。

isekai_ha_smartphone_to_tomoni_19_tokusoubanisekai_ha_smartphone_to_tomoni_19_tokusouban_back「異世界はスマートフォンとともに。 19 ドラマCD付き特装版」

VS.邪神、決戦!
復活した邪神と、それに強化されたフレイズの変異種たち。次々と襲い来るそれらに対抗するため、融合した二つの世界の国々と手を取りあう冬夜たち。果たしてこの世界を守り切ることができるのか――。大人気異世界ほのぼのファンタジー第19巻!」
- 2019.12.23 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 19」より

新キャストを迎え、書き下ろしストーリーをドラマCD化!
大好評につき重版したドラマCD付き特装版第1作目に続き、第2弾が登場! なんとアニメ範囲にいなかったヒロインを新規でキャスティング! 原作者書き下ろしの新規エピソード、兎塚エイジ先生描き下ろし特製カバーの超豪華装丁でお届け!
【ドラマCD収録内容)】★蔵から発掘されたハイテク体重計を脱衣所に設置した冬夜。翌日その体重計を使ったヒロインたちの様子がどうもおかしくなっており……。恋する乙女の大暴走に振り回される冬夜の運命やいかに!!」
- 2019.12.23 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 19 ドラマCD付き特装版」より

邪神との最終決戦に備えて、各国代表との世界会議に望む冬夜。そこで、ある提案を行うのですが・・・。
冬夜は、世界神の眷属として、上級神の見習いのような立場になっていますが、今回の邪神討伐もその試練としての側面も大きく。
邪神に対しては魔法が効かず、神気のみが有効ですが、冬夜はまだ人から神へとなる覚悟が足りずに邪神に対して思わぬ苦戦を強いられますが・・・。
今巻でユラも討滅され、邪神も何とか討伐し、5千年前からのフレイズの侵攻については解決し、物語としては一区切りとなりますね。世界は復興の途に就いていますが、冬夜たちの今後はどのような展開になるのでしょうか。次巻が楽しみですね。

world_of_leadale_3world_of_leadale_3_cover_all

world_of_leadale_3_pamph_1world_of_leadale_3_pamph_2world_of_leadale_3_pamph_3

"WORLD OF LEADALE" - 「リアデイルの大地にて 3」

次なる目的地は海底の竜宮城!?
VRゲーム『リアデイル』に酷似した世界に転生し、冒険者としての生活にも慣れてきたハイエルフ "ケーナ" は次なる守護者の塔を目指し、旅を続けている。
そして、近海の底に城を見たという噂が流れる漁村に辿り着くも、そこは不自然な濃霧に包まれ多数のアンデッドが闊歩する廃村と化していた!
たまたま調査のために訪れていたかつてのギルドメンバーと再会したケーナは霧を晴らすため、ボスである幽霊船と海賊船長に戦いを挑むのだった――!!
200年後から始まるエルフの伝説、第3弾!!」
- 2019.12.22 KADOKAWA eb! enterbrain「リアデイルの大地にて 3」より

どうもケーナの性格がいまいち掴みきれませんね。スキルマスターであることか、リアデイルがゲーム世界であるのか、リアルな異世界であるのかどうかもあいまいですね。
プレーヤーは、どうやらステータスとかレベルとかあるようなのですが、それがどのように世界に影響しているのか、システムの存在が見え隠れして、ちょっと違和感を覚えてしまいます。
ストーリーは楽しくて、読んでいる間は気にならないのですが。
でも、ケーナは守護者の塔を再起動させるのをひとつの目標として旅を続けているはずなのですが、塔の所在が不明であることで、積極的に塔を探すことをせず、田舎に引っ込むことを是としているようです。もうちょっと、主人公には積極的に動いてもらいたいのですが。
次巻の物語の展開に期待、でしょうか。

isekai_ha_smartphone_to_tomoni_18「異世界はスマートフォンとともに。 18」

ついに二つの世界が融合する!!
遂に訪れた二つの世界が融合する日。精霊の働きのおかげもあって、世界の融合は問題なく終わった。表と裏、両方の国々に働きかけ、穏やかな融和を働きかける冬夜。しかし、そんな中大量のフレイズの出現と、人型の出現が観測され――。大人気異世界ほのぼのファンタジー第18巻!
- 2019.12.20 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 18」より

冬夜が精霊たちにお願いしたおかげか、表と裏の世界の融合は大過なく行われました。ところが融合が起こった際に、異世界から「神魔毒」がもたらされて、アイゼンガルドが孤立してしまいます。冬夜たちは近づくことさえできずに止む無くエルカ技師のゴレム2体を偵察に出すことに。
一方で、またもや変異種の襲来があり、上位種3体の他に支配種のレトルト姉弟も現れ、因縁あるフレイズたちとの死闘となり。
次巻は、ついに邪神との決着が着くようです。楽しみですね。

isekai_ha_smartphone_to_tomoni_17「異世界はスマートフォンとともに。 17」

ゴレムを使った専用機登場!?
皇子と王女のお見合いに端を発し、この世界で初の魔動乗用車《エーテルビークル》による大レースが行われることに! その準備に忙しい冬夜たちだが、そんな中フレイズの変異種たちが活発化しているという予兆も観測されて――。大人気異世界ほのぼのファンタジー第17巻!」
- 2019.12.18 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 17」より

ひょんなことから魔動乗用車《エーテルビークル》による大レースが開催されますが、このコースを造ったのがバビロン博士ということで、どのようなレースになるのかはお察し(笑)。
一方でまた、ホルン帝国の後継者争いをきっかけにユーロン帝国の残党の暗躍が判明しますが。
ウッドゴーレムと鉄機兵の大群との戦闘が始まり、そこでゴレムを使った専用機が活躍することに。瞬殺でしたね。
さて、次巻ではいよいよひとつの世界になったところでの冬夜たちの活躍が描かれるようです。楽しみですね。

isekai_ha_smartphone_to_tomoni_16_tokusoubanisekai_ha_smartphone_to_tomoni_16_tokusouban_back「異世界はスマートフォンとともに。 16 ドラマCD付き特装版」

裏世界に本格参入!
裏世界での活動を本格的に始めた冬夜たちは、とあることから彼はガルディオ帝国の皇子にまつわるとんでもない秘密を知ってしまう。その秘密を解決すべくガルディオ皇帝との話し合いをしている最中、隣国アイゼンガルドが突如侵攻を開始した。それは、歴史に埋もれた恐ろしいゴレムを蘇らせようという企みの一環で……。大人気異世界ほのぼのファンタジー第16巻!」
- 2019.12.17 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 16」より

著者書き下ろし脚本のドラマCD付き特装版発売!
託児所の先生方が風邪で倒れたという急報を聞きつけ、手伝うことにした冬夜たち。しかし天真爛漫なこどもたちのお世話をするのは大変で――!? アニメ化時のキャストが再結集! 著者書き下ろしの完全新規エピソードのドラマCDが付属し、兎塚エイジ先生描き下ろしの豪華装丁で贈る特装版がついに登場!」
- 2019.12.17 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 16 ドラマCD付き特装版」より

冬夜の裏世界での活動が主に描かれていました。裏世界の各国の裏事情(?)に積極的に関わっていくことになりました。冬夜本人のトラブル引き寄せ体質の為せる技なのか、まぁ、結果としては満足の行くものであったりするのですが。
また、冬夜が関わったがゆえにこの裏世界でもある国が地図から消えたりしてしまいます。これも仕方のないことなのですが。
次巻も物語の展開が楽しみですね。

isekai_ha_smartphone_to_tomoni_15「異世界はスマートフォンとともに。 15」

ゴレム対フレイズの大規模戦勃発!
裏世界へも伸びてきた変異種の魔の手。世界の国々とさらに絆を深めるため、二つの世界を奔走する冬夜たち。イグレットの太陽王、イーシェンの帝、娼館の妖しい女主人、青の『王冠』を有する変わり者の王子。どれもこれも一筋縄ではいかない者ばかりで……。大人気異世界ほのぼのファンタジー第15巻!」
- 2019.12.16 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 15」より

冬夜の興した公国を中心として、世界同盟が発足します。実際は、各国の王がブリュンヒルドに定期的に集まって問題を話し合い、その後親睦を深める宴会(パーティ)を開催する、というゆるい連合ですね。フレイズの侵攻に対抗するために結束を強める、という狙いもあります。まぁ、それも冬夜の有するフレイズへの対抗兵器フレームギアが要となっているのですが。
また、冬夜はm裏世界の国々にも世界同盟への参加を呼びかけています。
一方で、裏世界にあるゴレムについても色々と情報を集めているのですが。
色々とユニークな特性を持つゴレムですが、変異種の侵攻には対抗できずに、冬夜のフレームギアが活躍します。
次巻も物語の展開が楽しみですね。続けて読んでいくつもりです。

isekai_ha_smartphone_to_tomoni_14「異世界はスマートフォンとともに。 14」

フレイズの王、出現。
裏世界の探索を広げ、二つの世界を行き来しながら様々なトラブルを解決していた冬夜。そんな中、ふとしたことから眠れるフレイズの『王』……その核を宿す人物をついに発見する。それは彼にとって深く関わりのある人物で……。ついにフレイズの『王』がその姿を現す! 大人気異世界ほのぼのファンタジー第14巻!」
- 2019.12.15 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 14」より

フレイズの「王」を確保(!)。冬夜は、あっさりと人の体から「王」の核を取り出して、バビロンへと匿うことに成功します。
それとは別にして(?)、冬夜たちとフレイズとの戦闘は続きます。そこへ、変異種も絡んできて三つ巴の戦闘になってきています。冬夜たちも絶体絶命の危地に陥りますが・・・、そこで満を辞して冬夜の専用機の登場ですね。9割方の完成度らしいですが、圧倒的な威力を発揮します。変異種の中級種であっても一撃で粉砕するほど。ちょっとずるい展開ですが(?)、少しすっとする感じでもありましたね。
一方で、フレイズの「王」が覚醒したこと、エンデを異世界で発見し救助したことなどにより、フレイズの両派閥を召喚して話し合いの場を設けることになりますが・・・。
これで、フレイズの侵攻が止むのかどうか・・・。
次巻の展開もどうなるのか、楽しみです。

isekai_ha_smartphone_to_tomoni_13「異世界はスマートフォンとともに。 13」

競技祭開幕!
ブリュンヒルドで関係各国を招いた競技祭が開催され、各国の代表たちは様々な競技でしのぎを削っていた。なんとか大会も滞りなく終わろうとしていたその時、大きな次元震が観測される。そこには、人型のフレイズがその姿を現していて――。大人気異世界ほのぼのファンタジー第13巻!」
- 2019.12.14 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 13」より

本書はブリュンヒルデでの競技会の様子から始まり、次にフレイズとの戦闘の様子が描かれて、そして裏世界で冬夜が、ゴレムを入手するまでが描かれています。
ほのぼのとした競技会から一転、フレイズの大群、変異種の襲来、更には人型の支配種ギラとの戦闘へとなだれ込むまずが、その戦闘の最中に冬夜は、「神威解放」でギラを撃退することに成功します。もう、ほぼ神様の領域ですね。
そして、裏世界への転移方法ですが、裏世界にもゲートを設置することにより(比較的)自由に行き来できるようになります。
また、紆余曲折を経ながらもゴレムを入手することに成功するのですが・・・。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

isekai_ha_smartphone_to_tomoni_12「異世界はスマートフォンとともに。 12」

新世界編突入!
結界に守られ、五千年前から閉ざされていた謎の島を発見した冬夜たち。邪神の影がちらつき始める中で彼らがそこで見つけたものは新たなる世界へと繋がる門であった。未完成だと思われていたその門は、膨大な魔力があれば起動できることが発覚。試しにくぐってみることにした冬夜だが、そんな彼を待ち受けていたのは言葉も通じず、見知らぬ技術を使う世界で――。大人気異世界ほのぼのファンタジー第12巻!」
- 2019.12.13 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 12」より

冬夜は、かなり不用心になっていますね。行き先がわからない「門」を何気なくくぐり抜けるのですから。案の定(?)門をくぐり抜けた先は異世界であり、冬夜は戻る手段を失ってしまいます。最終的には、心配した世界神様から連絡があり、神界を経由することで事なきを得ますが。
でもこの異世界を訪れることにより、5千年前に異界からの綻びを修繕した者の手がかりを得ることができました。
一方で、ひょんなきっかけからブリュンヒルド公国で「お祭り」を開催することが急遽決まり、その準備に追われることになりますが・・・。次巻は、このお祭りの様子から始まるようです。楽しみですね。

isekai_ha_smartphone_to_tomoni_11「異世界はスマートフォンとともに。 11」

騎士団員採用試験開始!
ブリュンヒルド公国の人口も増えてきたため、騎士団人員の拡充に迫られた冬夜たちは、大規模な騎士登用試験を行うことに。また、バビロン博士の復活で対フレイズの準備も加速度的に進んでいく。次の専用フレームギアは誰のものだ――!? 大人気異世界ほのぼのファンタジー第11巻!」
- 2019.12.11 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 11」より

冬夜も公王らしくなってきたのかな(?)。ブリュンヒルド公国を立ち上げたものの、国としての経済活動がいまいち不明なのですが、人口も増えて、騎士団人員の拡充に迫られるほどとなっています。給料は安いみたいですけれども。それでも、20倍の競争率(!)。
一方で、フレイズの侵略も勃発して、その対処と準備に追われる毎日です。専用機の開発も順調ですね。フレームギアというロボットもそこらじゅうの(?)アニメからのパクリがいくつも装備されています・・・。やっぱり、ロケットパンチは外せないようで・・・。
結界に覆われた新たな島(大陸)も発見されたり、奴隷王国を単身乗り込んで、破滅させたり、いろいろな無茶もかましていますが、フレイズの謎とかもあり、今後の物語の展開に目が離せませんね。

hachinan_tte_sorewa_naidesho_10「八男って、それはないでしょう! 10」

いい加減、帰らせろ!! 師匠を超え、このくだらない戦に終止符を打つ!
師であるアルフレッドとの戦いで、引き分けに持ち込むことが精一杯だったヴェルは、その脅威を実感し対策を急ぐ。一方、テレーゼとニュルンベルク公爵による最初の決戦の行方は、双方共に決定打を与えることができず、痛み分けとなった。
来る帝都での戦に向け、両陣営仕切りなおしの合間、ヴェルたちはかつての重要拠点サーカットの町を落とし、そこを拠点とする。しかし、なぜか人様の国で開発三昧の日々を過ごすはめになるのだった。
そして迎えるアルフレッドとの再戦。ヴェルはアルフレッドの身体がターラントであることを利用した戦略で有利に進めるが、当然一筋縄ではいかず……。」
- 2019.12.10 MFブックス「八男って、それはないでしょう! 10」より

帝国の内乱に巻き込まれたヴェンデリン一行でしたが、帝都を奪還し、いよいよ最終決着を迎えます。
それでも、順調に反乱軍を抑えられる訳もなく、敵領地に乗り込んでの決戦となるわけですが。
王位を巡る小競り合い、天界より召喚されたアルフレッドとの対決、そして敵要塞への攻撃と、本巻1冊まるごと内乱の終結まで描かれています。
その過程で、フィリップ公爵位を追われたテレーゼは、今後もヴェンデリンと共に行動するのですが。

hachinan_tte_sorewa_naidesho_9hachinan_tte_sorewa_naidesho_9_pamph「八男って、それはないでしょう! 9」

内乱? クーデター? そんなことよりお団子食べたい。
アーカート神聖帝国で起こったクーデターに巻き込まれたヴェルは、首都バルデッシュを脱し、フィリップ公爵領を目指して馬車を走らせる。
そんな中、途中立ち寄ったミズホ伯国で『和』の文化がヴェルを待ち受けていた。
『き、来たぁー! 日本的文化来たぁー!』
西洋風ファンタジーな世界に、日本風の文化を持つ国家があったことに感激し、ヴェル一行はこれを満喫する。
大満足なまま帰りたい、戦いに協力するなど真っ平御免なヴェルは、フィリップ公爵領到着後、なんとかしてヘルムート王国へ帰る手立てを探すのだが……。
『可能な限り、ヘルムート王国の利となるように動くべし』という王国からのお達しがあり、計画は見事に瓦解。意気消沈のまま戦場へと赴くヴェル一行を、まさかの脅威が待ち受けているのだった――。」
- 2019.12.8 MFブックス「八男って、それはないでしょう! 9」より

ヴェンデリンは外国へ行っても貴族の柵からは解放されませんね。それでも、アーカート神聖帝国で起こったクーデターの何から逃れ、ミズホ伯国でいとときの休息を得ます。何と異世界での和風文化を満喫することに。そこには、食文化を始めとするまさに和風というべき文化がそこかしこに(!)。ヴェンデリンは、和風の食材、調味料を買い漁ります。そして、なんとしてでもミズホ伯国との交易を考えるように。
一方、エルはハルカとの婚約に漕ぎ着けます。そして、「この戦争が終わったら、結婚するんだ。」とのフラグを立てますが・・・。
フィリップ公爵側の援軍として解放軍に加わるヴェンデリン一行でしたが、敵方に思わぬ強敵がおり、思わぬ苦戦を強いられます。
次巻の内戦の行方にも目が離せませんね。

hachinan_tte_sorewa_naidesho_8「八男って、それはないでしょう! 8」

祝! 結婚式五連チャン。それはめでたいでしょう!
ブロワ辺境伯家との和解金を巡る攻防を、ヘルタニア渓谷の譲渡というかたちで脱したヴェンデリン。
無事にヘルタニア渓谷を攻略するまではよかったが、そのあとのカルラの『婚約者紹介』が、カルラに恋する『騎士』エルの精神に致命的・壊滅的・圧倒的なダメージを与えた。満身創痍のエルの精神を癒すために、効果があるとされる魔法を試みる心優しきヴェルたち。だが、エリーゼの秘魔法をもってしても、エルを癒すことは叶わなかった。
そして『カルラとの蜜月の日々』という哀しい妄想に逃走したエルが、いまだ現実世界に帰還せぬまま、『大お見合い会』が開催されることとなるのだった。
一方、ようやく婚約者五人との結婚に漕ぎ着けたヴェンデリンは、連日に渡る式の大変さに閉口。その上、隣国アーカート神聖帝国でクーデターの気配が……!?
エルの心の回復から始まる、逃走と闘争の新章開幕!」
- 2019.12.6 MFブックス「八男って、それはないでしょう! 8」より

5人との結婚式を同時に執り行うヴェンデリン。マリッジブルーを経験しつつも何とか乗り越える様が楽しかったですね。そして、妻たちとの結婚初夜には師匠からのアドバイスが(魔法書の袋とじ、という形で)伝授されて・・・。
そしてエルが傷心からの逃避行から現実へと復帰するとともに、新婚旅行を兼ねた(?)アーカード神聖帝国へと親善訪問団として赴くことに。そこには、新たなヒロイン、テレーゼ公爵が彼らを出迎えることになるのですが・・・。
またテレーゼとヴェンデリンの妻たちとの攻防もある中、帝国皇帝崩御の報がもたらされます。
アーカード神聖帝国の次代の皇帝の選出に立ち会うことになったヴェンデリンたち親善訪問団でしたが、選挙に落選した選帝侯のクーデターが勃発することに・・・。
次巻の物語の展開に目が離せませんね。

hachinan_tte_sorewa_naidesho_7hachinan_tte_sorewa_naidesho_7_pamph「八男って、それはないでしょう! 7」

紛争の間で揺れる二人の男女。エルの恋の行方は如何に!?
『暴風』カタリーナ、『謀臣』クラウスの件が片付いた矢先、ブライヒレーダー辺境伯家とブロワ辺境伯家との間で紛争が勃発した。それは南部と東部の百を超える貴族家を巻き込む大変な事態となるが、ヴェンデリンは領地の開発を優先するためにこれを静観。
そんな中、病床のブロワ辺境伯が、娘カルラを非公式にバウマイスター伯爵領に送り込んできた。怪しみながらもカルラとの交流が始まるが……なんと、エルがカルラにどんどん惹かれていってしまう!
そして紛争は予想以上に長引き、バウマイスター伯爵領への人と物の交通網に多大なダメージを与える。領地開発に遅れが生じ、やがてヴェルも激怒に至るのだが……。
いや、そんなことよりもエルだ! エルの恋路に目が当て……目が離せない、第七幕の登場!」
- 2019.12.5 MFブックス「八男って、それはないでしょう! 7」より

ヴェンデリンの寄親であるブライヒレーダー辺境伯家とブロワ辺境伯家との間で紛争が勃発します。ブロワ辺境伯家のお家騒動が発端ですが、それが何故か隣の伯爵領との紛争に発展してしまいます。
ヴェンデリンも最初は傍観するつもりでしたが、自領の開発に支障をきたすようになり、膠着状態に陥った紛争にケリをつけるために、領主自らを先頭に500名の兵を引き連れて、紛争に参戦します。そして、10箇所に登る紛争地域をあっと言う間に完全勝利へと導きます。
一方、エルはカルラの恋心を抱き・・・。
この巻もさくさくと最後まで退屈せずに一気に読んでしまいました。次巻も続けて読んでしまうつもりです。

hachinan_tte_sorewa_naidesho_6「八男って、それはないでしょう! 6」

満を持して縦ロール現る!
突如ヴェンデリンたちの前に現れた、『暴風』と称される縦ロールが特徴の色々と残念な娘カタリーナ。
ヴェンデリンは彼女から『獲物の価値の総額が大きい方の勝ち』という勝負を持ちかけられ、折れるかたちでそれをのんだ。
無論結果は明白だったが、売り言葉に買い言葉、ルイーゼやイーナたちとも競うことになるのだった。
その最中にヴェンデリンは、過去の自分と似たような境遇にある彼女にシンパシーを感じてしまい……。
没落貴族にしてエリート冒険者、ツンデレ令嬢カタリーナが嵐を巻き起こす! はたして、カタリーナのお家復興なるか!?」
- 2019.12.5 MFブックス「八男って、それはないでしょう! 6」より

訳有りの没落貴族にて『暴風』の二つ名を持つエリート冒険者、ツンデレ属性持ちのカタリーナが登場します。
上位貴族の横暴により爵位を剥奪されたカタリーナが、お家再興のためにヴェンデリンに近づきますが、いつの間にか屋敷に異候することになりヴェンデリンの婚約者たちとも仲良くなり、ヴェンデリンもそんな彼女に情が移って・・・。
カタリーナの性格とか設定描写ですが、著者には珍しく苦手なのかな、と思ってしまいました。ちょっとぎこちない、というか、ほんの少しの違和感が感じられました。
それでも、基本ストーリー展開がテンポよくて、さくさくと最後まで読んでしまったのですが・・・。
次巻も続けて読み進めていくつもりです。

hachinan_tte_sorewa_naidesho_5「八男って、それはないでしょう! 5」

『お館様、今日も張り切って頑張りましょう!』
クルト最後の悪あがきが襲いかかる。それは、辺境と王都、それぞれにおける兄弟喧嘩の終焉を告げる引き金となった。
蜂の巣をつついたような騒ぎとなった王都を横目に、ヴェンデリンたちによる未来の伯爵領開拓はスムーズに進む。しかも、ローデリヒの手腕によって、ヴェンデリンの開発無双は真価を発揮。恐ろしいスピードで未開の地が開けていくのだった。
順調すぎる開発と、さらに高まる地位と名声が、民と人材、そして、新たな火種を呼び寄せる!? 泥沼を脱し、開拓で脳汁弾けるヴェンデリン! 柵の中なりのフリーダム、第五幕の登場!」
- 2019.12.5 MFブックス「八男って、それはないでしょう! 5」より

クルトの悪あがきにより、クルト自身が自滅します。悪役のあっけない最後でしたね。そして、クルトの怨念は王都の黒幕へも巻き添えにすることになります。
一方で、バウマイスター騎士爵量の未開拓地を割譲されたヴェンデリンは、魔法により未開拓地があっという間に開発していきます。王都から胡散臭い不動産屋を介して中古物件を買い漁り別の移築専門の魔法使いによって、バウマイスター伯爵領へ移築することによって、これまたあっという間に家屋も立ち並びます。
領主であるヴェンデリンが、ローデリヒによって、それこそ馬車馬のようにこき使われることに・・・。
様々なしがらみがある中で、ヴェンデリンの開発無双がほっとしますね。みるみるうちに開発が進む様子が楽しい。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

hachinan_tte_sorewa_naidesho_4「八男って、それはないでしょう! 4」

お金があってもいいことない! ヴェンデリンの受難は続く!?
ヴェンデリンのパーティ『ドラゴンバスター』の初めての冒険は、あわや全滅の危機に瀕しながらもメンバー各員の活躍でどうにか終了。その結果、パーティの全員が国家予算並みの莫大な報酬を得ることとなった。――そして、その莫大な報酬が物語の新しい局面を開く。
多額すぎる報酬金の使い途に困り果てたエル、イーナ、ルイーゼの3人は、ブライヒレーダー辺境伯に相談を持ちかける。ブランタークの助言もあり、余分なお金はすべてヴェンデリンに押し付けようという結論となった。
その使い途のない資金を何かに役立てようと考えたブライヒレーダー辺境伯は、大陸南端の広大な大地の開拓に目を付ける。その意図が思いっきり込められた『魔の森への慰霊討伐』という依頼が舞い込み、ヴェンデリンは難色を示すものの、断りづらい背景もあってこれを承諾。
こうして、物語は古巣のバウマイスター騎士爵領に舞台を移し、実家の御家騒動に巻き込まれていくヴェンデリンなのであった。」
- 2019.12.2 MFブックス「八男って、それはないでしょう! 4」より

前巻でダンジョン探索を無事終えることのできた「ドラゴンバスター」でしたが、その後日談というところから本書は始まります。
一気に莫大な富を得たドラゴンバスターの面々でしたが、ヴェンデリン以外のパーティメンバーたちは、あまりの大金ゆえ持て余して大半をヴェンデリンに押しつけてしまうほどのものでした。
ヴェンデリンも使い道がなく死蔵していましたが、寄親のブライヒレーダー辺境伯は、ヴェンデリンに大陸南端の広大な未開拓地の開発をと画策します。
そのために『魔の森への慰霊討伐』という依頼をするわけですが、当地のバウマイスター騎士爵との波風を立てるのは避けられず、また次期当主候補の長兄であるクルトと対立することなります。
やむを得ず、クルトを挑発し暴走を促すヴェンデリンでしたが・・・。
クルトのバカさ加減が目立ちましたね。狭量な性格でも孤立した田舎領地では何とか務まっていたのですが、ヴェンデリンが持ち込んだ新しい風には、対立することしかできませんでした。
一触即発の火種を抱えたバウマウスター騎士爵領とヴェンデリンがどのように関わっていくのか、気になりますね。続けて次巻も読んでいくことにします。

hachinan_tte_sorewa_naidesho_3hachinan_tte_sorewa_naidesho_3_pamph「八男って、それはないでしょう! 3」

『祝成人』で始まる本格冒険者稼業!
身分に相応しい家を買わされ、武芸大会への強制参加、そして筋肉導師との二年半におよぶ修行……。
元少年ヴェンデリンは十五歳となり、成人した。仲間も一律成人し、本格的な冒険の日々がいよいよ幕を開ける!
だが、そんな新米冒険者パーティに与えられた初仕事は、一流冒険者パーティですら未だ帰還できていない遺跡への、強制依頼というとんでもないものであった。
規格外の敵に、洒落にならないトラップ、魔力が枯渇しそうなほどの窮地。はたして無事に攻略できるのか!?
名声と大金と美人の婚約者、そして新たに男爵となった人生の勝ち組ヴェンデリンだが、彼の物語と受難はなおも続く!」
- 2019.12.2 MFブックス「八男って、それはないでしょう! 3」より

王都にて2年半にも及ぶ修行を終えてヴェンデリンも15歳となり、成人となりました。そしてヴェンデリンは、婚約者を含めた仲間たちと共に「ドラゴンバスター」という冒険者パーティを組みます。
その新人冒険者パーティの最初の依頼は、国からの強制依頼であり、新たに発見されたダンジョンの探索、というものでした。
新人冒険者パーティに異例の王国強制依頼でしたが、それはまた数日に及ぶ不眠不休の連戦を要する過酷なものとなったのでした。
ヴェンデリンたちの新人冒険者らしからぬ実力のおかげで何とかダンジョン踏破を達成するのですが、その報酬がまたとんでもないことに・・・。王国が一度に払うことができずに割賦にて精算するほど。
一生掛かっても使い切れぬほどの富を一度に得たヴェンデリンでしたが、これからも冒険者として活動していこうと考えていますが、周囲の思惑や、しがらみに翻弄されそうな気配・・・。
やっぱり、次巻も続けて読んでいこうかなぁ。

2019.11

hachinan_tte_sorewa_naidesho_2「八男って、それはないでしょう! 2」

富と名声を一挙に手に入れたヴェンデリン! 冒険の行方は!?
アンデッド化した古代竜の襲撃を乗り切ることに成功した魔導飛行船は、無事王都へと到着する。さっそく兄エーリッヒの家へと向かうヴェンデリンだったが、王の命を受けた使いの馬車により城へと招かれる。
アルテリオの助力のおかげもあり、王との謁見も難なく済むが、莫大なお金に準男爵という地位、そしてドラゴンスレイヤーという名声等々、ヴェンデリンは実に多くのものを手に入れることとなる。そして追い討ちとばかりに筋肉魔導師アームストロングの熱烈な歓迎を受け、ほぼ強制的に竜退治へと駆り出される。
ボッチからは脱したが、貴族社会にどっぷりと浸かっていくヴェンデリン。彼を取り巻く柵(しがらみ)はなおも纏わりつき拡大していく……。」
- 2019.11.30 MFブックス「八男って、それはないでしょう! 2」より

ヴェンデリンの成り上がりが止まりません。富と名声、そして新たな爵位を得ます。
また、地位に相応しく婚約者、妾、従士を得ます。エリーゼとの婚約なんて、見開き頁の右側から登場したら、左頁にてもう婚約がきまっていたりして・・・。貴族社会の柵に雁字搦めにされていく様子が、なんとなく楽しい・・・。ヴェンデリンの小市民であるところの等身大の様子が描かれていますね。
そして、2度めのドラゴン討伐の成功により、爵位は男爵まで、富はドラゴンの素材を売却することによりまたもや莫大な富が転がり込んできます。
まだ12歳の成人前の子供なのに・・・。

hachinan_tte_sorewa_naidesho_1「八男って、それはないでしょう! 1」

2020年TVアニメ化決定! 目覚めれば異世界で貴族の御曹司に! でも八男坊じゃ微妙……
――ある日の朝、目を覚ますと……平凡な若手商社マンである一宮信吾(25)は、僻地に領地を持つ貧乏貴族の八男ヴェンデリン(5)という存在意義さえ怪しい子供に憑依していた。
信吾は、家門と領地継承もなく、内政無双の知識もないこの身と己に絶望するも、魔法の才能に恵まれたという一点を突破口に独立を目指す。
この物語は、そんな若造が魔法で金を稼ぎ自由に生きる(もちろん世界なんて救わない)、当面は脱ボッチのお話である。
それと、結局人の営みで発生する柵(しがらみ)からは逃れられない……という話でもある。」
- 2019.11.27 MFブックス「八男って、それはないでしょう! 1」より

「黒の召喚士」を読んでいるのがちょっとしんどいな、とちょっと目先を変えるために本書を手に取ったのですが。さわりだけを読んで済まそうかなと思ったのですが、面白くなって最後まで読んでしまいました。
3ヶ月前に最新巻(第17巻)を読了したばかりなのですが、改めてこの第1巻を読み直してみると、なんというか・・・、懐かしいですね。ヴェンデリンが5歳のときに現代日本から憑依してから、12歳で冒険者見習いとして領地を出て、兄の結婚式に出席するために王都に魔導飛行船で向かうまでが描かれているのですが。なんと王都に着くまでに初めての魔物討伐。しかも相手は骨だけとなったとはいえ、古代竜。
ヴェンデリンの立身出世物語の始まりですね。勇者として世界を救うなどということは全くありません。冒険者としてスタートしますが、貴族を継いで、伯爵にまでなり、そして広大な領地を有する領主となりますが、その始まりの物語です。

the_berserker_rises_to_greatness_3the_berserker_rises_to_greatness_3_pinup"The Berserker Rises to Greatness." - 「黒の召喚士 3 魔獣の軍勢」

最強の戦闘狂が軍事国家の陰謀に挑む!!
異世界からの転生者にして戦闘狂の召喚士 "ケルヴィン"。冒険者として異例の活躍を続ける彼のもとへ、ついに女神メルフィーナが体を得て帰還する。そして女神の加護を得たことで、なんと勇者召喚が可能に! しかも召喚した新米勇者リオンが義妹に!? ますます異常な戦力となるケルヴィンたちに届く、S級冒険者昇格試験の報せ。試験内容はエルフの集落を襲うモンスターの討伐だったが、事件の影には軍国トライセンの陰謀が蠢いていて――!?
黒衣のバトルジャンキーが仲間と共に軍事国家の野望を打ち砕く、爽快バトルファンタジー第3幕!!」
- 2019.11.27 オーバーラップ文庫「黒の召喚士 3 魔獣の軍勢」より

前巻まるまる出番のなかったメルフィーナですが、今巻では、冒頭で義体で登場(召喚)されます。そして、女神の加護を得たことにより、勇者召喚が可能となったケルヴィンは早速、勇者を転生させることに。
前世では病弱で、病院で病死したリオンが勇者召喚されますが、そのままケルヴィンの義妹となります。
このように大幅な戦利力増強となったケルヴィンたちにS級冒険者昇格試験の報せがあり、エルフの里の防衛に赴くことになりましたが・・・。
転生の女神のみならず、勇者までも従者として従えるケルヴィン一向は、それこそ無敵状態。並み居るモンスターを一網打尽にしてしまいます。その無双ぶりが楽しい。リオンも早速(?)大活躍します。
ハーレム状態に拍車がかかるケルヴィンたちの次の冒険が楽しみですね。続けて次巻も読んでいくつもりです。

the_berserker_rises_to_greatness_2the_berserker_rises_to_greatness_2_pinup"The Berserker Rises to Greatness." - 「黒の召喚士 2 偽りの英雄」

戦闘狂(ケルヴィン)の次なる獲物は――勇者!?
前世の記憶すべてと引き換えに、強力なレアスキルを得て異世界へ転生した召喚士 “ケルヴィン”。本能のおもむくまま強者との戦いを求め続ける彼は、仲間を増やしながら冒険者ライフを満喫していた。そんなケルヴィン達の次なる目的地は“水国トラージ”。『転生以来食べてない白い米を食べたい!』という平和な訪問のはずだったが、バトルジャンキーのケルヴィンがおとなしくしているはずがない! 不幸(・・)にもそのターゲットになってしまったのは、たまたま居合わせた勇者一行で――!?
黒衣のバトルジャンキーが仲間と共に繰り広げる爽快バトルファンタジー第2幕!!」
- 2019.11.25 オーバーラップ文庫「黒の召喚士 2 偽りの英雄」より

メルフィーナは本編開始直後の冒頭で、「義体の再調整をして参ります。」と言って姿を消します。ケルヴィンたちのみでの冒険行となりました。が、相変わらずの狂戦士、無双ぶりを発揮します。
今巻の冒険の舞台は、海洋国家トラージとなります。いきなりの盗賊団討伐、それも勇者一行を罠に掛けたようにしてまで。
勇者一行もチートな能力を神様から授かっているのですが、それを上回ってチートなのがケルヴィンのようですね。勇者のように使命感もありませんし、自由な冒険者を満喫しているようです。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

the_berserker_rises_to_greatness_1the_berserker_rises_to_greatness_1_pinup

"The Berserker Rises to Greatness." - 「黒の召喚士 1 封印されし悪魔」

この男――戦闘狂にして最強!!!
『初めてですよ、神である私に配下になれとおっしゃられた方は』
ケルヴィンは目を覚ますと異世界に転生していた。しかも、ガイド役としてその世界の女神を配下に従えて。前世の記憶を引き換えに、高ランクすぎる召喚スキルと魔法スキルを得たケルヴィンは、冒険者としての生活を始めるが、強敵を求めたがる性格と、新人レベルを遥かに越えたステータスによりすぐに注目を浴びてしまう。悪党の冒険者を退け、『古城の悪霊騎士』も配下にし、エルフの戦闘メイドも仲間に加えたケルヴィンは、意図せず思わぬ強敵と遭遇してしまい―――
黒のローブに身を包み、戦闘狂な主人公が、仲間を集めてトップ冒険者へと成り上がる、爽快バトルストーリー開幕!」
- 2019.11.25 オーバーラップ文庫「黒の召喚士 1 封印されし悪魔」より

異世界に転生する際に自身の記憶とともにチートなスキルと転生の女神を従者に加えることにしたケルヴィン。彼のチートな冒険物語の始まりです。
転生の目が意味を案内役兼アドバイザーとして、異世界を冒険者として歩むことになります。そのチートさもすぐにインフレーションを起こして、次々と強力な従者を得ていきます。
あとがきにもありましたが、戦闘場面の描写は多めです。またストーリーは、テンポよく進み、あれよあれよという間に冒険者ランクを上げていきます。
ほぼお約束の展開というか、主人公無双の物語ですね。何のストレスもなく、サクサクと最後まで一気に読んでしまいました。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_16death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_17death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_18"Death Marching to the Parallel World Rhapsody" - 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 16、17、18」

ついこの間読み直したかと思ったのですが、ちょっと気になることがあり、調べているうちに面白くなり、3巻を連続して読んでしまいました。
お気に入りの本、ということになるのでしょうか。
勇者として奢ること無く、使命感に囚われること無く、また等身大の感性を保ちつつ、異世界を楽しんでいる様子が特に気に入っています。
それにしてもサトゥーが異世界に転移してから、1年くらいの話なんですよねぇ。リザ、ポチ、タマもレベル50超えの強者となっています。パワーレベリングのおかげといいますが、サトゥーの支援があってことのレベルアップですね。
サトゥーがこの異世界に転移してからも、様々なアンダーカバーを使いこなし、この異世界の仕組も徐々に解明し、また王祖とも因縁浅からぬ仲であったという、この異世界への転移も偶然でなく必然であったようにも思えますね。(誰かの)何らかの意図が働いたとも・・・。
次巻の異世界観光も今から楽しみです。

the_great_saint_who_was_incarnated_hides_being_a_holy_girl_2_illust_1the_great_saint_who_was_incarnated_hides_being_a_holy_girl_2_illust_2

the_great_saint_who_was_incarnated_hides_being_a_holy_girl_2"The great saint who was incarnated hides being a holy girl" - 「転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す 2」

天と地の全ては、ナーヴ王国黒竜騎士団と共に!
念願叶って新人騎士になったフィーアが配属されたのは、エリートぞろいの第一騎士団。
聖女の力を隠し普通の騎士としておとなしくしているつもりが、 思わずベテラン騎士を指揮して魔物を討伐したり、うっかり泉の水を全部回復薬に変えちゃったり…⁉
そんな時、長期遠征からクェンティン第四魔物騎士団長が帰還し、『星降の森』で黒竜が目撃されたとの情報が! フィーアたちは探索のため出発するが、そこで明かされるザビリアの壮絶な過去。そして――。
小説家になろうで、2019年6月~現在ジャンル別年間第1位の超人気作!!
本編大幅加筆&書き下ろしエピソードも大ボリュームでお届け!」
- 2019.11.19 EARTH STAR NOVEL「転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す 2」より

相変わらず、フィーアの天然ぶりが楽しくて、一気に最後まで夜を徹して読んでしまいました。
クェンティン団長だけが、フィーアの従魔が「黒竜」であることを知り、フィーアが「黒竜」よりもとてつもなくエネルギーが大きい存在であることを知っていたときの驚愕と恐れが、そしてそのフィーアに対する態度、表現が楽しい。
天然なフィーアは、それをまた誤解するのですが、そのギャップもまた楽しい。
一方で、フィーアの従魔となった黒竜ザビリアの2千年に渡る過去が明らかになります。それは、ただ生き抜くための日常の繰り返しであり、仲間であるはずの竜たちからの裏切りの物語でもありました。
次巻の発刊も今から楽しみです。WEB で先読みしようかな・・・、いや、楽しみは後でとっておこうかな・・・、悩ましい・・・(!)。

shokugyou_mushoku_no_ore_ga_2「職業無職の俺が冒険者を目指すワケ。 2」

『友達』を作りたい最強の少年マルス、双子の少女の涙を拭えるか――!?
狼人たちの復讐を退け、『本当の友達』となったマルスとエリシャ。ともに楽しい学園生活を謳歌しようとする彼らだったが、目の前でダークエルフの双子の少女が迫害されている現場に遭遇し……!?」
- 2019.11.19 KADOKAWA BOOKS「職業無職の俺が冒険者を目指すワケ。 2」より

エリシャとセイルとともに友達となったマルスですが、今巻では双子のダークエルフとエンカウントします。そして冒険者ものの定番であるダンジョンに挑むことになります。
ダンジョンといっても学院内にある訓練用なのですが、学生たちにとっては、命がけのダンジョン探索となります。それもエルフたちの罠にかかって、パーティがばらばらになって、双子のダークエルフの姉妹がダンジョン内で孤立して、エルフたちの襲撃にあってしまいます。マルスは姉妹を助けることができるのでしょうか・・・。
という風なストーリー展開でしたが、まぁ、やっぱり定番の鉄板な展開になりました・・・。
マルスを取り囲むハーレム展開でもありますが・・・。次巻も入手し次第、読んでみたいと思っています。

shokugyou_mushoku_no_ore_ga_1shokugyou_mushoku_no_ore_ga_1_ss「職業無職の俺が冒険者を目指すワケ。」

最強の少年が冒険者養成学校に通う目的、それは――『友達が欲しい』!!
無双の戦闘力を手に、ひとり魔物を狩って暮らしていた無職の少年マルス。助けた女冒険者の誘いを受け、冒険者育成学校に通うことになった彼は、念願の『友達』を作ろうとするが、いきなり美少女に告白され……!?」
- 2019.11.17 KADOKAWA BOOKS「職業無職の俺が冒険者を目指すワケ。」より

けっこう面白くてさくさくと最後まで一気に読んでしまいました。
主人公が無双するだけでなく、きっちりと学園ものの定番を押さえていることに好感を得ましたね。
冒険者育が、なぜか高級職業(?)の扱いとなっていることや、魔術と魔法の境界があいまいなことや、そもそも主人公の性格が出来すぎな点など、ツッコミどころ満載でしたが、テンポよくストーリーが展開していって、気にする間もなく楽しめました。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_1death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_2"Death Marching to the Parallel World Rhapsody" - 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 1、2」

またまたこの2冊を読んでしまいました(今年はこれで3回目)。
最新巻をついこの間、読んだところなのですが、ついつい懐かしくなり第1巻を手に取ったのが運の尽き・・・。続けて第2巻まで読んでしまいました(汗)。
やっぱり、第18巻まで続くだけあって、面白いですね。アニメも(NETFLIX によって)何度か見直していますが、見直す度に新しい発見があったりします。特にゼンを倒したときに出てきた2つの黒い霧・・・。書籍では、重要な伏線となっているのですが。TVアニメの第2期は制作されないのでしょうか。
第2巻まででサトゥーと旅の仲間が集い、旅に出るまでが描かれています。異世界観光旅行の始まりです。それは、怒涛の冒険の旅の始まりであったのですが。そういえば、この時一緒に旅に出た馬たちと馬車はその後どうなったのでしたっけ。うーん、思い出せない、気になってきました・・・(!)。

isekai_ha_smartphone_to_tomoni_10「異世界はスマートフォンとともに。 10」

あの博士起こしてほんとにいいの…?
春を迎えたブリュンヒルド公国。各国の王たちが集まる花見の最中に桜の記憶がついに蘇る。それは魔王が治める魔王国ゼノアスでの波乱の幕開けだった。そして、ついに最後のバビロンの遺跡を発見した冬夜は、そこである意味起こしてはいけないあの人を復活させることに――大人気異世界ほのぼのファンタジー第10巻!」
- 2019.11.14 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 10」より

バビロンの遺跡を発見し、ついに最後の「研究所」を入手する。そこでバビロンナンバー22のアトランティカより依頼されたことは、バビロンナンバー29の復活でありました。そこには、例のあの人がバビロンナンバーズに姿を変えて眠っていたのでしたが。
色々と性格に問題のあるバビロンナンバーズでしたが、その元凶が今甦る(!)。
でも、あの人と冬夜との絡みは必要最小限でしたね。まぁ、そこは要所、要所を押さえている、ということで。
そして、冬夜にも9人目の婚約者が登場します。嫁ずのトーテムポール状態が楽しかったですね。
また、エンデの正体とフレイズとの関係が明らかになりました。また、フレイズが「王」を求め、その惑星の生命体を全て排除しようとする理由も。
フレイズとの和解が不可能であることが判明したため、これまでよりいっそう、対フレイズ兵器の開発に邁進することになりそうですね。具体的には、専用機の開発かな。

isekai_ha_smartphone_to_tomoni_9「異世界はスマートフォンとともに。 9」

ついに人型のフレイズ登場!
フレイズが出現する予兆を察知した冬夜たちは、ロードメア連邦へと向かうことに。そこには、ロードメアが独自に作り上げた対フレイズ用の切り札が用意されていた。予測通りフレイズが出現し、対抗する冬夜たち。そして、その中でついに人型のフレイズが姿を現し――!! 大人気異世界ほのぼのファンタジー第9巻!」
- 2019.11.14 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 9」より

本編とは関係なく、巻頭に「キャラクター紹介」があって助かりました。なにせ婚約者だけでも8人の美少女たちがいるのですから(汗)。
ところで、フレームギアって、いつの間に量産していたのやら(?)。フレイズの侵攻に対して、備えを進めていた冬夜たちに、エンデよりついに次のフレイズの侵攻場所が告げられます。
そしてついに登場する上位種以上の支配種、人型のフレイズが登場します。どうやら言葉も喋れるようですが。エンデとの関係も気になるところですね。
フレイズの侵攻を何とかくい止めた冬夜たちですが、今度はイーシェンで戦争が・・・。冬夜は世界中を回って、色々なことに巻き込まれていますが、冬夜自身もまた神たちに連なるものとして、世界神の眷属となってしまいます。
次巻は、どのような物語の展開となるのでしょうか。とても興味が湧きますね。

isekai_ha_smartphone_to_tomoni_8「異世界はスマートフォンとともに。 8」

建国後初の冬到来
雪もちらつき始め、少しずつ冬の気配の迫るブリュンヒルド公国。そこに、バビロンの遺跡が見つかったとの報を受け、冬夜たちは魔王国へと向かうことに。魔王国にてバビロンの遺跡『図書館』を見つけた彼らだが、そこにはフレイズの新たな情報が収められていた――!! 大人気異世界ほのぼのファンタジー第8巻!」
- 2019.11.13 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 8」より

「図書館」を発見した冬夜でしたが、すぐに次の「蔵」も発見します。遺跡の発見もかなりおざなり(?)になってきたようでして・・・。
バビロンナンバーズもナンバー20~ナンバー28まで、ナンバー22が抜けているだけで8人も揃うことになりました。それぞれの性格が個性的で面白いのですが、名前が全然全く覚えられませんね・・・(汗)。
で、今巻のハイライトは、「竜退治」でしょうか。大変な危機なはずなのですが、冬夜はあっさりと退治してしまいます。
また、竜たちの動向を探るため、「瑠璃」を召喚して契約することになります。
次巻は、どのような物語の展開になるのか、とても興味が湧きますね。続けて読んでいくつもりです。

death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_18death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_18_pamphdeath_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_18_illust_card_2death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_18_illust_card_1

"Death Marching to the Parallel World Rhapsody" - 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 18」

仲間を自由の身にするため、サトゥーの財力が解き放たれる!?
王都を襲った魔神の落し子を撃退し、無事に新年を迎えたサトゥー達。新たなユニークスキルも開放されたところで、アリサとルルを奴隷から解放できる『祈願の指輪』が王都のオークションに出品されることを知り――?」
- 2019.11.10 KADOKAWA BOOKS「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 18」より

王都でも色々と忙しい毎日を送るサトゥーたち。サトゥーたちは、陞爵、叙爵されて、仲間たちは(ミーアを除いて)全員、爵位と家名を得ることになります。ただし、ルルとアリサは、ギアスにより奴隷のままですが。
そんな二人を奴隷の身分から解放すべく、オークションに出品された『祈願の指輪』を競り落とそうと画策することになります。
サトゥーのとんでもない財力が前提ですが、エチゴヤ商会も支援します。そして、実際にオークションに現れるのは、サトゥーのアンダーカバーであるクロなのですが。
一方、幼馴染のヒカルと再会したサトゥーでしたが、なんと彼女は、ミトという名を持ち、300年前にこの世界に召喚された勇者ヤマトだったのですが・・・。
微妙な(?)謎をはらみつつ次巻へ続く・・・。次巻も楽しみですね。

the_master_of_the_brave_5"The Master of The Brave" - 「勇者様のお師匠様 V」

勇者とその師は闇を晴らすべく、帝都を旅立つ。
帝都シムルグに蠢く闇は、未だ晴れることはない。
闇組織に忍び込んだ “副長" ケルヴィンが辿り着いた、一人の男。
貴族誘拐事件の真相を追うウィンが行き着いた、一つの嘘。
それらが示す先に浮かび上がったのは、かつての “背教者" の影であった。
真相を求め “皇太子" アルフレッドがリヨン王国への訪問を決したそのとき、
冥府の底より喚び出されし “魔族" が動き始める。
『私は、本当に世界を救えたのかな? お兄ちゃん……』」
- 2019.11.10 KADOKAWA eb! enterbrain「勇者様のお師匠様 V」より

やーーと、読み終えました。いえ、面白かったのですよ、ただ、私の根気が続かなかっただけで(汗)。
ちょっと難しい(?)話が続きまして、もっと「軽い」話に浮気したりして、やっと読み終えたのです。
勇者が魔王を倒してからも、人との間に諍いが絶えることが無く、勇者様のお師匠様もその波に弄ばれるような日々。それは、皇太子アルフレッドという後ろ盾を得ても同じで、返って国家間の政争に巻き込まれたりしています。
今巻で、ウィンは初めて生まれた国を出て、リヨン王国に向かうことになります。それは当然、物見遊山の観光などではなく、王女の従士・護衛として、困難な旅路となります。
懐かしい冒険者仲間とも再会して、リヨン王国へと旅を進めるウィンでしたが・・・。
次巻も機会があれば、読んでみようかな・・・。

kouchugunshikan_bokensha_ni_naru「航宙軍士官、冒険者になる」

やっぱり気になって読んでしまいました。
読み直してみると、2巻への伏線がちゃんとあったことに気がつきます。例えば、航宙艦から退艦するときにアランがイーリス・コンラートに残した言葉や、地上世界に現れた使徒とか。
また、文章の組み立て方とか、語り方などが、この巻からちょっと変わっていることとか。
ストーリーは、大体把握していたのですが、改めて読んでみても面白かったですね。体内に宿しているナノマシン-ナノムがキーテクノロジーであって、万能の力を発揮します。
アランが孤立無援となり、この惑星で一人生き抜くことを決意するのがこの巻ならば、第2巻は、イーリス・コンラートという戦闘艦の支援を受け、仲間ができて、目的が定まることになります。
第4巻の発刊が、今から待ち遠しく思います。

kouchugunshikan_bokensha_ni_naru_2kouchugunshikan_bokensha_ni_naru_3「航宙軍士官、冒険者になる 2、3」

やっぱりちょっと今読んでいる本を放り出して、先にこの本をまた読んでしまいました。ちょっとだけ、と思いつつ、気がつけば第3巻まで読了してしまうとは・・・。
第2巻を改めて読み直してみて、第3巻へのつながりがよく分かりましたね。第2巻で出会ったクレリアの近衛騎士たち。第3巻では、辺境伯軍の精鋭も加え、100名の騎士たちと落ち合って、クランを結成することになります。
折しも、この辺境惑星が帝国に発見されるのが、約1,200年後であり、その間にバグスの襲撃を受ける可能性が、88% という衝撃的な事実が明らかになり、アランは、この惑星を接収し、500年の間にテクノロジーレベルを軌道上にリアクターを建造できるレベルまで引き上げることを決意する。
まずは、国興しであり、この世界に覇権をなすべく行動を起こします。
クランを結成し、盗賊討伐、魔物討伐と驚異的な成果を挙げて、冒険者の頂点に立つ一方で、「魔の大樹海」に拠点の構築を行う。
そして、ドラゴンに遭遇し、これを撃破。また、ドラゴンの一頭をアランの配下に加えることに。
次巻の物語の展開もまた楽しみですね。待ち遠しく思います。

2019.10

this_hero_is_invincible_but_too_cautious_1this_hero_is_invincible_but_too_cautious_1_pamph"This Hero is Invincible but "Too Cautions" " - 「この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる」

鎧を三つ貰おう。着る用。スペア。そしてスペアが無くなった時のスペアだ。
超ハードモードな世界の救済を担当することになった駄女神リスタ。彼女が召喚した勇者・聖哉は、抜群のステータスだが、ありえないくらい慎重で!? スライム相手に塵ひとつ残さぬ火力で挑む勇者の冒険譚、開幕!」
- 2019.10.29 KADOKAWA BOOKS「この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる」より

えーと、今読んでいるシリーズ第5巻が、とても分厚くて飽きてきたこと(おい)、TV放映が始まって原作が読みたくなっていたこと、TVアニメ放送記念として第1巻、第2巻パックが安価で(税抜 1,000円)提供されて気になっていたことに加えて本棚を漁っていたら、第1巻を発見したこと、などがあり、つい本書を手にとって読み始めたのでした。
読み始めた当初は、TV放映分までにしようかな、と思っていたのですが、楽しくてさくさくと最後まで読んでしまいました。
原作を読んでみて、TVアニメがけっこう原作に忠実に作られていること、うまく表現していることなどが分かりました。特に声優による演技が秀逸ですね。
慎重すぎる勇者ですが、どこまで強くなっていくのか、とても興味が湧きますね。と同時にあっという間に完結してしまうのではないかと続きが気になりますね。

the_master_of_the_brave_4the_master_of_the_brave_4_ss"The Master of The Brave" - 「勇者様のお師匠様 IV」

呻く混沌、蠢く怨嗟。
魔王軍との戦争から幾年。
爪痕は未だ癒えず、帝国は闇を孕んでいた。
忍び寄る野盗、相次ぐ民の失踪――背後に潜む影。
任務に励む “騎士" ウィンを襲う、“旅の剣士" の刃。
明かされる、魔王降臨に隠された真実。
そして “英雄" と謳われる前、“勇者" と “剣聖" の邂逅の記憶。
『私は誰にも教わらない。私のお師匠様は、この世界で唯一人だけ』
二つの意思が重なるとき――新たな時代が動き出す。」
- 2019.10.27 KADOKAWA eb! enterbrain「勇者様のお師匠様 IV」より

勇者を取り込もうとする色々な派閥・勢力からの思惑が入り乱れる中、皇家もまた、その影響を最小限に抑えるために王女の従士へとウィンを取り立てます。ただし、平民であるウィンを騎士にすること、また本来は貴族たちのみによって構成されていた騎士団の中でもエリートのみが就いていた王族警護の役職である従士に取り立てたことで、貴族たちの反発を得ることにもなりますが。
また、王国と帝国間での戦争が懸念される中、帝国内でも王位争いを巡る陰謀も。
そして、帝国内で頻発する誘拐事件。
様々な陰謀が錯綜する中で、ウィンとレティシアもまた安穏としている訳にもいかず。
勇者がただ無双するわけでなく、ファンタジー世界でありながら、リアルな世界が描かれているように感じました。
今後の二人の動向が気になりますね。続けて次巻を読んでいくつもりです。

the_master_of_the_brave_3"The Master of The Brave" - 「勇者様のお師匠様 III」

目覚めた才、継がれた力。
冒険者ギルドへと持ち込まれた一件の依頼。
依頼元へと赴いた “新米冒険者" ウィン達は、恐怖に震える “翼人の少女" と出逢う。
故郷を失くした彼女を守るべく、ゴブリン討伐に臨む冒険者パーティー。
そこに突如現れた、“妖魔" の魔の手が迫る。
凶悪な魔力、強大な武力により尽くされる圧倒的破壊。
全滅の窮地に響く、幼きレティシアの声――。
『お兄ちゃんが負けるはずなんてないっ! 』
二つの記憶が重なるとき——新たな歴史が紡がれる。」
- 2019.10.24 KADOKAWA eb! enterbrain「勇者様のお師匠様 III」より

ウィン9歳、レティシア7歳の頃で、冒険者となって初めてパーティを組んで、城外へと出たときの話です。レティシアがまだ「勇者」として覚醒する前ですね。
ここで、初めて魔族と出会い、これを討伐することになったのですが・・・。
上位の冒険者との出会い、共闘しての魔物退治、魔族討伐に挑むウィンたち。実力差は圧倒的で、絶望的な展開の中、レティシアが能力に目覚め、ウィンもまた、レティシアの加護を受けて、魔族を圧倒します。
第2巻と第4巻を繋ぐ、幕間劇のような構成でしたが、話自体はけっこう楽しめました。
ウィンの持つ魔力が小さいのが功を奏して、身体能力強化の魔術が効果倍増というのが判明しましたし。
この巻で、ウィンは、王女の従士となることを決意しますが、次巻ではどのような展開となるのか、とても楽しみですね。続けて読んでいくつもりです。

the_master_of_the_brave_2"The Master of The Brave" - 「勇者様のお師匠様 II」

抱く疑念、巡る陰謀。
クーデター事件から幾日。
混乱の帝都に届く、“新米冒険者" アベルからの凶報。
壊滅した集落、泣き叫ぶ民衆――暗躍する敵国騎士団の影。
動き出す謀略に仇するべく、“勇者様のお師匠様" ウィンは戦地へと赴く。
“ハーフエルフの村娘" セリとの邂逅を経て、二百の軍勢に挑む三人の斥候部隊。
幼馴染の初陣に想う、“美少女勇者" レティシアの真意――。
『世界中から認められなくても、私はあなただけに認められたら』
二つの想いが重なるとき――新たな道が開く。」
- 2019.10.22 KADOKAWA eb! enterbrain「勇者様のお師匠様 II」より

真面目な英雄譚です。勇者様(レティシア)のお師匠様(ウィン)の物語なのです。勇者が艱難辛苦の末に魔王を倒してからの、お師匠様が英雄となる過程を描いているようですね。
勇者は少女でありながらも魔王を倒すほど人外な力を持っていますが、それゆえ一方では、人族に対する脅威とされ、「化け物」として畏怖されるようになってきています。また、勇者であっても、人族同士の戦争の兵器として見られるようになってきています。
そのような状況下で、勇者を利用しようとして、お師匠様をダシにしようと考える者まで出てきて・・・。
ウィンは、魔法を使えず、剣技には勝るものの英雄には程遠い実力であり、騎士候補の身分であるため、上官の命令には服従せざるを得ません。そのため、彼を戦争に巻き込んで、勇者を味方にしようとするのですが・・・。
次巻の物語の展開が気になりますね。続けて読んでいくつもりです。

hakugin_no_oka_kuro_no_tsuki_1hakugin_no_oka_kuro_no_tsuki_2hakugin_no_oka_kuro_no_tsuki_pamph_1hakugin_no_oka_kuro_no_tsuki_pamph_2

「白銀の墟 玄の月 第1巻、第2巻」

驍宗様(あなた)こそ泰麒(わたし)が玉座に据えた王。だが――。戴国の怒濤を描く大巨編、開幕! Episode9
戴国(たいこく)に麒麟が還る。王は何処へ──。乍(さく)驍宗(ぎょうそう)が登極から半年で消息を絶ち、泰麒(たいき)も姿を消した。王不在から六年の歳月、人々は極寒と貧しさを凌ぎ生きた。案じる将軍李斎(りさい)が慶国(けいこく)景王(けいおう)、雁国(えんこく)延王(えんおう)の助力を得て、泰麒を連れ戻すことが叶う。今、故国(くに)に戻った麒麟は無垢に願う、『王は、御無事』と。──白雉(はくち)は落ちていない。一縷の望みを携え、無窮の旅が始まる!」
- 2019.10.21 新潮文庫「白銀の墟 玄の月 第1巻」より

王だからこそ戴国(ここ)を守りたい。民が幸福に暮らす国となるように。 Episode9
民には、早く希望を見せてやりたい。国の安寧を誰よりも願った驍宗(ぎょうそう)の行方を追う泰麒(たいき)は、ついに白圭宮(はっけいきゅう)へと至る。それは王の座を奪い取った阿選(あせん)に会うためだった。しかし権力を恣(ほしいまま)にしたはずの仮王には政(まつりごと)を治める気配がない。一方、李斎(りさい)は、驍宗が襲われたはずの山を目指すも、かつて玉泉として栄えた地は荒廃していた。人々が凍てつく前に、王を捜し、国を救わなければ。──だが。」
- 2019.10.21 新潮文庫「白銀の墟 玄の月 第2巻」より

戴国に厳しい冬が近づく中、戴麒と李斎は、必死に驍宗の行方を追います。しかしながら、6年前のことであり、阿選軍の徹底的な誅伐にあった里には、荒廃した土地が広がるばかり・・・。探索は困難を極めますが、慶国で得た手がかりを元に、少しづつ真相に近づいていきます。
じれったくも、はらはらと緊迫感あふれる展開でしたね。
そして、ついに6年前に重傷を負い、荒民に助けられていた人物を探し当てるのですが・・・。
戴麒の行動と、これからの物語の展開に目が離せませんね。11/9 の続巻の発刊が待ち遠しく思います。

regarding_reincarnated_to_slime_15"Regarding Reincarnated to Slime" - 「転生したらスライムだった件 15」

最強竜種の一柱 VS 魔王スライム
ヴェルグリンドとの激闘の末、敵の手中に落ちた盟友ヴェルドラ。
その事実はリムルを激怒させる。
そして命は下された、敵を殺しつくせ――と。
その命令に力を漲らせるベニマル達テンペスト幹部。
さらに悪魔達を大量進化させ、テンペストと東の帝国の最終決戦がついに始まるのだった。
そしてリムルは、ヴェルドラを救うため、さらなる進化を遂げる――。」
- 2019.10.19 GC NOVELS「転生したらスライムだった件 15」より

「好きに暴れて構わない。どれだけの死と破壊を撒き散らしても構わない。ただし、死ぬ事は許さん。ヤツラに俺の邪魔をさせる事も許さん。俺がヴェルドラを解放するまでの間、その身を盾にしてでも足止めしていろ!」と、リムルは、東の帝国との最終決戦に挑みます。そして、ヴェルグリンドとの死闘において、リムルはさらなる進化を遂げることに・・・。
1冊全編が東の帝国との死闘に費やされていましたが、もう波乱万丈、どきどきはらはらしながら、最後まで一気に読んでしまいました。面白かったです。
リムル以下テンペストの麾下全員が絶体絶命の危機に見舞われますが、それをひっくり返していく様が爽快でした。
また、色々と因縁があったりしましたが、様々な謎も明らかになりましたね。
次巻の物語の展開にも期待しつつ、次巻の発刊が待ち遠しく思います。

god_bless_me_12god_bless_me_12_illust

god_bless_me_12_poster"God bless me?" - 「私、能力は平均値でって言ったよね! 12」

12巻は、ついにアルバーン帝国に潜入!?
マイルたち『赤き誓い』が商売に情報収集にと大活躍!

女子高生なのに、異世界へと転生してしまった少女マイル。
彼女は神様の勘違いで平均の6800倍の魔力をもつ最強魔法剣士となり、女の子だけの新人パーティ『赤き誓い』のメンバーとなった。
若手ハンターとして修行の旅を続ける『赤き誓い』だが、色々とやらかしてしまい……
彼女たち4人は『危険すぎる依頼』を受けて、戦争直前の隣国・アルバーン帝国へ潜入することに!?
レーナとポーリンが大暴走! 帝国の中で大繁盛の商売を始めてしまう!
しかも、帝都では更なる危険が彼女たちを待ち受けていた!
好評のWEB版に大幅加筆、その上、書籍オリジナルの『レニーちゃん奮戦記』も加えた待望の最新巻です!」
- 2019.10.16 EARTH STAR NOVEL「私、能力は平均値でって言ったよね! 12」より

やっぱり面白くて、さくさくと最後まで一気に読んでしまいました。
今回のマイルのギャグは、ちょっと空回り気味でしたが、これまでのハンター修行の旅と同じように楽しめました。相変わらずの軽いノリで、とんでもない状況を易易と乗り越えていきます。
盗賊相手でも、それが多勢であっても、瞬殺、でした。
そして、『赤き誓い』と古龍たちとの『人竜大戦』の幕が切って落とされたのですが・・・。
うーん、次が早く読みたい、ですね。

honzuki_no_gekokujoh_4_viiihonzuki_no_gekokujoh_4_viii_pamphhonzuki_no_gekokujoh_4_viii_ss「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部 貴族院の自称図書委員 VIII」

2019年10月2(水)よりTVアニメ放送開始!
『このライトノベルがすごい! 2018&2019』2年連続1位!
シリーズ累計200万部突破!(電子書籍を含む)
急転直下の大人気ビブリア・ファンタジー最新刊!

貴族院二年生を終え、ローゼマインは再び領地での生活に戻る。新しい弟との出会いや、下級生の側近探し、お魚解体に、曽祖父の昔話など、一見その日々は穏やかそのもの。だが、フェルディナンドの様子がおかしい。鍵を握る『アダルジーザの実』とは何か?
そして、下される急転直下の王命――神官長はローゼマインに明かす。
『本来ならば、私は洗礼式前に死んでいるはずだった』出生の秘密、父との最後の約束、苦渋の決断。エーレンフェストの未来を賭けた、フェルディナンドの選択とは?
本を読むために全力を尽くせ! 最終章へ急変するビブリア・ファンタジー最新刊!
10年の歳月が胸に迫る書き下ろしSS×2本、椎名優描き下ろし『四コマ漫画』収録!」
- 2019.10.15 TOブックス「本好きの下剋上 第四部 貴族院の自称図書委員 VIII」より

口絵(イラスト)を見てびっくり。ローゼマインがフェルディナンドに抱きついて涙しているでありませんか(!)。何か悲しい出来事があったのでは、と思いながら読み進めると、衝撃的な展開が。
フェルディナンドが出生の秘密を語るのですが、いまいち理解できませんでした(おい)。ただ、貴族院にいた頃より、ローゼマインと過ごすようになってからのほうが、フェルディナンドは幸せを感じていたようですね。ローゼマインもフェルディナンドを家族のように思っていることを改めてフェルディナンドに伝えます。
次巻は、第4部の完結編らしいのですが、今から発刊されるのを待ち遠しく思いますね。ドラマCDも欲しくなってきました。

honzuki_no_gekokujoh_4_viihonzuki_no_gekokujoh_4_vii_pamph「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部 貴族院の自称図書委員 VII」

TVアニメ化決定!
『このライトノベルがすごい! 2018&2019』2年連続1位!
シリーズ累計120万部突破! 大人気ビブリア・ファンタジー!!

本好きのお茶会で昏倒したローゼマインはエーレンフェストに強制送還された。
下町の面々との再会もあり、神殿での読書三昧に心はうきうき。冬の日々は穏やかに過ぎるように思えたが、聖典から謎の言葉と魔法陣が浮かび、引き籠もり生活は一変!
貴族院二年生の終わりに向かって尋問会、聖典検証会議が続く上、見習いの名捧げ問題に直面。初参加の領地対抗戦を観覧中には、ダンケルフェルガーとのディッター勝負へ挑むことになるばかりか、表彰式をテロが強襲!
卒業式を前に、ローゼマインはフェルディナンドと共に貴族院の騒乱を止められるのか!? 領地間の不穏な緊張感が高まる大人気ビブリア・ファンタジー最新刊!
書き下ろしSSは卒業生二人の恋物語×2本、椎名優描き下ろし『四コマ漫画』収録!」
- 2019.10.15 TOブックス「本好きの下剋上 第四部 貴族院の自称図書委員 VII」より

貴族院での表彰式でのテロは、緊迫感がありましたね。エーレンフェストの貴族院生は、ローゼマインにより守られていましたが、テロリストたちに直接対応することができず、見守るばかりで、ハラハラしてしまいました。
また、フェルディナンドとのディッター勝負では、ハンネローネが涙目で「宝」となっていたイラストには、くすっとさせてもらえました。
そして、ハルトムートの婚約者がついに登場しました。さらっと流されていましたが、なんだかライトノベルのラブコメのような展開でしたね。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

honzuki_no_gekokujoh_4_vi「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部 貴族院の自称図書委員 VI」

TVアニメ化決定!
シリーズ累計100万部突破!
『このライトノベルがすごい! 2018&2019』2年連続第1位!
大人気ビブリア・ファンタジー最新刊!
貴族院二年生の講義、始まる! 図書委員発足!

進級式と親睦会を終えた貴族院で、ローゼマインの新たな一年が本格化する。
早速始まった講義では、エーレンフェストの二年生の『全員一発合格』を目指したり、図書委員の仲間探しに奔走! 昨年以上に次々と騒動を巻き起こす中、院内の教師や上位領地の領主候補生、中央の第三王子とも接触が増え、領地間の均衡に目を配る保護者の頭を悩ませる。
だが、我が道を突き進むローゼマインは止まらない! 夢中で駆け抜けながら、エーレンフェストの採集場所に出現した魔獣ターニスベファレンの討伐に挑むのだった。
本当は読書したいだけなのに、厄介事が止まらないビブリア・ファンタジー最新刊!
書き下ろしSS×2本、椎名優描き下ろし『四コマ漫画』収録!」
- 2019.10.14 TOブックス「本好きの下剋上 第四部 貴族院の自称図書委員 VI」より

表紙イラストは、図書委員とヴァイス、シュバルツですね。ローゼマインは、貴族院で図書委員を増やすことができて大喜びです。
一方で、ローゼマイン以外の面々は、エーレンフェストの保護者たちも含め、ローゼマインの暴走ぶりに戦々恐々としています。このギャップが楽しくて、かつ次にどのような展開になるのか、わくわくしながら読めます。
ターニスベファレンの討伐は迫力がありましたね。そして、ローゼマインが如何に規格外なのかも改めて認識するような出来事の連続でした。ローゼマインが、シュタープを神具に変えることや、癒やしに際してもとんでもない効果をもたらしたりします。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

honzuki_no_gekokujoh_4_vhonzuki_no_gekokujoh_4_v_pamph「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部 貴族院の自称図書委員 V」

『このライトノベルがすごい! 2018&2019』祝・2年連続第1位!
(単行本・ノベルス部門) 
シリーズ累計100万部突破!
さあ、2年生へ! 大人気ビブリア・ファンタジー最新刊!

エーレンフェストの下町を美しい街へと生まれ変わらせたローゼマインは、他領への影響力を強めるため、さらなる発展を目指す。そのためには、民の協力が欠かせない。貴族との壁を壊すため、彼女は自ら活発に動き回る。直轄地の印刷工房の視察や、染め物コンペの開催による職人の発掘、図書館建設計画の妄想(?)などなど。複雑な領地問題が絡む兄の結婚式では、不穏な旧ヴェローニカ派への警戒も必要に。領地内の派閥争いは激しさを増していく。
季節が冬の到来を告げる頃、貴族院では二年生が始まるのだった。
ついに5周年! 騒動続きで忙しすぎるビブリア・ファンタジー最新刊!
書き下ろしSS×2本、椎名優描き下ろし『四コマ漫画』収録!」
- 2019.10.13 TOブックス「本好きの下剋上 第四部 貴族院の自称図書委員 V」より

ハルデンツェルで図らずも古い儀式を再現してしまったローゼマインが、伯爵より最大級の感謝の礼を頂くところなんかでは、ちょっと感動してしまいました。
ローゼマインの暴走(?)が止まりません。かつてもたらされた染色技術の復活を流行を画策したり、星結びでの結婚式では、旧ヴェローニカ派を牽制したり・・・。
血族関係が複雑怪奇で登場キャラクターが混乱していましたが、巻末にあった家系図には助かりました(それでも分からないことだらけでしたが)。
次巻は、二年生になった貴族院での様子が描かれるようです。続けて読んでいくつもりです。楽しみですね。

honzuki_no_gekokujoh_4_iv「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部 貴族院の自称図書委員 IV」

シリーズ累計75万部突破!
『このライトノベルがすごい! 2018』(単行本・ノベルス部門) 第1位(宝島社刊)
雪解けに祝福を! 領地に繁栄を! 春の訪れに華やぐビブリア・ファンタジー最新刊!

近付く春。ローゼマインに下町組との別れを悲しんでいる暇はなかった。貴族院の一年生が終わり、やることはてんこ盛り。ルッツと約束した本を増やすことはもちろん、春を寿ぐ宴ではエーレンフェストの政略として、ヴィルフリートとの婚約を発表。上位領地への対抗策を次々に繰り出す。神官長との魔術具のインク作り、直轄地を魔力で満たす祈念式、ハルデンツェルでは図らずも古い儀式を蘇らせることに……。領地の発展を目指し、下町の大規模な整備まで実施する中、他領の暗躍も活発になっていく。
雪解けに祝福を! 領地に繁栄を! 春の訪れに華やぐビブリア・ファンタジー最新刊! 
書き下ろしSS×2本、椎名優描き下ろし『四コマ漫画』収録!」
- 2019.10.12 TOブックス「本好きの下剋上 第四部 貴族院の自称図書委員 IV」より

貴族院で注目を集めたエーレンフェスト。その中心人物であるローゼマインにも注目が集まり、他領からの婚約を打診されるようになり。また、ローゼマインを領主として担ぎ出そうとする派閥の争いもまた、活発になりそうなエーレンフェスト領内でしたが、ローゼマインがヴィルフリートとの婚約を発表することにより、一段落・・・。
一方で、ローゼマインもまた神殿長として多忙な毎日です。虚弱体質なのは相変わらずで、まだ身体強化しないとまともに立っていることもできない有様です。
そして、やっぱりローゼマインは、規格外なのでした。祈念式では、予想外に古い儀式を復活させ、下町を一気に清掃したり・・・。
次巻もローゼマインの動向に目が離せませんね。

honzuki_no_gekokujoh_4_iiihonzuki_no_gekokujoh_4_iii_pamph「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部 貴族院の自称図書委員 III」

『このライトノベルがすごい! 2018』第1位!(単行本・ノベルス部門)シリーズ累計70万部突破!
約束しようもっと『本を作る』二人で交わした将来の夢へーー泣くな、マイン! 涙の大人気ビブリア・ファンタジー最新刊!

久し振りに神殿へ帰還したローゼマインは神官長らと共に、神殿長としての仕事に明け暮れていた。奉納式や印刷業関連、数多くの面会、書類業務など、日々は慌ただしく過ぎていく。季節は冬の終わりへ。ローゼマインの周辺は変化が止まらない。早くも一年生が終わろうとする貴族院では、全領地を集めたお茶会を開催する必要に迫られ、最終学年の領主候補生や側近が卒業式を迎える。領地の繁栄のため、自身の婚約話まで浮上。そして、何より懸案だった、下町の面々との別れが近づく……。見果てぬ夢への『約束』を胸に、立ち止まってはいられないビブリア・ファンタジー! 書き下ろしSS×2本、椎名優描き下ろし『四コマ漫画』収録!」
- 2019.10.10 TOブックス「本好きの下剋上 第四部 貴族院の自称図書委員 III」より

奉納式のために一旦神殿へ戻るローゼマインと側近たち。また、城へと足を運び、領主に貴族院での報告、また春からの印刷業関連業務拡充のための準備など、日々が慌ただしく過ぎていきます。
そしてもまた貴族院へ戻ったローゼマインは、他領地の領主候補生全部を招くお茶会の開催し、またいつものように倒れてしまい、領地対抗戦には出席できなくなってしまったり・・・。
また卒業式に、自室で籠もっていたのにもかかわらず、思わず祝福の光をとばしてしまったり、とはらはらさせる展開が続いて、読んでいて退屈することはありませんでした。
次巻では、一年生を終了して神殿に戻ってきたローゼマインの様子が描かれるようです。今から読むのが楽しみですね。

honzuki_no_gekokujoh_4_ii「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部 貴族院の自称図書委員 II」

シリーズ累計65万部突破!このライトノベルがすごい! 2018』第1位!(単行本・ノベルス部門)
念願の図書館を守るためには手段を選んで入られません⁉︎ 貴族の学校を舞台に『下剋上』が加速するビブリア・ファンタジー最新刊! 書き下ろし短編×2本収録!

貴族院に入学したローゼマインは図書館に通いたい一心で、勉強に試験に大奮闘を続けていた。が、貴族の常識を知らない振る舞いに、側近や教師たちからも心配の声が高まっていく。
そんな折、魔術具のシュバルツ達を巡り、大領地ダンケルフェルガーの学生と衝突が勃発! 騎士見習い達の模擬戦『宝盗りディッター』で勝負することに。
おまけに領地関係に配慮せず、他の領主候補生から秘密の相談を受けたり、王子の恋の相談にまで乗ったりと……。ローゼマインの奔放さにエーレンフェストで待つ保護者達は頭を抱えるのだった。
図書館を守るためには手段を選んでいられません! 騒動続きで大賑わいのビブリア・ファンタジー!
書き下ろしSS×2本、椎名優描き下ろし『四コマ漫画』収録!」
- 2019.10.10 TOブックス「本好きの下剋上 第四部 貴族院の自称図書委員 II」より

ローゼマインのてんやわんやの学院生活が描かれています。たった一日で、シュバルツとヴァイスの服の採寸、他領学院生からの襲撃、宝盗りディッター勝負、そして王子からの呼び出し、と目白押しだったりするのです。
また、ローゼマインの近辺では、側近のトラウゴットが(側近を)辞任させたりしています。
ジルヴェスターやフェルディナンドへの報告が毎日上がったりするのです。
そして、大胆にも王子に対して、恋のアドバイスをしたりもするのですが・・・。
ローゼマインと貴族社会、貴族院での常識の齟齬から、ローゼマインの奔放な対応から、色々な騒動が巻き起こるのが楽しいですね。次巻も続けて読んでいくつもりです。

honzuki_no_gekokujoh_4_i「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第四部 貴族院の自称図書委員 I」

『このライトノベルがすごい! 2018』(宝島社刊)単行本・ノベルス部門・第1位!シリーズ累計60万部突破!
舞台は貴族の学校へ! 大人気ビブリア・ファンタジー新章突入!

約二年間の眠りから目覚めたローゼマイン。周囲の変化は大きく、浦島太郎状態に不安がいっぱい。けれど、休む間もなく、貴族になるための学校『貴族院』へ入学する。
そこは魔力の扱いや魔術具の調合を教えられ、領主候補生は領主として領地を治めるための魔術を学ぶ場。個性的な教師や他領の子供達と一緒に寮生活をしながら、成長を目指す————はずが、院内に大型図書館があるとわかって大変。王族も領主候補生もほぼ眼中になく、ローゼマインは図書館へ突き進むのだった!
本を読むためには手段を選んでいられません! 学園を舞台に繰り広げられる、ビブリア・ファンタジー新章開幕!
書き下ろしSS×2本、椎名優描き下ろし『四コマ漫画』、『第2回人気キャラクター投票結果』収録!」
- 2019.10.7 TOブックス「本好きの下剋上 第四部 貴族院の自称図書委員 I」より

各領地からの貴族の子供を教育する「貴族院」。ローゼマインは、領主候補生として入学しますが、やっぱり暴走します。国内で2番めの図書館という「エサ」に釣られて、周りを巻き込みながら、一直線に向かいます。
表紙にある「ウサギ」は、しゃべって動く、珍しい魔術具。永らく動いていませんでしたが、ローゼマインの祝福により、なぜかローゼマインを主と認め、動き出します。
シュタープも手に入れて、魔力操作も楽に行えるようになりました。
座学、実技も合格して、さぁ、図書館へ突進・・・、となりましたが。
次巻の物語の展開もとても楽しみです。

honzuki_no_gekokujoh_3_v「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部 領主の養女 V」

シリーズ累計50万部突破の大人気ビブリア・ファンタジー最新刊! 驚愕の新展開が待ちきれない第三部クライマックス!
一年ぶりにリュエルの実を採集することに成功したローゼマインは、神官長と共に薬(ユレーヴェ)作りに励む。これで健康な普通の女の子になれる!……はず。その喜びから、活動は今まで以上に精力的なものに。本を読める環境作りのために製紙業や口伝集めに力を入れるばかりか、神殿長としては収穫祭の直轄地を回る。おまけに初めての妹までできて――。
だが、冬支度の準備が着々と進む中、貴族の派閥争いが加速していく。彼等の陰謀は神殿内に混乱を招くばかりか、ローゼマインの未来をも大きく揺るがすことになる……。驚愕の新展開へ! 心高まる第三部クライマックス! 第四部への2年間を描く短編集に、書き下ろしSS×2本、お馴染み椎名優描き下ろし『四コマ漫画』収録!」
- 2019.10.7 TOブックス「本好きの下剋上 第三部 領主の養女 V」より

ダームエルの魔力の増強が著しく、ローゼマインの魔力圧縮方法が(またもや)騒動の種に(笑)。
また、シャルロットがローゼマインの義妹としてお目見えし、ローゼマインは、大興奮。妹に誇れるような姉として頑張ります。
一方で、ゲオルギーネの意を汲んだ貴族たちの陰謀により、領地内の弱体化が画策されたり、シャルロット、ローゼマインが危機に陥ったりします。
珍しく(?)、アクションシーンもあり、最後まで一気に読み進めることができました。
また、巻末のSSもローゼマインとは違った視点で描かれていて、とっても楽しむことができました。
次巻からは、いよいよ第四部が始まります。読むのが今から楽しみです。

honzuki_no_gekokujoh_3_iv「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部 領主の養女 IV」

本の販売会、始めます! シリーズ累計40万部突破! 大人気ビブリア・ファンタジー最新刊! 25,000字を超える大増『書き下ろし番外編』2本&椎名優描き下ろし『四コマ漫画』収録!
春は恋が芽生える季節! ローゼマインの側近や専属達が何だか色めき立って、衣装を作ったり、お披露目したりと華やいだ様子。神殿の工房では新しい印刷機もついに完成し、本作りは広がりを見せていく。絵本に、楽譜、騎士物語等、様々な本を販売するにまで到った。今後の領地内における印刷業の拡大を見据え、まずは製紙業を広げることに。ローゼマイン一行は紙の作り方を教えたり、新素材の研究をするため、イルクナーへ向かう。少しずつローゼマインを取り巻く環境が改善される一方、現領主の姉が来訪したことで、エーレンフェストには不穏な空気が流れ始めるのだった。第三部完結へ向けて貴族達の想いが交錯する、ビブリア・ファンタジー転変の章! 大増書き下ろし番外編2本+椎名優描き下ろし『四コマ漫画』収録!」
- 2019.10.7 TOブックス「本好きの下剋上 第三部 領主の養女 IV」より

護衛騎士ブリギッテの新作衣装を作ったり、絵本、楽譜、騎士物語などを城で販売したり、またアンゲリカの魔剣を魔改造したり・・・と、忙しい毎日を過ごすローゼマイン。
そんなとき、ブリギッテに告白したダームエルの魔力増強方法をローゼマインは、自身の方法として伝授したりしています。
ブリギッタとアンゲリカが可愛いですね。特にアンゲリカは、天然癒やし系(?)でしょうか。貴族院の落ちこぼれのようですが・・・。イラストが可愛い(!)。
次巻は、第三部の完結編ですね。ゲオルギーネを支持する貴族たちの陰謀が気になりますね。

honzuki_no_gekokujoh_3_iii「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部 領主の養女 III」

シリーズ累計35万部! 冬の魔獣の討伐へ、さあ出陣! 大人気ビブリア・ファンタジー最新刊!
冬の気配が近付く中、神殿長のローゼマインは城と神殿を行き来する、慌しい毎日を送っていた。社交界での交遊に、洗礼式や奉納式等への参加。識字率の向上を目指した、貴族院入学前の子供の指導、さらには成績不振な護衛騎士の教育まで、一年前とは比較にならないほど忙しい。貴族間でも神殿内でも影響力は高まっていく。一方で、グーテンベルクの職人と印刷機の改良に挑んだり、城で絵本を販売したり、本への愛情は強まるばかり。そんなローゼマインの内なる魔力もますます強力に!
周囲の注目を集める中、騎士団と共に冬の主の討伐を行い、春の祈念式では新たな素材を採集するのだった。戦いと幻想の冬を越えて、『エーレンフェストの聖女』が高く舞い上がるビブリア・ファンタジー激闘の章! 大増書き下ろし番外編2本+椎名優描き下ろし『四コマ漫画』収録!」
- 2019.10.5 TOブックス「本好きの下剋上 第三部 領主の養女 III」より

お城の中を自身の騎獣でもって行き来する許しを得たローゼマインが、レッサーバスで移動するさまが何とも楽しい。
そして冬の主の討伐によって魔石を採集したり、春には「女神の水浴場」で花の蜜を採集したりするのですが、これがまたファンタジーっぽくて素敵でした。
また、カルタやトランプ、絵本の普及活動に勤める様も楽しく読み進めることができました。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

honzuki_no_gekokujoh_3_ii「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部 領主の養女 II」

シリーズ累計30万部突破! 『小説家になろう』1億9000万PV突破! 『このライトノベルがすごい! 2017』の単行本・ノベルズ部門でベスト10入り! 2016年を締め括る大人気ビブリア・ファンタジー!
領主の養女となり、神殿長に就任したローゼマインは、慣れない権力者としての立場に翻弄されていた。収穫祭へ向けた準備、新しい孤児たちの面倒、近隣の町からの不満等、立場を手にしたことで課題が増えていく。おまけに、神官長フェルディナンドは常に厳しい。それでも、ローゼマインは諦めない! 下町の家族や仲間との再会に励まされ、図書室での束の間の読書で元気満タン! そして、年に一度訪れる『シュツェーリアの夜』に、薬の素材採取へ向かうが……。過去最大のアクションが待ち受けるビブリア・ファンタジー! 神殿長はつらいよ!? 書き下ろし番外編2本+椎名優描き下ろし『四コマ漫画』収録!」
- 2019.10.5 TOブックス「本好きの下剋上 第三部 領主の養女 II」より

ハッセの村に小神殿を1日で建ててもらったローゼマインでしたが、工房を立ち上げるために苦労することになります。
さらに孤児院から4人を小神殿に引き取ったのですが、ここでも農民たちの常識を知らず、とんでもないトラブルを引き込むことになってしまいます。
一方で、ローゼマインを癒やすための薬の原料を採集するのですが、何ともファンタジーな、それでもはらはらする戦闘アクションが展開されることに。
楽しくて、面白くて、一気に読んでしまいました。次巻も続けて読んでいくつもりです。

honzuki_no_gekokujoh_3_i「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第三部 領主の養女 I」

人気大爆発! シリーズ累計20万部! 1億6000万PV突破! ビブリア・ファンタジー第三部突入! 書き下ろし番外編2本+椎名優描き下ろし『四コマ漫画』+第1回人気キャラクター投票結果発表収録!
自身の魔力を貴族から狙われたマインは、下町の家族や仲間との別れを決断した。大切な人々に危険が及ばないよう、名前も『ローゼマイン』に改名し、『領主の養女』として新生活を開始することになる。だが、その上級貴族社会での日々は過酷だった。儀式や礼儀作法を学ぶための猛特訓に加え、就任した神殿長や工房長の責任は重い。病弱な7歳の少女には厳しすぎる……はずが、神官長からのご褒美が『神殿図書室の鍵』だったことで一変! これさえあれば、たくさんの貴重な本が読める! 名前が変わっても、変わらぬ本への情熱で、ローゼマインは新世界を駆けぬけていく! 広がる緻密な世界観と本の生産体制。本を愛する全ての人に捧げる、ビブリア・ファンタジー第三部開幕! 書き下ろし番外編2本+椎名優描き下ろし『四コマ漫画』+第1回人気キャラクター投票結果発表などなど、盛りだくさん!
- 2019.10.4 TOブックス「本好きの下剋上 第三部 領主の養女 I」より

今巻もぐっとくるシーンがありましたね。それは、下町での星結びの儀式でのことでした。神殿長として、祝福に赴いたローゼマインが家族と視線を交わすシーンでした。声を掛けるわけにもいかず、ただ単に見つめ合うだけしかできないながら、家族との愛情溢れたやりとりにぐっと来てしまいましたね。
貴族社会に飛び込んだマインがローゼマインとして奮闘する姿が淡々と描かれていました。交友範囲が一気に拡がっていましたね。そして、身食いというだけでなく、魔力の流れにも滞りがあることが判りました。資料のために薬の材料を2~3年かけて集めなければならないようです。

honzuki_no_gekokujoh_2_ivhonzuki_no_gekokujoh_pamphlet_fronthonzuki_no_gekokujoh_pamphlet_back「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第二部 神殿の巫女見習い IV」

シリーズ累計15万部突破! 大人気ビブリア・ファンタジー第二部完結記念! 大増書き下ろし+椎名優描き下ろし『四コマ漫画』収録!
長い冬を終え、瑞々しい春が到来したエーレンフェスト。神殿内では、巫女見習い・マインの今後について様々な動きが加速していた。彼女を嫌う神殿長の画策もあり、街は不穏な空気に包まれていく。それでも、マインの毎日は何も変わらないはずだった。弟の誕生、インク開発による新しい本作り等、これからもずっと家族や仲間との愛おしい時間を過ごすはずだった。だが、世界は彼女に残酷な決断を迫る――。マインは今、大切な人々を守るため、家族への愛を胸に新たな道を歩き始める! ビブリア・ファンタジー第二部、感動の完結編! 衝撃の結末後の人々を描く書き下ろし短編集+番外編2本、さらには椎名優描き下ろし『四コマ漫画』収録!」
- 2019.10.3 TOブックス「本好きの下剋上 第二部 神殿の巫女見習い IV」より

植物紙に印刷するための色インクの開発、金属植字の製作から印刷機の開発まで到達しました。歴史の変革に立ち会って、マインは興奮気味です。実際、興奮のあまり倒れてしまいましたし・・・。
一方でマインの利用価値を見出し、誘拐、契約させようと他領の貴族がマインを誘拐しようとします。その危機を乗り切った際にマインが決断したことに、思わず感動してしまいました。
第三部も早く読みたいものですね。

honzuki_no_gekokujoh_2_iii「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第二部 神殿の巫女見習い III」

集まれ、本好き! シリーズ累計12万部突破! みんなが本を読める世界を作ろう! 魔力と印刷技術が狙われる『冬籠り生活』。頑張れ、マイン! 春はもう、そこだ!
騎士団の前で強大な魔力を見せつけたことで、マインは貴族の間で注目を集めていた。だが、我関せずとばかりに、本を作る情熱は高まるばかり。より多くの人々に安価で本を届けられるよう、印刷技術を向上させていく。その結果、マインの利用価値を狙う者が出現。危険を察知した神官長は、彼女を神殿に匿うことにする。家族と離れた、マインの長い冬籠り生活が始まるのだった。誰もが本を読める世界へ――。その始まりを告げる『金属活字』の完成。厳しい寒さを乗り越え生まれる、マイン一家の新しい『命』。春の訪れと共に、今後の未来を予見するビブリア・ファンタジー転換の章! 書き下ろし番外編×2本収録!」
- 2019.10.3 TOブックス「本好きの下剋上 第二部 神殿の巫女見習い III」より

家族と別れて、孤児院長室にて冬の間籠もることにマインですが、孤児院での生活のために色々物入りとなってしまいます。
また、冬の行事として、小杯に魔力を溜めていく毎日でもあります。
平和な日常風景の中にも様々なことが起こります。
ジルヴェスターもまた青色神官ですが、型破りな破天荒ぶりで周りを引っ掻き回します。
次巻は、第二部の完結編ですね。続けて読んでいくつもりです。

honzuki_no_gekokujoh_2_ii「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第二部 神殿の巫女見習い II」

集まれ、本好き! シリーズ累計10万部突破! 本が完成! 魔力は大発動!! 苦節2年。究極の手作り本ができた――のも束の間、貴族の世界で魔法が飛び交う、急展開へ突入!
青色巫女見習いとして、忙しい毎日を送るマインに朗報が届く。母親が妊娠したのだ。生まれてくる赤ん坊への贈り物として、絵本作りを開始する。一方、神殿内では慣れないことばかりで、自由に動けない。巫女としての教養を身につけさせられたり、新しい側仕えの管理に追われたり……。孤児院長としての仕事も山積みだ。相変わらずの虚弱な体も何のその、本への愛情を武器に全力疾走を続けるマインが、念願の一冊を手にする時、貴族世界への扉が開き、物語は急展開へ突入してゆく! 近付く冬を前に、風雲急を告げるビブリア・ファンタジー! 書き下ろし番外編×2本収録!」
- 2019.10.1 TOブックス「本好きの下剋上 第二部 神殿の巫女見習い II」より

絵本作りに奔走する日々。マインは、青色巫女見習として、神官長の実務の手伝い、教養を身につけるための楽器の演奏、そして孤児院院長として采配を振るう多忙な毎日を過ごしています。
側仕えたちとのやり取りも楽しい話でした。平民でありながら、青色巫女見習いとして貴族の立ち居振る舞いを覚えなければならないマインの奮闘ぶりが楽しい。
そして、マインの持つ魔力が途方も無いこと、前世の記憶を神官長に知られてしまい、神官長が頭を抱える結果となること、など物語は貴族社会との関わりも避けられないようになってきました。
次巻も続けて読んでいくつもりです。楽しみですね。

2019.9

honzuki_no_gekokujoh_2_i「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第二部 神殿の巫女見習い I」

早くも累計9万部突破! amazonファンタジー部門1位、bookメーター小説部門ベスト10入りを記録するなど、大人気【ビブリア・ファンタジー】最新刊! 大増ページでお届け! 書き下ろし短編×2本も収録!
洗礼式を終えた少女・マインは巫女見習いとして神殿の仕事を開始する。そこには図書館と大量の本が待っていた! 待望の状況だが、周囲は貴族出身者ばかりで、貧民出身のマインには戸惑うことばかり。おまけに身体も弱く……が、持ち前の『本への愛』を武器に、巫女の仕事に奔走する! 大人たちに負けるな! 待望の『ビブリア・ファンタジー』第二部開幕!!」
- 2019.10.1 TOブックス「本好きの下剋上 第二部 神殿の巫女見習い I」より

誓いの儀式を終え、正式に神殿の青色巫女見習いとなったマインでしたが、平民としての常識が通じない神殿、貴族の常識に戸惑うばかりでしたね。
そして神具に魔力を注いだ後に、いきなり倒れてしまうマイン。見食いと熱と魔力の関係が色々とあるようですが・・・。
また神殿にある孤児院の幼い子どもたちの置かれている環境の劣悪さ、食事も満足にない台所事情を知ると、自らが孤児院院長となり、改革に乗り出します。
そのマインの奮闘ぶりが素敵でしたね。

honzuki_no_gekokujoh_1_iii「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部 兵士の娘 III」

早くも累計5万部突破! amazonファンタジー部門1位、bookメーター小説部門ベスト10入りを記録するなど、大人気【ビブリア・ファンタジー】最新刊! 大増ページでお届け! 書き下ろし短編×2本も収録!
本の少ない異世界で、本を作るために奔走する少女・マイン。ようやく紙作りが上手くいったのも束の間、『身食い』と呼ばれる病に倒れてしまう。周囲の助けもあり、少しずつ元気を取り戻すが、この病には秘密が隠されていて……。広がる世界、加速する本作りへの情熱!シリーズの今後を占う、怒涛の第一部完結編!
病に倒れたマインは一命を取り留めたものの、その『身食い』の影響は大きかった。完治はできないばかりか、治療には貴族が所有する高価な魔術具が必要という。再発までに残された期間は一年。それまでに家族の元を離れて、貴族と共に生きるのか、運命に身をゆだねるのかの決断を迫られてしまう。限られた時間の中で、マインは『本に囲まれて、本を読んで暮らすこと』を夢見て奔走するのだった。やがて、季節は流れ、彼女の世界が大きく動き出す出会いが訪れる…。少女の夢と家族の愛が試されるビブリア・ファンタジー。大増ページで贈る、感動の第一部完結編!短編集+書き下ろし番外編×2本収録!」
- 2019.9.29 TOブックス「本好きの下剋上 第一部 兵士の娘 III」より

神殿で見つけた神殿図書館に魅せられて、後先考えずに「巫女見習い」になろうとするマインと周りの人達との反応が楽しかったですね。マインは、虚弱体質で身食いという病であるため、思いついた料理、様々な商品は直接全部を自作することができずに、周りの人を頼って作ってもらうことになります。
前世の知識から、この世界では非常に価値のある商品を、思いつくまま口にするマインに対して、周りの人々の反応がまた楽しい。
身食いのために余命一年と宣告されていたマインですが、巫女見習いとなることにより、神具を利用すれば病の原因である体内の魔力を引き出すことができ、何とか延命できる目処がついたようです。
次巻の第二部では、巫女見習いとしての日々が始まるようです。続けて読んでいくつもりです。

myrla_3myrla_3_illustmyrla_3_illust_1

myrla_3_illust_2「Myrla [ミルラ] ~VRMMO でやりたいほうだい~ 3」

解き明かされる『Myrla(ミルラ)』の真実! ラストワンたちの戦いが、世界にもたらす未来は!?
謎の少女・朝日との出会いを経て、VRMMO『Myrla(ミルラ)』に隠された巨大な真実を知るラストワン。死と再生の神・ウルマティアに敗れた彼女が霊体となって世界を彷徨う中、神々を巻き込んだ『ラグナロク』までも勃発し、世界を覆う混沌が加速する。やがて、ようやく復活の術を掴んだラストワンが選んだ行動とは……!? 正体不明のデスゲームをめぐるプレイヤーたちの戦いが、いよいよ佳境に! 『HJネット小説大賞』受賞作にして『小説家になろう』人気作、予測不可能な展開と衝撃が待つ第3巻!」
- 2019.9.29 HJノベルス「Myrla [ミルラ] ~VRMMO でやりたいほうだい~ 3」より

遠野朝日から明かされる「Myrla」の真実。そして、6柱の神々とは、7柱めの「運命と時空の神」とは。次々と神との戦闘があり、最後には、プレイヤー仲間全員と「運命と時空の神」と対決します。
ラストワンは、いつものようにやりたい放題、神との最終決戦にて止めを刺しますが・・・。大いに笑ってしまいました。とってもシリアスなシチュエーションのはずなのですが、ラストワンがとった最後の手段とは。
一応、この巻で区切りがついたようですが、何やら次巻もあるような雰囲気ですね。とても楽しい作品でした。もし、次巻があるのでしたら是非とも読んでみたく思います。

the_master_of_the_brave_1"The Master of The Brave" - 「勇者様のお師匠様 I」

交わす契、つなぐ絆。
魔法の才に見放されながらも、騎士を目指し日々鍛錬に励む “万年騎士候補生” の少年ウィン。ある日、彼の前に現れたのは、魔王討伐の旅から凱旋した幼馴染みの “美少女勇者” レティシア。帝国の英雄である彼女の全土に放った一言が、ウィンの落ちこぼれ人生を大きく変える―。『彼こそが勇者の師匠、ウィン・バードである』」
- 2019.9.27 KADOKAWA eb! enterbrain「勇者様のお師匠様 I」より

主人公ウィンは、両親もおらず、幼少より宿屋にこき使われて何とか暮らしています。そんな彼が憧れる「騎士」になりたくて、一人で労働をこなしながら鍛錬を続けていきます。魔法の才能は無くとも、剣術を磨いて、騎士になろうと一心不乱に鍛錬に励むのですが、その姿が素敵です。
そんな彼の日常に、ある日、レティという少女が現れ、行動(鍛錬)を共にするようになります。その少女こそが、公爵の三女であり、「勇者」となるのですが。
勇者が魔王を倒して、故郷に戻って、ウィンを師匠と仰ぐことから、物語が大きく動き始める、というの展開が新鮮でした。決して勇者の物語ではないのですね。

honzuki_no_gekokujoh_1_ii「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部 兵士の娘 II」

本好きのための、本好きに捧ぐ、ビブリア・ファンタジー第2弾!「小説家になろう」で大人気長編の書籍化!書き下ろし短編を2本収録!
さらにイラストは人気絵師、椎名優が担当!

見知らぬ世界で、貧しい家の幼い少女マインに生まれ変わってから一年。彼女は本が大好きにも関わらず、手に入れるどころか、読書さえ難しい中、本作りに追われる毎日だった。何とか文字を書き残すべく奮闘するも失敗続きで前途は多難。おまけに『身食い』に侵されて寝込んでばかり。持ち前の頑張りで、お金を稼ぎつつ、近所に暮らす少年・ルッツの助けもあって、ようやく本格的な『紙作り』が始まるが……さて、一体どうなるやら?」
- 2019.9.27 TOブックス「本好きの下剋上 第一部 兵士の娘 II」より

自分の力のみで「本を自作」することをあきらめて、周りからの協力得て、まず「紙」の作成に邁進するマイン。自作「簡易チャンリンシャン」や、レース編みによる花々を髪飾りに、といったものを大商人に売り込み、商人見習いとして、まずは身を立てることに成功します。
商人の出資(初期投資)を得て、ルッツと協力して「紙(日本紙)」を作成する過程が楽しい。
「紙」を作成するための道具作りから始めなくてはならず、その道具を作るための道具も手元に無い状態からの手作りです。様々な問題が立ちふさがりますが、それを一つ一つ解決してく様子が楽しくて、一気に最後まで読んでしまいました。
それにしても、「身食い」という病に体が侵されて、マインが瀕死の状態になってしまいます。というところで、次巻へと続く、となっていまして、うーん、早く次巻が読みたくなってきましたね。

honzuki_no_gekokujoh_1_i「本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部 兵士の娘 I」

本好きのための、本好きに捧ぐ、ビブリア・ファンタジー!
『小説家になろう』で大人気長編がついに書籍化! 書き下ろし短編を2本収録! さらにイラストは人気絵師、椎名優が担当!

とある女子大生が転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。いくら読みたくても周りに本なんてあるはずない。本がないならどうする? 作ってしまえばいいじゃない! 目指すは図書館司書! 本に囲まれて生きるため、本を作るところから始めよう!
緻密な世界観と多くの魅力的なキャラクターで大人気を集める本作が待望の書籍化! 本好きのための、本好きに捧ぐ、ビブリア・ファンタジー!」
- 2019.9.26 TOブックス「本好きの下剋上 第一部 兵士の娘 I」より

本須麗乃は、女子大生で重度のビブリア・マニア。大学卒業を間近に控え、ひょんな事故により、異世界に転生します。転生した前世の記憶を取り戻したのが、マインという幼女で5歳のときでした。いきなり幼女の体になり、これまでのマインの記憶と統合されて、転生された異世界は、識字率も低く、一般平民の家庭の末子でした。体質は、虚弱で、家から出て階段を降りるだけで、息が上がってしまうほど。
何より、文字が見当たらず、本も一冊も見当たらない環境に耐えられず、マインは、「本」を自作することを決意します。
本書のヒロインは、虚弱体質で、チート能力どころか、異世界住人の体力に足元にも及びません。また、前世の知識を生かそうにも、本の虫であったがゆえに知識ばかりが先行します。唯一、前世の母親がナチュラル志向の多趣味なものであったため、意外にもその天然素材を活かした生活物資の自作の知識が役立ちます。
戦闘シーンなどの派手なアクションはありませんが、幼女であって虚弱体質であるハンディをものともせずに、「本の自作」という目標に向かって奮闘する姿は、素敵です。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

the_explorer_a_late_blooming_2"The Explorer: a Late Blooming" - 「遅咲き冒険者 <エクスプローラー> 2」

再び立ち上がった遅咲き冒険者は、夢を追い、新たな街へ!
念願のレベル4冒険者へと昇格し、新たな力を得たイグニスは、最高レベルの冒険者 ― 冒険王を目指して旅に出る。鍛治の街に辿り着いた一行は、鉱山を占拠するモンスター討伐のため緊急召集される。大規模な討伐隊と共に鉱山に向かうが、そこで待ち受けていた敵を前に、次々と仲間が倒れていく。途切れることない敵の猛攻に、窮地に追いこまれたイグニスたち。シルヴィアの鉄壁の防御を要に反撃を試みるが、ついにマルシアが標的にされてしまい―!?」
- 2019.9.25 KADOKAWA BOOKS「遅咲き冒険者 <エクスプローラー> 2」より

イグニスは、古巣の街を卒業し、新たな冒険の旅へ出ます。傍らには奴隷であるシルヴィア、そしてギルドの受付嬢であったマルシアの姿が。彼女2人とパーティを組んで、鍛冶の街での護衛依頼、そして鉱山内のモンスターの巣の探索、クイーンの討伐へと冒険の依頼をこなすイグニス一行ら。
レベル4に昇格したばかりで、周りの冒険者たちから見れば、まだまだの力量ですが、仲間のエルフたちの力を引き出しながら、徐々に頭角を現していく様子が楽しいですね。
何度も命の危険に見舞われますが、なんとか凌いでいきます。
次巻の冒険も気になります。

the_explorer_a_late_blooming_1"The Explorer: a Late Blooming" - 「遅咲き冒険者 <エクスプローラー>」

引退を覚悟したベテラン冒険者に舞い降りた転機は、美少女!?
英雄に憧れて剣を持ち、早10年。同世代の仲間たちが次々と引退していく中、自分もそろそろ才能の限界かと諦めかけていた冒険者イグニス。そんな彼が護衛任務の最中に出会ったのは、死ねない呪いを背負ったエルフの奴隷少女だった。彼女に命を救われたイグニスは、全財産で彼女を『買う』ことを決める! その決断が、彼の運命を大きく変えるとも知らずに…。限界の壁を打ち破れ! ベテラン冒険者の逆転劇が始まる!!」
- 2019.9.25 KADOKAWA BOOKS「遅咲き冒険者 <エクスプローラー>」より

イグニスのいる異世界は、もちろんファンタジーの剣と魔法の世界ですが、彼は冒険者としてのレベルの限界を感じている、まぁ普通の一般的な冒険者として描かれています。いわゆる、どこにでもいる「おっさん」なのですが・・・。
ある護衛依頼を受けて、そのときに出会ったエルフの美少女(奴隷ですが)を買ったことから、彼の運命は大きく変わることになります。彼女は、精霊種族エルフの巫女であり、イグニスと精霊契約を結ぶことにより、イグニスの魂の器が大きくなり、特殊能力が発現することになります。
設定がちょっと変わっていますが、イグニスが特殊能力に目覚めて後も、彼の態度には変化がありません。慎重でかつ謙虚というのが、イグニスの性格(個性)ですね。
チートな能力で無双する、ということもなく、とってもリアルな冒険者ですね。
「目指すは、冒険王!」ですが、イグニスは、若気の至りと冷ややかに自分を分析する目を持ち、それでも自身の成長を糧に前に進もうと改めて決心するのでした。
今後のイグニスの冒険が気になりますね。

myrla_2myrla_2_illust「Myrla [ミルラ] ~VRMMO でやりたいほうだい~ 2」

街に迫るモンスター軍団を迎え撃て! 全プレイヤーを巻き込む超決戦、開始!
VRMMO「Myrla(ミルラ)」内に、新たなイベントが発生! 冒険者の街へと、モンスターの超大群と巨大ボスが迫る! 職人ギルドマスター・リースらとともに、ギルド員たちをフル回転&あらゆる生産スキルを活用して、迎撃準備を行なうラストワン。そこに、攻略担当の腕利きプレイヤーたちも参戦して、ついに一大決戦の火ぶたが切って落とされた。果たして生き残るのはプレイヤーとモンスター、どっちだ!? そして混沌の中、ついにミルラ世界を見守る神々も動き出し……!? 『HJネット小説大賞』受賞作にして『小説家になろう』人気作、待望の第2弾!」
- 2019.9.23 HJノベルス「Myrla [ミルラ] ~VRMMO でやりたいほうだい~ 2」より

ラストワンの情念・狂気が爆発します。お気楽、生産無双ものかと思えば、思わず足をすくわれてしまいましたね。
ゲーム世界とはいえ、本当にダーク・ファンタジーの様相を呈してきました。
神々の思惑とは、そしてラストワンに対する希望とは。物語は、一気にクライマックスへと突入します。
早く、続きが読みたい、ですね。

myrla_1myrla_1_illust_2「Myrla [ミルラ] ~VRMMO でやりたいほうだい~ 1」

生産ジョブこそ、世界最強!? 奇想天外! 超ウラ技でデスゲーム攻略!
不可解な VRMMO「Myrla(ミルラ)」。その内部では、ミステリアスなデスゲームが繰り広げられていた。一度は攻略に失敗した主人公・ラストワンだったが、不思議な現象で時間を巻き戻され、攻略を一からやり直すことに。先行知識を維持したまま二周目に突入したラストワンは、今度は戦闘そっちのけで生産系ジョブを選び、バグ技・外道テクニック上等の攻略裏街道をひた走る! 圧倒的な楽しさと謎めいたVRゲーム要素で魅せる『HJネット小説大賞』受賞作にして『小説家になろう』人気作、いよいよ始動!」
- 2019.9.23 HJノベルス「Myrla [ミルラ] ~VRMMO でやりたいほうだい~ 1」より

面白くて、夜を徹して最後まで一気に読んでしまいました。
物語の設定はどこかで聞いたことがあるようなものでしたが、なんと言っても、ラストワンの個性・性格が飛び抜けてて楽しい。
元パーティメンバーもぶっ飛んだ人たちばかりで、その行動が予想できません。次に何が起こるのかと、わくわくしながら読んでいました。
次巻は、大変なイベントが待っている模様です。続けて読んでいくつもりです。

death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_1death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_2"Death Marching to the Parallel World Rhapsody" - 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 1、2」

最新巻(第17巻)まで読んでから、また第1巻が懐かしくなり、読み直してみました。そして、第1巻だけでは心もとなくて、つい続けて第2巻まで読んでしまいました。
サトゥーが、デスマーチ進行中に仮眠をとったところで、異世界に転移。レベル1で、魔力も10、スキルも無しで荒野に一人・・・。そこにリザードマン戦士の群れに襲われる絶体絶命のピンチ、から始まります。
それから、迷宮で、リザ、ポチ、タマを助けて、更に迷宮を脱してからは、ルル、アリサを奴隷として行動をともにすることに。
不死の王ゼンに誘拐されていたエルフのミーアを救出し、ホムンクルスの美女8人も「揺り籠」の崩壊から助け出します。
それから更に、ミーアをエルフの里に届けるために、街を出て公都を目指すことになります。
第2巻まででやっと本来の目的である「異世界観光」に乗り出すサトゥー一行でしたが、これから、錬金術を始めとする様々なスキルや魔法を入手していくことになります。
久しぶりに読み返してみると色々な伏線があったような・・・。ユニークスキルを使いすぎると良くないことが起こることもすでにこの頃から言及されていましたね。

death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_16death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_17"Death Marching to the Parallel World Rhapsody" - 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 16、17」

シガ八剣からの勧誘に始まる王都到着からの導入部。本当は、第17巻を読み返そうかと手に取った本書でしたが、ちょっと訳が分からず(?)第16巻から読み直してしまいました。
叙勲のために訪れた王都でしたが、やはり様々な事件に巻き込まれるサトゥー一行たち。
ふと気がつけば、サトゥー本人のみならず、仲間たちもチートに近い実力を備えるに至っていたようですね。特に「黒槍のリザ」の無双ぶりが。
そして、第17巻では、勇者ナナシが活躍します。
そういえば、ついに出会ったミトとイチローでしたが。実は、ミトの正体は・・・。と言ったところで次巻へとなっていました。
改めて、第18巻の発刊が待ち遠しくなりました。

the_great_saint_who_was_incarnated_hides_being_a_holy_girl_1"The great saint who was incarnated hides being a holy girl" - 「転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す 1」

「ローダンNEO」最新巻に取り掛かる前にちょっと目先を変えようかな、と以前読んだ本書を手に取りました。と、それが運の尽き(?)、あっという間に最後まで読んでしまいました。
まず、主人公が成年したばかりの少女でありながら、前世が大聖女であること。300年経つ間に、聖女が弱体化してしまい、聖女の才能が確認され次第に、王が召し上げてしまい、市井には聖女がいなくなってしまっている状況に戸惑うことになります。
特に大聖女で王女であった主人公が、魔物討伐の現場での聖女の扱いに涙する場面にはぐっときてしまいましたね。
他にも、フィーアは静かに暮らしたいらしいのですが、本来の陽気で天然な性格がそれを許さず、色々やらかしてしまうところが痛快です。
次巻の発刊を待ち遠しく思います。

perry_rhodan_neo_17_der_administratorperry_rhodan_neo_17_der_administrator_pamph"PERRY RHODAN NEO DER ADMINISTRATOR" - 「ローダンNEO 17 テラニア執政官」

クレストは海底都市でアルコン人が地球にやって来た理由である "不死の技術" の存在の手がかりを掴み独断で調査を開始する。ローダン達も彼を追うが――世界最長スペースオペラのリブート新シリーズ、時空を超えて地球とヴェガ星系に秘められた謎に迫る第3シーズン開幕!
ヴェガ星系でフェロン人とトプシダーの戦争を終結させたローダンたちには、テラニアで執政官を選任する総会が迫っていた。病が進行するクレストは、地球遠征の真の目的である “不死の技術” の存在の手がかりを海底都市で掴み、独断で調査を開始する。ローダン達もまたそれを追うが―世界最長スペースオペラのリブート新シリーズ、時空を超えて地球とヴェガ星系に秘められた謎に迫る第3シーズン開幕!」
- 2019.9.17 ハヤカワ文庫SF「ローダンNEO 17 テラニア執政官」より

クレストが癌にかかり、余命半年と宣告される。また、治療・完治の当てのないことも。
そして、クレストは、"永遠の生命の星" についても手がかりを海底ドームとフェロンにあった転送装置から得ることに。
一方、テラニアでは執政官を選ぶ選挙総会が開かれようとしており、ペリー・ローダンが筆頭候補と考えられており。ローダン自身は、この成り行きに対して、ある決心とともに、その総会での演説でその考えを語ることに。
第3シーズンの開幕にふさわしい巻でした。
行方不明となったクレストを追って、ローダンたちは追跡の冒険に出ることになります。
次巻は、その行方をどのようにして追っていくのかが描かれるようです。楽しみですね。

perry_rhodan_neo_16_finale_fur_ferrolperry_rhodan_neo_16_finale_fur_ferrol_pamph"PERRY RHODAN NEO FINALE FUR FERROL" - 「ローダンNEO 16 ラストホープ」

フェロン人とトプシダーの戦いを終結させる ため尽力するローダンたち。すべての物語が ヴェガ星系へ収斂する第2シーズン最終章!
ローダンの決死の知略はヴェガ星系を救えるか!? ヴェガ星系の戦闘を終らせるため、ローダンは単身トプシダー艦へ向かう。第2シーズン完結!」
- 2019.9.14 ハヤカワ文庫SF「ローダンNEO 16 ラストホープ」より

本の帯に隠れて見えていませんが、ローダンの傍らにはグッキーが、ふんぞり返って立っています。かわいい・・・。
これまでの伏線が、一気にヴェガへと集結し、物語は戦争終結へと向かいます。胸のすく想いで、怒涛の展開でしたね。
フェロン人、トプシダー、ファンタン星人たちと比べても最も非力な地球人が、戦争の和解交渉の場を設け、解決へと導きます。面白かったですね。まぁ、いくらなんでもこんなに都合よく物語が進行するはずがない、ということもないのですが、そこは、スペースオペラということで(笑)。
次巻は、いよいよ永遠の生命の星を求めての冒険となるのでしょうか。第3シーズンも楽しみですね。

perry_rhodan_neo_15_schritt_in_die_zukunftperry_rhodan_neo_15_schritt_in_die_zukunft_pamph"PERRY RHODAN NEO SCHRITT IN DIE ZUKUNFT" - 「ローダンNEO 15 タイタンの秘密」

ジュリアンらは土星衛星タイタンに到着し、 地球のクレストは古代宇宙船に搭乗する。ロ ーダンらはトプシダーへの作戦を開始した!
ローダンらが地球との連絡を絶って1週間が過ぎた。大西洋の海底ドームではクレストらが、海底で発見されたアルコンの巨艦 “トソマ” 内に侵入する方法を模索していた。その頃、超小型宇宙船で土星の衛星タイタンにたどり着いたジュリアンらは、地球の状況を打開する情報を得る。ヴェガ星系では、トプシダーに捕獲されたフェロン人の長トルトの威厳ある姿に感銘を受けたローダンらが、トプシダーへの対抗策を練り始めた!」
- 2019.9.14 ハヤカワ文庫SF「ローダンNEO 15 タイタンの秘密」より

「タイタンの秘密」と副題にありますが、まさか「あれ(?)」が登場してくるとは、意外でした。また、それがもたらした情報が、「トソマ」攻略の鍵となるとは・・・(!)。
一方で、ローダンはヴェガで、ある作戦を遂行するのですが、それは成功の可能性の極めて低い、「ばくち」的な作戦でした。
次巻で、ヴェガ編が完結しますね。そのように完結するのか、大変気になります(!)。

perry_rhodan_neo_14_die_giganten_von_pigellperry_rhodan_neo_14_die_giganten_von_pigell_pamph"PERRY RHODAN NEO DIE GIGANTEN VON PIGELL" - 「ローダンNEO 14 宇宙オペラ」

トーラと共にラノルに着いたローダンらはフェロン人の長・トルトに迎えられる。ブル、シドらは脱出のため新たな作戦を練るが……
トプシダーの捕虜収容所から脱走したタコ、アンネらは、遂に惑星ピゲルでフェロン人の長トルトと邂逅した。そしてトーラを救出したローダンらは惑星ラノルにて、長年彼らを待ちわびていたという者から驚愕の事実を知らされるが…。一方、宇宙船“ミラナー”に囚われているブル、シドらは、ネズミやビーバーに似た姿のグッキーと出会う。彼らは脱走のため協力して、ファンタン星人相手に“芝居”を演じる算段を始めた。」
- 2019.9.12 ハヤカワ文庫SF「ローダンNEO 14 宇宙オペラ」より

副題の「宇宙オペラ」を最初に見たとき、「スペースオペラ」のことで、冒険活劇編かな、と思ったのですが、本当にオペラを演じていたのですね。びっくりです。グッキーの活躍を見たかったのですが・・・。
一方、ローダンたちはケルロンから聞いた話によると・・・。1万年を生き延びたケルロンでしたが、最後にローダンに思いを告げます。海底ドームから転送装置により出たアルコン人の行方も気になりますね。

perry_rhodan_neo_13_schatten_uber_ferrolperry_rhodan_neo_13_schatten_uber_ferrol_pamph"PERRY RHODAN NEO SCHATTEN UBER FERROL" - 「ローダンNEO 13 トーラ救出」

物質転送機で惑星フェロルを離れたローダンたちはトーラ救出へ向かう。地球ではジュリアンらが、タイタンからの信号を発見し……
ローダンたちは、ヴェガ星系惑星フェロルの赤宮殿にて転送機を発見し、惑星ロフスへ跳んだ。ロフスには大規模なトプシダー軍が駐留し、そこには生死不明だったトーラが捕らえられていた! 地球では、海底ドームにやってきたジュリアンたちが、土星の衛星タイタンに古代のアルコン基地があると主張するが信じてもらえない。そしてヘ・ジャン=ドンらは、太平洋海底に沈む古代のアルコン宇宙船にコンタクトを試みるが…。」
- 2019.9.9 ハヤカワ文庫SF「ローダンNEO 13 トーラ救出」より

ローダンは、ヴェガ星系ロフスへ転送機により到達しますが、そこで捕虜となっていたトーラを救出することに。
地球の海底ドームでは、地球人たちが調査に赴き、クレストも同行しています。そして、海底ドームにあった転送機もまた自動修復して起動できるようになりますが。
前巻の最後にブルらが出会ったネズミ=ビーバーについては、次巻に持ち越されるようです。
そして、トーラを救出したローダン一行らの行方も気になりますね。次巻も続けて読んでいくつもりです。

perry_rhodan_neo_12_tod_unter_fremder_sonneperry_rhodan_neo_12_tod_unter_fremder_sonne_pamph"PERRY RHODAN NEO TOD UNDER FREMDER SONNE" - 「ローダンNEO 12 海底ドーム」

アンドロイドのリコは大西洋の海底ドームに侵入する。ファンタン星人の宇宙船内では、ブル、シドたちが脱出を図り失敗するが……
ブル、シド、スーらはファンタン星人の宇宙船内に軟禁されるが、シドはテレポートで脱出を試み、宇宙船のエネルギー・シールドに阻まれ意識を失ってしまった。地球では、金星のアルコン基地から来た謎のロボットのリコが、海中にある何かに自分は呼ばれていると確信し探索を続けている。ヴェガ星系では、フェロルでトプシダーに捕まりフェロリアの捕虜収容所へ移管されたタコ、アンネらに過酷な試練が待ち受けていた…。」
- 2019.9.7 ハヤカワ文庫SF「ローダンNEO 12 海底ドーム」より

今巻では、ローダン、トーラ、クレストは登場しませんでした。行方が非常に気になるのですが・・・。
また、久しぶりのシリーズ続巻でしたので、ストーリーの細かなところがまるで記憶になく、読み進めるのに苦労しました。登場人物の記憶は、辛うじてあったのですが(汗)。
今巻は、大西洋(アトランティック(!)・オーシャン)の海底ドームがクライマックスの舞台となりましたね。海底ドームというと、正編では、あの人が潜んでいた場所ですね。ひょっとしてもう登場か、と期待したのですが・・・。
そして、最後に登場した重要なキャラクターは、なんとあの・・・(!)
これは、続けて次巻を読むしかありませんね。

fantasie_geshichte_von_soldner_in_grosser_armut_10"Fantasie Geshichte von Soldner in grosser Armut" - 「食い詰め傭兵の幻想奇譚 10」

休息のため、温泉街へ!
厳しい依頼が続いた疲れから、休暇を決めたロレンたち。休養先を検討している際に声をかけてきたクラースの依頼もあり、食と湯の町カルローヴィへと向かう一行。しかし、現地では問題が発生しているようで……。これは、新米冒険者に転職した、凄腕の元傭兵の冒険譚である――。」
- 2019.9.5 HJノベルス「食い詰め傭兵の幻想奇譚 10」より

馬車を仕立てて4日の距離にある温泉街カルローヴィ。国境を超える関所から、カルローヴィの良くない噂を耳にしますが、具体的な情報は取れずに、とりあえずはカルローヴィに向かうロレン一行でしたが。
獣人族の国という風景が楽しい。
そして、街に着いてすぐに(お約束のごとく)面倒に巻き込まれるロレンたち。
今回も冒険が始まります。
たどり着いた古代王国の遺跡で明らかになるグーラら邪神誕生の秘密。そして、宿敵との再開と戦闘、死闘。
やっぱり、軽快なテンポで展開するロレンの冒険譚。ラピスの活躍はあまりありませんでしたが、随所に彼女のユーモアが炸裂します。次巻の物語の展開にも期待、ですね。

kouchugunshikan_bokensha_ni_naru_3kouchugunshikan_bokensha_ni_naru_3_cover_all

kouchugunshikan_bokensha_ni_naru_3_pamph「航宙軍士官、冒険者になる 3」

次なる任務はドラゴン狩り!? 異星ファンタジー超大作、第三弾!
帝国航宙軍兵士のアラン・コリントは航宙艦が不時着した先の "剣と魔法の惑星" を滅びの運命から救うため、星ごと接収し支配者となることを決意した。
クレリアの忠臣たちと合流しクランを立ち上げ、目的に徐々に近づいていくアラン。
そして、さらなる力をつけるため貴族になろうとする彼だったが、そのためにはドラゴンを狩るのが一番の近道だと知り……!?
異星ファンタジー超大作、第三弾!
書籍だけの書き下ろし短編、アランと兵器を無効化するバグスの戦いを描いた『惑星ミルトンの戦い』を収録!」
- 2019.9.4 KADOKAWA eb! enterbrain「航宙軍士官、冒険者になる 3」より

クレリアの近衛騎士らを迎えるために本拠地(ホーム)を定めるアランたち。そして、100人の冒険者を抱えるクランを立ち上げる「輝く星(シャイニングスター)」。
盗賊討伐をクランで実施し、戦闘訓練としながらクランの実績を上げることに努めています。
そのようなときに、ギルドの(強制)依頼を受けて、魔の森内の魔物を間引く任務に励むアランたちでしたが。
やっぱり、ファンタジー世界にはドラゴンが定番ですね。また、ドラゴンバスターとしてではなく、ドラゴンを従える、というのが楽しい。どうやらドラゴンは、人を襲わない、というのが不文律のようでしたが。
次巻も今から読むのが楽しみですね。

isekai_cheat_magician_10isekai_cheat_magician_10_illust_card「異世界チート魔術師 <マジシャン> 10」

7月より TV アニメ放送開始! シリーズ累計200万部突破! 異世界召喚された理由が判明する!?
太一たちの訓練によってアクトは劇的に成長し、学院内でも侮られないだけの実力を身に付けた。太一たちが一時的に通っている帝国立騎士養成学院では、学年対抗チーム戦が行われる予定になっていた。太一、凛、ミューラの三人はもちろん、パワーアップしたアクトも試合で大活躍していき、四人は生徒に圧倒的な力を見せつけていく。試合は順調に進んでいくと思われたが、しかし、突如として会場に謎のテロリストの集団が乱入してきてしまう。何故学院の生徒たちが狙われるのか。そして、黒幕は誰なのか。怪しい影を追っていった太一は、そこで衝撃的な存在と相対することになり――。」
- 2019.9.4 ヒーロー文庫「異世界チート魔術師 <マジシャン> 10」より

ファンタジー世界での学園生活で、これまた定番の対抗試合。そして、試合中でのテロリストの介入。お約束の展開でしたが、今回は太一は敵に一敗地にまみえることになります。でも大丈夫、これまたお約束のように(笑)新たなる精霊との契約が。
そこで、太一が召喚された本当の理由と、この世界の有り様について明らかにされるのですが。
オーソドックスな展開でしたが、それなりに(おい)楽しく、一気に読んでしまいました。
次巻の発刊が待ち遠しく感じますね。

isekai_cheat_magician_9isekai_cheat_magician_9_illust_card「異世界チート魔術師 <マジシャン> 9」

TV アニメ化決定! メインキャストは西村太一役:天﨑滉平さん、吾妻凛役:高橋李依さん。コミックス2作品もほぼ同時発売!
ガルゲン帝国に入国し、帝都へ向かおうとしていた太一、凛、ミューラ、レミーアの四人は、突如現れた皇帝の使いに導かれ、皇帝メキルドラと面会する。そこでメキルドラが直々に持ち掛けてきたのは、帝国立騎士養成学院での生徒の護衛と潜入調査の依頼だった。なんでもアクト・バスベルという生徒が狙われており、その企みを阻止してほしいとのこと。四人はエリステイン魔法王国からの特別留学生として通うことになり、太一と凛は久しぶりに学生生活を送ることになった。一行は圧倒的な力を見せつけて学院の生徒たちを牽制し、真相を探っていく。アクトが狙われる理由とは、そして学院に潜む闇の正体とは――。」
- 2019.9.4 ヒーロー文庫「異世界チート魔術師 <マジシャン> 9」より

なぜ帝国の皇帝じきじきに一平民である学院生徒の護衛を依頼するのかが、いまいち納得できませんでしたが。また、太一ら一行も、あまり疑問を抱かずにスルーするのかちょっと不思議でしたが。まぁ、それよりも太一、凛、ミューラに学院生活を送らせたかったのかと。ラノベの定番ですものね。
そして、アクトはどうやら女性らしいのですが、レトリックによりそこはあいまいになっています。太一は男性だと思い込んでいる風でしたが。

isekai_cheat_magician_8「異世界チート魔術師 <マジシャン> 8」

アニメ化企画進行中! シリーズ累計90万部突破! コミックスも絶好調! 太一と凛を呑み込む異常事態とは?
精霊の暴走を止め、過去の因縁を断ち切った太一たち。これで一件落着かと思いきや、仲間となった四人のエルフは、太一たちをエルフの里へ招待したいと申し出た。その理由は、ミューラが、エルフの巫女の後継者であるという。こじれることが多い後継者問題を先延ばしにしたくないミューラは、その要請を受けることにした。大海のど真ん中にある、陸地から隔離された島。世界樹が見下ろすエルフの里は、太一と凛にとっては物語の中に入ったよう。久々に師匠とも再会し、二重の感動も束の間、ミューラの母親に『巫女を継がなくてもいい』と言われる。巫女を継ぐべきと主張する伝統主義派、巫女を継がなくてもいいとする革新派の争い。人知れず静かにうごめく影。世界樹の思惑。ミューラは巫女を継ぐのか――。」
- 2019.9.2 ヒーロー文庫「異世界チート魔術師 <マジシャン> 8」より

ミューラの出生の秘密が明らかになります。ミューラとレミーアとの関係も。
そして、太一ら一行は、ミューラが巫女を次ぐかどうかに関わるエルフの里の諍いに巻き込まれてしまいます。そして、その諍いの背後に潜む黒い影。
太一ら一行の強さ、規格外さが際立ちますね。そして、世界樹ユグドラシルからの神託により、太一は新たな精霊と契約を結ぶ運命が示されますが、それも一筋縄でいかず、困難を伴うようです。
次巻からまた観光気分の冒険旅行が再開されるようです。楽しみですね。

isekai_cheat_magician_7「異世界チート魔術師 <マジシャン> 7」

シリーズ累計70万部突破! コミックスも絶好調! 休息地に起こる地震の原因とは? エルフたちの依頼に太一と凛は……?
観光目的で入国したガルゲン帝国。目指すは帝都ガルゲニア。旅路の最後の休息地として立ち寄ったファムテームで、太一たちは四人のエルフに出会う。エルフたちは、この地で頻発する地震を止めるためにやってきて、太一たちにその手助けをしてほしいと依頼をしてきた。地震の原因は、なんと……。」
- 2019.9.2 ヒーロー文庫「異世界チート魔術師 <マジシャン> 7」より

エルフとダーク・エルフが何気に一緒に行動しているのがちょっと変わっていましたね。そして、同じエルフであるミューラについて何も言及しないのは、不思議なような・・・。
そして彼らが太一と接触した目的が、エルフの里の巫女による神託からというのもまた奇妙でしたね。精霊に関わることであるのは間違いないのですが、エルフたちにはあまり関係無さそうな・・・。
次巻もエルフたちと関わるようですが、気になりますね。

2019.8

isekai_cheat_magician_6「異世界チート魔術師 <マジシャン> 6」

ついにコミックス第1巻がリリース。ますます注目度が高まる大人気シリーズ第6弾。太一と凛に新たな事件が勃発する!?
エリステイン魔法王国の国王と王弟が争った内乱から三か月が過ぎた。太一たちは、冒険者らしい日々を送っていた。盗賊退治、魔物の討伐、そして旅。太一たちは観光目的でガルゲン帝国を目指して立った。途中で立ち寄ったエリステイン第二の都市シーヤックで出会った宿屋を経営する夫妻は、とある商人から嫌がらせを受けているという。太一たちは夫妻を助けることにしたのだが―――。」
- 2019.8.31 ヒーロー文庫「異世界チート魔術師 <マジシャン> 6」より

他国への冒険者の旅、と言っても太一たちにとっては、観光旅行のようですね。すでにBランクになっていますし、報奨金も莫大な額をもらっていますし・・・。
そんな旅の始めに馬車の手配において黒曜馬(魔物)を従えたり、盗賊の討伐、魔物討伐、といずれも順調に旅を続け、最初に立ち寄った都市では、ある宿屋を助けたりします。
ここでも、物理的に力を振るうだけでなく、情報を集め、伝手を頼み、かつ合法的に敵をやっつけたりします。また、今後の重要な物語に欠かせない伏線もあったような・・・。
さくさくと一気に最後まで読みすすめることができました。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

hachinan_tte_sorewa_naidesho_17hachinan_tte_sorewa_naidesho_17_pamph「八男って、それはないでしょう! 17」

バウマイスター伯爵家にベビーラッシュ到来!
教え子の卒業式、そして導師の昔話を経てからすぐ、エリーゼが産気づく。
だが、この世界では男性が出産に立ち会うことはできず、今か今かと部屋の外で終始落ち着かない感じで待つヴェル。やがてついにその時が訪れ、部屋に踏み込むヴェルが目にしたものは……光り輝く我が子であった。
『さすがは、俺の子供。もう輝いているぜ。いや、俺に似ずに素晴らしいカリスマだ』
以降出産ラッシュが続き、我が子の寝顔を見て心が安らぐ反面、お祝い品への御礼状の発送作業や、生まれて早々に婚約の話が出てきたりと、様々な面倒事がヴェルの心を折りにくるのだった。
幸福感と同時に子をもうけた貴族家の大変さを思い知る第十七幕!」
- 2019.8.29 MFブックス「八男って、それはないでしょう! 17」より

ヴェンデリンのほのぼのとした日常が描かれています。ほのぼのといっても、一気に8人ものベビーを抱えて、てんやわんやの日常ですが。そして、ヴェンデリンのベビーが揃って魔法の才能(魔力)がある、という驚愕の事実。
ということもあって、生まれてすぐのベビーにもかかわらず、婚約依頼が殺到するという、貴族社会ならではの状況がさり気なく描かれていました。
貴族社会ならではの色々な慣習、あるいはしがらみがあるようですね。

the_great_saint_who_was_incarnated_hides_being_a_holy_girl_1the_great_saint_who_was_incarnated_hides_being_a_holy_girl_1_illustthe_great_saint_who_was_incarnated_hides_being_a_holy_girl_1_ss

"The great saint who was incarnated hides being a holy girl" - 「転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す 1」

ぶふふわっ 何よこのでたらめな力は!!
騎士家の娘として騎士を目指していたフィーアは、死にかけた際に『大聖女』だった前世を思い出す。
え? 聖女って、すごく弱体化しているのに、絶滅寸前なため、崇められている職業だよね?
私が使う聖女の力って、おとぎ話と化した『失われた魔法』ばっかりなんだけど。
そういえば、前世で、『聖女として生まれ変わったら殺す』って魔王の右腕に脅されたんだっけ。
こんな力使ったら、一発で聖女ってバレて、殺されるんじゃないかしら。
…ってことで、初志貫徹で騎士になります! 静かに生きます!
なーんて思ったけど、持っている力は使っちゃうよね。だって、色々便利だから…。」
- 2019.8.28 EARTH STAR NOVEL「転生した大聖女は、聖女であることをひた隠す 1」より

楽しくて、さくさくと読めてしまいました。フィーアの天然ぶりが最高(!)ですね。一応は、前世の記憶を取り戻すまでの常識を身に付けているはずなのですが、どうも前世の記憶のほうが優先されるようで、今世の状況に対する違和感がとんでもなくあるようですね。また、前世での死に方がトラウマになっているようで・・・。
それにしても、フィーアのお気楽ぶり、能天気ぶりが際立ちます。次々とボロを出したりします。そこがまた痛快な訳ですが・・・。
黒竜を使い魔にしてしまったフィーアですが、いつまでそれを隠しておけるのか。とても気になります。

death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_17death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_17_pamph"Death Marching to the Parallel World Rhapsody" - 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 17」

王都全域を巻き込む陰謀を防ぐため――勇者ナナシ、出動!?
王都訪問の目的である叙勲を終えたサトゥー達。城で出会った王女から、王都のシンボルである王桜が咲かないことを相談されたサトゥーは、王都巡りも兼ねて調査を開始。しかし、そこには予想外の事件の影があり……?」
- 2019.8.24 KADOKAWA BOOKS「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 17」より

王都巡りを楽しむサトゥー一行でしたが、事件は、なぜかサトゥーに付いて回るようですね。
王桜のドライアドから依頼され、魔力の淀みを正したサトゥーは、その御礼として、ドライアドから「桜宝珠」をもらいますが、それが最後の最後に役立つものになるとは・・・。なかなかうまい演出でした。
そして、魔王信奉集団「自由の光」筆頭幹部の企みを辛うじて打破した、勇者ナナシとなったサトゥーでしたが、共闘した天竜とミトの正体を知ると・・・。
戦闘シーンには、迫力がありましたね。王都壊滅の危機を救った、勇者ナナシでしたが、天竜とミトとの出会いは、今後の物語の展開にどのように影響を及ぼすのでしょうか。とても気になりますね。

sui_no_mahou_3sui_no_mahou_3_characters"SUI NO MAHOU" - 「スイの魔法 3 七人の魔女」

累計5万部突破! 天才少年の魔法学園ファンタジー第3章!
累計5万部! ネットで話題の魔法学園ファンタジー、待望の第三巻。五年生に進級した銀髪蒼眼の天才少年スイ。飛び抜けた魔法の才能を持つ彼は、専攻科目のなかでも、難関の『魔術科』に見事に合格を果たした。ところが、順風満帆だったのも束の間。突如として不気味な魔導人形の軍団が急襲。次々に生徒たちは惨殺され、平和な魔法学園は、瞬く間に戦禍に包まれてしまう。動き出した悲劇の運命に翻弄されるスイ。そんな彼に『魔女』なる謎の存在の影が忍び寄ろうとしていた――!?」
- 2019.8.23 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「スイの魔法 3 七人の魔女」より

当初は、ほのぼの学園ものだったのが、前巻よりシリアスさが増し、今巻では更にシリアスな展開となりました。
スイの出生の秘密については、七人の魔女が関係していることが明らかになり、2人の魔女が実際に姿を現しましたね。スイも試練を乗り越えて、前を向いて行こうと、学園を後にすることになります。
魔女の呪いというのも大変気になりますね。
そして、スイはこれからどうなっていくのか、どのように強くなっていくのか、とても気になります。

sui_no_mahou_2sui_no_mahou_2_characters"SUI NO MAHOU" - 「スイの魔法 2 銀の人形」

累計3万部突破! 天才少年の魔法学園ファンタジー第2章!
学園長の推薦により、異例の生徒会入りを果たした飛び級の天才少年スイ。すっかり学園の人気者となってしまった彼だったが、いつものマイペースで群がる女生徒を交わしつつ、目下、学園祭に向け、舞台の稽古に励んでいた。ところが、迎えた学園祭の当日、突如現れた刺客達に襲われ、スイは拉致されてしまう。一方、時を同じくして、恐るべき魔導兵器が、スイを乗っ取ろうとすぐそこまで迫っていた――!?
ネットで大人気! 銀髪少年の魔法学園ファンタジー、待望の第二巻!」
- 2019.8.22 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「スイの魔法 2 銀の人形」より

生徒会に入って、交友関係も広がり、登場人物の名前が覚えられません・・・(汗)。イラストを見ても登場人物の違いがよく分かりませんね(大汗)。おかげさまで、スイと誰が誰と一緒に話をしているのかすぐに判らずに、ちょっと混乱することも・・・(!)。
それでも、アンビーは、特徴があって、怪しさ満点でしたね。彼女の正体が明かされるときが楽しみです。
さて、「銀の人形」についても一段落、と言ったところですが、肝心のスイの正体、出生の秘密はまだまだ明かされそうにありませんね。帝国の「狂王」アリルタとのこれからの関係についても気になりますね。
次巻も続いて読んでいくつもりです。

sui_no_mahou_1sui_no_mahou_1_characters"SUI NO MAHOU" - 「スイの魔法 1 魔眼の覚醒」

ネットで話題沸騰! 銀髪天才少年の魔法学園ファンタジー!
ネットで話題の魔法学園ファンタジー、待望の書籍化! ヴェルディア魔法学園に銀髪蒼眼の美少年スイが編入してきた。容姿・知性・魔力のすべてを兼ね備えたスイに、学園の女子生徒達は大興奮! あの手この手の猛アプローチを仕掛けるけれど、マイペースなスイにはまったく効き目なし……。 一方、そんな女子達にまるで無頓着なスイは、伝説の金龍ファラとの出会いを機に、自らの出生の秘密を知る。スイの運命が、いま大きく動き出そうとしていた――」
- 2019.8.19 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「スイの魔法 1 魔眼の覚醒」より

何気なく本の山の上から手にとった1冊でしたが、結構面白くて、さくさくと最後まで読んでしまいました。
スイは、孤児です。教会にて育てられました。図書館に通うのが日課の10歳で、魔法学園に編入生として通うところから物語は始まります。
いえ、本当は編入生ではなく、1学年から学園に通っていたのですが、3年間で座学関連は修了してしまったため、午後から個人授業を受けていたのですが。
そして、彼が求めるのは、自分が誰であるか・・・、つまりルーツを識ることを希求しています。
性格は一見穏やかなのですが・・・、いまいち把握しきれませんでした(汗)。天才少年であるからか、なんかこう、達観しているのです。タータニアをからかうのには余念がありませんが。
金龍を使い魔にしたときに、スイの出生の秘密が垣間見えますが・・・。
今後の物語の展開が楽しみですね。

mushoku_tensei_isekai_ittara_honki_dasu_22mushoku_tensei_isekai_ittara_honki_dasu_22_pamph「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 22」

これまで身を隠し続けていたヒトガミの使徒がついに発覚した!!
対抗するために戦力を集めることになったルーデウスは、魔大陸に君臨する不死魔王アトーフェを説得することに。
強力な味方を引き連れ、魔大陸を訪れるルーデウス。
だが、一癖も二癖もある相手に交渉は難航し!?
『アトーフェ様。戦う前に、一つ、私の話を聞いてはいただけないでしょうか』
立ちはだかる話の通じない魔王。傍若無人な彼女に対してルーデウス一行は……。
人生やり直し型転生ファンタジー第二十二弾、開幕!!」
- 2019.8.19 MFブックス「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 22」より

ヒトガミに対抗すべく戦力増強を図るルーデウス。向かった先は魔大陸に君臨する不死魔王アトーフェ。
不死魔王のでたらめさもそうですが、残念さも相当でした。まず、魔王らしくあるために設定を凝らして、それを訪れた者に強要する様が何とも、笑いを誘います。また、ルーデウスが他の魔王の元を訪れるに、不死魔王アトーフェのお墨付きがこうも威力を発揮するとは・・・。
ルーデウスは、戦力増強するに他社の威光やコネを利用することにためらいがありませんね。冒頭にある「ルーデウス・グレイラット著」の言葉通りに。
また、魔大陸に魔王たちに訪問するにロキシーの故郷に結婚の報告に行く場面がありましたが、娘が念話できることが明らかになります。そして、娘とゼニスが念話で会話していることも。ちょっとだけ、感無量でした・・・。
さて、次巻では、いよいよヒトガミ側も動き出すようです。どのような展開になるのか、楽しみですね。

dungeon_ni_deai_15dungeon_ni_deai_15_pamph「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 15」

「深層の決死行を乗り越え、地上の帰還を果たしたベル達。それぞれが果たした冒険の成果は『成長』の証。確かな前進に喜ぶ傍ら、ふと彼等彼女等はこれまで歩んできた道のりを振り返る。
少年は始まりの日に還り。
女神は追憶を映す炉の光に目を細め。
小さき少女は灰の過去を乗り越え。
鍛冶師は遠き日を重ねた空を仰ぎ。
受付嬢は昔日の傷を。
妖精は正義の誓いを。
黒烏は金狐との今昔の物語を想う。
今と過去が織りなす日常編。『英雄』が生まれる地に束の間の安らぎを。
これは少年が歩み、女神が記す、
──【眷族の物語】──」
- 2019.8.19 GA文庫「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 15」より

ヘスティア・ファミリア初の遠征から帰還を果たしたベルたち眷属たちと彼らを取り巻く人達との、その後の日常が淡々と綴られていきます。そして、各々のこれまでの道のりを振り返ったりするのです。
今巻は、一応前巻からの続きとなっていますが、外伝的要素がふんだんに取り込まれていました。
改めて、各人の過去を振り返ることにより、キャラクターの心情共々深く掘り下げられたような、感情移入してしまいました。
次巻からまた冒険の日々が始まると思います。今から読むのが楽しみですね。

the_survived_alchemist_with_a_dream_of_quiet_town_life_6the_survived_alchemist_with_a_dream_of_quiet_town_life_6_cover_all

"The survived alchemist with a dream of quiet town life." - 「生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 06」

累計30万部突破! 外伝『生き残り錬金術師と魔の森の深淵』が単行本化!
『ジークのばーか。信じらんない、あんな人だとは思わなかった……』
ジークムントに愛想を尽かしたマリエラは、『木漏れ日』を飛び出した。
『実家に帰らせていただきます』とばかりに師匠・フレイジージャを探し求め、 サラマンダーと『黒鉄輸送隊』と共に一行は『魔の森』へと向かうが……。
明かされる『黒鉄輸送隊』の過去。秘められし精霊たちの想い。そしてマリエラとジークムントの関係は……。
これは、魔の森に棲む精霊と魔物、そして人間たちの物語。」
- 2019.8.17 KADOKAWA eb! enterbrain「生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 06」より

冒頭のコミックに登場する「炎の精霊」と「湖の精霊」の二人(?)。「湖の精霊」の美しさに当然となり、人が齎した「穢れ」を払うことを願う、という精霊の理を外れた「炎の精霊」は、その後も「湖の精霊」を見守り続けるが・・・。
迷宮が人の手に戻ってから、季節が一周巡っての『木漏れ日』のマリエラとジークムントの日常。それが、ささいな喧嘩から、マリエラは、『木漏れ日』を飛び出し、師匠を求めて、魔の森の奥へと、かつての小屋があった場所へと赴きますが・・・。
魔の森の沼へ引き込まれたマリエラと彼女の護衛をしていた『黒鉄輸送隊』の5人は、沼の底での迷宮に閉じ込められます。
そこでは、「炎の精霊」と「湖の精霊」の過去を覗き込み、『黒鉄輸送隊」の各人の過去も観ることになります。明かされる精霊たちや『黒鉄輸送隊』の各人の想い・・・。
とても不思議な、それでいて心温まるエピソードが散りばめられていきます。悲惨な情景や理不尽な状況をあるがまま淡々と紡がれていきますが、それが最後には収斂して、ある結末を迎えるのですが・・・。ファンタジーらしい、楽しいお話でした。

she_professed_herself_pupil_of_the_wise_man_11she_professed_herself_pupil_of_the_wise_man_11_cover_all

she_professed_herself_pupil_of_the_wise_man_11_postcardsshe_professed_herself_pupil_of_the_wise_man_11_pinup"She professed herself pupil of the wise man" - 「賢者の弟子を名乗る賢者 11 ポストカードブック付特装版」

最下層の階段を下りると、そこはSFな世界でした――
ついにソウルハウルと出会うことが出来たミラだったが、邂逅の余韻に浸る暇も無く、強敵『マキナガーディアン』との戦闘に突入する。
ゲーム時代は九賢者総動員で討伐にあたったほどのレイドボスである。しかもマキナガーディアンは、ゲームのときとは異なった高度な学習機能を有しており、パターンに嵌めることもままならない。そんなピンチに『巨壁』と『軍勢』のとった戦術とは……。」
- 2019.8.15 GC NOVELS「賢者の弟子を名乗る賢者 11」より

マキナガーディアンとの戦闘が前半の見所(読み所?)ですね。レイドボスである強力なマキナガーディアンを九賢者とはいえ、2人だけで討伐しようとするのですから。
ハウルソウルの死霊術によるゴーレム作成、そしてミラの召喚術による竜やヴァルキリーたちによる活躍が素晴らしかったですね。
当然、ケットシーの活躍も楽しかったですね。
後半は、迷宮都市最下層の更に下にあった、研究施設の探索とフェンリルを狂わせたものの討伐ですね。
帯にあった、「小生、この戦いが終わったら、あの子にプロポーズするんだ、ですにゃ」は勿論、団員1号(ケットシー)のセリフですが、これはひょっとしてフラグでは、と思わせられ、ちょっとはらはらしたのは内緒です。
次巻も、読むのが今から楽しみですね。

arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_1「ありふれた職業で世界最強 1」

TV放送に合わせ(?)、第1巻を読み直してみました。
つい先日、読んだばかりだというのに細かな設定、伏線をもう忘れてしまっていました(汗)。
改めて読み返してみると、生徒の間で裏で操ろうとする奴のセリフが(一人称が)「僕」であったり、白崎香織がハジメの寝室を深夜に訪れるシーンでの彼女の服装であったり。
オルクス迷宮攻略もさくさくと進んだように見えて、色々と討伐(?)していたりしましたね。
そして、エピローグ的な、ハジメの「世界最強」宣言。
また、ユエとハジメの交流が深まっていく様には、改めてなるほど、と思ったりしたのでした。
TV放送も第2巻のエピソードに突入ですね。楽しみです。

kumo_desuga_nanika_11kumo_desuga_nanika_11_pamph"Kumo desuga nanika?" - 「蜘蛛ですが、なにか? 11」

人魔大戦は目前! 人類の平和のためすべてを捧げた勇者の半生とは……!?
誰もが彼を認め、彼こそが人類の希望だと信じた――神に選ばれし勇者・ユリウス。6歳で勇者という重荷を背負うこととなったユリウスがいかにして『絶対的勇者』となったのか。その茨の道がいま明かされる!」
- 2019.8.9 KADOKAWA BOOKS「蜘蛛ですが、なにか? 11」より

「人魔大戦」って何でしたっけ(?)、と思うほどストーリーを忘れていました。いえ、読み終わった後でも、よく思い出せないのですが・・・(汗)。
本巻には、「白」は、ほんの数行しか出てきません。全編が、ユリウスの視点から描かれています。
ポティマスも転生者集めに精を出している頃ですね。
ユリウスが「勇者」として、いかに奮闘していたのか、人々に認められるまでになっていったのかが、淡々と描かれていましたね。
ユリウスは、ほんまええ人やなぁ、というようなエピソードが続いています。そして、ついに「人魔大戦」が幕を開けようと・・・。
次巻も物語がどのように展開していくのか、今から楽しみですね。

i_am_a_villager_what_about_it_6"I am a villager, what about it?" - 「村人ですが何か? 6」

『俺に喧嘩を売った事を、地獄に送った後も後悔させてやる』
リュートが保護する少女――リズを狙い、勇者コーデリアの叔父ヨーゼフが脅しをかけてきた。
国や支援商会など、コーデリアのしがらみを逆手にとり、半ば人質のようにして話を進めるヨーゼフ。
リュートはリズを絶対に渡さないとしつつも、時間を稼ぐために相手に従うような素振りをするが、それが最悪の事態に発展してしまう。
予想を超えるヨーゼフたちのゲスな所行は “最強の村人” の逆鱗に触れ、
最大戦力での蹂躙劇へと繋がっていく――。」
- 2019.8.7 GC NOVELS「村人ですが何か? 6」より

寝る前にさわりだけでも、と手にとったのが運の尽き(?)。夜を徹して、最後まで読んでしまいました。
相変わらず命の軽い世界で、少しグロい描写もあったのですが、それもリュートがまとめてふっとばしてくれましたね。
表紙絵からは、「一体誰?」と思いましたが、まさかこれまでリュートの口から語られていた、あの方々だとは、思ってもいませんでした。人間のはずなのですが、数千年も生きている伝説の人物たちで、リュートの友人らしいです。また、竜王もリュートの友人として、駆けつけています。どんだけー(笑)。
さて、これまではあまり表に出てこなかったリュートですが、今回は、(小国といえど)国を相手に殴り込みを駆けます。リュートは友人に救援を依頼しますが、支援要員として国を脅すことだけを依頼し、リュート本人は王宮へ、リリスを伴って直接殴り込みます。もちろん、そこでリュートは無双するわけですが、これで世界連合を敵に回し、世界から敵認定されるかもしれません・・・。
まぁ、それを避けるために、国王を盛大にビビらせるのですが。
いよいよリュートに牙を剥いてきた「賢人会」ですが、今後の物語がどのように展開していくのか、とても楽しみですね。

god_bless_me_11god_bless_me_11_illust

god_bless_me_11_ss"God bless me?" - 「私、能力は平均値でって言ったよね! 11」

2019年10月 TVアニメ放送開始!!
ポーリン大活躍! 悪徳商会との対決!
『赤き誓い』のバトルも大幅加筆です!
女子高生なのに、異世界へと転生してしまった少女マイル。
彼女は神様の勘違いで平均の6800倍の魔力をもつ最強魔法剣士となり、女の子だけの新人パーティ『赤き誓い』のメンバーとなった。
若手ハンターとして修行の旅を続ける『赤き誓い』だが、色々とやらかしてしまい……
旅の中、出会った母と子を助けて悪徳商会と全面対決!? ポーリン大活躍!
マイルたちは大勢の子どもを救い、『造られしもの』をも救う。
あの『ワンダースリー』も登場して、更には『女神のしもべ』と『赤き誓い』の再会まで。
そして、書籍オリジナルの大幅加筆で驚きの展開が!?
大好評『のうきん』最新巻です!」
- 2019.8.6 EARTH STAR NOVEL「私、能力は平均値でって言ったよね! 11」より

イラストは、「ワンダースリー」のものですね。
彼女らは、Cランクパーティとして、アデルを見つける旅に出て、まずは「赤き誓い」の本拠地にしている街に到達しますが、果たして・・・(?)。彼女らの実力が試されますね。
相変わらず軽いノリで、くすっとしながら、サクサクと読み進められ、あっという間に読了しました。日本フカシ話はありませんでしたが、ダジャレ、ギャグは健在です。
次巻は、TVアニメ放映中に発刊されるようです。アニメともども楽しみですね。

arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_10_tokusoubanarifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_10_tokusouban_outercasearifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_10_pinup

arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_10arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_10_tokusouban_pamph_1arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_10_tokusouban_pamph_2

「ありふれた職業で世界最強 10 ドラマCD付き特装版」

大好評ドラマCD第3弾!
ドラマCD「DHS―だいたいハジメのせい―」
第1部:王都散策編
旅用品の買い出しのためにハイリヒ王国の王都へ繰り出したハジメたち。そこで商魂たくましい商人たちを目の当たりにする。さらに騒ぎを聞きつけた愛子先生がやってきて――!?
第2部:フェルニル建造秘話編
飛空艇フェルニルの最終調整に入ったハジメ。自慢の設備をユエたちに披露するが――。
第3部:王宮編
なぜか王宮で落ち込んでいるハジメを見つけた雫。その会話を聞きつけた面々により、ますます騒ぎが大きくなり――!?
新キャストを迎えて “ありふれた” ドラマCDはますます賑やかに!!」

―― “最強” の試練を突破せよ
最後の大迷宮【氷雪洞窟】の試練は続く。
ユエもまた、虚像との戦闘を繰り広げていた。切り捨てた記憶から抉り出されたのは、自身も知らない秘密と『矛盾』。
かつての悲劇を想起させられるシア。内にくすぶる復讐心を暴かれるティオ。焦燥と嫉妬に苛まれる香織……。
それでも、彼女たちは試練に向き合う。己を乗り越え、最愛の人と歩む未来を掴み取るために――!
『……たとえ過去をやり直せるとしても、私は何度でも同じ道を選ぶ』
極限の意志を解き放て。“最強” 異世界ファンタジー、第10巻!」
- 2019.8.6 オーバーラップ文庫「ありふれた職業で世界最強 10 ドラマCD付き特装版」より

ついに最後の大迷宮を制覇したハジメたち。特にハジメとユエは、大迷宮全てを制覇したおかげで、神代魔法のみならず、概念魔法もまた取得することができましたね。
そして、概念魔法の習得により、神代魔法のより深い理解を得たハジメとユエは、すぐに二人で地球への帰還用アーティフェクトの作成に。その作成の際にハジメがオルクス大迷宮で、一人で彷徨い、九死に一生を得、ユエと出会い、奈落の底から帰還した経緯が走馬灯のように想起されますが、それは、ハジメの地球への帰還を切に願う思いを明らかにする過程でもありましたね。改めて、ハジメ以外の視点から眺めると、本当に壮絶な過程であり、彼の帰郷への思いが並々ならぬものであることが改めて思い知りました。
次巻の発刊が待ち遠しく思います。

arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_9_pampharifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_9_pinup

「ありふれた職業で世界最強 9」

――“最強” の自分と相対せよ
ついに故郷へ帰還する手がかりを得たハジメたち。目指すは【氷雪洞窟】――氷と雪に閉ざされた、極寒にして極限を成す最後の大迷宮。
新たな力を携え挑むハジメたちだったが、氷面鏡の迷路に加え、奇怪な囁き声に悩まされる。その仕掛けは一行の精神を着実に蝕んでいき――。
そんな極限状態の中で分断され、一人ぼっちとなった雫の前に現れたのは、偽りの自分。
自身を超える試練に臨む雫だったが、目を逸らしてきた真実を虚像に突きつけられ、心が決壊してしまい……!?
『南雲君、少し、疲れたわ。ちゃんと……守って……ね?』
内に秘めた自身に克己せよ。“最強” 異世界ファンタジー、第9巻!」
- 2019.8.5 オーバーラップ文庫「ありふれた職業で世界最強 9」より

ミラーハウス様の広場で、ただ一人で、自身の負の感情を体現した自分自身のコピーと対峙する。というのは、よくあるシチュエーションですが、ハジメのその攻略方法は、斬新でしたね。
自身の負の感情を受け入れ、乗り越えること無く、先送りにして、「実力」で排除していくという。冷静に自身の弱点を見極め、その戦闘中にも成長を果たす、という。
ハジメに反して、雫は、自身の負の感情に負けてしまいますが、ハジメの助力により、自身を取り戻していきます。そして、負の感情を受け入れ、乗り越えたとき・・・。ハジメに負われて、そっと自身の心情をハジメに吐露します・・・。
今巻は、雫の心情が丁寧に描かれていましたね。次巻も続けて読んでいくつもりです。

arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_8_tokusoubanarifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_8_tokusouban_outercasearifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_8arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_8_tokusouban_pamph

arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_8_pinup「ありふれた職業で世界最強 8 ドラマCD付き特装版」

待望のドラマCD第2弾!―― “最強” の試練を乗り越えろ
“ハウリアの乱” を終え、フェアベルゲンに降り立ったハジメ一行。
亜人たちが帰郷の歓喜に沸き立つなか、改めてシアとの関係に思いを馳せるハジメ。
――そして、ついに七大迷宮のひとつ【ハルツィナ樹海】の試練に挑む。
しかし出発後、大迷宮の仕掛けでメンバーが偽物と入れ替わってしまい……!?
つぎつぎに襲いかかる凶悪な試練の道中に現れた、無防備な一体のゴブリン。
複数の大迷宮攻略を前提とする高難度の試練に、ハジメが打つ手は果たして――。
『お前の言う通りだった。―― “未来は絶対じゃない” 』
いま、彼らの紡いだ “絆” が試される。“最強” 異世界ファンタジー、第8巻!」
- 2019.8.4 オーバーラップ文庫「ありふれた職業で世界最強 8 ドラマCD付き特装版」より

ハルツィナ樹海の大迷宮に挑むハジメたちと勇者たち一行。ハジメたちと勇者たちの実力の格差がはっきりしますね。特にハジメの「最強さ」が際立ちます。そんなハジメたちでしたが、今回の試練は、「絆」が試されるようです。それはもう嫌らしいというほかないほどの鬼畜な方法で。
さらにラスボス(?)は、神の使徒(複数)を想定した最強の魔物たちでした。絶体絶命の危機に陥るハジメたち。
ハジメの心の成長、またシアへの愛情が、なんかほっこりしましたね。
次巻も、大迷宮探索でしょうか。続けて読んでいくつもりです。

arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_7arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_7_pinup「ありふれた職業で世界最強 7」

――そして、“最強” の兵士が動き出す。
神山での戦いを終え、リリアーナたちを伴い飛空艇 “フェルニル” で帝都を目指すハジメ一行。
そこに同行する光輝は思い悩んでいた。なぜハジメは強いのに、力を “正しく” 使わないのか、と。
その道中、帝国兵と戦うハウリア族と出会ったハジメは、魔人族と帝国兵に侵攻を受けたフェアベルゲンの現状を知ることに。
ヘルシャー帝国に向かったハジメは、“彼ら” の計画を知り……!?
『さて、主役達のために舞台を整えようか』
――カウントゼロで奴らが動き出す。“最強” 異世界ファンタジー、第7巻!」
- 2019.8.2 オーバーラップ文庫「ありふれた職業で世界最強 7」より

さくっと大迷宮探索に向かうのかと思えば、フェアベルゲンとヘルシャー帝国に、魔族の襲撃が・・・。その魔族の襲撃を撃退した両者であったが、ヘルシャー帝国は、魔族の襲撃により衰えた国力を補うべく、亜人たちを奴隷として攫おうと帝国兵士たちが、再度フェアベルゲンを襲撃する。たまたま現場に居合わせたハジメたちだが、フェアベルゲンには、魔族・魔物を退けた強者達が存在していた。彼らの次の目標は・・・。
王国のリリアーナ王女の思惑とは別に、帝国とフェアベルゲンの存続を賭けた戦いが幕を開けるのでした・・・。
脳筋というか、戦闘マニアというか、全編に渡って死闘の連続でしたね。ハジメは、我関せずと放置しようとするのですが、仲間の悲しむ姿に見かねて、黒幕として、暗躍します。
奴隷が解放されるシーンは、まるで「エクソダス」のようでしたね。モーゼの代わり(?)には勇者がいやいや努めていましたが(笑)。
次巻は、いよいよ樹海の大迷宮に挑むのでしょうか。続けて読んでいくつもりです。楽しみですね。

arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_6arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_6_pinup

「ありふれた職業で世界最強 6」

――今、“最強” の意味を知る
【メルジーネ海底遺跡】を攻略し、七大迷宮のひとつ【ハルツィナ樹海】を目指すハジメたちは、街道でハイリヒ王国王女リリアーナと再会し、驚愕の報せを受ける。――変心したハジメを信じ、教え、導いた愛子の誘拐。
『とりあえず、先生を助けに行かねぇとな』
ハジメは選ぶ。切り捨てず、見捨てず、救う事を選ぶ。
向かうは聖教教会の総本山【神山】。異端者認定を受けた “奈落の化け物” と、“神の使徒” が激突する――!
互いの信念を凌駕するのは果たして。“最強” 異世界ファンタジー、第6巻!」
- 2019.8.2 オーバーラップ文庫「ありふれた職業で世界最強 6」より

表紙絵の女の子は誰やねん、と思っていましたが、ほぅー、そうくるかぁー、と言った感じで物語は進行します。
主人公たちの成長を表す手段として、レベルとかステータスの数値を表示、というのはよくあることですが、本書では、この手段はほとんど取られていませんね。仲間の女の子のステータスもプレートを入手した最初のときだけで、以降は、取得した神代魔法等の固有魔法の多さで表現されるようです。
それにしても、ハジメの人外さはもちろんのこと、仲間の女の子たちも大概だったのですね。その中で、香織だけが、勇者レベルであるにもかかわらず最も見劣りする、という(笑)。本人も自分の実力不足は感じているようでしたが、本巻で、それも解消されました。それも、予想の斜め上を行く方法で。
次巻は、また迷宮攻略に行くようです。読むのが楽しみですね。

arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_5arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_5_pinup「ありふれた職業で世界最強 5」

――そして少年は最強の敵と出会う。コミックス1巻、同時発売!
香織をパーティーに迎え、ミュウの故郷である【海上の町エリセン】を目的地に、グリューエン大砂漠をブリーゼでひた走るハジメたち。道中、砂漠でサンドワームに襲われていたアンカジ公国のビィズを救出する。聞くところによると、ビィズは原因不明の水質汚染で倒れた国民を救う手立てを探し、近隣諸国に救援を求めるために国を離れていたのだという。原因不明の病気を直す鍵は “静因石” という鉱石。その鉱石は七大迷宮のひとつである【グリューエン大火山】で採取できると言われていた。攻略ついでに採取に向かったハジメだが、そこで思わぬ強敵の襲撃を受けてしまい……!?
“最強” 異世界ファンタジー、第5巻!」
- 2019.8.1 オーバーラップ文庫「ありふれた職業で世界最強 5」より

今巻では、2つの大迷宮を制覇します。また、迷宮を制覇した直後に最大の敵に遭遇することになります。
そして、ハジメたち一行は、またもや王国をその滅亡の危機から救うことになります。
協会から、「異端者認定」されてもこれまで勝ち得てきた信頼から、ハジメたちは「異端者」として討伐されることを免れたりするのですが。
物語は、ハジメの成長とともに神代魔法を取得したり、無双したりするのですが、一気に展開が加速したような。徐々に「狂った神」もその正体を露わにしてきたような・・・(?)。魔族と彼らの率いる魔物たちと人間族との死闘の時も近づいているようです。
次巻の展開も楽しみですね。続けて読んでいくつもりです。

2019.7

arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_4arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_4_pinup

「ありふれた職業で世界最強 4」

――そして、少年は最強のパパになる!?
誤解を残したまま勇者一行と別れを告げたハジメたちは、中立商業都市フューレンに舞い戻る。
冒険者ギルドにてユエたちのステータスプレートを入手したハジメは、一時の休息を得た。
休日となったハジメは、シアとデートへ行くことに。だが、やはりトラブルに巻き込まれるハジメ。
デートの成り行きで裏の組織と全面抗争し、海人族の子供・ミュウを救い出す。
『そのお兄ちゃんってのは止めてくれないか?』
『……じゃあ、パパ』
最強の少年が幼女のパパに……!? “最強” を歩む異世界ファンタジー、第4巻!」
- 2019.7.31 オーバーラップ文庫「ありふれた職業で世界最強 4」より

ついにハジメのハーレムに幼女が参戦・・・、かと思われましたが、ユエ、シア、ティオの敵でなく、すんなりとハジメの父性本能に訴えかけたミュウの勝利のようです。それにしても、ハジメは、いくら闇組織とはいえ、敵となった者たちには容赦ありませんね。文字通り、敵を殲滅してしまいます。
また毎巻ごとにハジメのハーレムに参加する美少女、美女が登場するのですが、今巻では幼女(ミュウ)だけではなく、クラスメイトであった白崎香織も加わることになりました。番外編には、香織のハジメに対する想いも綴られておりました。
世界最強のハジメですが、女の子たちには、やはりかなわないようですね。
次巻は、また迷宮探索に戻るのでしょうか。続けて読むのが楽しみです。

arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_3arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_3_pinup「ありふれた職業で世界最強 3」

再会と別れ――そして、少年は“最強”を歩み続ける
ライセン大迷宮を攻略した南雲ハジメは、シアを仲間に引き入れて中立商業都市フューレンへ。
冒険者ギルドで行方不明者の捜索を依頼され、条件つきで引き受けたハジメだったが、探索場所近くの町にて予期せぬ再会を果たし――。
一波乱も収まりふたたび捜索を開始したハジメの前に、圧倒的な力を持つ黒竜が立ちはだかる。
さらに圧倒的な力で勝利したハジメたちの前に現れたのは、竜人族のティオという絶世の美女で――!?
『これよりお主を “ご主人様” と呼び、妾の全てを捧げよう!』
“最強” であることの覚悟を迫られる “最強” 異世界ファンタジー、第3巻!」
- 2019.7.30 オーバーラップ文庫「ありふれた職業で世界最強 3」より

残念ウサギの次は、変態黒竜ですか。想像の斜め上を行く展開ですね。ハジメを取り巻くハーレム状態は、ユエを本命に、残念ウサギと変態黒竜が競い合う展開となりましたが、ハジメは本命以外には心を許そうとはしません。シアのことは、大事な仲間としては認めているようですが。ティオについては、本当にウザったく思っているようです。
さて、召喚された地球のクラスメイトと愛子先生に再会したハジメでしたが、ハジメの心変わりに皆びっくりしていましたね。特に再会したクラスメイトたちは、ハジメが迷宮で命を落としたことがトラウマになって、迷宮探索せずに愛子先生の護衛に就いていただけに。
そして、ハジメたちの "最強" ぶりに目を剥くことになります。
次巻も続けて読んでいく予定です。楽しみですね。

arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_2arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_2_pinup「ありふれた職業で世界最強 2」

ライセン大迷宮を攻略し、いま再び最強を超えろ
異世界にクラスごと召喚された南雲ハジメは、オルクス大迷宮の奈落でユエと出会い、地上に生還した。久しぶりの地上を満喫するハジメとユエだったが、魔物に追われる兎人族の少女シア・ハウリアから助けを求められてしまう。
未来視の能力で、ハジメが一族の危機を救う未来を見たシアは、ライセン大峡谷で彼を探していたのだという。
断ろうとするハジメだったが、その依頼は元の世界に戻る手がかりとなる七大迷宮踏破に繋がっており――!?
『化け物でよかったです。御蔭で貴方について行けます』
WEBで1億PV超を誇る “最強” 異世界ファンタジー、待望の第2巻が登場!」
- 2019.7.29 オーバーラップ文庫「ありふれた職業で世界最強 2」より

なんと言っても「残念ウサギ」のシアが楽しい。ハジメとユエにすれば、本当にウザったいウサギなのでしょうが(笑)。
そして、ライセン大迷宮のライセンの性格がまた。迷宮でのメッセージがことごとくツボにはまりました(笑)。
また、ハジメの性格ですが、第1巻の頃よりだいぶハッチャけたように感じました。かなり、独善的になったように感じましたね。殺人に対する禁忌もないようで・・・。それもまた、ライセン大迷宮攻略に功奏したようでしたね。
次巻は、「再会編」となるようです。読むのが楽しみですね。

isekai_cheat_magician_5「異世界チート魔術師 <マジシャン> 5」

大人気シリーズ第五弾が待望のリリース。ついに始まる最終決戦。太一と凛の運命の行方は!?
太一は内乱を止めるために呼ばれた王都ウェネーフィクスにて、貴族軍からの攻撃を退け、カシムとの因縁に決着をつけた。貴族軍との前哨戦で太一たちが挙げた戦果は大きく、貴族軍は打って出ざるを得ない状況まで追い込まれていた。貴族たちの動きから、前哨戦の翌々日には最後の戦が始まると告げられる。その一方で、不穏な影が蠢いていることに、王国軍も、貴族軍でさえも気付いていない。不確定要素が紛れ込んだまま、ついに始まる最終決戦。軍同士の熾烈な争いが一進一退の攻防を続ける中、太一は一人、与えられた役目を果たすために大空に躍り出るのだが――――。」
- 2019.7.28 ヒーロー文庫「異世界チート魔術師 <マジシャン> 5」より

なぜドルトエスハイム公爵が、王に反旗を翻したのか、何が不満であったのか、最後まで分かりませんでした。どこかで読み落としたのでしょうか(?)。
さて、王弟軍の中に潜んでいた、闇の勢力についても、あまりよく分かりませんね。200年前にもその力を奮って、人類に多大な損害を与えた、ということでしたが。精霊も何やら知っていそうなのですが・・・。
今巻で王国内の内乱は集結して、太一らは、また辺境の街に戻るようですが、次巻以降はどのような展開となるのでしょうか。太一は風の精霊以外にも精霊と契約を結ぶのでしょうか。読むのを楽しみに待つことにします。

isekai_cheat_magician_4「異世界チート魔術師 <マジシャン> 4」

お待たせしました! 1年ぶりの第4弾は太一と凛が異世界に召喚された理由が明らかに!!
アズパイアを襲った魔物大侵攻。ドラゴンを前に、太一はユニークマジシャンとしての力を得て、ついにそれを撃退する。かつてない危機を乗り切り、また冒険者としての日々が再開。―――と思った矢先、太一たちの元に、王都からの使者が現れ、一行は王都ウェネーフィクスへ。そこで出会った王女は、なんと太一たちをこの世界に召喚した人物だった。太一たちは王都で起きようとしている内乱を止める役割を依頼される。人間同士の戦い。そして、太一を狙う人物の存在。チートな魔術師の行く末はいかに!?」
- 2019.7.27 ヒーロー文庫「異世界チート魔術師 <マジシャン> 4」より

第1巻冒頭に現れた「時空魔導師」の正体が明らかになりました。ただし、なぜ召喚したのかの理由ははっきりとはしません。また、なぜ太一だったのか、「召喚士」を召喚しようとしたのもまた。召喚しようとした経緯と王国が内乱状態にあることは明らかにはなりましたね。そして、王女の説得もあり、王の派閥に与することに同意しますが・・・。
魔物の討伐には冒険者として経験と積んでいる太一と凛ですが、対人戦となると不安が残りますね。また、同じ王国の民、同胞との戦闘となるのですから。
今巻では、ついに勃発した反乱側との戦闘がありました。その表の戦闘では、凛の活躍が、裏の戦闘では、前巻の黒幕であったカシムとグラムとの戦闘が決着します。
次巻は、いよいよ王弟派閥との戦闘が描かれるようです。続けて読んでいくつもりです。楽しみですね。

isekai_cheat_magician_3「異世界チート魔術師 <マジシャン> 3」

大人気シリーズ第三弾が待望のリリース。太一と凛のハイスペックマジシャンに最大の危機が訪れる!
奇跡的に得た精霊の力で太一は北の森で襲ってきた強敵を退けた。レミーアの教えを受け、太一はついにユニークマジシャンとしての力を知ることとなった。街に戻った太一は、かつて襲撃を受けて逆に捕縛した暗殺者と共にアズパイアの内部を調査する。やがて、街中にとんでもない化け物がいるという情報を得る。一方、街のインフレなどを解決しようと動いていた凛とミューラは、何者かにつけられ、街中での戦闘の結果、ミューラを連れ去られてしまう。街の内部の脅威を取り払おうとする太一。連れ去られたミューラを奪還せんと動く凛。太一、凛、ミューラの三人は、この危機を乗り切れるのか!?」
- 2019.7.27 ヒーロー文庫「異世界チート魔術師 <マジシャン> 3」より

表紙絵はミューラと凛ですね。「金の剣士」と呼ばれるミューラは、これまでソロで冒険者をこなし決してパーティを組むことはなかったのですが、太一と凛のパーティに自ら参加することを希望し、規格外の太一を前衛に、遊撃としてミューラ、後衛として凛という隊形をとるようになります。今巻では、太一は別行動をとっており、凛とミューラのコンビで敵と対応することになります。
街を襲う未曾有の危地に際して、レミーアまで参戦しますが、敵の魔物どもに蹂躙寸前にまで追い込まれます。
そこで、颯爽と現れるのが主人公である太一なのですが。
突如現れたドラゴンとの死闘がクライマックスですね。普通、ドラゴンは人前には姿を現さないのですが・・・。
太一はドラゴンに全く刃が立たずに敗退しますが、そのとき、ついに召喚士としての力に目覚め・・・。
チート能力のインフレーションがすごいことになってしまいます。
ひとつの山を超えたような状況ですが、まだまだ伏線、というか謎が隠されていますね。次巻以降で、徐々に明らかになっていくのでしょうか。次巻も続けて読んでいくつもりです。

isekai_cheat_magician_2「異世界チート魔術師 <マジシャン> 2」

1巻発売後即重版。2巻も書籍用に大幅改稿され、ドキドキ・ワクワクが止まらない異世界ファンタジー。
ケタ違いの力を持って異世界に転移した太一と凛。レミーアの家での修行を終えた二人は、街に戻って早々アルメダ誘拐事件を解決する。日常に翻弄されながらも、冒険者として平和な日々を過ごしていた。そんな中、激しいインフレ、暗殺者の襲来、魔物の不自然な異常繁殖、魔物辞典にも載っていない強力な魔物との対峙と次々と事件が。 そして、太一と凛を伺う何者かの影――。異世界に落ちた二人の高校生の運命は!?」
- 2019.7.26 ヒーロー文庫「異世界チート魔術師 <マジシャン> 2」より

主人公がチートな能力を持って無双するのは、お約束ですが、それに対抗する勢力を登場させるのもまたお約束でしょうか。
太一と凛が冒険者として活躍するのと時を同じくして、街を襲う異変の数々。些細な日常の異変から、潜んでいた敵からの誘いに乗り、ついには死闘にまで至ることに。太一の能力を持ってしても太刀打ちできない敵に対して、ついに精霊が瀕死の太一に呼びかける・・・。
敵の意図はまだまだ不明ですが、太一もまた魔道士として目覚めようとしているのでしょうか。次巻の展開が楽しみですね。

isekai_cheat_magician_1「異世界チート魔術師 <マジシャン> 1」

『小説家になろう』で大人気の異世界ファンタジーを書籍用に大幅改稿。異世界に落ちた普通の高校生・太一と凛は最強魔術師に生まれ変わっていた……。
普通の高校生の太一と凛は、突然、光に飲み込まれてしまう。気がついた時に二人は剣と魔術の異世界にいたのだった。いきなり魔物に出くわすが何とか難を逃れ、冒険者のアドバイスを受けてギルドに向かう二人。そこで、二人はとんでもないハイスペックの魔術量を有していることが判明する。普通の高校生から、いきなり最強チートな魔術師に。火を。風を。夢のような超常現象を自らの手で生み出す感動。まるでスーパーマンにでもなったかのような、想像をはるかに超える圧倒的な身体能力。平和な国からやってきた太一と凛の、異世界での冒険譚が始まる。」
- 2019.7.25 ヒーロー文庫「異世界チート魔術師 <マジシャン> 1」より

まるで「小説家になろう」作品のテンプレのような設定でしたね。太一と凛は幼馴染で、そして凛は密かに(周りにはばればれですが)太一を想っている美少女。一方、太一は鈍感男を絵に書いたように、凛の想いには気づかない・・・。
そんな二人が異世界に召喚されて、なおかつ人外な魔力を備えている、という。
異世界に転移した当初こそ最弱でしたが、1ヶ月の修行で、世界最強の魔術師へと成長します。二人はこの異世界で冒険者となりますが、人外の能力を抑えたまま、冒険に就こうとします。
第1巻では、登場人物の紹介程度の展開でしたね。太一と凛の魔術師として能力に気付き、修行して、能力が開花していく様が描かれていました。太一は、魔道士として、これから精霊たちと契約し、魔法を行使するようになるはずですが、今巻では魔力による身体強化のみを得ることになります。今後、精霊たちと出会い、契約するはずですが、楽しみですね。
続けて次巻も読んでいくつもりです。

arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_1arifureta_shokugyou_de_sekaisaikyou_1_pinup「ありふれた職業で世界最強 1」

――そして、少年は “最強” を超える
“いじめられっ子” の南雲ハジメは、クラスメイトと共に異世界へ召喚されてしまう。つぎつぎに戦闘向きのチート能力を発現するクラスメイトとは裏腹に、錬成師という地味な能力のハジメ。異世界でも最弱の彼は、あるクラスメイトの悪意によって迷宮の奈落に突き落とされてしまい――!?
脱出方法が見つからない絶望の淵のなか、錬成師のまま最強へ至る道を見つけたハジメは、吸血鬼のユエと運命の出会いを果たす――。
『俺がユエを、ユエが俺を守る。それで最強だ。全部薙ぎ倒して世界を越えよう』
奈落の少年と最奥の吸血鬼による “最強” 異世界ファンタジー、開幕!
★ WEB上で絶大な人気を誇る異世界ファンタジー小説がついに書籍化!
書き下ろし番外編「勝率0パーセントの戦い」も収録!」
- 2019.7.25 オーバーラップ文庫「ありふれた職業で世界最強 1」より

やはり原作本を読むと、TVアニメで省略されていた詳細な内容が、背景が良くわかりますね。アニメではハジメがいきなり、人格が変わり、言葉遣いまでもが唐突に変わってしまい、戸惑いましたが。
魔力の色も空色から紅色に変わった、という一言で説明されていましたが、実は、魔力にも色があるというのが、小説を読むと分かります。錬成にしても「ありふれた職業」という説明がありましたが、小説では、「ありふれた職業」だけでなく、ステータスが人の平均並みであったのが明らかになっていましたね。それが現代知識を生かした戦闘手段に変えるとか、現代武器を錬成することにより「ありふれた職業」ではなくなっていました。
また、錬成するときにハジメの手袋にある魔法陣が光るのも、説明がありましたね。
第1巻で、オルクス迷宮は制覇してしまいますが、この異世界の秘密もまたすこしだけ明らかになりましたね。
迷宮を出たハジメとユエのこれからがとても気になりますね。

shiro_no_koukoku_monogatari_14shiro_no_koukoku_monogatari_14_characters「白の皇国物語 14」

シリーズ累計40万部突破! 異世界英雄ファンタジー第14弾!
累計40万部突破の異世界英雄ファンタジー、待望の第14弾!
国王が軍に処刑され、内乱に揺れる<マルドゥク王国>。大陸の秩序維持のため、皇国をはじめ多くの国々が、その内乱を終わらせるべく奔走していた。そんなとき、マルドゥク国王の後継者を名乗る男――レイヴンが、レクティファールの前に現れる。レイヴンは皇国の若き摂政に、ある頼みごとをした。それは、乙女騎士ウィリィアを王妃にしたいというもの。これは単なる求婚ではない。ひとりの女性を軸にした政治的駆け引きだった――」
- 2019.7.23 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「白の皇国物語 14」より

西域の<マルドゥク王国>の内乱に際し、積極的に介入することを決意するとともにウィリィアを失うことに寂しさを覚えるレクティファール。<マルドゥク王国>へ向かう船上で、自分の真意がどこにあるかを改めて悟ることになるウィリィア。
皇族でもない臣下の娘一人が政変中の<マルドゥク王国>へ嫁ぐとき、大陸の数十もの国を巻き込む歴史の変換点となります。
それにしても、ウィリィアの父親であるアルフォードの心情には、けっこう共感することが。娘を政略結婚させる、しかも摂政に心を惹かれながらも彼女を見送らざるを得ない父親。そして、最後にウィリィアの覚悟を見た時の父親として。妻に色々と諭される姿も楽しい。
そしてまた、エピローグとして鯨竜について触れていたエピソードもまた微笑ましいものでしたね。

shiro_no_koukoku_monogatari_13shiro_no_koukoku_monogatari_13_characters「白の皇国物語 13」

シリーズ累計34万部突破! 異世界英雄ファンタジー第13弾!
累計34万部突破の異世界英雄ファンタジー、待望の第13弾!
かつて帝国と激戦を繰り広げた北方の都市<ウィルマグス>を視察する摂政レクティファール。そこで、旧知の自動人形研究者ヘスティや四界神殿の神官リーファと、再会を果たした。だが、この摂政視察というタイミングを狙って、帝国の特殊部隊が動く。彼らは、視察が終わって気の緩んだ皇国の基地を襲撃し、ヘスティとリーファを誘拐した。二人を救うため追跡に乗り出すレクティファールだが、帝国特殊部隊はまもなく国境を越えようとしていた――」
- 2019.7.22 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「白の皇国物語 13」より

レクティファールの赴くところ、必ずと言っていいほど事件が発生するのはお約束(?)。
自動人形の新機種を視察しようとすれば、そこが帝国の残党に襲われて、知人である開発者たちが誘拐されます。それを救うには、試作段階の新機種を持って強襲するしかなく、またそれを操縦できるのは「皇剣」の持ち主であるレクティファールだけだという。
都合よく(?)舞台が設定されて、颯爽と主人公がヒロインを救出に向かいます。
また、がらりと状況は変わって、後半は、他国の王女(婚約者)との顔合わせ、となります。
皇国とそれを取り巻く他国の事情がさりげなく描写され、また婚約者がこの巻でやっと顔を見せることになります。
それにしても、摂政としての責務とはいえ、やっぱりレクティファール(主人公)は、ハーレム状態になりますが、後宮での日常は「てんやわんや」の状況で、くすっとさせられますね。多分にレクティファールのへたれ具合がそうさせるのですが。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

shiro_no_koukoku_monogatari_12shiro_no_koukoku_monogatari_12_characters「白の皇国物語 12」

シリーズ累計31万部突破! 異世界英雄ファンタジー第12弾!
累計31万部突破の異世界英雄ファンタジー、待望の第12弾!
帝国に捕らわれていたフェリスの両親――ケルブ、シヴェイラ夫妻の救出作戦のさなか、当のシヴェイラが理性を失い、龍の姿となって暴走する。摂政レクティファールは一騎討ちで彼女を制圧するが、夫妻の命は長年の捕囚生活と人体実験により、今まさに尽きようとしていた。もはや一刻の猶予もない。レクティファールは二人の命を救うため、五人の龍姫と皇剣の力を借りて、神の領域とも言える『生命の創造』に挑む――」
- 2019.7.16 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「白の皇国物語 12」より

概念兵器である皇剣の機能を使いこなせれば、レクティファールは、フェリスの両親を救うことができるかもしれない・・・。一縷の望みを賭けて、5人の龍姫全員と騎龍の契約を結び、彼女らの力を借りて皇剣の能力を引き出そうとします。
もう何でもあり、な皇剣の能力ですが、レクティファールは、その皇剣が「兵器」であることに色々な疑問を抱くようになります。
それにしても、レクティファールの妃候補たちと接する態度、というか心情には共感するところが多くありますね。
また離宮にいる側妃たちにも同様なのですが。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

shiro_no_koukoku_monogatari_11shiro_no_koukoku_monogatari_11_characters「白の皇国物語 11」

シリーズ累計24万部突破! 異世界英雄ファンタジー第11弾!
累計24万部突破の異世界英雄ファンタジー、待望の第11弾!
騎士学校での決闘騒動が一段落し、摂政レクティファールは自らの婚約者であり、蒼龍公の孫娘であるフェリスの両親の救出に向けて動き出す。死んだと思われていたフェリスの両親は、帝国の秘密研究施設で人体実験の対象となっていたのだ。これ以上、ふたりが帝国に利用されないよう、近衛兵を率いて自ら敵地へと飛んだレクティファール。だがこの作戦、救出困難と判断された場合は、捕らわれたふたりを殺害するという非情なものだった――」
- 2019.7.15 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「白の皇国物語 11」より

事は隠密性を要するために、レクティファールと龍姫たちは、騎士学校からの実地訓練の名目で、西域に向かいます。フェリスには、自分が摂政であることをぎりぎりまで隠して。
レクティファールの正体を知ったフェリスは動揺しますが、元より惹かれていたこともあって、両親の救出作戦に参加することに。
同時にオリガもレクティファールに対する自分の気持を見直すことに。
フェリスの両親の救出作戦は、緊迫感があって、迫力あるものでしたね。レクティファールと近衛で遂行される作戦ですが、その作戦に対する騎士たちの盛り上がりというか、興奮が伝わってくるようでした。
悲惨としか言いようのない状況に置かれていたフェリスの両親でしたが、無事救出することはできるのでしょうか。次巻がとても気になりますね。

shiro_no_koukoku_monogatari_10shiro_no_koukoku_monogatari_10_characters「白の皇国物語 10」

シリーズ累計22万部突破! 皇剣を封印し、本気で決闘!
累計22万部突破! 大人気異世界英雄ファンタジー、第10弾!
身分を隠して騎士学校に通うレクティファールは、あるとき同じ騎士学校に通う留学生に決闘を申し込まれる。断る選択肢はなかったのだが、レクティファールには問題が一つあった。正体を明かせないため〈皇剣〉が使えないのだ。母国の誇る特製の重甲冑で戦いに挑む留学生に対し、やむなく肉弾戦に応じる〈皇剣〉なしのレクティファール。状況は圧倒的に不利。この勝負、どうなる!?」
- 2019.7.12 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「白の皇国物語 10」より

身分を隠し、変装した姿で騎士学校生活を送るレクティファールの様子が綴られています。
相変わらずの妃候補たちとの「ちょっとした行き違い」で右往左往するレクティファールの姿がユーモラスです。そのエピソードが発端となり、騎士学校で決闘を行うような事態になるのですが。
皇国自動人形史に名を残すふたつの自動人形が、登場するきっかけとなったこの決闘騒ぎですが、それは後世のこと。次巻は、レクティファールと竜姫たちとで竜族の救出のため、帝国に乗り込む様子が描かれるはずです。読むのが楽しみですね。

shiro_no_koukoku_monogatari_9shiro_no_koukoku_monogatari_9_characters「白の皇国物語 9」

シリーズ累計19万部突破! 魔神送還作戦、始動!
累計19万部突破! 大人気、異世界英雄ファンタジー、待望の9弾!
摂政レクティファールは、身分を隠して騎士学校に編入した。そこで、ふたりの婚約者と、これから共に国を担う仲間たちに出会う。あるとき、その騎士学校の敷地で “魔神” が異世界より召喚された。魔神は、世界を滅ぼしかねない存在。援軍が期待できない状況の中、レクティファールは騎士学校の面々と力をあわせ、魔神に立ち向かう!」
- 2019.7.8 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「白の皇国物語 9」より

なし崩し的に「妃候補」が増えていくレクティファール(笑)。また、離宮の妃アリアとは、いつの間にか深い仲になっているようです。それにしても、世間の評価とは別にレクティファールは、女性に、妃候補たちには甘々なようですね。いわゆる「ヘタレ」というやつでしょうか。
そして、異世界ファンタジーものの定番の学園生活が始まります。騎士学校という、いわゆる士官学校ですから、学園生活というには少し違和感があるようですが。
学園生活を満喫するレクティファールですが、やっぱり事件は起こるようです(笑)。皇剣の力を普段は抑えているようですが、異世界そのものの存亡の危機に際しては、そのようなことを言っておられず、全力で「魔神」に対処します。
皇剣は「兵器」であり、皇剣と一体となったレクティファールは、自身が「兵器」であり人間でなくなったことを強く改めて認識しますが・・・。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

shiro_no_koukoku_monogatari_8shiro_no_koukoku_monogatari_8_characters「白の皇国物語 8」

シリーズ累計17万部突破! いざ、海賊討伐へ!
〈アルトデステニア皇国〉の南方に位置する南洋諸国で、突如事件が起きた! 皇国を追われた貴族が海賊となって島を襲い、多数の死傷者を出したのだ。事態を重く見た摂政レクティファールは、自ら海賊討伐に乗り出すことを決める――。大人気、異世界英雄ファンタジー、待望の8弾!」
- 2019.7.6 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「白の皇国物語 8」より

shiro_no_koukoku_monogatari_7shiro_no_koukoku_monogatari_7_characters「白の皇国物語 7」

皇太子を支える凛々しき乙女騎士の活躍!
摂政レクティファールを守る乙女騎士――。 役目柄、彼女らは実戦に出ないため、軍の関係者以外に、その実力は知られていない。そんな戦乙女たちが、騎士学校の候補生と演習を行うことになった! 今ここに、「皇王の最後の盾」、その真の姿が明らかになる! 異世界英雄ファンタジー、待望の第7弾!」
- 2019.7.4 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「白の皇国物語 7」より

shiro_no_koukoku_monogatari_6shiro_no_koukoku_monogatari_6_characters「白の皇国物語 6」

新たなる英雄は皇都へ凱旋を果たす!
北方での戦いを終えた摂政レクティファールは、皇都へ凱旋を果たした。人々はこの若き英雄の帰還を熱烈に歓迎し、皇国が新たな歴史を刻み始めたことを実感する。しかしその陰では、地方神官たちによる中央神殿への叛乱計画が進んでいた――。大人気、異世界英雄ファンタジー、待望の第6弾!」
- 2019.7.2 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「白の皇国物語 6」より

2019.6

shiro_no_koukoku_monogatari_5shiro_no_koukoku_monogatari_5_characters「白の皇国物語 5」

皇国は復興へ! しかし道のりは遠い――
帝国との戦争は一旦の休止を迎える。レクティファールは占領した前線都市〈ウィルマグス〉に身を置き、復興にあたっていた。都市の治安維持、衛生環境の整備、交通機関の確保と、やるべきことは非常に多い。そこへ、巨神族の一柱が目覚め、橋を破壊したという報が届いた――。大人気、異世界英雄ファンタジー、待望の第5弾!」
- 2019.7.1 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「白の皇国物語 5」より

shiro_no_koukoku_monogatari_4shiro_no_koukoku_monogatari_4_characters「白の皇国物語 4」

皇国の命運を懸けた戦いも、ついにクライマックス!
北方の地での死闘は続く。帝国軍の次なる一手は、超巨大攻城砲による皇国軍の要塞への直接攻撃だった。攻城砲の攻撃は、難攻不落の要塞に痛烈な打撃を与えていく。その窮地を脱するため、レクティファールは危険な賭けに出た――。龍虎戦役、決着! 大人気、異世界英雄ファンタジー、待望の第4弾!」
- 2019.7.1 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「白の皇国物語 4」より

shiro_no_koukoku_monogatari_3shiro_no_koukoku_monogatari_3_characters「白の皇国物語 3」

宿敵帝国軍の猛攻! 極寒の地で決戦が始まる!
皇国の内乱を鎮めたレクティファールは、休む間もなく北へ向かう。敵対している北方の<新生アルマダ帝国>が内乱の隙を突き、皇国への攻勢を強めていたのだ。レクティファールは、国境線にある<パラティオン要塞>に兵力を結集し、強敵との一戦に挑む――。ネットで大人気の異世界英雄ファンタジー、待望の第3弾!」
- 2019.6.29 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「白の皇国物語 3」より

皇都奪還を成し遂げたレクティファールは、宿敵帝国からの侵略を防ぐべく、北へ向かう。
新生アルマダ帝国と皇国との歴史的な戦闘、帝国の有り様に対して、皇国がその生存を賭けた戦争であることが詳細に描かれています。レクティファールの行動もまた、歴史書から俯瞰したように描かれていることがあり、その時のレクティファールの心情との対比がとても興味深く思われました。
魔法があり、古代の超兵器があり、航空戦力として飛竜、そして竜族、亜人が戦場にて戦う様が、一種リアリティを伴って描かれ、ファンタジー戦記として実体を持って読む者に迫ってくるようでした。
帝国の要塞に対する猛攻に、自ら反撃に出るレクティファールでしたが・・・。
まだまだ戦いは続く気配。次巻も続けて読んでいくつもりです。

shiro_no_koukoku_monogatari_2shiro_no_koukoku_monogatari_2_characters「白の皇国物語 2」

皇都奪還戦、開始! レクティファールの鮮烈な初陣!
異世界に転生した青年レクティファールは、<皇剣>の継承を終え、正式に皇太子となる。その彼が最初に果たすべき使命は、貴族軍と他国の軍がせめぎあっている皇都の奪還だった。下手に動けば国が滅ぶぎりぎりの状況の中、レクティファールはある大胆な作戦に打って出る――。ネットで大人気の異世界英雄ファンタジー、待望の第2弾!」
- 2019.6.28 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「白の皇国物語 2」より

shiro_no_koukoku_monogatari_1shiro_no_koukoku_monogatari_1_characters「白の皇国物語」

異世界に転生したら英雄! そばには美少女が!?
何事にも諦めがちな性格の男は、一度命を落とした後、異世界にあるアルトデステニア皇国で生き返る。行き場のない彼を助けたのは、大貴族の令嬢メリエラだった。彼女の話によれば、皇国に崩壊の危機が迫っており、それを救えるのは “皇王になる資格を持つ” 彼しかいないという……。ネットで大人気の異世界英雄ファンタジー、ついに書籍化!」
- 2019.6.28 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「白の皇国物語」より

maken_no_daydreamer_3monogatari_no_naka_no_hito_1_characters「魔拳のデイドリーマー 3」

早くも累計6万部!大人気異世界バトルファンタジー第3章!
ネットで話題の大人気異世界バトルファンタジー、待望の第3巻刊行! 長年の修業で獲得した最強魔拳技を武器に、新進気鋭のルーキー冒険者となった少年・ミナト。相棒との訓練や探索に明け暮れる日々のなか、ミナトは『花の谷』へ向かう商隊の護衛を引き受ける。いつものメンバーに炎の魔剣を操る褐色美女を加え、意気揚々と出発したミナト達だったが、厄介な事態が次々と発生! 仲間であるはずの褐色美女、森の精霊を誘拐しようと企む悪党、周囲を徘徊する超危険なモンスターと対峙するハメに――!?」
- 2019.6.25 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「魔拳のデイドリーマー 3」より

maken_no_daydreamer_2maken_no_daydreamer_2_characters「魔拳のデイドリーマー 2」

早くも累計4万部!大人気異世界バトルファンタジー第2章!
ネットで話題の異世界バトルファンタジー、第2巻刊行!異世界に転生し、夢魔(サキュバス)の母親に育てられた少年・ミナト。最強魔拳技をマスターし、独り立ちしたまではよかったものの、いきなり強敵に出くわしたり、ギルドマスターや大商会のトップといった大物に絡まれたりと、波乱万丈の展開が続く!そんな中、ギルドの依頼を受けてみれば、相次ぐトラブルに巻き込まれ、今度は大量の魔物と戦うハメに――。決死の敵中突破作戦が始まった!」
- 2019.6.24 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「魔拳のデイドリーマー 2」より

正に前巻からの続きで物語は始まります。そして、次々とミナトに襲いかかる事件。ただし、マサトは余裕を持って飄々と対応していきます。また、当初より気になっていましたタイトルの「デイドリーマー」の文言ですが。何故「白昼夢」なのか良く分かりませんでしたが、その言葉についても説明がありました。ただ、ちょっとまだ謎が残っているようですが。
また、お約束通りにマサトは、次々と美少女、美女と知り合うことになります。そして、母親の偉大さが露わになります。それにしても兄妹・姉妹の数がとんでもなく・・・(笑)。
息つく間もなく次々と試練が続きますが、面白くてサクサクと呼んでしまいました。次巻も続けて読んでいくつもりです。

maken_no_daydreamer_1maken_no_daydreamer_1_characters「魔拳のデイドリーマー」

大人気異世界バトルファンタジー、待望の書籍化!
ネットで人気の異世界バトルファンタジー、待望の書籍化! 大学入学の直前、異世界に転生してしまった青年・ミナト。気づけば幼児となり、夢魔(サキュバス)の母親に育てられていた! 魔法にも戦闘術にも優れた母親に鍛えられること数年、ミナトはさらなる成長のため、見知らぬ世界への旅立ちを決意する。ところが、ワープした先はいきなり魔物だらけのダンジョン。群がる敵を薙ぎ倒し、窮地の少女を救う――ミナトの最強魔拳技が地下迷宮で炸裂する!」
- 2019.6.22 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「魔拳のデイドリーマー」より

ストーリーはサクサクと進みます。ミナトが転生するに神様に会う事も無く、でさっくりと剣と魔法の異世界へ転生します。
異世界での母親は、夢魔族で、魔法も使えてとっても強い、と思われます。そして、ミナトは、黒髪、黒目の異世界では珍しい風貌で生まれます。といっても、どうやら血のつながりはないようですが。
ミナトは、母の影響を受け、魔力は相当量あるようですが、残念ながら外へ放射する能力が著しく劣っており、いわゆる攻撃魔法を放つことができず、身体強化が主武装となっています。
そして、母に鍛えられ、母から離れて旅立つことに・・・。その先が、転移陣によるワープ先が、なんとダンジョンの中。
いきなりの冒険の始まりですね。お約束通り、主人公は人外な能力を持ち、ダンジョンで美少女の危機を救い・・・。
ライトノベルで異世界ファンタジーもののテンプレですが、楽しく一気に読んでしまいました。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

god_bless_me_8god_bless_me_9god_bless_me_10"God bless me?" - 「私、能力は平均値でって言ったよね! 8 - 10」

やっぱり最新刊まで読んでしまいましたね。途切れることなく、一気に最後まで読んでしまいました。
マイルの属する「赤き誓い」の冒険が続きます。規格外なCランクパーティーですから(?)、安易な依頼を請け負わず、変わった面白い依頼を受けるようにしていますが、それが国の動向を左右するような事態に関わることになってしまいます。
調査採取でも、新発見をしたりします。また、メーヴィス、ポーリンの家庭の問題を解決したりも。
「赤き誓い」は、レーナ、ポーリン、マイルが魔術師であり、メーヴィスだけが剣士というパーティ構成で、いつもメーヴィスは、その攻撃力及び実力がメンバー中最も低いのではないか、と悩んで、そして常に努力しています。
メーヴィスの騎士としての矜持、振る舞いに感動しますね。

god_bless_me_6god_bless_me_7"God bless me?" - 「私、能力は平均値でって言ったよね! 6 - 7」

マイルたち「赤き誓い」の冒険の旅が続きます。
ついこの間読み終わって改めて読み直していますが、けっこう細部の内容を忘れているものですね。いえ、自分だけかもしれませんが。
マイルが、前世の海里、10歳まで異世界で育って前世の記憶が無いときのアデル、前世の記憶が蘇り海里の記憶と統合されたアデル、そして、学院を逃げ出してハンターとなったマイル、と3人分の人生を送っているような感じがしますね。
ワンダースリーの知るアデル、「赤き誓い」のマイルとで本人が何ら変わることはないのですが、能力を抑えて実体を露わにしなかった学院時代に対して、「赤き誓い」でのハーター活動においては、その能力を遺憾なく発揮していきます。
特に古竜との対決においては、その能力の限りを尽くして、古竜を圧倒します。初めての怒り心頭のマイルでしたね。
また、娯楽本の作家としての著作活動も、ペンネームで仲間たちにも内緒で活動していくのもこの頃からでしたね。
本人は、「普通に」ハンター生活を過ごしたいにもかかわらず、国家の一大事に関わっていくことになるマイルたち。もうストーリーは把握しているはずなのですが、それでも次巻以降の展開も楽しみですね。

god_bless_me_4god_bless_me_5"God bless me?" - 「私、能力は平均値でって言ったよね! 4 - 5」

やっぱり続きを読んでしまいました。
マイルたち「赤き誓い」の冒険の旅が面白くて、ついつい続きを、と思い次々と頁を捲って読んでしまいました。
マイルは、必死で(?)普通であろうとしますが、仲間たちはとっくにその能力の規格外なことに気付いています。そして、マイルの能力に頼らず、チームとして、仲間としてあろうとする姿に感動しますね。
ポーリンが、置いてけぼりを食らわされそうになったときの怒り、悔しさが良く分かります。
また、レーナがマイルに対して、ひとりで行動することのないように諭すのもよく分かりますね。
前世ではぼっちであった海里が、異世界転生を果たし、アデルでもマイルでも、親友を持てたことが読んでいても嬉しく思ったりします。
やっぱり、次巻も続けて読んでしまうのだろうなぁ。

god_bless_me_1god_bless_me_2god_bless_me_3"God bless me?" - 「私、能力は平均値でって言ったよね! 1 - 3」

最新刊まで読み終えて、ふと最初のストーリーを読み直そうかな、と思ったのが運の尽き(?)。第3巻まで、一気に読んでしまいました。
海里が転生してアデルに、そして学園を抜け出して、マイルに。
ハンターとして「赤き誓い」を結成した後も、その活躍が描かれていました。
第1巻は「勘違い平行棒」編、第2巻は「日本フカシ話」編、第3巻は「駄洒落・語呂合わせ」編、らしいです(あとがきより)。
面白く、楽しい話が満載でしたね。
世界の危機を救うとか、何らかの使命を帯びてとかいうのではなく、マイルの楽しく過ごしたい、という欲求のまま、のんびりと過ごす、ただ本人の規格外な性能ゆえか、運命のいたずらからか、とんでもない事件に巻き込まれてる、という。気負うことなく、気楽に読み進めることができる、というのが素晴らしい、ですね。
思わずくすっとしてしまうギャグや駄洒落もまた楽しい。
第11巻の発刊が待ち遠しく思いますね。

god_bless_me_10god_bless_me_10_illust

god_bless_me_10_ss_1god_bless_me_10_ss_2"God bless me?" - 「私、能力は平均値でって言ったよね! 10」

激闘も、少女の可愛さも大幅パワーアップの第10巻!
アニメ化企画も絶賛進行中です!

女子高生から、異世界へと転生してしまった少女マイル。
彼女は神様の勘違いで平均の6800倍の魔力をもつ最強魔法剣士となり、女の子だけの新人パーティ『赤き誓い』のメンバーとなった。
若手ハンターとして修行の旅に出た『赤き誓い』だが、マイルはじめ色々とやらかしてしまい……
そんなある日、『赤き誓い』のリーダー、少女メーヴィスが追われていた少女を救う。
少女はこの国のお姫様だったが、彼女とメーヴィスに絶体絶命の危機が迫る!
敵は、30名を超える精強な近衛騎士たち!
1対30の戦いの行方は!?
さらに『赤き誓い』を狙い、異世界最強の存在・古竜3体が襲いかかる!!!
激闘も、少女の可愛さも大幅パワーアップの第10巻!
アニメ化企画も絶賛進行中です!」
- 2019.6.14 EARTH STAR NOVEL「私、能力は平均値でって言ったよね! 10」より

メーヴィスが大活躍。剣士としての才能はそこそこで、努力で一流の剣技を身につけたメーヴィス。マイルの助言により、(本人は気付かず)限定的ですが、魔法も使えるようになっていますが、やはり多勢に無勢。そんな時に駆けつける「赤き誓い」のパーティメンバーたちが格好いい。
古竜たちとの死闘において、左腕を無くす、という大怪我にも関わらず、果敢に古竜たちに立ち向かっていく姿が格好良いですね。
そう言えばメーヴィスもついに他のハンターパーティーのリーダーから、「お前だけはまともで、こっち側の人間だと思っていたのに、お前もあっち側(マイル側)かよ・・・」と言われていましたっけ。
ついに竜種討伐を達成して、素材として持ち帰った「赤き誓い」たち。次巻の冒険も楽しみですね。

god_bless_me_9god_bless_me_9_illust

god_bless_me_9_ss_1god_bless_me_9_ss_2"God bless me?" - 「私、能力は平均値でって言ったよね! 9」

エルフ、ドワーフ、ハイオークにオーガキング!?
みんなぶっ飛ばしてあげる!!

ハイオーガ・キング率いるオーガの群れとの決戦!
ハイパーな魔物たちとの激闘に勝利したのは『赤き誓い』だった。
そして、冴え渡るメーヴィスの名推理!?!?!?
マイル達『赤き誓い』は、ドワーフの隠れ里と世界の危機を乗り越え、新たな冒険へと進む。
今度の仲間は、二十歳前後に見えるエルフの女性研究者エートゥルーとシャラリル。
二人のエルフは、マイル達を護衛に森の研究へと出かける。
護衛の筈なのに、またも大活躍するマイル!
書籍版大幅加筆の素敵なシーンも♪
アニメ化企画進行中の『私、能力は平均値でって言ったよね!』
第9巻も、普通の少女目指して(?)大活躍です!」
- 2019.6.14 EARTH STAR NOVEL「私、能力は平均値でって言ったよね! 9」より

何故か戦闘力が桁違いのオークやオーグのいる鉱山地帯での魔物討伐。エルフ、ドワーフと異世界代表種族とも出会って、ファンタジー感満載でしたね。そして、「赤き誓い」の規格外っぷりも。
エルフやハンターたちとの森での採取でも、マイルの探索魔法、収納魔法が大活躍。その規格外っぷりもいつもの事ながら楽しかったですね。また、魔物押し戻しについてもフォローをきっちりとするのも高得点でした。
最後は、メーヴィスが単独で、冒険する話でしたが、なかなか楽しかったですね。「赤き誓い」の中で唯1人の剣士で、実直な性格でやや真面目すぎて面白みのない人物として描かれているように思われていましたが、さにあらず。
次巻は、メーヴィスが主役となるようです。楽しみですね。

god_bless_me_8god_bless_me_8_illustgod_bless_me_8_ss"God bless me?" - 「私、能力は平均値でって言ったよね! 8」

『友よ、私が護る!』
5000人の侵略軍を敵に、『赤き誓い』最大の戦いが始まる!

日本の女子高生から、異世界に転生した少女マイル。
今度こそ平均的な能力を願ったマイルだが、神様の勘違いで最強の魔法使いとなり、少女4人のハンター『赤き誓い』として大活躍を続けていた。
しかしその時、巨大なアルバーン帝国の魔の手がマイルの故郷アスカム領へと迫る。
帝国軍5000人が、宣戦布告も無く侵略してきたのだ!
マイルたち『赤き誓い』は、戦場へと駆けつける。
少女4人と領軍300人、領民の運命は!?
メーヴィスの騎士道、ポーリンの智恵
そしてマイルとレーナの魔法!
領都を背に、『赤き誓い』最大の戦いが始まる!!!」
- 2019.6.13 EARTH STAR NOVEL「私、能力は平均値でって言ったよね! 8」より

マイルたち「赤い誓い」は、たった4人で5000人の帝国兵士を相手に喧嘩をふっかけます。領軍300人をうまく運用しながら、ですが。そこで、活躍するのが、マイルの女神さま、というのが楽しかったですね。
また、マイルが子爵の身分を明らかにせずに、女神として降臨するのが楽しかったですね。
更にまた、配送する帝国軍に食料を提供する様が何とも面白くて・・・。
物語は、戦争の話だけでなく、マイルたちハンターの修行の旅は続いています。辺境の街での魔物討伐、またドワーフの村への警護依頼を受けますが・・・。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

god_bless_me_7god_bless_me_7_illustgod_bless_me_7_ss_2

god_bless_me_7_ss_1"God bless me?" - 「私、能力は平均値でって言ったよね! 7」

マイルと『赤き誓い』が七変化!? レーナもデレます♪
異世界に転生した少女マイルは最強の魔法剣士となり、彼女たち『赤き誓い』の少女4人は大活躍を続けていた。
その彼女たちに懐いていた獣人の幼子ファリルが、謎の組織に攫われてしまった。
マイル達『赤き誓い』と少女5人の冒険者パーティ『女神のしもべ』は協力して、ファリル救出に動き出す!
そこで出会った驚愕の敵とは!?
秘密結社に盗賊と盗賊と盗賊
マイル達もスクール水着にお嬢様ファッション、女神姿と七変化しつつ大暴れ!!
剣と魔法と友情で、どっかんどっかん勝利します!
ご存じ、大人気シリーズ最新巻!
そして、重大発表アリ! 詳しくはこちら
どうぞご期待ください!」
- 2019.6.12 EARTH STAR NOVEL「私、能力は平均値でって言ったよね! 7」より

相変わらず楽しかったですね。一気に最後まで読んでしまいました。
獣人の幼児ファリル救出の際に、この異世界についてナノマシンから情報を得ましたが、何だかまだまだ謎があるようですね。何かの伏線かも知れませんね。
また、「女神のしもべ」たちとの共闘では、真っ当な(?)冒険者パーティとの有り様について改めて考えるきっかけとなりました。マイルたちが規格外なだけで、彼女たちだけでは気がつかない、ハンターとしての実力の無さについて気がつくきっかけとなりましたね。
そして、次巻では、マイルの故郷を帝国からの侵略から守る、という一大イベント(?)になりそうです。続けて読んでいくつもりです。楽しみですね。

※ 2018/02/27
『私、能力は平均値でって言ったよね!』アニメ化企画進行中!
アース・スターノベルの人気作品『私、能力は平均値でって言ったよね!』最新⑦巻が3月15日(木)に発売となります。
そして、発売に合わせて本作のアニメ化企画が進行中であることを発表いたします!
アース・スターノベル初のアニメ化企画進行中作品となります。
詳細は追って公式サイト等でお知らせいたしますので、続報をお楽しみに♪

i_am_the_strongest_in_the_world_2"I Am The Strongest In The World!" - 「世界最強になった俺 2 ~最強ですけどなにか?~」

新キャラ・新展開も加わり世界最強の冒険譚がますますパワーアップ!
ひとまず、マリベルの故郷・イルガリア王国に向けて旅立つことを決めたレイフォンたち。だが、魔族に襲われたその国は、すっかり荒れ果ててしまっていた。そこでレイフォンは、ならず者に狙われたアイラとルンの姉妹に出会い、彼女らを助けることに。そんな彼の活躍ぶりに、マリベルも彼のことを改めて意識し始めて……? 新キャラとしてアイラ&ルン姉妹のほか、東の勇者カルカに南の勇者ミカレも登場し、三勇者が集結! さらに世界の猛者が集う武道大会の開催も決定し、ますます冒険のスケールが広がる第二巻!」
- 2019.6.12 HJノベルズ「世界最強になった俺 2」より

相変わらず行間が広くて、スカスカな装丁でしたが、内容もまたスカスカで、それなのに(!)読むのに苦労しました。興味が薄れて継続できず、続けて読むのが面倒で、面倒で・・・。
第1巻は、それでもストーリーがテンポ良く進んだので、一気に読んでしまえましたが、今巻は本筋はさっさと終わってしまい、頁合わせなのか、くだらない競技に延々と付き合わされたようで・・・。
次巻が発刊されても、新刊購入は遠慮しようかな、と。

unlimited_level_3"UNLIMITED LEVEL" - 「アンリミテッド・レベル 3」

何回死んでも生き返る能力を持つ虎次が国民試験に挑むことに。その理由は、とある日本人の存在だった。
ドラゴン討伐を終えた日下部虎次。新たに仲間になった円花と共に、オーガス勇国の中心地レメアルへ上陸する。到着後、手分けして図書館での調査と、街中での調査班に分かれる。普段は冷静沈着な円花だったが、蔵書の山を見ると目の色が変わる。あまりの変貌ぶりに驚きと呆れを抑えきれない虎次と莉依。円花の新たな一面を発見しつつも、調査は遅々として進まない。知ったのは、八重樫愛果が城内に連れて行かれたらしいこと、そして図書館の重要図書に転移に関する書籍があるかもしれないことだった。そんな中、レメアルのオーガス城で、勇王ロメルの演説が始まる。それはオーガス全域において催される勇王祭の開催演説だった。虎次達には関係のないことだった、その時までは。勇王ロメルの横には、ある日本人が立っていたのだ―――。」
- 2019.6.10 プライムノベルス「アンリミテッド・レベル 3」より

日下部虎次のレベルアップ(ステータス)が規格外になっていたようですね。オーガス勇国での試練もダントツでの成績を残すほどになっています。また、仲間たちも彼のスキルに助けられたのか、ステータスのアップが凄いことになっています。
そして、虎次たちが訪れたオーガス勇国ですが、その社会制度が独特で面白いものでしたね。色々と矛盾と不都合が出そうな制度でしたが、あまり気にならずに読み進めることができましたね。
また、この国で試練を受けることにより、虎次たちの仲間の絆が強まったようです。

isekai_ha_smartphone_to_tomoni_7「異世界はスマートフォンとともに。 7」

フレイズの大侵攻来たる!
各国との連携や【フレームギア】配備に向けた準備も進み、フレイズへ対抗する力を備え始めたブリュンヒルド公国。天帝国ユーロンの手の者らしき集団に襲撃されるが、彼らはどうやら【フレームギア】の強奪を狙っていたらしい。その対応のためユーロンを訪れていた冬夜たちだが、突然そこにフレイズの大群が出現し――。人型兵器で大暴れ! 大人気ほのぼの異世界冒険譚第7巻!」
- 2019.6.9 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 7」より

isekai_ha_smartphone_to_tomoni_6「異世界はスマートフォンとともに。 6」

次のモノ作りは巨大ロボット!?
新たなバビロンの遺跡『格納庫』を発見し、ついに人型兵器【フレームギア】を手に入れた冬夜。世界的にフレイズの発生が頻発し始め、対抗するための力が必要だと考えた彼は、フレイズの脅威に備えるため、旧型を整備したり新型を開発したりと、多少趣味の入ったロボット作りに精を出し始める――。大人気異世界ほのぼのファンタジー第6巻!!」
- 2019.6.9 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 6」より

yarinaoshi_tensei_3yarinaoshi_tensei_3_illust「やりなおし転生 ※俺の異世界冒険譚 3」

ついに最凶の敵・魔王と最終決戦
未来を最初(イチ)からやりなおし!

ヨハンの体にとりついていた魔王の封印がついに解けた!
このままだと世界が滅亡する!
兄の代わりに賢者になった俺と勇者になったディアーヌは ルッカとともに魔王を倒すため旅に出る
だが、そこで俺たちを待っていたものは!?
シリーズ堂々完結!!」
- 2019.6.7 EARTH STAR NOVEL「やりなおし転生 3」より

あっという間に完結してしまいましたね。
結局、レオンは、10歳のまま魔王討伐に付くことになります。
それにしても、魔王は弱かったですね。いくら賢者と勇者とはいえ、あんな終わり方はあんまりかな、と。まぁ、魔王は直ぐに復活するようなので、本来はその時が勝負の時かな、という感じでしたが。
魔物も強大な力を持つものが現われず、総じて消化不良気味というか、物足りなさを感じてしまいました。
もうちょっと、レオンが無双しても良かったのでは、と思ってしまいました。
エピローグでは、ほっこりとする記述でしたね。レオンは、本当に歴史に名を刻むものとなるのでしょうか。ちょっと気になってしまいました。

yarinaoshi_tensei_2yarinaoshi_tensei_2_illustyarinaoshi_tensei_2_illust_1

yarinaoshi_tensei_2_ss「やりなおし転生 ※俺の異世界冒険譚 2」

はたしてみんなを救えるか!?
最強の敵と闘う俺の物語

異世界に転生し、テレジア公爵家の御曹司となった俺・レオン。
元冒険者のボン爺や少女剣士のディアーヌなどに鍛えられ、9歳になってステータスもどーんとアップ!
しかし、魔物討伐で瀕死の重傷を負った父とともに戻った王都には、何やら陰謀の気配が……。
エルフの幽霊・ルッカの力も借りて、魂を抜き取られたようになってしまった国王を救おうとするのだが、その行く手をあの男が阻む!!
最強剣士の道を歩む俺のもう一つの人生!!!」
- 2019.6.7 EARTH STAR NOVEL「やりなおし転生 2」より

いつものように(?)前巻の内容は、ほとんどが忘却の彼方・・・(汗)。それを冒頭のあらすじで必死に呼び戻して本編に臨みました(ちょっと、大げさ)。登場キャラクタが少なくて助かりました。
今巻では、エルフの幽霊・ルッカと森の守り神・アイゴンが新たに加わります。ルッカは大蛇に飲まれて死んでいますが、エルフの最後の生き残り(?)です。ルッカは、大蛇の中にあったオーブに閉じ込められていましたが、レオンのスキルのおかげで、オーブから外へ出て、レオンと行動を共にすることになります。アイゴンは、魔物ですが、レオンの眷族となります。
そして、レオンは、王と王妃(祖父と祖母)を助けたり、神殿から兄妹を助け出したりの活躍をします。10歳の子供とは思えませんね。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

akira_and_isato_5akira_and_isato_5_cover_all

akira_and_isato_5_illust"AKIRA & ISATO" - 「おっさんがびじょ。 5 わるものの帰還」

秋良とイサトの冒険、最高の大団円!
人気ネットゲームそのものの世界へと召喚された秋良とイサト。
北の “黒竜王” との戦いで竜の願いと真実を知った二人は 王都セントラリアへと帰還する。
獣人と人間との関係も改善しつつある王都は、 平和を取り戻しつあるように見えたのだが…!?
漆黒の怪物、そして、真の敵との最終決戦が始まる!
書籍オリジナル。 秋良とイサトの現実世界のストーリーも書き下ろし収録♪
大好評『おっさんがびじょ。』シリーズ、最高の大団円です!」
- 2019.6.6 EARTH STAR NOVEL「おっさんがびじょ。 5」より

完結巻ですね。ちゃんと終わってくれました(笑)。
って、一応、秋良青年とイサトさんは、世界を救ったことになるのですよね。女神さまには出会うことなく、2人は強制的に召喚されたのか、それとも偶然だったのかは、ついに定かになることはありませんでした。
また、世界を救うという使命を果たした2人は、あっさりと帰還します。
そして、秋良青年とイサトさんは、その後・・・。
いやー、良かったですね。口絵にある秋良青年とイサトさんに癒やされました。まさに大団円(ちょっと大げさかな)。

akira_and_isato_4akira_and_isato_4_cover_all

akira_and_isato_4_illust_1akira_and_isato_4_illust_2"AKIRA & ISATO" - 「おっさんがびじょ。 4 わるものの竜退治」

おっさん(イサトさん)は世界を救う!
秋良とイサト、最大の冒険が始まる!

ドラゴンたちの襲撃から、王都を守りきった秋良とイサト。
一時の平穏が、王都の人々へと訪れる。
だが、事態は何も解決してはいなかった……
国王からの突然の呼び出し。
そして、人々を守る聖女との謁見。
聖女の願いは、この世界最強の “黒竜王” を倒すこと!?
大好評『おっさんがびじょ。』シリーズ最新巻、大バトルスタート!」
- 2019.6.6 EARTH STAR NOVEL「おっさんがびじょ。 4」より

女神のメッセージを受け取れなくなった聖女からの依頼により、黒竜王の下へと秋良青年とイサトさんは、赴きます。
ダンジョンの最奥に座する黒竜王にすんなりと会えたのには、拍子抜け(?)しましたが、その黒竜王が狂気に犯されている、というのがちょっと信じられませんでしたね。黒竜王とは、もっと強大なドラゴンというイメージがありましたので。
そして、止む無く黒竜王との死闘に突入する2人だったのですが。やっぱり、黒竜王があまり強くなくて、ちょっとがっかり(?)。まぁ、それは黒竜王が自身の力をわざと押えていたのかもしれませんね。エレニがちょっと可哀想でした。
次巻は、完結巻ですね。続けて読んでいくつもりです。

god_bless_me_6god_bless_me_6_illust

god_bless_me_6_ssgod_bless_me_6_illust_1"God bless me?" - 「私、能力は平均値でって言ったよね! 6」

ありがとう! 累計30万部突破!
日本最大の小説投稿サイト・小説家になろうで、50万作品中、年間総合第2位の大人気シリーズ。

現代日本の女子高生が剣と魔法の異世界に少女として転生し、大活躍します!
異世界に転生した少女マイルは、神様の勘違いで通常の6800倍という最強の魔法使いとなり、彼女を含む少女4人の新人パーティ『赤き誓い』は、各地で大活躍を続けていた。
古竜との激戦、なつかしの『ワンダースリー』との再会、ワイバーン事件の解決。
その『赤き誓い』の前に、強大な力を持った魔族が立ちはだかる!
かろうじて一対一の4連戦という形に持ち込んだ、マイルたち少女4人と魔族戦士の戦いが始まる!
そして明らかとなる、この異世界の秘密。
普通の少女を目指すマイルの明日は!?
小説家になろうで大人気、『平均値』最新第6巻。
好評の書き下ろしストーリーには、ついにマイルの日本時代である少女・海里が登場!
ファン待望の一冊です!!」
- 2019.6.5 EARTH STAR NOVEL「私、能力は平均値でって言ったよね! 6」より

魔族との闘いですが、死闘、というより試合のような感じでしたね。双方共に相手を殲滅する気はありませんので。
そして、魔族たちが発掘していた遺跡でマイルは、あることに気付きます。そして、ロックゴーレムの秘密を暴くのですが。
それにしても、古竜たちがなぜ遺跡発掘に興味を示すのか、とても気になりますね。
日本フカシ話もどうやら、本になって、異世界に広がっていきそうな気配ですね。
また、外伝的エピソードとして、ついに海里が登場します。OTAKU な彼女の原点が明らかになります。楽しかった、懐かしかったですね。本書では、昔のアニメでも、リアルタイムで楽しんだ私にとっては・・・。

god_bless_me_5god_bless_me_5_illust"God bless me?" - 「私、能力は平均値でって言ったよね! 5」

祝、累計20万部突破!
友情、努力、勝利! なによりカワイイ!!!

小説家になろう47万作品中、年間総合ランキング第2位の人気シリーズ最新巻。
今度は、マイルをめぐり『赤き誓い』と『ワンダー・スリー』が激突! ますます盛り上がります!
現代の女子高生から転生し、異世界でハンターとなったマイル。
彼女は、神様の勘違いで通常の6800倍という最強の魔法使いにされてしまう。
そのマイルたち少女4人の新人パーティ『赤き誓い』は、古竜との激戦にも勝利し、ついに世界を巡る旅に出る!
その最初の行き先は、マイルの祖国!?
トラブルの予感がする中、マイルは懐かしのマルセラたち『ワンダー・スリー』と再会。
感激するマイルだが、そこで『赤き誓い』と『ワンダー・スリー』が激突する!
小説家になろうで大人気、『平均値』待望の最新巻登場!
書き下ろしストーリー2章も収録し、出逢いと感動がいっぱいです!」
- 2019.6.4 EARTH STAR NOVEL「私、能力は平均値でって言ったよね! 5」より

いきなりですが、"赤き誓い" が操るドールたちのバトルから本書は始まります。いつものノリで開幕するのですが、やっぱり面白い。そして、その結末は・・・。
また、第5巻にして、ついにマイルは "ワンダースリー" の元級友たちと再開します。感動の再開もつかの間、マイル(アデル)を巡って、両パーティの対決が・・・。そして、その結果は・・・。
楽しい話が続きます。感動的な再開の後、冒険の旅を続ける "赤き誓い" でしたが、その旅の宿にまつわる話もまた楽しいエピソードでしたね。善人ばかりでなく、ちょっぴり腹黒い、魔が差したかのような出来事を次々と解決に導きます。
本書も退屈することなく一気に読んでしまいました。次巻も続けて読んでいくつもりです。

god_bless_me_4god_bless_me_4_illust_1

god_bless_me_4_illust_2god_bless_me_4_ss

"God bless me?" - 「私、能力は平均値でって言ったよね! 4」

赤き誓い、最大の戦いが始まる!
小説家になろう45万作品中、年間総合ランキング第2位!!!
日本の女子高生から転生し、剣と魔法の異世界で貴族長女を経てハンターとなった、自称・普通の女の子マイル。
彼女たち少女4人のパーティ “赤き誓い” は最初から波乱づくめで……続発する仲間の過去の因縁や宿敵、実家トラブル!?
それらを乗り越え、4人はようやく新人ハンターとしての活動を始めたのだった。
そんな4人の前に、突然、面白そうな依頼が飛び込んできた!
その裏には娘を思う父親の切ない願いが込められていて……
全力で、依頼へと挑むマイルたち “赤き誓い”
少女4人と、人間を超える力を持つ獣人達との戦いの行方は!?
そして、ついに伝説級の最強が動き出す!
“世界最強” VS “自称・普通の女の子” の戦いが始まる!
続々重版中の大人気作♪
いつものユーモアも大増量!
そして、シリーズ史上最大のクライマックス!
絶対に、お見逃しなく!!!」
- 2019.6.4 EARTH STAR NOVEL「私、能力は平均値でって言ったよね! 4」より

相変わらず楽しいパーティです。マイルの「日本フカシ話」も健在です。
で、今回もほんわかした話ばかりかな、と思わせておいて、何と古竜と "赤き誓い" との死闘がクライマックスに(!)。
いくらマイルが、規格外と言っても、古竜の半分程度の能力しかありません。一撃で、瀕死の重傷を負ったりしますが・・・。それでも、仲間の危機を迎えて、果敢に古竜に向かっていきます。激怒して戦闘に向かうマイルですが、思ったほど戦力の差が無いことに気づき・・・。
古竜との戦闘シーンが、やっぱりよかったですね。マイルとその仲間たちの絆の深さも改めて確認できました。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

god_bless_me_3god_bless_me_3_illust

god_bless_me_3_ss"God bless me?" - 「私、能力は平均値でって言ったよね! 3」

赤き誓い、快進撃!
小説家になろう43万作品中、年間ランキング第2位!!!

子爵家長女の身分を隠し、ハンターとなった少女マイル。
少女4人の新人パーティ “赤き誓い” として、かつての日本での望み・普通の生活を始めたように見えたが……今度はハンター仲間の少女たちがピンチに!?
今度の敵は、悪徳商人と街の領主。
マイルたち4人が仇討ちのため、討ち入りだ!
そしてメーヴィスの父親の武闘派貴族、さらには “あのワイバーン” まで登場!!!
平凡な女の子になりたいマイルの明日はどっち!?
続々重版中の大人気作!
書き下ろしの “初デート” も収録し、ファン待望の第3弾です!」
- 2019.6.4 EARTH STAR NOVEL「私、能力は平均値でって言ったよね! 3」より

「日本フカシ話」が良いですね(!)。
おっと、本文の方も小ネタ満載です。ダジャレが大半ですが、マイルのセンスがまるで関西人のノリですね。
そして、"赤き誓い" の快進撃は止まりません。マイルの仲間たちの絆も深まっていきます。
皆も個性的で、マイルへのツッコミが的確ですね。
様々な困難を楽々と(?)こなしていく "赤き誓い" ですが、パーティとしては、Cランクなんですよねぇ。Aランクパーティにも匹敵する活躍なのですが、技術も経験もまだまだ。規格外のマイルの影ながらの(?)助力により、実力以上の成果を挙げていきます。いえ、実力も、すでにAランク並みかも(?)。
エクランド学園の友人もまた、アデルの動向を気にかけています。将来、彼女らとアデルはまた出会うことはあるのでしょうか。とても楽しみです。

god_bless_me_2god_bless_me_2_illust

"God bless me?" - 「私、能力は平均値でって言ったよね! 2」

赤き誓い、デビュー!!!
ハンターとして、マイルたちの活躍が始まる!

アスカム子爵家長女にして、新米ハンターとなった少女マイル。
彼女は元は日本人で、異世界への転生を司る神様に『次の人生、能力は平均値でお願いします!』と願ったが……
神様の手抜き(?)で、魔力も力も人と超高位存在の平均という超人に!
学校を卒業した彼女は、仲間の魔法使いや剣士の少女3人と共にパーティ『赤き誓い』としてCランクハンターを始める。
だが、その彼女たちを狙う悪徳商人や謎の盗賊!
そして仲間の少女たちにも秘密が!?
ごく普通の、平凡な女の子をめざすマイルの大活躍が始まる!
早くも人気爆発! コミカライズもスタートしたユーモア溢れる傑作です!」
- 2019.6.3 EARTH STAR NOVEL「私、能力は平均値でって言ったよね! 2」より

マイルのアドバイスにより、上級の力を得た仲間たちとパーティ・赤き誓い、を組んで、いよいよ冒険の始まりです。
王都の安宿に拠点を構えたマイルたちは、常設討伐、薬草採取などから始めますが、また色々なトラブルが降り掛かってきます。
それをマイルの規格外の能力で、次々と解決していくのですが・・・。
マイルは、パーティの仲間たちにも恵まれているようですね。前世では、ぼっちでしたが、またそれ故普通を目指しているのですが、そのような彼女を仲間たちは生暖かく見守っています。
そんな彼女たちの交流が楽しい。また、会話が楽しい。
今後も様々な試練がのしかかってくるのでしょうが、彼女たちの仲間意識、友情でもって乗り越えていくのかと想像しています。

god_bless_me_1god_bless_me_1_illust

god_bless_me_1_ss"God bless me?" - 「私、能力は平均値でって言ったよね! 1」

私、普通の女の子です!!!
ユーモラスなファンタジーの傑作、登場!

私、アスカム子爵家長女、アデル・フォン・アスカムは、10歳になったある日、強烈な頭痛と共に全てを思い出した。
自分が以前、栗原海里(くりはらみさと)という名の18歳の日本人であったこと、幼い少女を助けようとして命を落としたこと、そして、神様に出会ったことを……
出来が良過ぎたために周りの期待が大きく、思うように生きることができなかった海里は、望みを尋ねる神様にこうお願いしたのであった。
『次の人生、能力は平均値でお願いします!』
なのに、何だか話が違うよ!
3つの名前を持つ少女、剣と魔法の世界で、うっかりS級ハンターなんかにならないように気を付けて普通に生きて行きます!
だって、私はごく普通の、平凡な女の子なんだから!
小説家になろう連載開始直後から人気爆発!
全38万作品の中で、四半期ランキング第2位となったユーモア溢れる傑作が早くも書籍化!」
- 2019.6.3 EARTH STAR NOVEL「私、能力は平均値でって言ったよね! 1」より

面白くて、楽しくて、一気に最後まで読んでしまいました。
いわゆる異世界転生もので、異世界は、剣と魔法の世界、というのはお約束ですが、転生前に出会った神さまからチートな能力を授けられるのではなく、本人は「能力は平均値で」と願う。ところが、転生してみれば、ピンキリの能力の真ん中を授けられていて、平均値でも中央値でもなく、虫レベルとドラゴンレベルの数値としての中間値が授けられてしまいます。人間基準からすると、6,800倍という、ばかげた数値を。
そこで、主人公は、能力を隠して「普通」を目指すのですが。元が天然であるところ、うまくいくはずもなく、そんなドタバタ劇が展開されます。
本書は、主人公が転生者であることに目覚めてから、寄宿学校へと行き、そしてその学校を脱走し、ハンターになります。そこでも才能がばれて、ハンター養成学校へと送られます。そこでもてんやわんやあった後、仲間を得て、一人前のハンターとして旅立つまでが描かれていました。
今後のハンターとしての活躍が楽しみですね。また、学生時代の友人たちとも再会するのかどうか、気になるところです。

monogatari_no_naka_no_hito_1monogatari_no_naka_no_hito_1_characters「物語の中の人」

伝説の魔法使いが、今更魔法学校に入学!?
不老の魔法使いリヒードは、森深くの塔に引きこもり、日夜、読書に没頭していた。その年数、ざっと200年ほど。その彼が、とうとう引きこもり生活に終止符を打ち、外へ出る決心をした! 外の世界で魔法学校の存在を聞いたリヒードは新しい魔法を覚えるため、大人気なくも子供の姿に変身し、ありとあらゆるコネを使って強引に魔法学校に途中入学! 魔法も性格も規格外のリヒードに、生徒も先生も大わらわ!? 誰もが子供のころに聞いたことがある魔法使いの物語。その「物語の中の人」が、今、現実世界に波乱を起こす!」
- 2019.6.2 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「物語の中の人」より

面白かったのですが・・・。主人公に感情移入がどうしてもできませんでした。
色々と楽しい、規格外のことが起こるのですが、ちょっとあざとくて・・・。
伝説の魔法使い、として本人の自覚の無さもちょっと自然でないような・・・。美少女たちから無条件に好意を寄せられるのは、お約束ですけれども、どうも積極的でなくて、物語としてはいまいち華やかさがないように感じましたね。
ストーリー自体は楽しく、テンポ良く進みます。また、各種族の王の娘が、リヒードの元に集うというのも楽しい展開でしたね。
本巻で、主要登場キャラクタは揃ったようです。次巻からの物語の展開に期待、でしょうか。

good_bye_dragon_life_16good_bye_dragon_life_16_characters"GOOD BYE, DRAGON LIFE." ー 「さようなら竜生、こんにちは人生 16」

累計41万部! 元最強竜の村人転生ファンタジー第16章!!
最強最古の神竜の魂を持つ辺境の村人ドランは、ある日アークレスト王国の王子から呼び出しを受ける。隣国ロマル帝国の皇帝崩御に際して派遣される弔問団の護衛に抜擢されたのである。帝国内では、次代皇帝の座を巡り皇女と大公が激しく火花を散らしていた。さらに、反体制勢力も動き出し、まさに一触即発の状態。そんな中ドラン達は、帝国南部のある街で、狼藉を働く兵士から獣人の少女達を助ける。そしてこの出会いが、帝国を大きく揺るがす事態に発展する!?」
- 2019.6.2 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「さようなら竜生、こんにちは人生 16」より

日本人風の獣人で、「ごじゃる」口調の美少女な二人と出会います。忍びらしいのですが、古神竜のドランたちからみれば、まるで小娘(?)扱い、となります。それでも、二人の性格が楽しく、東の果てから漂流、難破、放浪しつつもロマル帝国の片田舎にたどり着いて来た、強運(?)、悪運の持ち主達ですね。ドランと出会い、またドラン達と出会う前にロマル帝国の最重要人物とも出会って友人となっていた、というのもまた。
奇しくもドラン達は、この二人と出会うことで、ロマル帝国の内乱の引き金を引いたようになりますが。
この二人とロマル帝国のキーマンとを伴って、アークレスト王国に戻るのですが、今後の物語の展開が気になりますね。

2019.5

world_of_leadale_2world_of_leadale_2_cover_all

world_of_leadale_2_pamph"WORLD OF LEADALE" - 「リアデイルの大地にて 2」

ケーナの前に "孫" 現る!!
VRMMORPG『リアデイル』のサービス終了時……のさらに200年後の世界で目を覚まし、ハイエルフ "ケーナ" として生きていかなければならなくなった少女 "各務桂菜" 。
困惑する彼女だったが、この世界で生きる心優しい人々やかつて自らがゲーム内で生み出した子供たちとの出会いを経て、徐々に現実世界『リアデイル』を受け入れていく。
そして、一般常識を学びながら隊商に同行し、辿り着いた北の国ヘルシュペルの王都で彼女の前になんと "ケーナの孫" を名乗るエルフが現れて――!?
200年後から始まるエルフの伝説、第2弾!!
WEB連載版から新規エピソードの大幅加筆、キャラクター設定資料に加え、書籍版だけの特別短編『新たなる日々』を収録!」
- 2019.5.30 KADOKAWA eb! enterbrain「リアデイルの大地にて 2」より

楽しくて、つい一気に最後まで読んでしまいました。「これまでのあらすじ」があって、助かりましたね。ほんの4ヶ月ほど前に第1巻を読んだはずなのに、主人公の名前はおろか、ストーリーの大半を失念していました。
ケーナの冒険者としての旅は続きます。その先々で、縁のある者や、騒動に巻き込まれるのは、お約束ですが。
今巻では、ついに孫、ひ孫とも邂逅します。その孫も大商会・堺屋のオーナーだったりするのですが。
そしてついには、ゲーム時代での妹の子供が南の国の女王にまでなっていることが判明します。ケーナ本人は、国家ぐるみの問題に巻き込まれるのが嫌で、片田舎に本拠を設けようか、と考えているようですが。
また、プレーヤーにも何人かと出会うのですが、ケーナの正体を知ると皆驚くことに・・・。
このような状況が繰り返されるのですが、それがまた楽しい。
次巻も楽しみですね。

servant_girlservant_girl_cover_all

"Servant Girl" - 「サーヴァント・ガール」

心をもった機械少女 遥か異世界から主人(ドミナ)を求め来訪した 強大な力を秘めた美少女――アリア
物理学を学ぶ大学院生・織笠静弦は岐阜県の地下につくられたニュートリノ観測施設で測定データに悩んでいた。通常ならあり得ない――超新星かと見紛うほどのニュートリノのデータが大量に得られたのだ。しかし超新星爆発の徴候はなく、測定器の故障とも思えなかった。ほどなく静弦の眼前に、ほぼ裸身の美しく幼い少女が現れる。少女はアリアと名乗り、別世界からやってきた機械奴隷で、自分の主人(ドミナ)となる人間を捜していると告げる。現代科学では実現不可能な現象を起こして見せるアリア。静弦は強大な力を持つこの少女を、悪意をもった人間の手に渡ることを恐れ、自らがドミナとなることを決意する――」
- 2019.5.29 一迅社「サーヴァント・ガール」より

あぁ、本書を著した著者は頭が良いのでしょうねぇ。と言ったことを思わせる内容でした。
物理学の専門用語とラテン語に詳しいのかな、と思わせる単語が並びます。冒頭でビッグバンを思わせる描写から何が始まるのかと思えば、機械奴隷の創造の過程を描いたものでした。大風呂敷を広げて、あれっという・・・。
物語はテンポよくさくさくと進みます。と言っても戦闘場面がその多くを占めるのですが。無数にある並行世界から、どうして現在地球にこんなに機械奴隷が転移してきているのか、という疑問は置き去りにして、どんどんと戦闘場面が続きます。
どうも、著者は、状況設定のための理屈はどうでも良くて、主人公と心を持った機械奴隷との交流を描きたかったようで・・・。主人公に感情移入できないと、どんどんと取り残されていくような気分になりそうでした。
著者紹介にあった、「ライトなタッチでハード指向のSFを書くことを得意とする。」そのままの本書でしたね。

i_have_broken_the_holy_sword_apart._nexti_have_broken_the_holy_sword_apart._next_illust

i_have_broken_the_holy_sword_apart._next_illust_2"I have taken the holy sword apart.NEXT." - 「聖剣、解体しちゃいました <続>」

あの、伝説の鍛冶屋・トウキの娘・セリナ登場!
そのパワー、なにげに炎上中!?

森で拾った伝説の聖剣・エクスカリバーを解体して、伝説の鍛冶屋となったトウキ。
あれから23年後。トウキと恋人・エリカの間に産まれた娘・セリナは19歳になって貴族学校の学生に。
友達のミアやイスラとともにキャンパスライフを楽しんでいたのだが、ある日生徒会選挙に立候補するはめに。
それが大騒動の発端だった…。
最強鍛冶屋の娘が繰り広げる異世界コメディ第2弾!」
- 2019.5.28 EARTH STAR NOVEL「聖剣、解体しちゃいました <続>」より

楽しかったですね。一気に最後まで読んでしまいました。
トウキとエリカの夫婦も相変わらずです。二人の娘のセリナが(一応)主人公ですが、彼女の親友もまた楽しい。類は友を呼ぶ、を地で行くような性格でした。
タイトルは、「聖剣、解体しちゃいました」ですが、実際には「解体」しないのかと思っていたら・・・。血は争えない展開に、思わずくすっとしてしまいました。

i_have_broken_the_holy_sword_aparti_have_broken_the_holy_sword_apart._illust_1

i_have_broken_the_holy_sword_apart._illust"I have taken the holy sword apart." - 「聖剣、解体しちゃいました」

拾った聖剣<エクスカリバー>解体したら、 鍛冶屋のレベルうっかり爆上げ!?
偶然森で拾った聖剣が、伝説の鍛冶屋の始まりだった……。
勇者にゆかりのあるワーガルの街で鍛冶屋を営んでいた俺・トウキ。それなりの人生を歩んでいた俺が、ある日たまたま森で拾ったのは、あの伝説の聖剣・エクスカリバーだった。好奇心が抑えきれずに聖剣解体しちゃったけど、気がついたら鍛冶屋のレベル爆上げって…どーゆーこと? フツーに作った日用品の、ヤカンにトングにフライパンが最強の武器って、何で!?
魔王討伐すら試し切り?! 型破りの最強の鍛冶屋、ついに誕生!!」
- 2019.5.28 EARTH STAR NOVEL「聖剣、解体しちゃいました」より

とても楽しかったですね。色々と思うところはありますが、そんな些末なことが気になることなく一気に最後まで読んでしまいました。 テンポも非常に良くて、さくさくと物語が進みます。
主人公が鍛冶師で、勇者でも冒険者でもないのが良いですね。その鍛冶師がひょんなことから、聖剣<エクスカリバー>を手に入れて、好奇心から聖剣を解体してしまいます。その一方で、鍛冶師のレベルが人外レベルに上昇し、武器を作成すると、とんでもないものができあがってしまい、うっかりとでも武器を作成できなくなってしまいます。
そこで、日用品を作るようになるのですが、それもまた攻撃力が半端なく・・・。
聖剣を解体したことから次々と困難が襲いかかりますが、鍛冶師がその能力を生かして、困難を排していく過程もまた楽しかったですね。
続巻も、続けて読んでいくつもりです。

isekai_ha_smartphone_to_tomoni_5「異世界はスマートフォンとともに。 5」

ブリュンヒルド公国建国記念祭開幕!
ついに一国一城の主となった冬夜は家臣も得たことで、王様としてやっていくことを決意する。ユミナたちと一緒に頑張って行こうといろいろ開き直った冬夜は、今まで交流してきた国々を巻き込んで、自重を忘れた盛大な建国パーティを催すことに。ブリュンヒルデ建国記念祭開幕の、大人気異世界ほのぼのファンタジー第5巻!!」
- 2019.5.27 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 5」より

ブリュンヒルド公国建国記念祭の開催から物語が始まります。しかしそこは、冬夜であるところ、自身の物作りのスキルを生かして、遊戯を沢山用意して、各国の王族たちを歓待します。
一方で、フレイズの侵攻に備えて、バビロンを探すのにも余念がありませんが、また、エンデと出会い、フレイズについての情報を得ることにも成功します。
おっと、神様も地上に来ていましたね。皇国の存在意義にも関わる重大なことが判明しますが・・・。
ブリュンヒルド公国の発展の過程も興味深かったですね。

isekai_ha_smartphone_to_tomoni_4isekai_ha_smartphone_to_tomoni_4_illust「異世界はスマートフォンとともに。 4」

レグルス帝国の軍事クーデターを阻止せよ!
砂漠の遺跡で冒険したり、読書喫茶を経営したりと、相も変わらずマイペースに暮らしている冬夜たち。読書喫茶の本の入荷の為に訪れた帝国だったが、なんとそこでは軍事クーデターの真っ最中。元凶の将軍が召喚した、物理も魔法も無効化する上級悪魔の出現により、王族を助けて一時撤退した冬夜だが、彼は世にも恐ろしい秘策を引っ提げて上級悪魔を討伐することに。大人気ほのぼの異世界冒険譚、万夫不当の第4巻!」
- 2019.5.27 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 4」より

イーシェンの次は、レグルス帝国で、冬夜が無双します。
上級魔族の出現と将軍の持つアーティファクトのせいで、さすがの冬夜も無双できずに、一旦撤退しますが・・・。
将軍を制する奇策が何とも・・・、思わずクスッとしてしまいましたね。
一方で、読書喫茶のオーナーとなる冬夜でしたが、その本の購入を担っていることから、ある人たちの、ある性癖(?)もまた明らかになります。まぁ、それで知己を得たり、商売繁盛したりしたので、それはそれで・・・。
なんだかんだで、2大国の王女と婚約することになり、また自身もついに一国の王となりましたが。次巻も続けて読んでいくつもりです。

isekai_ha_smartphone_to_tomoni_3「異世界はスマートフォンとともに。 3」

神国イーシェンで、八重の家族を救出せよ!
リーンの要請により、古代の遺跡を捜すため東の果ての国イーシェンへとやってきた冬夜たち一行。ついでに八重の実家である九重家を訪れることになったが、そこで八重の父と兄が不穏な噂のある合戦に参加していることを知らされる。八重の家族を救うため、イーシェンで行われる不穏な企みを壊すため、冬夜はスマートフォンと魔法を組み合わせた新たな戦い方で戦場を駆け巡る!! 大人気ほのぼの異世界冒険譚、大暴れの第3巻!」
- 2019.5.26 HJノベルス「異世界はスマートフォンとともに。 3」より

機会があり、NetFlix でアニメを全話鑑賞しました。ので、原作を確認しようかな、と。アニメでは、エンデと出会うところまでが描かれていましたね。この巻まで内容がアニメ化されていました。
相変わらず、ライトな内容でまったり、ほっこりします。戦闘シーンもそれなりにあるはずなのですが、冬夜の無双ぶりが強調されるだけで、あっという間に終わってしまいます。
登場キャラクタもけっこう絞られていて、読むのが楽ですね。エンドは、ちょっと顔を見せただけで、謎のままでしたが。気になりますね。
そして、アニメでは、冬夜の嫁が九人と言っていましたが、原作では言及されていませんでした。これも気になりますね。

yarinaoshi_tenseiyarinaoshi_tensei_illust

yarinaoshi_tensei_ss「やりなおし転生 ※俺の異世界冒険譚」

陰キャな俺が異世界転生
人生イチからやり直し!!

いじめられっこだった俺が、ある日異世界に転生。気がつけば、貴族の3歳の息子になっていた。
元冒険者の庭師や謎の執事、凄腕の美少女剣士などに鍛えられ、俺のステータスはどんどん上昇。しかし、離れて暮らす両親と兄と妹との関係はなんとなくミステリー。いったい俺の家はどうなってんの? 
と思っていたら、父親が襲われたという一報が。9歳になったばかりとはいえ、父を助けに旅立つ俺に、庭師や女剣士が仲間に入り、わりと最強なチームで敵地に行くのだが……。 ハイパー転生バトルストーリー!」
- 2019.5.25 EARTH STAR NOVEL「やりなおし転生」より

オタクで体が弱かった精か、高校生でいじめられっ子であった主人公が、剣と魔法の世界に転生し、チートな能力を得て人生をやり直します。3歳になって前世の記憶を取り戻し、神様からもらったユニークスキルとエクストラスキルでもって、ポイントをためて、新たなスキルの習得に励むことになります。
最初から最強なチートスキルというわけでなく、本人が努力してポイントをためていく、というのが変わっていますね。本人もやりなおしのため、努力を惜しみません。強くなろうと頑張ります。
そして、彼を取り巻く環境もまた。師匠に恵まれ、鍛えられます。主人公の成長を見守るようで、楽しいですね。
そんな彼ですが、父親の危急存亡の危機に駆けつけるべく、師匠たちと領地の外へ旅に出ます。途中、魔物退治しながら、レベルアップも果たしながら。
次巻も、早く読んでみたいものですね。

harumi_with_dragonharumi_with_dragon_illust

harumi_with_dragon_ss"Harumi with Dragon" - 「トカゲ主夫。 ―星喰いドラゴンと地球ごはん―」

陽海さんとトカゲさんの同居スタート!
スープパスタ、おでん、ポップコーン♪
異世界から来たトカゲさんと普通の20代女子・陽海の、ほっこり美味しい物語!

草木すら生えぬ荒廃した大地と、有毒の大気に腐り果てた沼。
未来永劫、生命が存在し得ないとまで言われた牢獄世界に閉じ込められていた孤独なドラゴン・通称 “星喰い” は、やがて自らが住まう星すら喰らい尽くしてしまい、別の世界へと旅立つことを決意する。
世界の理(ことわり)を捻じ曲げ、次元の壁をぶち抜き、たどり着いた先はなんと―――現代日本に一人で暮らす20代女子のベランダで!?
ほどよい塩気の炊き立ておにぎり、出汁の染みこんだ味しみおでん、肉の旨みのハッシュドビーフに、完熟トマトのスープパスタ!!
孤独と空腹を抱えた異世界史上最強のドラゴン・トカゲさんと、マイペースにのんびり暮らす20代女子・陽海が織り成す、美味しくてドキドキな、異色の癒しグルメストーリー!
ファン待望の山田まる最新刊!!」
- 2019.5.24 EARTH STAR NOVEL「トカゲ主夫。」より

アラサーの独身女子の処へ迷い込んだ異世界の災厄「ドラゴン」。そのドラゴンが「トカゲさん」と呼ばれて、「主夫」になるまでを描こうとしていたのですが、まだ全然、主夫になれずに地球のごはんを楽しんでいる、というところでしょうか。
また、その地球ごはんですが、基本的にはコンビニで調達してきた総菜だったりします。本格的なごはんは出てきませんでしたね。そういうところでも、なんだかほっこりします。
のんびり、まったりと日常生活が「星喰いの王」トカゲさんの目から見て描かれていくのですが、何となくその風景に癒やされてますね。
続巻が発刊されないというのが、本当に残念ですね。続巻を読んでみたい、と思うのは私だけでしょうか。

akira_and_isato_3akira_and_isato_3_cover_all

akira_and_isato_3_illust_2akira_and_isato_3_illustakira_and_isato_3_ss"AKIRA & ISATO" - 「おっさんがびじょ。 3 わるものの意地」

秋良とイサト、異世界で大活躍!
敵は王宮舞踏会!? 正義の“わるもの”が異世界を救う!
怪物との戦いに勝利し、獣人たちを救った秋良とイサト。
そして、王都に戻った二人を狙うのは……王族と貴族たち!
異世界の王都で、時の人となった二人を巡り、美男と美女と陰謀が大集合。
魔法使いの美形エルフも登場し、秋良とイサトの関係にも変化が!?
実は美女だった “おっさん” ことイサトさんと、秋良くん。
二人がドレスアップしてのダンスシーンは必見です!
小説家になろうでの人気も急上昇で、絶好調の第3巻。
ご期待下さい!」
- 2019.5.22 EARTH STAR NOVEL「おっさんがびじょ。 3」より

エルフが登場します。ただし、男性ですが。確か、この世界では、エルフとダークエルフは滅亡していたはずなのですが。エルフが日本人ではないか、という疑念を抱くのは自然ですね。
また、このエルフの思惑が判然としませんね。言動は、チャラいのですが、実力はかなりのものらしいです。
ヌメッとした異形のものが乱入してきて、最後には、エルフを助ける訳なのですが、ここでエルフの黒幕が判明します。
次巻は、人間の存亡を賭けて、その黒幕と対決するのでしょうか。なるべく早くに次巻を購入して読んでみたいですね。

akira_and_isato_2akira_and_isato_2_cover_all

akira_and_isato_2_illustakira_and_isato_2_illust_2akira_and_isato_2_ss"AKIRA & ISATO" - 「おっさんがびじょ。 2 わるもの vs 異世界ブラック企業」

秋良とイサト、異世界で大活躍!
召喚された異世界で暮らし始めた秋良と、年上美女のイサトさん。
グリフォンに乗って王都に入った二人だが、マイペースなイサトさんに秋良のペースは乱されっぱなし。
しかも二人が偶然助けた獣人の子ども達は、巨大な商会から狙われていて…
そして闇の中、怪物たちが襲い来る!
獣人と人間、そしてこの世界を救いたい!
秋良とイサトの “わるもの” な大活躍!!!
小説家になろうの人気も急上昇で、絶好調の第2巻です!」
- 2019.5.21 EARTH STAR NOVEL「おっさんがびじょ。 2」より

飛空艇を撃墜してしまい、こそこそと隠れるようにして、王都に潜り込みます。そこで、お約束のように獣人姉弟に出会うのですが。けものみみ、です。
色々と設定が分からない異世界ですが、秋良とイサトさんのコンビに癒やされます。二人とも善人であるのは間違いないのですが、異世界にちょっかいを出して、注目されるのを恐れる一面もあります。そんな二人ですが、獣人姉弟を放っておくことができず、本格的に助けてしまいます。そして、その結果、商人ギルドの大物と対立することになりますが・・・。どうも人間と獣人との間には根深い確執のようなものがあるようです。
ところで、秋良とイサトさんのモンスターに無双する姿が爽快ですね。イサトさんが特にかっこいい。
それにしても、二人はこの異世界に来てから金を稼ぐ、というか経済的にどうなのでしょうか。ゲームのときから、億に値する金を所持している、とのことでしたが。
次巻も読むのが楽しみですね。

※ 本作品のイラストを担当しています、藤田香さんが、2018年7月15日膵臓癌のため亡くなられていたことがわかりました。享年47才だということです。合掌。

akira_and_isato_1akira_and_isato_1_cover_all

akira_and_isato_1_illust_1akira_and_isato_1_illust_2akira_and_isato_1_ss

akira_and_isato_1_illust"AKIRA & ISATO" - 「おっさんがびじょ。 1 "わるもの" を始めよう!」

秋良とイサトが、異世界で大暴れ!
ゲームそのものの世界へと召喚された秋良。
一緒に召喚されてしまった彼の相棒プレイヤーの“おっさん”は、 本当は4歳年上の美女だった!?
高レベルプレイヤーの秋良たちは、地道に安全にゲーム世界を生き延びようとするのだが……
なぜか盗賊に襲撃されたり、モンスターと戦うことに!
俺たちが世界を救う! 秋良たちの本当のゲームが始まった!!!」
- 2019.5.20 EARTH STAR NOVEL「おっさんがびじょ。 1」より

パーティ仲間の内、二人だけで、ゲーム様の異世界に転移してしまいます。「転移」アイテムを使うつもりが、間違って、「転送」アイテムを使ったがゆえに。そして、転移先では、ゲームでの装束や種族のまま、ただし、アバターでなくリアルな生身で。
そこで、秋良が見た相棒のおっさんの姿は・・・。ということで、コメディタッチの様相で物語が進みますが・・・。
二人の緊張感のない、会話のやりとりが楽しい。特に「おっさん」と呼ばれていたイサトの性格が楽しい。
性別を変えてゲームに参加していたイサトですが、性格、言動はそのまま「おっさん」でした。
秋良は戸惑いながらも、いつものように接しようとしますが。
彼らの冒険は、始まったばかりです。次巻も続けて読んでいくつもりです。

i_am_the_strongest_in_the_world"I Am The Strongest In The World!" - 「世界最強になった俺 ~最強ですけどなにか?~」

世界最強のご一行が繰り広げる、痛快・冒険ファンタジー!
伝説の天空人の力を受け継ぐ少年・レイフォン。だが彼は目立つのを嫌い、地上で普通の人間として暮らしていた。そんなある日、彼はこの世界の神様と出会い、超テキトーな理由から「世界最強」の力を与えられることに。ただでさえ天空人の血を引く彼が、さらに力を授けられて、最強×最強の存在に!? その後、美人だけど気が強い幼なじみ・アシュリー、魔族の妖艶な美少女・ミリベアス、訳ありの王女マリベルらが加わって、レイフォン一行の世界を巡る最高・最強の旅が始まる!」
- 2019.5.19 HJノベルズ「世界最強になった俺」より

楽しかったのですが、何だか物足りない・・・。ストーリーがさくさくと進みすぎて、感動があまりありませんでした。楽しかったのですけどね・・・、何故でしょう?
レイフォンは幼くして、天空より地上に一人でやってきます。それこそ、森のはずれの一軒家に忽然と。
地上に来て数日、領主の娘であるアシュリーと出会うのですが。アシュリーの振る舞いが領主の娘らしくなく活発でまた、ひとりで(護衛も無しで)そこらじゅうに出歩いているのが不思議です。
また、レイフォンとアシュリーの二人だけで冒険者のパーティを組んで、魔物退治したりするのですが。
物語の登場キャラクタも基本、善人ばかりで、魔族だけが明確な敵として描かれています。神様は、非力で全能感はまるでありません。レイフォンの世界最強にと能力を与えたはずですが、その能力も何なのか、まるで分からないですね。
色々と言及されていないことが沢山ありそうですが、物語は何のストレス無く、一気に最後まで読んでしまうことができました。
次巻も入手できたら、さくっと読んでしまいたいですね。

unlimited_level_2"UNLIMITED LEVEL" - 「アンリミテッド・レベル 2」

武器を入手し、魔物と戦いながらレベルアップに勤しむ日々が、新たな日本人との出会いで急展開!
皇帝の魔の手から逃れた日下部虎次と仲間達は、辺見朱夏の案内で、亜人であるネコネ族の集落にたどり着いた。長であるバーバの厚意で、しばらく集落で過ごすことに。やがて、元皇女であるサラ・サラディーン・エシュトが周囲との軋轢を生むようになっていた。やるべきことをせず居丈高なサラに対して誰もが不満を抱き、特に結城八重は爆発寸前。また、追われる身となった虎次達は変装しなければならなかった。そこで一行は変装魔術の使えるネコネ族のニースと行動を共にする。他の日本人達を捜すため、日本に戻る手段を探すために、商業都市リーンガムに向かうのだが――。」
- 2019.5.19 プライムノベルス「アンリミテッド・レベル 2」より

「虫にも劣る史上最底辺の生物」と言われた日下部虎次でしたが、様々な試練を乗り越えて、強者のステータスを得るまでになりました。もちろん、日本人の仲間たちもです。
ネコネ族のニースが楽しいですね。猫型の獣人ですが、性格もまた猫そっくり。
そして、元皇女サラですが、ツンデレ属性を担っています(笑)。
ネコネ族のニースと新たな日本人を加えた仲間たちで、また旅に出ることになった、虎次たちですが、今後の動向が楽しみですね。

unlimited_level_1"UNLIMITED LEVEL" - 「アンリミテッド・レベル 1」

17歳は死んでも、死んでも、生き返る。リスポーン能力を駆使し、死の恐怖と戦いながらも逆境に立ち向かう!
高校二年生の日下部虎次が乗っていた飛行機は、不幸にも墜落してしまう。目を覚ますと、生存者は既に脱出したようで、一人取り残されていた。重い体を引きずり外に出た虎次は、運良く事故から生き延びたのに、崩れてきた飛行機の羽に潰されて死んでしまう――かに思えた。虎次は機内で目を覚ます。それは死して生き返る能力、リスポーンによるものだった。非現実的な状況に混乱しながらも再び外に出るが、今度は異形の存在、魔物に殺されてしまう。またも機内で生き返った虎次は、ここが異世界であり、自分に異能が目覚めたことを理解した。危険な目にあいながらも、虎次は近くの村を目指す。しかし、飛行機で隣の席だった遠坂莉依と、もう一人の少女が魔物に追われているところに遭遇してしまう。虎次には戦う力はない。だが死なない能力はある。時間稼ぎならばできるはずだと信じ、少女達を助けるために戦いに足を踏み入れていく。」
- 2019.5.17 プライムノベルス「アンリミテッド・レベル 1」より

ぼっちで冴えない主人公が、異世界に転生(転移)して、生返り(リスポーン)というの能力を得て、異世界を生き抜く。というどこかで聞いたような設定ですが、日下部虎次は、スキルとしては希有なリスポーンですが、ステータスとしては「虫にも劣る史上最底辺の生物」という称号を得るほど、最弱の存在からのスタートでした。
けっこう、グロくて、ハードな状況もありましたが、主人公は必死に生き抜こうとします。
また、前世がぼっちであったせいでしょうか、思慮深く、それでいて臆病でありながらも恐怖に抗いながら必死に行動する勇気も持ち合わせています。
悲惨な状況が続きますが、異世界の住人たちに助けられて、どうにか生き抜いていく姿が立派です。これからも様々な困難が待ち受けていそうですが、主人公の成長ぶりが楽しみです。

almost_forty_wisemans_isekai_seikatsu_nikki_9almost_forty_wisemans_isekai_seikatsu_nikki_9_pamph「アラフォー賢者の異世界生活日記 9」

おっさん、巨大G生物とバトルす!
さすが大賢者というべきか、イルマナス地下街道の工事や外交官の護衛、そしてルーセリスの出生に関する一件と、雪崩式に舞い込む依頼を次々に解決へと導いたゼロス。
これでようやくまったりできると思いきや、ゼロスはソリステア魔法王国元公爵・クレストンから、辺境で発生している原因不明の魔物暴走についての調査を依頼されてしまう。
おっさんとしては嫌とも言えず現地へ急行すると、そこでは巨大な昆虫型の魔物【グレート・ギヴリオン】が魔王クラスへ進化しようとしており、予想以上に最悪な事態となっていた。
一刻も早くこの状況を知らせるべく辺境にある城塞都市スライストを訪れたゼロスだったが、そこで自身の弟子ともいうべき生産系魔道士・アドと再会し……。
ゼロス×アドという不安しかない大賢者&賢者コンビと、見るもおぞましい巨大G生物【グレート・ギヴリオン】との壮絶バトル!その結末は超意外な方向へ!?」
- 2019.5.15 MFブックス「アラフォー賢者の異世界生活日記 9」より

【グレート・ギヴリオン】が進化して、ゼロスたちにも手に負えないモンスターに。というか、ゼロスの放った殲滅魔法を邪神が蘇ったと勘違いした4神(3柱しか来ませんでしたが)が、のこのことゼロスら転生者たちの前に姿を現わし、ゼロスたちにボコボコにされる、という楽しい展開でしたね。
そして、【グレート・ギヴリオン】の正体が実は・・・、という展開もまた楽しかったですね。
また、ゼロスとアドたちとの掛け合いも楽しかったですね。アドは、離ればなれとなった婚約者に再会しますが、その彼女がまたユニークな性格で・・・。その婚約者を巡り、決闘まで発展するというのも楽しかったですね。
次巻の物語の展開も楽しみですね。

isekai_tensei_senki「異世界転生戦記 チートなスキルをもらい生きて行く」

「平凡なサラリーマンだった『俺』は交通事故に遭い、異世界に人と龍族のハーフの赤ん坊・クロウとして転生する。しかも魔法やら武器錬成やら、とんでもなくチートな能力付きで! だがこの世界、種族間の対立がやたら激しく……。争いを憂う女神セラは世界の調停者にすべく『俺』を転生させたらしい。かくて5歳になった『俺』は世の中を知るため旅に出るが? ひたすらチートな主人公が世界を変える、新感覚冒険ファンタジー!」
- 2019.5.11 徳間書店「異世界転生戦記 チートなスキルをもらい生きて行く」より

転生して赤ん坊の時から前世の記憶と意識があり、しかも両親が戦闘狂で3歳の頃から鍛えられる、という。ステータスも最初から最強レベルで、成長するにつれ、スキルも天井知らずに増えて、熟練度も増していきます。
また、創世神である女神の加護を受け、スキルについても教えを請い、5歳にしてチート能力全開。
5歳で独り立ちして冒険者になり、お約束のように(?)美少女を奴隷にして、パーティを組んで、無双します。
Fランクスタートの冒険者から、その日のうちに昇級試験を受け、3日後には、なんとBランクへと。快進撃は止まりません。
あっという間に最後まで読んでしまいました。次巻の発刊が待ち遠しく思いますね。

chiyu_mahou_no_machigatta_tukaikata_10chiyu_mahou_no_machigatta_tukaikata_10_pamph「治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 10」

ウサト、再び戦場を駆ける!
魔王軍に動きありとの報を受け、ウサトは会談が行われていたルクヴィスから急遽リングル王国へ帰還する。
救命団に戻ったウサトは、来たる戦争を前に、元魔王軍所属のフェルムに身の振り方を提案するが、彼女の答えは意外なものだった。
そして、ついに迎えた開戦。前回の戦争では前線に出なかった軍団長も集結してさらに戦力を上げた魔王軍に対し、リングル王国軍は同盟を結んだ各国の兵士たちや、幻惑魔法を持つエルフの少女フラナ、さらに勇者カズキとスズネを陣頭において迎え撃つ。
両軍総力戦とあって負傷者が続出する戦場を、救命団副団長として大きく成長したウサトが縦横無尽に駆け回る!
異世界ギャグ&バトルファンタジー、第10巻! ウサト、ついに敵からも化け物扱い!?」
- 2019.5.11 MFブックス「治癒魔法の間違った使い方 ~戦場を駆ける回復要員~ 10」より

ローズと魔族との因縁が明らかになりましたね。ウサトもまた、副団長として覚悟を新たにします。
そして、遂に迎えた魔族軍との死闘。
救命団としてのウサトの活躍が・・・。ブルリンも救命団の一員として、戦場を駆け巡ります。
ウサトには、新たな仲間としてフェルムが付き従いますが、彼女の黒魔法によりなんと・・・(!)。ウサトがあんなことになるなんて・・・、予想の斜め上をいく展開でしたね。
それにしても、ウサトも強くなったものですね。ローズもその成長を認めるほどに。そのローズもまた、とんでもなく強いのですけどね。「治癒魔法の間違った使い方」の救命団の活躍が続きます。
次巻も、読むのが今から楽しみですね。

the_record_by_an_old_guy_in_the_world_of_vrmmo_18the_record_by_an_old_guy_in_the_world_of_vrmmo_18_characters"The Record by an Old Guy in the world of Virtual Reality Massively Multiplayer Online" - 「とあるおっさんの VRMMO 活動記 18」

冴えないおっさん in VRMMO ファンタジー第18弾!
シリーズ累計78万部突破! 冴えないおっさんによる VRMMO ファンタジー第18弾!
暴走魔力との激戦を制したアースは、続いて魔王領を襲う大寒波に立ち向かうことに。命綱となる炭を住民に行き渡らせるべく、旧知のギルド『ブルーカラー』の力を借りて大量生産に着手するのだった。その後、ようやく魔王領での自由な冒険を開始。早速ダンジョンに挑んでみたものの……超ハードな『カオス』パターンに突入するわ、謎の緊急クエストが発生するわで、結局てんやわんやに!?――今こそ魔王領を遊び尽くす! 冴えないおっさん、VRMMO ファンタジーで今日も我が道を行く!」
- 2019.5.9 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「とあるおっさんの VRMMO 活動記 18」より

半分人間をやめたアースですが、ここに来て驚愕の事実が発覚します。いわゆる「名声システム」の導入、というものらしいです。これまで、NPC と積極的に関わってきたキャラクターほど、NPC からのクエストが受けやすい、ということらしいです。自身のレベルアップのみに専心してきて、これまで NPC からのクエストを断ってきたキャラクターは、今後一切、NPC からクエストが依頼されない、という厳しいシステムらしいです。
アースは、これまで徹底的に住人たちと関わってきましたので、これまで以上に、NPC から頼りにされそうですね。
そしてまた、アースを巡る三角関係もここにきて白熱(!)。アースは、恋愛関係にはトラウマがあるらしく、どうも積極的にはなれない様子。今後ともアースとの関係に注目、ですね。

kouchugunshikan_bokensha_ni_narukouchugunshikan_bokensha_ni_naru_2「航宙軍士官、冒険者になる 1、2」

新刊に手を出す前に、ふと気になったライトノベルを読み直してみました。
読み直してみるとやはり、というか読み落としてきた内容が多々あることに気付いてしまいましたね。
また、読み直すまで気にはならなかったのですが、文体がいまいち読みにくい、というか分かりづらいところがありました。それは、一人称で語られることが多くて、状況説明、というか状態が良く分からない場面があった、ということですね。
2、3行まで先を読まないと、相手が誰なのか判別しかねる、というシーンがけっこうあったように思いました。
次巻からは、アランたちが、いよいよ覇を唱える事になりそうですね。今から読みのが楽しみですね。

2019.4

cooking_with_wild_game_17cooking_with_wild_game_17_cover_all

"Cooking with wild game." - 「異世界料理道 VOLUME 17」

アスタ、ついにジェノスの外へ!!
歓迎会の料理番を無事に勤め上げたアスタは、かねてから計画していたアイ=ファたちと行く小旅行のために準備を始める。向かう先はタラパなどの野菜畑が広がるダレイム。そして、カロンの牧場があるダバッグ。普段使う食材を知るために、この二ヶ所に向かったアスタたちだったが……。大人気異世界料理ファンタジー、初体験が目白押しの第17弾!」
- 2019.4.29 HJノベルズ「異世界料理道 17」より

1泊2日の小旅行ですが、アスタたちは、ジェノスの外へ出かけることに。
ポイタン、タラバなどの野菜を育てている畑とカロンの牧場へと。アスタとアイ=ファもいつもと違う環境で、二人の仲も深まったようですね。
でもやはり、事件は起こるもので・・・。アスタは、意図せずにダレイムの不正を暴くことになります。
ちょっと、堅苦しいほどの誠実なアスタとアイ=ファですが、それがまた本書の特徴でもありますね。
次巻もまたどのような展開になるのか、今から楽しみですね。

kuro_no_seikentsukai_4「黒の星眷使い ~世界最強の魔法使いの弟子~ 4」

全編書き下ろし! 師匠や仲間たちと、魔王に立ち向かう!!
ソウジは世界最強の魔法使いソフィアに拾われ、修行を積み星眷魔法の使い手となった。
師匠の元を離れ王都のレーネシア魔法学園入学後、彼はギルドの仲間たちと共に、魔王が組織する『再誕-リヴァース-』の襲撃から何度も学園や王都を救ってきた。
しかしその代償は大きく、ダメージを癒すためにソウジたちは師匠の勧めで温泉を訪れる。温泉で体と心の傷を癒し、ソウジやフェリスらイヌネコ団メンバーは一回り成長した。
温泉から戻り、妹・クリスとの再会や、秋のランキング戦・学園祭がある中、復活した魔王率いる『再誕-リヴァース-』の活動が本格化し、戦闘も熾烈を極めていく。
その最中、ソウジは前世の記憶を取り戻しながらも魔王の強大な力の前に屈してしまう。敗戦の痛手を受けるソウジ――しかし、大切な仲間を危機から救うため、再びソウジは立ち上がる!
魔法使い&魔法少女たちの魔法×変身のバトルファンタジー、全編書き下ろしの第四弾!!」
- 2019.4.26 MFブックス「黒の星眷使い ~世界最強の魔法使いの弟子~ 4」より

久しぶりなため、登場キャラクターの把握ができずに、読み始めは(ちょっと)苦労しました(汗)。が、ストーリーがテンポ良くサクサクと進むために退屈することなく、最後まで一気に読む事ができました。
「世界最高の魔法使いの弟子」であるソウジが、転生しただけでなく、実は前回魔王を倒した勇者だったとは・・・(!)。
唐突に真実が明らかにされます。本当に唐突に・・・。それからも彼の周りに集った美少女たちも彼を前世(前前世)に支えた仲間だったことが・・・。
ちょっと、何か結末を急ぐなぁ、と思えば、次巻が完結巻になるようです。

fantasie_geshichte_von_soldner_in_grosser_armut_9"Fantasie Geshichte von Soldner in grosser Armut" - 「食い詰め傭兵の幻想奇譚 9」

魔王の依頼で竜の住む火口へ!
無事(?)ラピスの実家へとたどり着いたロレンたち。挨拶もそこそこに、魔王からの依頼を受けることになる。依頼とは、火口へある物を投げ込んで破壊するというもの。その投げ込む物には、ロレンと因縁がある男が関連していて……。これは、新米冒険者に転職した、凄腕の元傭兵の冒険譚である――。」
- 2019.4.25 HJノベルス「食い詰め傭兵の幻想奇譚 9」より

何だかサクッと読んでしまいました。何でかなー、と改めて文面を見てみると、どうやら組版が粗くて、文章量が少ないような・・・(?)。でもまぁ、テンポよくストーリーが進む、ということで良し、としましょう。
相変わらずの、ロレン、ラピスとグーラの3人組です。グーラは、ラピスの実家のメイドたちに人気のようで、おもちゃにされているようですが。ちょっと猟奇的な雰囲気もありましたが、グーラ本人は、案外平気なようです。
ラピスの性格は、どうやら両親の気質を受け継いでいるようですね。特に魔王であるユーディが何とも楽しい、ですね。
エンシェントドラゴンも手をやくような人物であり、イフリートにいたっては、どうも激怒しているような・・・。
今巻の出来事により、ロレンは、マグナの怒りを買って、今後は目の敵にされそうな雰囲気ですね。また、同時に魔王と大魔王の関心を買ったようで、次巻以降どのような展開になるのか、とても楽しみですね。

death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_exdeath_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_ex_pamph"Death Marching to the Parallel World Rhapsody Ex" - 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 Ex」

「ここでしか見られないサトゥー一行のキャラクター資料、過去の店舗特典&初公開の SS も40本収録! 100P超の書き下ろし短編、あやめぐむ、兎塚エイジ、輝竜司、戸部淑のゲストイラストも収録した豪華な一冊!」
- 2019.4.25 KADOKAWA BOOKS「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 Ex」より

単なる設定集かイラストを再掲したのが主で、短編集はおまけみたいなものかな、と思って読み始めたのですが、けっこう読み応えがありました。
特に書き下ろしの『アリサ王女の異世界奮闘記』が興味深かったですね。
彼女の前世の記憶、転生の際での神との会話(?)が初めて明らかになりましたね。
また、僅か10歳で、王国の農業改革を指導していたのが、どうも違和感があったのですが、それもよく分かりました。姉のルルとの関係も。

death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_14death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_15death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_16"Death Marching to the Parallel World Rhapsody" - 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 14、15、16」

これで最新巻まで、続けて読んでしまった訳なんですが、最新巻に近くなるほど、読み落としていた内容が多いかな、という感じを受けました。
特に第16巻は、あまり印象に残らない巻だったのですが、続けて読んでいくと、前巻までの伏線が色々と複合的に繋がっていて、とても面白く読み進めることができました。やはり、前巻までの内容を覚えていなくて、読み飛ばしていた感が強い、ですね。
次巻は、「王都動乱編」ですね。今から楽しみですね。

death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_11death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_12death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_13"Death Marching to the Parallel World Rhapsody" - 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 11、12、13」

勇者ナナシ、勇者ナナシの従者クロ、エチゴヤなどの色々なアンダーカバーが登場します。また迷宮都市に居ながらにして、転移魔法で簡単に他の都市やボルエナンの森、ラクエン島などを訪れたりしています。
そして、読み直して分かったのですが、サトゥーの正体(?)が狗頭の古王との対決などで、うっすらと明らかになってきましたね。神さまも姿を現わして、サトゥーと言葉を交わします。
まだまだサトゥーの冒険が続きます。続けて読んでいこうかな、と思っています。

death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_9death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_10"Death Marching to the Parallel World Rhapsody" - 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 9、10」

異世界観光の旅も遂に船での洋上観光となりました。が、サトゥー一行の旅には色々なことが起こります。
ですが、サトゥーの規格外な能力は、どんな困難であろうと、容易く解決してしまうのです。魔物退治にしても一瞬です(笑)。
ここでは、2万年前に遡る因縁を鮮やかに解決に導いたり、新たな貿易商会のオーナーとなったりします。
そして、遂に到達したのが迷宮都市ですね。異世界ものの定番である、ダンジョン攻略に勤しむことになります。
仲間達のレベルアップも順調です。でも、サトゥーですので(?)迷宮内に別宅を作ったりして、優雅に過ごすのも流石です。
毎回、新たな美少女たちが登場して、仲良くなったりするのもお約束ですね。

death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_8"Death Marching to the Parallel World Rhapsody" - 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 8」

エルフたちの森の一つであるボルエナンの森でのエピソードが描かれていましたね。
ここで、サトゥーは、アーゼと出会い、彼の想い人となるのですが、彼女はハイエルフであり、億を超える歳を重ねており、世界樹とも呼ばれています。
サトゥーは、ここでも規格外な存在であることがクローズアップされます。精霊視というスキルを得ることによって、精霊のオーラがとんでもなく漏れ出ているのが分かります。
また、ここボルエナンの森では、勇者ナナシとしても活躍するのですが、サトゥーとしてのアンダーカバー的な要素はあまり無かったですね。
そこでも、サトゥーは勇者ナナシとして、各エルフたちの森にある世界樹の危機を救います。一人で、世界中を巡り、惑星一周して活躍することになります。もう、何でもあり、ですね。

death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_6death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_7"Death Marching to the Parallel World Rhapsody" - 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 6、7」

旅の途中で、勇者ハヤトの従者であるリーングランデ嬢と出会う、そして、街では武闘大会の予選が行われていました。
そこでは、教会の巫女セーラとも懇意になります。またまた新たな美少女キャラの登場ですね。
一方で、悪魔召喚を行う「自由の翼」の暗躍もあり、勇者ハヤトが召喚されて、勇者ナナシと対面することに。
勇者ナナシは、本当に別格な強さですね。レベル310は、とてつもない値なのです。神と同等以上なのかも知れませんね。
そして、サトゥーがこの世界に転移してきたのもまた、大きな謎ですね。この世界には、神が存在して、他の転生者は、転生の際に神からユニークスキルについて話を聞いているらしいのに。
次巻は、いよいよボルエナンの森に到着してのエピソードですね。続けて読んでいくつもりです。

death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_3death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_4death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_5"Death Marching to the Parallel World Rhapsody" - 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 3、4、5」

何となく、新しい本を読む気になれずに、ついつい先日読み返した本書の続きを読んでしまいました。
セーリュー市を出て、ミーアをボルエナンの森に届けるのを目的に異世界観光の旅に出ているサトゥー一行。
途中、錬金術を覚え、魔法の仕組みを解析・理解して改造したりしています。また、旅の各所で巻物を求め、魔法を覚えたりしています。レベルはほぼカンストしていますが、スキルも様々なものを会得したりして、史上最強のニンゲンとなっています。
復活した魔王を、スキルと奇想天外な方法で倒したり、死亡した美少女を組成させたり、公国の美人姉妹と仲良くなったり、ドワーフの鍛冶師と懇意になったり・・・。旅先で様々な事件や戦闘に巻き込まれたりしながらも、旅の仲間と共に観光も欠かさず。
アンダーカバーの勇者ナナシも演じるに至り、「真の勇者」の称号を持つに至ったサトゥーですが、今後の旅の行方も楽しみですね。もうしばらく、彼の旅に付き合って行こうかなぁ、なんて思っています。

kenja_no_mago_1「賢者の孫 常識破りの新入生」

つい先日、TVアニメが放送されていたのを見て、ついつい原作を手にとって読んでみました。TV放送の第1話分だけを読むつもりでしたが、面白くて、つい1冊読んでしまいました(汗)。
第1話を見ただけですが、原作に沿って、よくまとめられていたように感じました。
シンの前世についても、アバンだけで、簡潔にまとめられていて、ストーリーがテンポよく進んで、あっという間の30分でしたね。
キャラクターもイラストによく沿っていて、また声優もそのセリフに違和感なく、安心して見ていられました。
シンの非常識ぶり、規格外なことが、これからどんどんと出てきます。アニメでどのように表現されていくのか、とても楽しみですね。

death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_1death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_2"Death Marching to the Parallel World Rhapsody" - 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 1、2」

ふと手にとったライトノベル。面白くなって、ついつい2冊続けて読んでしまいました。
サトゥーの異世界冒険観光が始まります。第2巻までは、街にとどまっていますが、冒険仲間(美少女奴隷たちですが)が集い、馬車を仕立てて旅に出かけるまでが、描かれています。
また、サトゥーが転生した世界は、お約束通りの剣と魔法の世界ですが、そこでのサトゥーの特異性が顕になります。いきなり、レベルが1から310にまで上がったり、チートな能力・スキルをばんばん会得したり。魔法に至っては、詠唱することなく、数十倍の威力でもって行使したりできるのです。勇者の称号もあっという間に手に入れたりします。
あっという間に、2冊読んでしまいました。

hachinan_tte_sorewa_naidesho_16hachinan_tte_sorewa_naidesho_16_pamphhachinan_tte_sorewa_naidesho_16_anime_pamph

「八男って、それはないでしょう! 第16巻」

アームストロング少年、大志を抱く
そろそろお腹が目立ってきたエリーゼと、無事教え子を巣立たせたヴェルのもとに、ニーナと導師が様子を見に訪ねてくる。そして生まれてくるであろう子の話に花を咲かせるなか、いつしか話題は導師の昔話に――。
それは、アームストロング伯爵家のために尽力する人生しか待ち受けていないのであれば、猶予ある限り『全力で外の世界を楽しむのである!』と母の墓標に誓いを立て、冒険者予備校の門を叩いた若き日の導師の立志譚であった。
大器晩成で不器用なアームストロング少年の成長、そんな彼の相棒となる美少年ブルーノとの出会い、そしてすでに活躍中のアルフレッドへのライバル心!
王都を舞台に、王国の黎明期を彩った偉人たちが多数登場する完全書き下ろしの第十六幕!」
- 2019.4.10 MFブックス「八男って、それはないでしょう! 第16巻」より

今巻の主人公は、ヴェンデリンの導師であるアームストロングですね。それは、思いで話という形で、アームストロングの語りから始まります。そこには、冒険者予備校に通う若き日のアームストロングと親友ブルーノの姿が。
予備校に通っていた頃から、初級魔法師の初心者冒険者として活躍していた導師が様々な事件に遭遇する様が楽しい。
まぁ、最後には王国の闇の部分に関わる秘密にも触れることにもなったのですが・・・。
また、後にヴェンデリンの師匠となるアルフレッドの姿も。当時から、アルフレッドは導師が大器晩成型であり、潜在限界魔力量がとんでもないことを見抜いていたようですね。
次巻はまたヴェンデリンの冒険譚に戻ると思いますが、どのような展開になるのか、楽しみですね。

mushoku_tensei_isekai_ittara_honki_dasu_21mushoku_tensei_isekai_ittara_honki_dasu_21_pamphmushoku_tensei_isekai_ittara_honki_dasu_21_special_ss

「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 21」

誘拐されたゼニスの行方は……?
何者かにゼニスが拉致され、行方不明になった。
彼女を捜し出すためルーデウスは、ミリシオンを奔走する。
『俺だって、ゼニスの息子です。父さんに『死んでも母さんを守れ』って言われたんです。
義務があるんです。責任を持って死ぬまで面倒をみます。だから母さんを返してください……』
これまで事あるごとに後手後手になってきたルーデウス。
果たして無事にゼニスを取り戻すことはできるのか……!?
書き下ろしエピソードを加え、人生やり直し型転生ファンタジー第二十一弾、開幕!!」
- 2019.4.7 MFブックス「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 21」より

行方不明のゼニスを探して、実家に拉致されていることが判明します。
そして、母を取り戻すためにルーデウスがとった手段とは。教皇と枢機卿との駆け引きもあり、問題がどんどんと大きくなっていき・・・。無事、ルーデウスは母を取り戻すことができるのか。
それから、なぜゼニスが実家に拉致されたのか、祖母の想いも判明しますが・・・。
けっこう、感動的なエピソードでした。
ヒトガミの関与が疑われる中、使徒の思惑もあり、サスペンスの要素もあり、楽しめました。

murabito_tensei_5murabito_tensei_5_cover_all「村人転生 最強のスローライフ 5」

「突如、結界が破れたと思ったら、何やら後ろに大男が! 話を聞いたところ、カイナという名前で同じく転生者らしい。と言っても、魔王と体と心を入れ換えられたようで、その魔力はとてつもないものだった!なんだかんだ仲良くなり、義兄弟の契りを交わした俺たちは、例の計画にさらに多くの人たちを巻き込んでいく!! 『小説家になろう』発、異世界スローライフ・ファンタジー! 書き下ろし番外編『最強兄妹の狩竜記』を収録。」
- 2019.4.7 Mノベルス「村人転生 最強のスローライフ 5」より

魔王と義兄弟となったべー。彼の最強のスローライフが続きます。

death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_16death_marching_to_the_parallel_world_rhapsody_16_pamph"Death Marching to the Parallel World Rhapsody" - 「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 16」

王都でサトゥーたちを待ち受けていたのは、王国最強のシガ八剣!?
クーデター軍による飛空艇襲撃事件を解決し、王都に到着したサトゥー達。早速、王都を満喫しようとする一行だったが、サトゥーの活躍を聞きつけたシガ八剣の筆頭に決闘を挑まれてしまい――!?」
- 2019.4.7 KADOKAWA BOOKS「デスマーチからはじまる異世界狂想曲 16」より

シガ八剣との試合が楽しかったですね。「黒槍のリザ」というように知らない間に有名になったリザが逞しい。ポチとタマも負けていません。

regarding_reincarnated_to_slime_14"Regarding Reincarnated to Slime" - 「転生したらスライムだった件 14」

魔国連邦に最大級の危機が訪れる。
帝国からの侵略をなんなく退けたリムルは、これ以上戦争はごめんだと大本を叩くべく帝都へと乗り込む。
事前の計画は帝国幹部へとのし上がっていたユウキが、国内でクーデターを起こし、皇帝の座を簒奪するてはずとなっていた。だがリムルは思い知らされる、先遣軍などとは比較にならない、帝国の真の戦力たちの実力を……。」
- 2019.4.5 GC NOVELS「転生したらスライムだった件 14」より

魔王ギィが、世界の均衡を保つように動いていた理由が明らかになります。そして、皇帝ルドラの考えも。
一方、リムルは、帝国の軍隊を退けたことによる祝勝会を開催し、その場で仲間たちにギフトを行い、進化を促します。これにより、リムルよりも強い部下が誕生しますが、今更と言って、リムルは粛々と部下の進化を見守ります。
これには、他国の王たちもびっくり(笑)。リムルの無茶な行動に、読んでいてくすっとしましたね。
その後、帝国の侵攻を防ぎ、後顧の憂いを断つべく、皇帝ルドラに不意打ちを仕掛けるリムルでしたが・・・。
リムルとその精鋭たちが絶体絶命の危機に陥ったところで、今巻は終わっていますが、次巻がどのような展開になるのか、非常に気になりますね。

kouchugunshikan_bokensha_ni_naru_2kouchugunshikan_bokensha_ni_naru_2_cover_all

kouchugunshikan_bokensha_ni_naru_2_pamph「航宙軍士官、冒険者になる 2」

俺はこの惑星を接収することに決めた! 異星ファンタジー超大作、第二弾!
帝国航宙軍兵士アラン・コリントと彼に共生するナノマシン[ナノム]が乗艦する航宙艦は航行不能となり、未知の惑星に不時着することに。
"魔法" を使うことができる人類が暮らす惑星でアランは怪我を負った少女クレリアを科学技術を駆使して救い、自身も魔法を覚え、剣と魔法のファンタジー世界に順応していく――。
ある日、アランは AI の予測によりこの星が滅びの危機に瀕していることを知る。彼は人々を救うため、星ごと接収し、支配者になることを決意するのだが……!?
書籍版はWEB連載版からの大幅改稿に加え、キャラクターデータ、書籍限定のセリーヌ&シャロン誕生エピソード『目覚め』を収録!」
- 2019.4.4 KADOKAWA eb! enterbrain「航宙軍士官、冒険者になる 2」より

アランが冒険者として無双することよりも、趣味である料理の方に焦点が当たっているような・・・。
また撃墜されたと思われた戦艦が生き残り、アランを探していたのですが、何と、その艦の乗組員である帝国軍人がアランを迎えに来ようとは・・・。というのもその准尉と称する双子の姉妹は、実は・・・。
そして、この恒星系にも後500年以内にバグズに発見される確率が 88% ということから、アランは、この惑星を接収し、科学技術を発展させることにより、襲撃に備えようとしますが。
次巻は、この惑星を接収するための拠点作りから始まるようですね。楽しみです。

regarding_reincarnated_to_slime_comic_11regarding_reincarnated_to_slime_comic_11_cover_all

"Regarding Reincarnated to Slime" - 「転生したらスライムだった件 11」

「通り魔に刺されて死んだと思ったら、異世界でスライムに転生しちゃってた!?
相手の能力を奪う『捕食者』と異世界の理を知る『大賢者』、
二つのユニークスキルを武器に、スライムの大冒険が今始まる!
不完全召喚された異世界人の子供達は、魔素が安定せず体内の崩壊を待つ日々を送っていた。そんな子供達を助けるためリムルが辿りついた結論は、かつてイフリートを宿したシズさんのように上位精霊を子供達の身に宿す方法だった。リムルと子供達は、上位精霊を見つけるために『精霊の棲家』を目指すが――。」
- 2019.4.4 シリウスKC「転生したらスライムだった件 11」より

つい先日、TVアニメの放送が終わったところですが、その第1期放送分までのストーリーが、このコミックで描かれていましたね。
ということで、今巻は原作のコミカライズというよりは、TVアニメのコミカライズのように感じてしまいましたね。
そして、TVアニメの続編もまた制作されるようですが、コミックは、原作のどの辺りまで進んでいるのでしょうか(ちょっと興味が湧きますね)。
この巻で、魔王ラミリスが登場するのですが、ベレッタもあっさりと登場していましたね。
次巻も、今から楽しみですね。

murabito_tensei_4murabito_tensei_4_cover_all「村人転生 最強のスローライフ 4」

「村人に転生したオレは王都を訪れていた。しかし、出会うヤツらは人外級の者ばかり! 新たな出会い(使えそうなつながり)もあり、無事用事も済ませ村へと戻ることに。村に帰ると、すぐに隊商に向けた市場の準備をしなくては! 村人は休みなしだぜ!! 『小説家になろう』発、異世界スローライフ・ファンタジー!番外編『とある男の旅立ちと出会い』を収録。」
- 2019.4.4 Mノベルス「村人転生 最強のスローライフ 4」より

2019.3

magi_and_his_slimes_dungeon_4magi_and_his_slimes_dungeon_4_cover_all

magi_and_his_slimes_dungeon_4_illust_1magi_and_his_slimes_dungeon_4_illust_2"Magi. and his slime's Dungeon" - 「スライムなダンジョンから天下をとろうと思う。 4 ─暴虐の黄金竜─」

ドラゴンって、最高!
マギは、おちこぼれの魔法使い。
スライム研究のため、人里離れたダンジョンで一人暮らしをしていた。
だが、彼のダンジョンはどんどん賑やかになってゆく。
妖艶な人型スライムのスラ子、魔法のエキスパートである妖精シィ。
そしてマギを慕うカーラや、スラ子に創造されたスケル、町を支配するルクレティアに黄金竜のストロフライ!
その頃、ダンジョンの奥深く、深い縦穴の底ではナニかが蠢き始めていた。
謎の黒いスライムと、巨大な怪物が出現!?
そして世界壊滅の危機が!? 驚愕の展開です!
ネットで1,600万回見られた大人気作品を書籍化!
第4巻では、いよいよ黄金竜が大暴れ!
大幅改稿の新ストーリーと、椎名優の美麗イラスト。
書き下ろし短編、隠しイラストなどなど、サービスいっぱいです!
ご期待下さい!!」
- 2019.4.4 EARTH STAR NOVEL「スライムなダンジョンから天下をとろうと思う。 4」より

magi_and_his_slimes_dungeon_3magi_and_his_slimes_dungeon_3_cover_all

magi_and_his_slimes_dungeon_3_illust"Magi. and his slime's Dungeon" - 「スライムなダンジョンから天下をとろうと思う。 3 ─惑いの森─」

第3巻は、ついに主人公が大活躍!?
ネットで1,500万回見られた大人気作品を書籍化!
大幅加筆や書き下ろし短編も収録。
隠しイラストなどもあり、サービスいっぱいです!
マギは、おちこぼれ魔法使い。
彼は、研究の果てに創り出した妖艶な人型スライムのスラ子や、魔法のエキスパートである妖精シィと共に、町から離れたダンジョンで暮らしていた。
ある日、ダンジョン近くの山頂に住まう黄金竜ストロフライが遠出し、マギたちに一時の平穏が訪れたと思われたが……
突然発生した行方不明事件!
その事件には、妖精たちが住む惑いの森が関係していた。
シィと妖精の女王が再会するとき、過去にマギがシィになした事の本当の意味が明かされる!
そして、妖精たち VS マギの決着は!?
大幅加筆での新たなストーリーと、椎名優の美麗イラストによる書籍化。
『スラ天』第3巻、いよいよ絶好調です!」
- 2019.3.30 EARTH STAR NOVEL「スライムなダンジョンから天下をとろうと思う。 3」より

magi_and_his_slimes_dungeon_2magi_and_his_slimes_dungeon_2_cover_all

magi_and_his_slimes_dungeon_2_illustmagi_and_his_slimes_dungeon_2_ss"Magi. and his slime's Dungeon" - 「スライムなダンジョンから天下をとろうと思う。 2 ─二人の少女─」

敵は貴族の美女! しかも凄腕魔法使い!?マギとダンジョンは大ピンチ!!!
小説家になろうで累計1,300万PV(ページビュー)超、100万人以上が楽しんだ人気ネット小説を書籍化。
この巻も大幅加筆や書き下ろし中編、隠しイラストなどサービスいっぱい!
好評につき早くも2巻登場です!
おちこぼれ魔法使いのマギと、彼が創り出した妖艶な人型スライムの「スラ子」。
精霊を吸収してしまったチートなスラ子や、魔法のエキスパートである妖精シィたちと一緒に、マギはダンジョンで暮らしていた。
そこに冒険者の少女カーラがやってくる。
マギ達はカーラを町に送り返すことに成功するが、町の人々と彼女の間にも緊迫した問題があって……
しかも王都から帰ってきた美女で凄腕の魔法使いが、マギやカーラと闘うことに!?
スライムを愛する心優しいマギも、仲間を守るために頑張ります!
大人気web小説が、椎名優の美麗なイラストとともに書籍化。
美女、美少女多数登場の第2巻です!」
- 2019.3.30 EARTH STAR NOVEL「スライムなダンジョンから天下をとろうと思う。 2」より

後で。

magi_and_his_slimes_dungeon_1magi_and_his_slimes_dungeon_1_cover_all

magi_and_his_slimes_dungeon_1_ssmagi_and_his_slimes_dungeon_1_illust_1magi_and_his_slimes_dungeon_1_illust_2

magi_and_his_slimes_dungeon_1_illust_3magi_and_his_slimes_dungeon_1_illust_4

"Magi. and his slime's Dungeon" - 「スライムなダンジョンから天下をとろうと思う。 1 ─スラ子、誕生─」

スライム美少女とおちこぼれ魔法使いの冒険譚!
おちこぼれの魔法使いが、研究の果てにつくりだした妖艶な人型スライムの「スラ子」。
能力も性格もはちゃめちゃなスラ子の存在がきっかけになって、行き倒れの妖精を仲間にしたり、狼の血をひく女の子冒険者と知り合ったり、ヤクザな竜に振り回されたり。
ついには精霊と戦うことに! ?
スライムを愛する魔法使いが、多くの出会いや出来事を経て、ちょこっとずつ成長します!
100万人以上が楽しんだ人気作品に大幅な加筆・改稿を加え待望の書籍化!
書き下ろし中編で、マギとルヴェの驚きの出会いも収録!」
- 2019.3.30 EARTH STAR NOVEL「スライムなダンジョンから天下をとろうと思う。 1」より

murabito_tensei_3murabito_tensei_3_cover_all「村人転生 最強のスローライフ 3」

「電気も水道もない究極のスローライフを送る村人のオレは、冒険者ギルドに依頼を出すため王都に向かった。海賊にやられた冒険商人を助けたり、マフィアに絡まれたり、謎のご隠居や魔女に出会ったりと大忙し! オレはスローライフが送りたいだけなのに!! 『小説家になろう』発、異世界スローライフ・ファンタジー! 番外編『ザンバリットラング・ゼルフィング』を収録。」
- 2019.3.27 Mノベルス「村人転生 最強のスローライフ 3」より

murabito_tensei_2murabito_tensei_2_cover_all「村人転生 最強のスローライフ 2」

「神様のミスで異世界の田舎の村に転生したオレは、電気も水道もない究極のスローライフを送るはずだった。しかし、新たな転生者(ダンジョンマスター)との出会いや人魚の戦争に巻き込まれ大忙し! 村人生活も楽じゃない。『小説家になろう』発、異世界スローライフ・ファンタジー!番外編『ハルヤール・ブラング』を収録。」
- 2019.3.26 Mノベルス「村人転生 最強のスローライフ 2」より

後で。

murabito_tensei_1murabito_tensei_1_cover_all「村人転生 最強のスローライフ」

「神様のミスで40代半ばで事故死したオレは、異世界の田舎の村に転生した。そこにあるのは、美人の妹や幼馴染みの少女に囲まれた、電気も水道もない究極のスローライフ! さらに、農作業や家畜の世話もあるのに、家には大商人や女冒険者がやってきて、オレは今日も大忙し!『小説家になろう』発、異世界スローライフ・ファンタジー!」
- 2019.3.26 Mノベルス「村人転生 最強のスローライフ」より

後で。

youjo_senki_11"Saga of Tanya the Evil" - 「幼女戦記 11 Alea iacta est」

幼女、暗躍す。
戦争を続ける愚かさは、誰の目にも明らかである。
講和派としてレルゲンがイルドアに飛び懸命の外交折衝を行うも
失敗した場合の予備計画を巡りルーデルドルフ大将が暗躍。
これ異を唱えた盟友・ゼートゥーア大将は必要の女神に奉仕する。
『障害物は排除されねばならない』と。
義務。
必要。
友情。
何が正しかったのかすら、見えなくなる総力戦。
昨日迄の正義は、今日の不正義。
それでもすべては祖国の未来のために。」
- 2019.3.25 KADOKAWA「幼女戦記 11 Alea iacta est」より

"Alea iacta est" - アーレア・ヤクタ・エスト(賽は投げられた)
「『賽は投げられた(さいはなげられた)』(古典ラテン語:alea iacta est、アーレア・ヤクタ・エスト)とは、ガイウス・ユリウス・カエサルが紀元前49年1月10日、元老院のグナエウス・ポンペイウスに背いて軍を率いて南下し北イタリアのルビコン川を通過する際に言ったとして知られる言葉。当時のカエサルはガリア総督だった。出典はスエトニウスの文章(iacta alea est)である。現在は、『もう帰還不能限界点を越してしまったので、最後までやるしかない』という意味で使われている。」
- 2019.3.25 Wikipedia より

「賽は投げられた」という副題がいまいちピンとこなかったのですが、意味として、「もう帰還不能限界点を越してしまったので、最後までやるしかない」ということで、すっきりしました。ターニャとしては、泥舟と化した帝国を見限り、亡命を考えているのですが、ゼートゥーア大将の策謀に捕らわれ、ついに引き返せない場所にまで来たようです。
まるで、日本帝国が真珠湾攻撃を決したような迫力がありました。
今後の展開がとても楽しみですね。

kusuriya_no_hitorigoto_8「薬屋のひとりごと 8」

シリーズ累計130万部突破! オーディオドラマ化決定! コミック2冊もほぼ同時発売。猫猫の推理が冴えわたる待望の第8弾!
毒で体調を崩した姚が医局勤めに戻れるようになった頃、猫猫のもとに大量の書物が届いた。送り主は、変人軍師こと羅漢。碁の教本を大量に作ったからと、猫猫に押し付けてきたらしい。興味がないので売り飛ばそうかと考える猫猫の考えとは裏腹に、羅漢の本によって、宮中では碁の流行が広がっていくことになる。一方、壬氏はただでさえ忙しい身の上に加えて、砂欧の巫女の毒殺騒ぎや蝗害の報告も重なり、多忙を極めていた。そんな中、宮廷内で碁の大会が企画されていることを知った壬氏は、羅漢のもとに直接交渉をしかけに行く。開催場所を壬氏の名前で提供する代わりに、サボっている仕事をこなすように説得するのだが――。」
- 2019.3.24 ヒーロー文庫「薬屋のひとりごと 8」より

猫猫を始めてとしてこの王朝は、羅の一族に翻弄されていますね。
この巻では、羅漢が著わした碁の本から、王都で碁が流行し、羅漢への挑戦を目玉とした碁の大会が開催されるまでになります。
そこで、壬氏も羅漢へ挑戦するのですが、何と言って羅漢は天才です。どのようにして壬氏が羅漢を負かすのか、いや挑戦するのかが見所でした。
碁の大会が開催されるまでも様々な事件が発生します。何故か、その事件に関わる猫猫でしたが、その事件が伏線となり、最後に碁の大会へと収束していく様は、読んでいて楽しかったですね。
そして、壬氏が(王と后の前で)猫猫へ直接、求婚したとき猫猫は・・・。うーん、今後の展開がとても気になりますね。

kusuriya_no_hitorigoto_7「薬屋のひとりごと 7」

コミックス2冊(小学館版1巻、スクウェア・エニックス版2巻)が同時発売。官女となった猫猫が大活躍の第7弾!
里樹妃との一件が片付いたのもつかの間、猫猫の元に高順が厄介ごとを持ってやってくる。どんな用事かと言えば、猫猫に官女試験を受けないかというものだった。猫猫は、半ば強制的に試験を受ける羽目になる。新しく医官専属の官女となった猫猫の前に現れるのは、面倒くさい変人軍師に厳しい上司の医官たち、それと同僚たる同じ官女たちだが――。猫猫は同僚たちにお約束の通り嫌がらせを受ける。特に、官女の首領である姚(ヤオ)は猫猫に対して突っかかってくるのだった。」
- 2019.3.22 ヒーロー文庫「薬屋のひとりごと 7」より

官女試験の下りも楽しかったですが、同僚となる桃と燕燕もまた個性的で面白かったですね。
そのような3人に降り掛かる数々の難題でしたが、猫猫は、鮮やかに解き明かしていきます。
また、壬氏が、燕燕を気に入って部下にしようとしますが・・・。
西からの亡命者あり、煌害の影が忍び寄り、息つく間もなく次々と問題が今後も巻き起こりそうですね。次巻も読むのが楽しみですね。続けて読んでしまうつもりです。

kusuriya_no_hitorigoto_6「薬屋のひとりごと 6」

猫猫は壬氏からのプロポーズを受けるのか? 花嫁の自殺、人気画家の食中毒、湖の上を歩いて渡る仙女……第六弾も大注目!
西都にて、壬氏に求婚された猫猫。今まであやふやだった関係が大きく変わろうとしていた。今までと変わりなく接したい猫猫に壬氏は焦る。皇弟として、政に関わる者に恋という自由はない。猫猫もまた、壬氏の心を知りつつも、己の立場を考えると首を縦に振ることはできない。軍師羅漢の縁者、それが西都で用意された猫猫の肩書だった。猫猫は重い気持ちのまま、ある決断をくだすのだが――。」
- 2019.3.22 ヒーロー文庫「薬屋のひとりごと 6」より

猫猫よりも何より里樹妃が、無事で良かったですね。薄幸の美少女、という形容がぴったりとくる里樹妃。運命に流されるまま、侍女にも見くびられて、ないがしろにされてきた上級妃でしたが、何とか幸せを掴みそうで、良かったですね。白娘娘も捕らえられて、一連の出来事も一区切り、といったところでしょうか。
そしてまた、猫猫の身辺も騒がしくなりそうですね。
次巻も読むのが楽しみです。

kusuriya_no_hitorigoto_5「薬屋のひとりごと 5」

読後満足度絶好調の大人気シリーズは新章突入。難事件の謎解きは勿論、猫猫と壬氏の関係から目が離せない!
子の一族の反乱がおさまり、宮廷では皇子が生まれたことで玉葉妃が正室になった。 壬氏もまた、宦官ではなく皇弟として政を行うこととなる。 一見、何事もなく平和におさまったかに見えたが、都にはすでに不穏な空気が漂っていた。 猫猫はといえば、謎の毒菓子事件、蝗害への不安、紙の村の所有権問題……いつものごとく巻き込まれ、首を突っ込むことになる。 また、壬氏からの命令で、玉葉后の故郷、西都へと向かうことになった。 色とりどりの花たちが咲く舞踏会で何者かの陰謀が渦巻いていく。 猫猫はその思惑を暴くことができるだろうか!?」
- 2019.3.20 ヒーロー文庫「薬屋のひとりごと 5」より

猫猫は、もう後宮に戻ることなく、古巣のあばら屋で薬屋を営んでいます。そこでは、様々な事が次々と起こりますね。
何気ない日常の中に散りばめられた色とりどりの色彩のごとく、様々な色をなして、通り過ぎていきます。猫猫の、生来の性格の精でしょうか、ついついその出来事に首を突っ込んでいきます。
その出来事が伏線となり、猫猫は、壬氏らと共に西の地へ向かうことになります。そこには、後宮の妃も来ており、またもやひと騒動・・・。
次の展開が面白くて、わくわくしながら、一気に最後まで読んでしまいました。
次巻も続けていこう、と思っています。

kusuriya_no_hitorigoto_4「薬屋のひとりごと 4」

大人気ミステリー早くも第4弾。幽霊、逆子、拉致…怒濤の展開から目が離せない!
壬氏が宦官ではないと知ってしまった猫猫。後宮内で皇帝以外のまともな男がいるのはご法度、それがばれないようにどきどきする毎日を過ごす。そんな中、友人の小蘭が後宮を出て行ったあとの就職先を探していることを知る。猫猫と子翠はそんな小蘭のために伝手を作るために後宮内の大浴場に向かう。その折、気弱な四夫人里樹妃が幽霊を見たという話を聞いてそれを解決すべく動き出す。一方、翡翠宮では玉葉妃の腹の子が逆子だとわかる。ろくな医官もいない後宮でこのまま逆子を産むことは命に関わると、猫猫は自分の養父である羅門を後宮に入れるよう提案するが新たな問題が浮上する。後宮内で今まで起きた事件、それらに法則があることに気が付いた猫猫はそれを調べようとして――拉致される。宮廷で長年黒く濁っていた澱(おり)、それは凝り固まり国を騒がす事態を起こす。」
- 2019.3.18 ヒーロー文庫「薬屋のひとりごと 4」より

これまでの伏線及び本巻での続く様々の事件などが、一つの方向を示し、それに気付いた猫猫は、ある拉致されてしまいます。その拉致された先で、色々と明らかになる過去のしがらみ・・・。
猫猫の誘拐と、謀反の兆候を掴んだ壬氏は、遂に自身の正体を公にして、禁軍を押し立てて猫猫の救援に就くことになります。
一方の猫猫は、誘拐された先で、様々な事を見聞きし、独自に動きます。
敵地(?)での様々な人間模様、様々な思惑が絡み合い、そして破滅へと向かいます。
とてもサスペンスフルな展開で、わくわくしてしまいました。そしてまた、最終話でほっこりしてしまいました。
今巻で、大きな山を越えたかと思いますが、次巻はそのような展開となるのでしょうか。とても気になりますね。

kusuriya_no_hitorigoto_3「薬屋のひとりごと 3」

中世の東洋を舞台に「毒味役」の少女が大活躍する人気シリーズ第3弾。後宮で起きた死亡事件から見えてくる新たな真実。そして壬氏が命の危機に!?
玉葉妃の妊娠により、再び後宮に戻ってきた猫猫(マオマオ)。 皇帝の寵妃ということもあって、それは秘密厳守。 しかし、女たちの腹の探り合いは日常茶飯事で、しかも、後宮内だけでなく外部からも怪しげな動きが見え隠れする。 それとともに、後宮外では壬氏たちが隣国の特使の要求に頭を悩ませていた。 特使たちは、数十年前にいたという妓女、それが見たいと無理難題を言ってきたのである。花街の事情に詳しい猫猫に相談を持ちかけてくるが、それは意外な人物であり――。 猫猫はその美女にかわる絶世の美人を用意することとなる。 茸中毒で死んだ妃、後宮内の廟の秘密、先帝がかかった呪い、その謎を解くにつれ、壬氏が宦官の枠を超えて扱われていることに猫猫は気が付く。 そして、猫猫はその壬氏の願いで、後宮を出て北の避暑地へと同行することになる。そこで待っていたのは、腹に一物持った高官たちと再び壬氏の命を狙う者たちだった。 猫猫たちは、無事、宮中に戻ることはできるのか!?」
- 2019.3.17 ヒーロー文庫「薬屋のひとりごと 3」より

色々な事件、不可思議な出来事、現象が次々と起こり、好奇心旺盛な猫猫は、次々と首を突っ込み、解決に導いていきます。
相変わらず、猫猫と壬氏とのやり取りが面白いですね。両者とも、とっても個性的なのですが、2人となると、普段とは違った面が新たに見られるようになります。
猫猫は、保身のために壬氏と距離を置こうとしますが、状況がそれを許さないようです。壬氏の正体も明らかになってきました。
様々な陰謀が渦巻く後宮ですが、そこから国の行方を左右する事態にも発展しそうですね。次巻も続けて読んでしまうつもりです。

kusuriya_no_hitorigoto_2「薬屋のひとりごと 2」

大評判につき2巻も刊行決定!! 中世の東洋を舞台に『毒味役』の少女が今度は外廷で起こる難事件に挑んでいく。
後宮女官を解雇させられた猫猫(マオマオ)は、花街に戻ってきた。しかし、戻るや否や、今度は超美形の宦官壬氏(ジンシ)のお付として、外廷に出仕することになる。 壬氏への嫉妬から他の官女たちにからまれ、倉庫の小火、官僚の食中毒、腕利き職人が残した不変な遺言の調査など奇妙な事故や事件が多発する。 いろいろな事件が重なりあう中、それらはある一つのことに収束することを猫猫は知る。そこにはある人物の思惑があった。 そしてそんな中、壬氏に付きまとう武官羅漢(ラカン)が現れる。変人として有名なこの男は、何かにつけて壬氏に問題を持ってくるようになる。それは、羅漢が古い緑青館の馴染みで猫猫をよく知っていたためであった。 猫猫に対してただならぬ執着を持つ羅漢に対して、猫猫の態度は普段と少し違っていた。いつもの飄々とした雰囲気と違う猫猫を気づかい、羅漢から守ろうとする壬氏であるが――。 羅漢の本当の狙いとは一体? 型破りな薬屋の娘と超美形だがどこか残念な宦官、それに巻き込まれる人々。 薬と毒、宮廷と花街、官と妓女、そして過去と現在が交わる中で、物語は紡がれていく。」
- 2019.3.15 ヒーロー文庫「薬屋のひとりごと 2」より

後宮を解雇されて、一旦は家に戻った猫猫でしたが、妓楼への借金を肩代わりする条件で、壬氏に雇われて、また外廷へと出仕することになります。そこで、色々と起こる事件に猫猫は、関わることになりますが。
やっぱり、猫猫の性格が最高ですね。いわゆる奇人・変人の類いですが、たぐいまれなる才能を持っています。また、猫のように気ままな振る舞いが楽しいですね。
今巻は、猫猫の出生の秘密(?)が事件の数々を通して、徐々に明らかになります。
また、育ての親である「おやじ」についても、明らかになります。今巻も面白くて一気に最後まで読んでしまいました。次巻も読むのが今から楽しみですね。

kusuriya_no_hitorigoto_1「薬屋のひとりごと」

大絶賛を博したあの痛快ミステリーが待望の文庫化。中世の東洋を舞台に「毒味役」の少女が宮中で起こる難事件を次々に解決する。
大陸の中央に位置する、とある大国。その皇帝のおひざ元に一人の娘がいた。 名前は、猫猫(マオマオ)。 花街で薬師をやっていたが現在とある事情にて後宮で下働き中である。 そばかすだらけで、けして美人とはいえぬその娘は、分相応に何事もなく年季があけるのを待っていた。 まかり間違っても帝が自分を “御手付き” にしない自信があったからだ。 そんな中、帝の御子たちが皆短命であることを知る。今現在いる二人の御子もともに病で次第に弱っている話を聞いた猫猫は、興味本位でその原因を調べ始める。呪いなどあるわけないと言わんばかりに。 美形の宦官・壬氏(ジンシ)は、猫猫を帝の寵妃の毒見役にする。 人間には興味がないが、毒と薬の執着は異常、そんな花街育ちの薬師が巻き込まれる噂や事件。きれいな薔薇にはとげがある、女の園は毒だらけ、噂と陰謀事欠かず。 壬氏からどんどん面倒事を押し付けられながらも、仕事をこなしていく猫猫。 稀代の毒好き娘が今日も後宮内を駆け回る。(2014年8月29日発売予定)」
- 2019.3.15 ヒーロー文庫「薬屋のひとりごと」より

ふと手にした文庫本ですが、何と面白い(!)。ヒロイン・猫猫(マオマオ)の個性が爆発、ですね。
ファンタジーな物語は間違いないのですが、スリラー要素が満載、ですね。
ふとした日常に潜む、様々な不可思議な現象や事故、病気。そこに猫猫の科学的な推理が、薬師としての知識が冴え渡ります。
また、猫猫のそのような才能を見出した、壬氏がまた個性的。宦官ですが、その地位は非常に高いようです。皇帝とも個人的な面識もあるようで、特別に皇帝から直々に命を受けて、後宮に詰めているようです。
これまでに無い、ヒロイン像であり、その魅力に引き込まれて、読んでいてくすりとしたり、わくわくしたり、面白くて一気に最後まで読んでしまいました。
次巻も続けて読んでしまうつもりです。

isekai_cheet_kaitakuki_3isekai_cheet_kaitakuki_3_pamph「異世界チート開拓記 3」

「究極機神シィルの力で時空を転移し、1000年後の世界から無事、家族の待つメリアに帰ることができたエニード。天空都市の超魔道具、莫大な魔力量、転生前の知識を武器に、エニードはメリアの町を急速に発展させていく。一方、妹のアメリアはそんな兄への想いをますます募らせていた。そんななか、20歳になったエニードの結婚相手を募集するコンテストが開かれることになった。――『小説家になろう』発、大人気異世界転生ファンタジー3巻が早くも文庫化!」
- 2019.3.14 モンスター文庫「異世界チート開拓記 3」より

5年ぶりにメリアに戻ってきたエニード。闘神人形100体と従僕人形1000体を魔動戦艦アースに乗せて。
両親と妹のアメリアは、歓喜しますが、特にアメリアが異常に喜んでいましたね。そして、その想いはどんどんと進み、遂に兄であるエニードと結婚したい、と考えるほど。
一方エニードは、妹のそのような想いを知りつつも兄妹にとして、自らの感情を抑えて、アメリアに接すると共に、メリアの開拓に精を出しています。魔麦や魔菜の栽培に始まる農業革命を起こし、果ては、北域の食糧難を憂いて、じゃがいもを探し出してきて、栽培を勧めたりしています。
そして、村おこし、町おこしを狙って、町ぐるみの合コンを企画したりするのですが。告白タイムで、遂にアメリアが一線を越えて兄に告白します。
未曾有の災害を一人で防いだりしたエニードでしたが、順調に見える開拓にも、何やら良くない影が忍び寄ってきているような・・・。そのような伏線を張りつつ、次巻へ続くのですが・・・。
「異世界チート開拓記」シリーズの文庫本は第3巻が最新刊(2018/2/28)のようです。次巻の文庫本化が待ち遠しく思いますね。

monster_tamer_4"Monster Tamer" - 「モンスターのご主人様 4」

「突如、モンスターの大群に襲われたチリア砦。砦内が大混乱するなか、真島孝弘は襲い掛かるモンスターをアサリナとあやめの力を借りて撃破した。だが、その姿を騎士の一団に見られてしまいモンスター襲来の嫌疑をかけられる。一方、砦では危機を脱するため、十文字と渡辺という二人のチート持ちを中心にした反攻作戦を決行。だが、作戦の最中、誰もが想像しない事態が起きて――怒涛の展開に目が離せない! 『小説家になろう』発、異世界サバイバルファンタジー、待望の第四弾。シラン視点の書き下ろし短編『わたしの勇者様』を収録。」
- 2019.3.13 モンスター文庫「モンスターのご主人様 4」より

今巻は全編、チリア砦でのモンスターとの死闘、またモンスターを操る謎の存在、との対決が描かれていましたね。
これまでの伏線が、パズルのピースが嵌まっていくように、回収されていきました。まるで、ミステリー小説のような感じで、孝弘による謎の解明、犯人の特定、とサスペンスフルな展開でもありました。
転移者が持つチート能力とは、更にその存在目的とは、と色々な謎も提起されるわけですが、アクションシーンの連続でもあり、一気に最後まで読んでしまいました。
特に今巻は、騎士シランの活躍が、そして彼女の奮闘ぶりが感動、でしたね。無残にも探索者に惨殺されてしまった彼女でしたが、真島孝弘のチート能力により・・・。
次巻以降も早く読みたいものですね。

monster_tamer_3"Monster Tamer" - 「モンスターのご主人様 3」

「エルフの女騎士・シランに連れられて、保護された学生たちとともに異世界人の砦へたどり着いた真島孝弘とリリィ。そこには、第一次遠征隊の面々や孝弘の親友・幹彦もいて、異世界について多くの情報を得ることができた。一方、樹海に残されたローズ、ガーベラ、加藤真菜の3人は、孝弘たちのいる砦の様子を観察し続けていたが、突然、異変が起こり――『小説家になろう』発、モンスター娘たちと異世界を生きぬく大人気シリーズ第三弾! 書き下ろし番外編では、今まで明かされなかった加藤真菜の胸の内が語られる。」
- 2019.3.13 モンスター文庫「モンスターのご主人様 3」より

異世界での転移者の地位、扱いが「勇者様」と畏敬の対象になっているのが、特異な設定でしたね。また、集団転移されたところが、モンスターの徘徊する「樹海」でも深部であったことが明らかになります。
また、50年~100年の周期で「勇者」が転移してくることも。ただし、いつもは一人だけであるのに、今回は、チー能力持ちのみでも100人もの人数で大挙して転移してきたのは、異例中の異例であることも。
砦に保護された真島孝弘でしたが、そこで、他の転移者の態度に違和感を覚えます。そして、探索者に対しても。ここら辺が、重要な伏線となって、後で、その違和感の原因が明らかになります。なかなかうまい演出でしたね。
一方、樹海に残った、眷族と加藤真菜でしたが、特にローズと真菜が友人になった様子が興味深かったですね。表情の乏しい真菜の心情(の一部)が露わになります。ローズもまた、自身の心の有り様、感情の機微について気付かされることになります。ローズの素直な、そして真っ直ぐな心情が素敵です。
次巻も続けて読んでしまうつもりです。楽しみですね。

monster_tamer_2"Monster Tamer" - 「モンスターのご主人様 2」

「真島孝弘は自らを襲ったアラクネに ”ガーベラ” と名付け、3人目の眷属とした。ローズとガーベラの間にわだかまりが消えないなか、ガーベラと2人、森へ探索に行った孝弘は、風船狐の群れに襲われ瀕死の重傷を負うが……そして孝弘は、ガーベラがかつて鎧を着た人間の軍隊を見たという『北』に向かうことを決意する――『小説家になろう』発、サバイバルファンタジー第二弾!」
- 2019.3.12 モンスター文庫「モンスターのご主人様 2」より

ガーベラとローズとのわだかまりを解消しようと、ガーベラの実績を積むべく、新たな眷族を求めてガベラと2人だけで、モンスターを狩る毎日。
眷族の主人たろうとして努力する孝弘でしたが、どうもそれは、気負いすぎ、空回りした行動であったようですね。重傷を負って初めて、それに気付く孝弘。ガーベラも含めて、眷属たちとの結束というか、心を通わせるようになる孝弘の姿が(ちょっと)感動的でしたね。
そして、新たな眷族を得ることができた孝弘でしたが。
孝弘の新たな能力―魔力による身体強化―にも目覚めて、鍛錬を積む孝弘。更に人間の姿を求めて、遂に森を抜けて、現地人との接触が叶うのでしたが・・・。この出会いが、孝弘たちにどのような運命をもたらすのか、とても気になりますね。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

monster_tamer_1"Monster Tamer" - 「モンスターのご主人様 1」

「とある高校の学生が全員まとめて異世界に転移した。転移によってチートな能力を得た学生たちの争いに巻き込まれ、モンスターの跋扈する危険な森をさまよっていたおれ・真島孝弘を助けたのは、1匹のスライムだった!? --おれには "モンスターを眷属にする能力" が与えられていたのだ! スライムにリリィと名付け、さらにマジカル・パペットのローズを眷属に加えたおれは、数日後、森の中で学校一の美少女・水島美穂の死体を見つけた。水島美穂の死体を体内に取り込んだリリィは、彼女の姿に擬態し――健気なモンスターたちと紡ぐ、異世界サバイバルファンタジー!」
- 2019.3.10 モンスター文庫「モンスターのご主人様 1」より

1,000人の学生の内、チートな能力に目覚めたのは、300人。ですが、主人公の真島孝弘は、チートな能力に目覚めず、学生同士の争いにおいて重傷を負い、命からがら逃げ延び、一人モンスターのいる森を彷徨う。
絶体絶命の危機を救ったのは、ミミック・スライムというモンスターだった・・・。
真島孝弘のモンスターテイマーの能力は、単にモンスターを手懐けて使役する、というものでないというのが面白かったですね。
モンスターもミミック・スライム、マジック・マペットという目新しいものでした。
主人公の英雄譚というものではなく、サバイバルもののような様相を呈していますが、今後の彼のサバイバルが楽しみですね。

hazure_magician_no_eiyutan_2「ハズレ奇術師の英雄譚 2」

「異世界へと呼び出され特別な能力を授けられた神谷士道。さぞやすごいチート持ちになれるのかと思いきや、手にしたのは『奇術師』という非戦闘系のハズレ能力だった。残念無念な感じでスタートした異世界生活だったが、師匠の古賀玄海と出会ったことで、ハズレながらも次第にその能力を駆使して強くなっていくのだったが、士道の前にかつて世界を滅亡させた伝説上の人物が現れて……。ハズレの烙印を押された男が強者としてのし上がっていく『小説家になろう』発、異世界成り上がりファンタジー。」
- 2019.3.9 モンスター文庫「ハズレ奇術師の英雄譚 2」より

士道は、自身に足りないもの、魔法を習得すべく迷宮都市に魔法の師匠を求めて旅立ちます。そこで、士道を待ち受けていた運命とは・・・。士道は、新たにハーフエルフの美少女、超級冒険者で魔法の師匠として、これまた美少女と出会います。
上級悪魔を打倒した士道は、既に英雄として知られるようになっていますが、彼より強大な魔王や異世界人がごろごろといます。
まだまだ、強くならねばならない、士道ですが、強敵もまた多くあり、戦闘が絶えません。
今後の士道の活躍が楽しみですね。

hazure_magician_no_eiyutan_1「ハズレ奇術師の英雄譚 1」

「100人の日本人が女神を名乗る存在に異世界へと呼び出される。転移させられた彼らは、前の世界では決してありえない、特殊な能力を得ることになる皆がそれぞれ有用といわれる戦闘系の力を得ていく中、神谷士道だけが、『奇術師』という非戦闘系の残念な能力を授かることに――。ハズレの烙印を押された男が強者としてのし上がっていく『小説家になろう』発、異世界成り上がりファンタジー。
- 2019.3.9 モンスター文庫「ハズレ奇術師の英雄譚 1」より

けっこうハードで、真面目な(?)異世界ファンタジー英雄譚でしたね。
女神により、現代日本から召喚された、100人の男女。固有スキルを宿していること、平均以上の魔力容量があること、戦闘系の天職を宿していること、の三つの条件から召喚されたはずが、神谷士道だけが、非戦闘職の「奇術師」の天職であり、ハズレ奇術師と揶揄されることになります。
シドーの性格は英雄譚に相応しいそれですが、レベル的にはまだまだ、といったところ。しかしながら、師と仰ぐ人物の指導を受けて、急速に実力を身につけていきます。それはまるで、スポコンものの修行にも似た、それでも命を賭けたサバイバルでもありました。
転移させられ、1ヶ月しか経たないのに、悪魔討伐に向かうことになったシドーたち。また、悪魔が魔王を復活させたところで、次巻へ、となりましたが、果たして・・・。
次巻がとっても気になりますね。続けて読んでいくつもりです。

isekai_cheet_kaitakuki_2isekai_cheet_kaitakuki_2_pamph「異世界チート開拓記 2」

「超古代遺跡を探索中、一人、天空浮遊都市へと強制的に転移させられた主人公・エニード。エニードは雲の上に浮かぶ美しい街で人間の美少女にしか見えない魔動人形たちの主人となり、楽園にいるかのような日々を送る。だが、エニードは、家族のもとへ帰るという意思を捨て切れなかった。果たして元いた世界へ戻れるのか?――「小説家になろう」発、大人気異世界転生ファンタジー2巻が早くも文庫化!」
- 2019.3.8 モンスター文庫「異世界チート開拓記 2」より

本の帯にある文「天空都市 & アマゾンを美少女人形たちと大冒険!!!」が、全てだと思います。
「ぼっち転生記」にも記述がありました、天空浮遊都市に飛ばされたエニードが、地上世界、故郷のメリアの町に戻ってくるまでが描かれていました。
天空浮遊都市から、地上へ戻ってくるには、とんでもない魔力量が必要であることが分かり、3年の月日を掛けて、魔力量を増やし、何とか地上に戻ってきたと喜んだのもつかの間、メリアの町から遠く離れた密林の奥に転移したことが判明。
そこには、絶滅の危機を迎えたアマゾンの美女達がいて・・・。
色々あった末、メリアの町に帰還したエニードでしたが、実は、そこは・・・。というところまでが描かれていましたね。
エニードの周りに登場するキャラクターも、相変わらず、特異な性格である者が多く、バラエティに富んでいますね。
まるで、ライトノベル版ドタバタ喜劇ですね。
さて、何とか故郷のメリアの町に帰還したエニードでしたが、次巻はまた、開拓記に戻るのでしょうか。読むのが楽しみですね。

isekai_cheet_kaitakuki_1「異世界チート開拓記 1」

「ニート生活の不摂生がたたって俺は突然死し、目が覚めると魔法の存在する異世界に転生していた。辺境の村の領主の息子として生まれた俺は、美しい母親、巨乳のメイド兼乳母、血の繋がらない美人妹らに囲まれて、第二の人生を謳歌する。赤ちゃんの頃から訓練したおかげで得た絶大な魔力量と、現代知識を駆使して、異世界での開拓&冒険は進んでいくが……!?――『小説家になろう』発、大人気異世界転生ファンタジーが文庫化! 文庫版書き下ろしパート「チートな大規模農場」を収録。」
- 2019.3.8 モンスター文庫「異世界チート開拓記 1」より

「ぼっち」の次は、「ニート」だ、と読み始めたのですが、どうやら「ぼっち転生記」と同じ世界観みたいですね。ただし、主人公のエニードは、精霊魔術ではなく真正魔術を使うようです。しかも、乳幼児から魔力枯渇するまで魔術を使って、総魔力量を極限まで増やすことに成功します。まるで、お約束の様で、どこかで聞いたような話ですが(笑)。
ただ、魔力量は桁外れでも、その操作、収束などは二流、三流程度の様です。魔術の脳筋ですね。
今度の舞台は、新大陸となります。主人公一家は、下級貴族で、入植した土地持ち領主ですが、経済的にはそこそこ、というところです。今後、主人公の現代知識を生かして、どのように開拓していくのか、200人程度の村からどのように発展していくのか、そこが見所(読み所)ですね。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

bochi_tenseiki_6「ぼっち転生記 6」

「アッシュが約2年間ものあいだ行方不明になっていたことで、エターナル帝国は問題が山積みになっていた。 アッシュという強力な存在がいなくなったことで、リザードマンをはじめ周辺部族が反旗を翻したのだ。
帝国に戻ったアッシュは、磨きをかけた精霊術を武器に、敵対した他種族を降伏させて各種牧場の立て直しに奔走する――『小説家になろう』発、大人気異世界冒険ファンタジー第六弾!」
- 2019.3.8 モンスター文庫 「ぼっち転生記 6」より

リザードマンとの戦闘を制し、帝国内を平定したアッシュですが、帝国の立て直しに奔走する毎日です。
そのようなとき、バハムート帝国の王女がエターナル帝国に落ち延びてきて・・・。
前半は、リザードマンとの戦闘に、後半は、バハムート帝国を征服したノーライフキング(死王)を名乗るエルダーリッチの討伐が描かれています。いずれも、アッシュのパワーアップした精霊術が無双するわけなのですが。どうも、アッシュ一人が超絶的に強力になったが故に、帝国の軍事力との差が激しいような・・・。
そして、ついに真竜王ゾグダリアズが目覚め、エターナル帝国へ向かう・・・、とうところで今巻は終わっています。
第6巻が最新刊(2017年12月31日 第1刷発行)なのですが、もう1年以上、続巻が発刊されていませんね。次巻が待ち遠しく思います。

bochi_tenseiki_5「ぼっち転生記 5」

「殺されたアルをなんとか復活させたアッシュは、その代償で意識不明状態を彷徨うことになった。約2か月後、側近奴隷たちの手厚い介護のおかげで、アッシュは目覚めることができたが、それも束の間、冥界山脈からケルベロスたちがエターナル帝国へと攻め入ろうとしていた。一方、奴隷としてアッシュに買われた同郷出身のサラは、帝国での豊かな生活に感謝しつつもアッシュが父の仇ではないかと疑念を抱き……――『小説家になろう』発、大人気異世界冒険ファンタジー第五弾!」
- 2019.3.8 モンスター文庫 「ぼっち転生記 5」より

アッシュの治療のため、ケルベロスを狩りまくった結果、ケルベロスロードの怒りを買って、以降エターナル帝国に攻め入ってきます。
そして、辛くもケルベロスロードを倒したアッシュは、間を置かずに行方不明に。何と記憶喪失になり、孤島に流されてしまっていたのでした。ただそこには、強大な精霊魔術師が隠遁しており、彼を師と仰ぎ、2年もの修行に明け暮れることに。
そこで、アッシュは体の中にフェニックスがいることを指摘され、フェニックスの力を制御できるようにもなります。
ここへきて、一気に物語が進んできましたね。
また、アッシュが知らずして、エターナル帝国の抑止力になっていて紛争を防いでいたことも明らかになりました。
帝国崩壊の危機に際して、ぎりぎりで記憶を取り戻し、帝国再建を図るアッシュですが。次巻は、いよいよリザードマンとの戦闘に突入しそうですね。続けて読んでいくつもりです。

bochi_tenseiki_4bochi_tenseiki_4_pamph「ぼっち転生記 4」

「数日前に撃墜したワイバーンの遺体から素材を回収するため、アッシュはアンジェラとともにアルバス山脈の裾野へと向かったが、遺体はすべて持ち去られた後だった。その足跡を追って2人がたどり着いたのは、若い女性ばかりが住む異民族の国。『王虎』と呼ばれるその国で、アッシュはワイバーンを巡って女王ライラと決闘することになる。勝てば『王虎』が支配下に、負ければアッシュが "種馬奴隷" になることを賭けた三番勝負の行方はいかに!?――『小説家になろう』発、大人気異世界冒険ファンタジー第四弾! 書き下ろしエピソードの『ドラゴン牧場』も収録!」
- 2019.3.7 モンスター文庫 「ぼっち転生記 4」より

表紙絵にもなっている「王虎」国の女王との決闘も、後半エピソードのアルが大変なことになった事で、全て吹き飛んでしまいましたね。その時に、アッシュが転生する直前に姿を現したフェニックスも登場します。
そして、感動的な奇跡が・・・。
地方の小貴族の次男でしたが、アッシュは、自分が精霊使いであることを明かし、屋敷に火を放って、出奔することになりました。
また殺人の嫌疑を掛けられ、異端審問官にも手配される事になってしまいました。
次巻も物語の展開が楽しみですね。続けて読んでいくつもりです。

bochi_tenseiki_3「ぼっち転生記 3」

「大草原の『魔法の城』で、アッシュは奴隷たちを前にして建国宣言を行った。国の名前はエターナルキングダム。半分冗談のつもりだったが、王国はどんどん発展していく。だが、大災厄というべき真竜王が目覚めるまでの時間は徐々に近づいてきていた。将来を見据えたアッシュは、いざというときの移住先を探すため、猫系悪魔のアルと風精霊シィルとともに北西へと旅立った――『小説家になろう』発、大人気異世界冒険ファンタジー第三弾!」
- 2019.3.7 モンスター文庫 「ぼっち転生記 3」より

今巻の活躍の舞台は、陸、空から海へと広がります。アッシュは、理不尽に海賊に襲われている商船や、小さな村などを見過ごすことができないのです。
おまけに奴隷商が運んでいた奴隷達も引き取ることにします。
一方で、建国宣言した国の名を「エターナルキングダム」としたアッシュですが、順調に拡大して行っています。国民のほとんどが奴隷であるというのも愛嬌でしょうか。
また国民(奴隷たち)の忠誠心もがっちりと掴んでいるようです。
次巻もまた、新たな出会いがあるのでしょうか。続けて読んでいくつもりです。

bochi_tenseiki_2「ぼっち転生記 2」

「ラミアのララァも奴隷に加わったことで、アッシュは大草原の隠れ家で次々に事業を立ち上げていく。コカトリス牧場の運営、奴隷の子供たちの教育施設……。だが、相変わらず実家では冷遇されていた。そんななか、奴隷たちと迎えた11歳の誕生日、アッシュは酔った勢いでとんでもないことを宣言する――『小説家になろう』発、大人気異世界冒険ファンタジー第二弾!」
- 2019.3.6 モンスター文庫 「ぼっち転生記 2」より

前世では「ぼっち」で、孤独死を迎えたアッシュ。現世でも真正魔術の才能が無く、実家では冷遇されていますが、大草原で、自身の国を造るまで頑張っています。
規格外の精霊魔術を駆使して、様々な事業、というか牧場を経営して、莫大な利益を得ています。
まぁ、自分以外は全て奴隷、という環境ですが、奴隷達は、アッシュを心から敬い、慕っているのがよく分かります。
建国を宣言したときに、皆がアッシュに忠誠を誓う様が(ちょっとだけですが)感動、でしたね。前世で人間不信になり、現世でも家族からでさえ冷遇されていたアッシュが、奴隷達から心からの忠誠をアッシュに誓う様が。
次巻は、アッシュの国の発展が描かれていくのでしょうか。読むのが楽しみですね。

bochi_tenseiki_1「ぼっち転生記 1」

「人間不信のあげく孤独死した俺は、異世界の田舎貴族の次男として転生した。俺には、この世界で重視されている魔術の才能がまったくない。だが、異端扱いされている精霊使いの能力は天才レベルだった。精霊の力を借りた俺は、奴隷たちを仲間にして冒険に旅立つ!――『小説家になろう』発、大人気異世界冒険ファンタジー!」
- 2019.3.6 モンスター文庫 「ぼっち転生記 1」より

ニートではありませんが、幼少期よりの人間不信に陥り、孤独死を迎えた青年が転生する、というのが主人公の設定ですね。転生により、女神などからチートな能力が授けられるわけでなく、死後、そのまま異世界の赤ん坊へと生まれ変わることになります。当然、前世の記憶は残したままですが。
どうも剣と魔法の世界(お約束ですね)ですが、魔法には、真正魔術と忌避されている精霊魔術があるようで、主人公のアッシュは、真正魔術はほとんど使えませんが(才能はありませんが)、精霊魔術には、人外な才能があるようです。
この手の作品には、美少女な奴隷とかエルフ(ハイエルフ)、ハーフエルフ、獣人とかが登場するのもお約束ですが、この物語の主人公アッシュも精霊魔術を駆使して、お金を工面し、奴隷を購入します。
人間不信ではありますが、前世では一応社会人でしたので、生活能力をままあるようですね。そして、性格はややひねくれています。決して、粗暴、残虐といったものではなく、基本、寂しがり屋の善良で優しい性格であるようですが。
それでも、異世界のルールには則って、知性ある動物でも、弱肉強食ということで割り切っているところもあります。
第1巻ですから、異世界紹介、キャクター紹介が主ですが、アッシュと美少女、美女奴隷たちとの生活がこれから始まりますね。
アッシュは、まだ10歳ですから、当然、実家との2重生活となるわけですが。
続けて、第2巻に突入です。

hero_of_god_eye_8hero_of_god_eye_8_pamph

"Hero of God eye" - 「神眼の勇者 8」

「マコトは戦乙女サーラの力を借りることでミレイブルク公国の危機を乗り切ったが、帝国内の内乱は続いていた。そんななかライオネル皇子が帝都での権力闘争に敗れて、ミレイブルクに亡命してくる。ライオネルの頼みを受けたマコトたちは、帝都の奪還および反対勢力の撃破に乗り出すことになった。マコトが戦場を舞台に、再び丸太で無双する!?――――『小説家になろう』発、大人気異世界ヒーローファンタジー第八弾!」
- 2019.3.5 モンスター文庫 「神眼の勇者 8」より

救国の英雄となったマコトでしたが、現実はなかなかうまくはいかないものです。
エリスリアと落ち延びてきた現皇帝ライオネルとの婚儀が決定し、マコトは帝国奪還のために戦地に赴くことに。
とここまでは、恋愛が成就しない悲劇かと思いきや、ライオネルが1ヶ月もしないうちに戦死してしまい・・・。
エリスリアは、マコトとの想いを遂げることができました・・・。
そして、次にマコトは、皇帝の娘であるラーナ皇女を帝位に就けるべく奮闘することに。
それにしても、やはりマコトの回りには、人族に限らず美女、美少女のみが集うのですね。
そしてまた次巻でも、マコトは戦場を駆け巡ることになるのでしょうか。楽しみですね。

hero_of_god_eye_7"Hero of God eye" - 「神眼の勇者 7」

「破壊神イディスの力を借りたマコトは、強敵マルタクレスを倒し、ミリアを救出することに成功した。だが、安堵したのも束の間、エリスリアの故国ミレイブルク公国から、公王レイが暗殺されて隣国が一気に攻め込んできたとの知らせが入る。ピンチに陥った公国を救うため、マコトたちはミレイブルクに向かった。――――『小説家になろう』発、大人気異世界ヒーローファンタジー第七弾!」
- 2019.3.5 モンスター文庫 「神眼の勇者 7」より

ミレイブルク公国に救援に駆けつけるマコトでしたが、どうも「狂戦士化」が進んでいるようで、無茶、無謀が過ぎるかな、と思っていたら、エピローグで神眼の女神リアナから、忠告を受けていましたね。
このまま狂戦士化が進むと、覇王となり、狂王となり戦場に果てる、と。
これまで、色々な試練はありながらも順調に勇者へと突き進むかと思われましたが、ここへ来て思わぬ方向性が見えてきて、びっくり、ですね。
次巻も物語がどのように展開するのか楽しみですね。続けて読んでいくつもりです。

hero_of_god_eye_6hero_of_god_eye_6_pamph"Hero of God eye" - 「神眼の勇者 6」

「闘神祭の準決勝で、マコトはエリスリア相手に勝利を収めた。だが、その直後、古代英雄マルタクレスが大会に乱入してきて戦うことに。最初は互角の戦いを繰り広げるが、最終的に神精樹の丸太剣が破壊されて敗北。ミリアとエリスリアを人質に取られてしまう。再戦を誓ったマコトは、より強力な武器にするため魔大陸へと渡ることを決意した――――『小説家になろう』発、大人気異世界ヒーローファンタジー第六弾!」
- 2019.3.5 モンスター文庫 「神眼の勇者 6」より

「最終的に神精樹の丸太剣が破壊されて敗北。」は、間違い。神精樹の丸太剣は、このときアポートすることができずに、武術用の丸太が破壊されて、マルタクレスに敗北したのでした。
そして、ミリアとエリスリアが人質に取られ、1ヶ月後の対決を約束させられます。
その時までに、神精樹の丸太剣の強化と自身のレベルアップのため、魔大陸の破壊神を訪ねることに。
ストーリーは、さくさくと進みます。魔大陸に渡ってからも、破壊神に会うまで、あっという間です。そして、神精樹の丸太剣の強化も。ただ、破壊神に出会って、破壊神をいつか解放することを約束しますが、これも何かの伏線でしょうか。
そして、ついにマルタクレスとの再戦、激突しますが・・・。
次巻も続けて読むつもりです。楽しみですね。

hero_of_god_eye_5"Hero of God eye" - 「神眼の勇者 5」

「マコトは破壊神の力を借りることで、海の邪神・クトォリアの召喚した怪物ダ・ゴンを倒し、オサワ島の危機を救った。ダ・ゴンとの戦闘による後遺症から回復したマコトは、武神大会・決勝戦に挑む。だが、そこには時空の女神・アステナが召喚した、マコト以上の丸太使いである古代英雄マルタクレスが待ち受けていた。丸太 VS 丸太の激闘の行方はいかに――『小説家になろう』発、大人気異世界ヒーローファンタジー第五弾!」
- 2019.3.5 モンスター文庫 「神眼の勇者 5」より

何やら破壊神に見込まれて、その力を借りて、ダ・ゴンを排除したマコトでしたが、その後遺症は酷く、「神眼の女神」と「湖の女神」の助けを受け、ようやく回復します。
その間にも、未来の自分の娘に召喚されたりして・・・。何か重要な伏線のようですね。
そして迎えた武術大会の本戦。順調に勝ち進むマコトでしたが・・・。
またもや時空の女神アステナが、何やら企てているようです。
マコトのハーレム三昧が、ちょっと鼻につきますが、武術大会でのアクションシーンがあり、楽しく読み続けることができました。
次巻は、いよいよ決勝戦の行方ですが。とても気になりますね。続けて読んでいくつもりです。

hero_of_god_eye_4"Hero of God eye" - 「神眼の勇者 4」

「呪われた島で呪眼の女神カース・アリスの封印を解いたマコトは、アリスたちを連れて奴隷三姉妹の待つ新マルタ島に帰還した。数日後、戦闘都市バルドで武術大会が行われることを聞いた彼は、腕試しのため出場を決意する。丸太のひと振りで軽々と予選を突破したマコトだったが、本戦を前にしてアベルから大黄華帝国によるオサワ王国侵攻の知らせが届く――『小説家になろう』発、大人気異世界ヒーローファンタジー第四弾!」
- 2019.3.4 モンスター文庫 「神眼の勇者 4」より

本当に軽い気持ちで、武術大会の予選会に出場するマコト。丸太の数回振りで、無双してしまうのですが(笑)。
そして、本選の前に大黄華帝国の侵略を受けるオサワ王国の救援に向かうことに。2万人もの大軍に為す術もなく立ち尽くすマコトでしたが、そこで加勢してくれたのが何と闇女神の・・・。
マコトは、色々な女神たちに色々と懸想されますね。もう、次から次へを。窮地に陥ったり、助けられたり。
次巻も、そのような展開となるのでしょうか。続けて次巻を読んでいくつもりです。

hero_of_god_eye_3"Hero of God eye" - 「神眼の勇者 3」

「吸血鬼化したアベルを倒したマコトの前に、空からミレイブルク公国の天馬騎士団が現われた。彼女たちは湖の女神ミレルに頼まれたこともあり、マコトを迷宮都市ラナまで運んでくれるという。だが、大空を翔る天馬の旅を楽む彼らの前に、海賊旗を掲げる飛行船が現われ……――空、海を舞台に丸太で無双! 『小説家になろう』発、大人気異世界ヒーローファンタジー第三弾!」
- 2019.3.3 モンスター文庫 「神眼の勇者 3」より

また王女さまと・・・、と想像していましたが、部下の一人と仲良くなるとは思いませんでした。それよりも、飛空船(海賊船)との遭遇戦、本当(?)の海賊との戦闘とか、そしてギルマンたちとの戦闘とか、活躍の舞台が空から海、無人島にまで格段に広がってきましたね。
更にまた、古女神(邪神)を封印から解くことになろうとは。主人公マコトの心の変貌具合が心配です。
少し、おふざけが過ぎる描写もありましたが、ぎりぎり許容できる、かな。
次巻も続けて読んでいくつもりです。楽しみです。

hero_of_god_eye_2"Hero of God eye" - 「神眼の勇者 2」

「女神・リアナの使徒になり神眼の力を授かったマコトは、吸血鬼退治に成功した。湖の女神・ミレルがそのお礼をしてくれるというので、マコトはメイド三姉妹の次女・カチュアと一緒に聖なる湖に向かう。だが、そんな二人の前に、時空の女神・アステナの力で蘇った勇者アベルが、マコトへ復讐するために現われた――今回も丸太が大活躍!? 『小説家になろう』発、大人気異世界ヒーローファンタジー第二弾!」
- 2019.3.3 モンスター文庫 「神眼の勇者 2」より

時空の女神アステナは、自己中で傲慢な女神ですが、その使徒であるアベルも同様です。それが、神眼の女神リアナの使徒となったマコトによって滅ぼされるのですが、復讐のため何度も蘇って、マコトと対決することになります。
一方、マコトは、湖の女神ミレルや丸太の精霊女王マル子と縁を結び、マル子の宿った丸太を武器に行動を共にするようになります。やっぱり、主人公には美女、美少女が付き添うのはお約束でしょうか。
また、復活した闇のアベル(汚ベル)との対決は、マコトのレベルアップにしかならなかったようですね。不死身であっても、マコトより弱ければ、何度も何度も討伐されるだけだったりして。アベルの悪行に対しては、当然の報いでしたが、マコトも狂戦士化して(精神を強化して)対応することによって可能となった所業でした。
次巻も美少女との出会いがありそうですね。楽しみです。

hero_of_god_eye_1hero_of_god_eye_1_special_short_storyhero_of_god_eye_1_original_short_story"Hero of God eye" - 「神眼の勇者 1」

「女神・アステナに異世界に召喚されながら、不要と判断されて打ち捨てられたマコト。しかし、老婆に化けていた女神・リアナを助けたマコトは、リアナから『神眼』の力を授かる。それは、過去や未来を含めて様々なモノを ”視る” ことができる力だった。ゾンビに壊滅させられた街に立ち寄ったマコトは、たまたま井戸のなかに閉じ込められたことで生き残っていた奴隷三姉妹を救い出し、ともに旅をすることになる。”神眼” と丸太を武器に、マコトは異世界で勇者として生きていく――『小説家になろう』発、大人気異世界ヒーローファンタジー!」
- 2019.3.2 モンスター文庫 「神眼の勇者 1」より

召喚(転生)されて能力・容姿が不満と言うことで、女神(召喚主)から放逐される、という状況はけっこう目にする設定ですね。ただ、授けられたチートスキルが「神眼」で、武器が「丸太」というのは新鮮でした。
以降は、巡り会った美少女3姉妹を窮地から助け出して、かつ奴隷として旅を共にするようになるのは、お約束でしょうか。
そして、異世界が剣と魔法の世界で、ステータス、レベルというゲーム仕様の世界、というのもお約束ですね。
少しエロ・グロの表現があり、ちょっと引いてしまいましたが、ストーリー展開が早くて、一気に最後まで読んでしまいました。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

cooking_with_wild_game_16cooking_with_wild_game_16_cover_all

"Cooking with wild game." - 「異世界料理道 VOLUME 16」

ジェノス一の料理人とアスタが激突!!
ダン=ルティムの生誕の日の祝宴を無事に成功させたアスタ。今度は、バナーム使節団を歓迎する宴の料理人を務めることに。その準備のため、トゥール=ディンたちと共に、アスタはサイクレウス秘蔵の食料庫を訪れる。そこで、初めて見る食材の数々に喜びの声を漏らすアスタ。するとそこに、ミケルと肩を並べる料理人・ヴァルカスが現れ――。
『……あなたには、歓迎会の厨番を辞退してほしいのです、アスタ殿』」
- 2019.3.1 HJノベルズ「異世界料理道 16」より

夜を徹して読んでしまいました。今巻では、悪人は登場しません。意地悪で狭量な貴族は登場しますが、気分を害するだけで悪さはしませんでしたね。
そして、本編の見処(読み処)は、貴族の晩餐会でのアスタとヴァルカスの料理対決、ですね。
最も、異世界「料理道」ですので、勝敗を決する、と言うことではなくて、如何に客に美味しい料理を提供するか、を競うことになります。当初は、ヴァルカスから厨番を辞退するように言われたアスタでしたが、実力を認められ、互いに競うことになります。
そのヴァルカスも変人ではありますが、料理に関してはアスタを上回る天才であるようですね。
ヴァルカスの異世界料理に対して、現代日本の料理を基礎にして異世界の食材で、如何に料理するのか、異世界で通用するのか、けっこうわくわくしてしまいました。
次巻は、アスタたちが、初めて森から、ジェノスから外へ出て、見聞を広める様子が描かれるようです。楽しみですね。

2019.2

wizard_princess_2wizard_princess_2_pamph"Wizard Princess" - 「ウィザードプリンセス ~落ちこぼれ少女を最強魔道士に~ 2」

魔法学院は進級シーズン。友達何人できるかな?
元精鋭騎士団百騎長のユウと落ちこぼれのアルト魔法学院生・ティファは、偶然の出会いから師弟となり魔法の訓練を行うようになる。
その内容は筋トレや気功といった魔法とは無関係そうなものばかりだったが、周りの心配をよそに、ティファはひたむきにユウの指導を受け続ける。
その結果、彼女はその小さな体に秘められたポテンシャルを発揮し、ついには【魔神殺し】の偉業を成し遂げてしまう。
こうして落ちこぼれから一転、周囲から一目置かれる存在になったティファだったが、相変わらず地味に鍛錬を積む日々。そんな中、魔法学院は進級シーズンを迎え……。
世間ズレしまくりの歳の差師弟コンビが紡ぐハートフルな成長物語。第二弾が登場!」
- 2019.2.28 MFブックス「ウィザードプリンセス ~落ちこぼれ少女を最強魔道士に~ 2」より

ほのぼの、まったりとストーリーは進みます。
ユウとティファの師弟関係も一年となるようです。ティファは、元々保有する魔力量が桁違いで、回復する速度も桁違い、そして頭の回転も速くて素直であるのも能力のひとつかと。それが常識のちょっとズレた師匠ユウの元で鍛えられるのですから、弟子も常識知らずに育っているようですね。
そんなユウでしたが、弟子の規格外さは、やはり手に余るようで、曰く、「半ばコントロール不能な状態で、戦略級の魔力を持っている」そうです。初級魔法で、モンスターの大群を一撃で殲滅するくらいの。
そんなティファですが、選んだ専門魔法は付与魔法。召喚魔法は、それこそ何を召喚するか分からなくて危険ということらしくて。
今後もこの師弟に目が離せなくなりそうですね。

new_saga_8new_saga_8_characters"NEW SAGA" - 「強くてニューサーガ 8」

“強くてニューゲーム” ファンタジー、会心の第八章!
累計25万部突破! “強くてニューゲーム” ファンタジー、会心の第八章! 刻一刻と近づく戦いの日に備えて全人族をまとめるべく、まずはエルフとドワーフの仲違いを解消することにしたカイル。案の定、両種族からは無理難題を言い渡されて体よく追い払われるが、それもカイルの覚悟と未来知識チートの前では意味をなさないも同然だった。そして同時に、カイルは一石二鳥どころか三鳥も四鳥も得られる絶好の秘策を思いつく。全てはあの恐るべき日の再来を防ぐために――かくして、人族の運命を左右する史上かつてない悪巧みが始まるのだった。」
- 2019.2.27 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「強くてニューサーガ 8」より

ドワーフとエルフの対立を緩和して、「大侵攻」初戦でドワーフ国の壊滅を避けるように画策するカイル。そのためにドワーフ、エルフの相互の国に赴くカイルでしたが。
両者の会談の目処をきっかけに、人族世界全体を巻き込むある企みを思いつき、実行します。それは・・・。
大国同士のにらみ合い、小競り合い、を納めて、人族世界全体で「大侵攻」に備えるための方策だったのですが。
半年の準備を経て、色々な仕込みも行って、実施された方策は、何とか成功を収めるのですが、最後に最悪の知らせがもたらせられます。次巻は、その最悪の知らせを元に、カタストロフィを避けるため、行動を起こす様が描かれるのでしょうか。楽しみですね。

new_saga_7new_saga_7_characters"NEW SAGA" - 「強くてニューサーガ 7」

“強くてニューゲーム” ファンタジー、刮目の第七章!
累計20万部突破! “強くてニューゲーム” ファンタジー、刮目の第七章! 魔族に対抗する計画をかき乱すメーラ教との決着をつけるため、カイル達はその拠点のあるスーラ聖王国を訪れる。そこで待ち受けていたのは、カイルの剣の師匠にしてセランの義母、そしてメーラ教徒でもある人族最強の戦士レイラだった。彼女は言う。自分は敵ではなく、むしろ味方である、と。彼女は誘う。メーラ教のみならず聖王国の真の支配者である――女神メーラの元へと。そうして神より与えられし試練を乗り越えた時、カイルは世界の真実を知ることになる……」
- 2019.2.26 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「強くてニューサーガ 7」より

レイラに連れられて、赴いた先は、聖王国の頂点に立つ人物との邂逅、ではなくてメーラ教の本尊であるメーラ神自身であった。
ということで、メーラ教の真実が明らかになります。
そして、女神メーラからもたらされた、カイルによる未来改変の様子。ある時点を境に、「大侵攻」後の人族の壊滅が(本少しであるが)緩和されてきている、という報。
カイルのこれまでも努力が報われた瞬間でした。そしてまた、カイルが未来より時を遡ってきたことが、仲間たちにも明らかにされます。(実際は、シルドニアが事前にバラしていたようですが。)
メーラ教徒とも一応決着をみたカイル。女神メーラとの「試練と祝福」も達成して、ある意味、これからというところでしょうか。
次巻の展開も楽しみですね。

new_saga_6new_saga_6_characters"NEW SAGA" - 「強くてニューサーガ 6」

“強くてニューゲーム” ファンタジー、驚愕の第六章!
累計15万部突破! “強くてニューゲーム” ファンタジー、驚愕の第六章! 実績と雷名を手に入れ、決戦の準備を着々と進めつつあったカイルの元に、突然の凶報が舞い込む。魔族との戦争において最も大きな戦力となる、ガルガン帝国の第一皇子が急逝したというのだ。真相を掴むため侵入した帝都では、次期皇帝の座を巡る争いが勃発。しかも、事件の裏で最悪の人物が関与している可能性が発覚する。誰に手を貸すかが人族の未来を左右する究極の選択が、カイルの手に委ねられる――」
- 2019.2.25 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「強くてニューサーガ 6」より

帝国の王位継承を巡り、内戦が勃発してしまうが、カイルの思惑は、そして来る「大侵攻」に備えるため、内戦の影響を最小限に抑えるためには。
カイルたち3人で、5万人の軍勢を相手に奮闘する様が描かれていますが、とてもリアルに感じましたね。荒唐無稽であり得ない状況となるのですが、それを感じさせずに戦闘に突入するのに納得させられるのは、流石です。
また、メーラ教が暗躍しているようですが、その意図が不明で、それが緊迫感を生んでいますね。師匠と対立することになるようで、それもまた緊張感をもたらしていますね。
次巻も、物語の展開が楽しみですね。

new_saga_5new_saga_5_characters"NEW SAGA" - 「強くてニューサーガ 5」

“強くてニューゲーム” ファンタジー、衝撃の第五章!
累計11万部突破! “強くてニューゲーム”ファンタジー、衝撃の第五章! 魔族との戦いの準備を次なる段階に進めるべく、カイル一行は伝説の商人クラウスの協力を得ようと都市バヨネへ向かった。だがそこで待ち受けていたある意外な人物から、なんと現魔王がカイルに会いたがっていることを知らされる。その真意を探るため、カイル達はクラウスの手引きで魔族領への密航を敢行。ついに魔王との禁断の交渉にこぎつけるが、そこへ好戦派の魔族達が乱入したことで、事態は思わぬ方向へ展開していく――」
- 2019.2.24 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「強くてニューサーガ 5」より

魔族領へ就くカイルら一行でしたが、魔王との面談の場に魔族の好戦派3幹部もまた魔王の元に訪れます。そして、事件は起こるのですが・・・。
真相は分かりませんでしたが、ついに魔王側の黒幕が姿を現します。そして、元魔王の人族に対する想いもまた。
魔族の脳筋ぶりがよく表されていましたね。そして、やはりセランは、面白い。アンジェラ皇女の性格もまた楽しい。
次巻は、帝国の内紛の危機に対処する活躍が描かれるようです。続いて読んでいくつもりです。

new_saga_4new_saga_4_characters"NEW SAGA" - 「強くてニューサーガ 4」

“強くてニューゲーム” ファンタジー、怒涛の第四章!
累計7万部突破! “強くてニューゲーム” ファンタジー、怒涛の第四章! 神秘と冒険者の国エッドスを訪れ、森の奥深くにある『竜の巣』を目指すカイル一行。その目的は、前世では敵として立ちはだかった最強幻獣ドラゴンと同盟を結んで戦力を拡大するという、運命逆転への大博打! しかしそこにはすでに魔族の影が忍び寄っており、事態は予想外の急展開を迎えてしまう。一方、闇に潜む邪悪な組織・メーラ教の手がかりを得るため別行動をしていたミナギは、エッドスでメーラ教徒が暗躍していることを察知する。果たしてその狙いとは……未来の英雄、魔族、邪教が入り乱れ、ドラゴンを巡る大混戦が始まる!」
- 2019.2.24 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「強くてニューサーガ 4」より

ファンタジーもので外せないのがドラゴンですね。また、エルフとダークエルフの存在もまた。
ドラゴンが何故魔族に与して戦争に参加することになったのかは、遂に分からずじまいでしたが、ここに来てメーラ教の存在がクローズアップされてきました。
カイルの前世では、メーラ教についても触れられていなかったのですが、それが何やら色々と暗躍しているようで・・・。
ここで、カイルは、「竜殺し」の称号を得ることになりますが、それもメーラ教が噛んでいるようで、いまいち納得できない様子ですね。

new_saga_3new_saga_3_characters"NEW SAGA" - 「強くてニューサーガ 3」

“強くてニューゲーム” ファンタジー、激動の第三章!
累計5万部突破! “強くてニューゲーム” ファンタジー、激動の第三章! 鉱山都市カランで魔族の暗躍を阻止したカイル一行は、この恐るべき事件の証人として、ガルガン帝国へと旅立つ。しかし帝国側は、強力な魔族を倒した経緯とカイルの実力を疑問視。その証明として、大陸最大の武術大会で優勝することを求めるのだった。未来で大戦争を生き抜いたカイルならば楽勝――かと思われたが、思わぬ誤算が頻発し、大会は大波乱の様相を呈していく。果たしてカイルは、英雄への大きな一歩を勝ち取ることが出来るのか!?」
- 2019.2.23 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「強くてニューサーガ 3」より

ガルガン帝国の王族と知己を得るカイルでしたが、実は、ガルガン帝国が近い将来に王位継承を巡り内紛に突入することを知っています。そのきっかけとなったエルドランド第一皇子の急死ですが、それが実は暗殺だったのではないかと思わせる人物とも邂逅します。それは、東洋のシノビの一族で、暗殺をはじめとする闇の技術を継承するミナギという美女だったですが・・・。
今巻は、ガルガン帝国での武術大会でのカイルの活躍が描かれます。もう、アクションシーンの連続。
ただ、様々な勢力の思惑が絡み、複雑な様相を呈するのですが、カイルは武術大会では純粋に勝ちを求めることになります。対戦相手が誰であっても。
新たにミナギを仲間にしたカイルたち一行の次の冒険が楽しみですね。続けて読んでいくつもりです。

alita_battle_angel"ALITA: BATTLE ANGEL THE OFFICIAL MOVIE NOVELIZATION" - 「アリータ バトル・エンジェル」

少女の冒険、父と娘の絆、対立する世界の中で失われる命――
* * * * * * * *
舞台は、“支配する者” と “支配される者” の2つの世界に分断された、謎めいた遠い未来。荒廃した瓦礫の中からサイバー医師イドに拾われ蘇ったサイボーグの少女。
過去の記憶をすべて失っていたその少女は “アリータ” と名付けられ父親代わりのイドに見守られて成長するが、ふとしたきっかけで自分は300年前に失われたテクノロジーで創られた “最強の兵器” だということに気付いてしまう――。
* * * * * * * *
『アバター』『タイタニック』のジェームズ・キャメロンが日本のSFコミック『銃夢』を “究極の映像体験” に!
話題の映画を完全小説化!
天使が降り立ち、戦士に目醒める
人間の心を持つ最強のサイボーグ少女――
アリータの世界を変える壮大な旅が始まる!」
- 2019.2.23 竹書房 「アリータ バトル・エンジェル」より

映画をまだ観ていませんので、読んでいて思い浮かべる風景・情景は、コミックのそれでした。コミックとは、名前や設定が異なっていましたが、ストーリー構成はコミックのそれを踏襲しており、またコミックの雰囲気を損なうことなく、うまくまとめられていたように感じました。
アリータが、300年ぶりに目覚めた戦士であっても、少女のままであり、反抗期であるのがよく描写されていて、かつ、少女から大人へと成長する過程もよく描写されていたと思います。ただ、戦士であると自覚するにつれ、その暴力的な面も現われてくるのは、ある意味仕方ないとしても、ちょっと違和感を覚える時もありましたが(原作コミックでも感じました)。
原作が長編コミックであるので、どのように脚本されるのか、大変興味があったのですが、けっこうよくまとめられていたように思いました。また、それ故に続編もあるのでは、と思わせる内容ではありましたね。映画を鑑賞するのが楽しみです。

the_failure_at_ashley_magic_academy_4the_failure_at_ashley_magic_academy_4_characters"The Failure at Ashley Magic Academy" - 「魔法学校の落ちこぼれ 4」

落ちこぼれ少年×天才魔法使い! 大人気の魔法ファンタジー第4章!
家族のために免税特権を得ようと、貧しい田舎を飛び出して魔法学校に入学した少年フィン。学校生活も三年目を迎えたフィンは師匠ルーベンスに連れられ、同盟締結の交渉をするために遊牧民の国・バルト王国を訪れる。しかし協議を終えた帰国の道中、ルーベンスが突如フィンに別れを告げ、一人船に乗って去ってしまった。当初はいつもの気紛れかと思われたがどれほど待っても戻ってこず、国中が大騒ぎする事態に発展していく。フィンは国王から直々に命を受け、海軍の船で捜索に出発するのだった――!」
- 2019.2.22 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「魔法学校の落ちこぼれ 4」より

まったり、のんびりと師弟の吟遊詩人の旅が続きます。本当はバルト王国との同盟を探るべく、スパイ行動のはずなのですが。
そこでも、フィンは、キーとなる少女と知己を得ます。もう、お約束の展開ですね。彼女とは、魔法学校で再会することになりますが。これもお約束でしょうか。
後半は、行方不明となったルーベンスを追って、友人と竜とともに海に出ます。
また、残りの竜の卵を友人に渡して、卵から孵させることもありました。
このシリーズは、まるでジュブナイルのように、ストーリーが展開していきます。難しい理屈や謎はあまりなく、ローティーンの少年・少女が活躍します。と言っても、主人公が規格外の能力を持って、バトルで無双することもなく、まるで、小中学生の日常が描かれています(魔法学校ですので、目新しさはありますが)。安心して、のんびりと読むことができましたね。

the_reason_the_devil_is_the_savior_on_the_groud_3the_reason_the_devil_is_the_savior_on_the_groud_3_characters"The reason the Devil is the Savior on the ground" - 「魔王が地上では救世主になっている理由 3」

ついに魔王選抜ゲームの覇者確定! 人気Web小説、完結!
『魔王選抜ゲーム』に参加中の魔王の娘リーゼロッテは、膨大な魔力に続いて圧倒的な知名度と知力も手に入れ、ついに総合評価1位に躍り出る。そんな折、ひょんなことから地上に出てきた子煩悩な魔王が、リーゼロッテを巡るある勘違いから暴走をはじめ、地上の男を根絶やしにすると宣言。魔王選抜ゲームのルールを改変して魔王候補者たちを味方に引き入れた結果、『500年前の災厄の再来』という予言が実現してしまう。リーゼロッテは期せずしてラスボスとなった父親を倒すため、勇者マサトや神カカミの力を借りて、魔王城での最終決戦に挑む――Webで大人気の新感覚ファンタジー、ここに完結!」
- 2019.2.17 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「魔王が地上では救世主になっている理由 3」

完結巻ですね。怒濤のごとく物語が進行し、あっという間に完結してしまいました。
いい加減な性格である魔王とその娘との対決。リーゼロッテが、圧倒的不利な条件での魔王との対決を如何に制するか、そして、リーゼロッテが如何に救世主となったのか、面白くて楽しい展開でした。
単身、リーゼロッテが、父である魔王に立ち向かう姿が格好いいですね。魔王もそんな娘の成長を喜んでいます、が戦闘には手を抜くことがありません。やっぱり、魔族なのです。
そしてエピローグなのですが、ソフィーとの約束を守って、60年後に魔界に戻ったというところで、(不覚にも)ちょっとだけ感動してしまいました。さりげない一文で締めでしたが、読んでよかった、と思えるエピソードでしたね。

the_reason_the_devil_is_the_savior_on_the_groud_2the_reason_the_devil_is_the_savior_on_the_groud_2_characters"The reason the Devil is the Savior on the ground" - 「魔王が地上では救世主になっている理由 2」

巨大ロボで、魔王選抜ゲームのトップをねらえ!?
『魔王選抜ゲーム』で1位を目指す、魔王の娘リーゼロッテ。評価項目である魔力や知名度は、順調に上がっていた。だが知力だけは、依然低いままで――。そんなある日、彼女はハイエルフの青年バシルから、神獣レヴィアタンを倒してほしいと頼まれる。報酬として、知力を上げられそうな道具をくれるらしい。それを目当てに、リーゼロッテは依頼を引き受けた。さっそく、神獣が棲むという泉へ向かうが、そこで思いがけず発見したのは……知能をもつメイド型人形に、巨大人型兵器!? 荒ぶる神獣を倒すため、魔王の娘が今、白い悪魔を駆る!」
- 2019.2.15 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「魔王が地上では救世主になっている理由 2」より

天然で、脳天気で、自信過剰なリーゼロッテですが、脳筋ではないようですね。また、どの種族に対しても差別することなく接しています。まぁ、常に上から目線であるのですが。
そんな彼女ですので、「神」からの依頼についても、(一応)敵対することなく、協力しようとはします。
これで、「知力」が最低レベルというのですから、何が基準でランク付けしているのか訳が分かりませんね。それでも、リーゼロッタは、「知力」のレベルアップを図るため、様々な方策を講じるわけですが。
後半の仙狐のメイファとの対決は面白かったですね。知者でも天然には敵わない、ということでしょうか。
次巻は、完結巻ですね。暫定1位になったリーゼロッテが、そのまま魔王へとなるのか、大変気になりますね。

the_reason_the_devil_is_the_savior_on_the_groud_1the_reason_the_devil_is_the_savior_on_the_groud_1_characters"The reason the Devil is the Savior on the ground" - 「魔王が地上では救世主になっている理由」

ネットで大人気の新感覚ファンタジー、待望の書籍化!
五百年に一度、開催される『魔王選抜ゲーム』。魔族たちが魔力や知力、魅力、知名度などを競い合い、十年後に総合評価でトップだった者が、次代の魔王となる。今回のゲームに参加した、魔人の少女リーゼロッテ。現魔王の娘にもかかわらず、スタート時の評価は最悪……。なんとか最下位だけは避けたい彼女だったが、やがて、自分の魔力が異常に上がりやすいことに気づく。魔力は最上位を狙えそうだと踏んだ彼女は、次は知名度を上げることに。そこで彼女が考えた方法は、なんと『人助け』だった――! 魔王の娘が、その気もないのに世界を救う!? ネットで大人気の新感覚ファンタジー、待望の書籍化!」
- 2019.2.14 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「魔王が地上では救世主になっている理由」より

何気なく手に取った本書。あまり期待はしていなかったのですが、いい意味で、期待が裏切られました。けっこう、面白い。
主人公は、魔王の娘で、言わばアンチヒーローです。人を(ヒューマンを)殺害することに忌避感は、ありません。また、魔族に対抗すべく人族は、「勇者」を召喚しています。で、500年毎に魔族が地上に出てきて、人族を蹂躙するということなのですが、実はそれが500年毎に魔王を決めるゲームであった、という設定ですね。
更に、魔族が人族を殺害するのは、マナを得てレベルアップするためであったという。主人公のリーゼロッテは、少ないマナで魔力とレベルアップができる例外的な能力を持ち、早くに魔力はカンストしてしまいます。ということで、人族を無闇に殺害する必要は無く、知名度を上げるために、救世主になることよって達成しようと考えるのでした。
登場キャラクターの性格もユニークですね。また、一応剣と魔法の世界なのですが、普通に神族が存在し、天使が地上に出てきていたりするのです。
次巻も、続けてよんでいくつもりです。

kuro_no_seikentsukai_3kuro_no_seikentsukai_3_pamph「黒の星眷使い ~世界最強の魔法使いの弟子~ 3」

全編書き下ろし! 「世界最強」の師匠と、魔法修行の開始!!
王都のレーネシア魔法学園へと入学した転生者で落ちこぼれのソウジ。彼は黒の星眷魔法で変身し、危機に晒される学園や王都を、ギルドの仲間たちと共に救った。
危機が去った王都では、史上初めて五大陸魔法学園交流戦の開催が決定する。その代表決定戦も兼ねて学園ではバトルロイヤル形式の障害物競走が開幕し、代表を目指すソウジたちは様々な難題にぶつかるが……。
そんな代表決定戦後の夏休み、ソウジたちはソフィア師匠の海合宿に参加することになった。『世界最強の魔法使い』であるソフィアの指導で、更なるパワーアップとチーム力の向上を目指すが、海辺で繰り広げられる、師匠のユニークな特訓メニュー&言動に不安は募っていく――
一方、魔王と魔人が組織する『再誕-リヴァース-』は、着々と計画を進めていて……!?
落ちこぼれ魔法使い&魔法少女たちの、魔法×変身×戦闘ファンタジー、急展開の第三弾!!」
- 2019.2.13 MFブックス「黒の星眷使い ~世界最強の魔法使いの弟子~ 3」より

定番の水着回でしたが、一応訓練ということらしいです。また、ソフィアが施す特訓メニューが面白かったですね。
また、ソウジは、別メニューで生徒会長との戦闘形式とのことでしたが、何度も死にそうな目に会います。というか、ソウジは、頭が吹き飛ばされても再生するのですね。吃驚です。
そして、魔法学園交流戦に乱入した魔人との死闘ですが、魔人の戦闘力に圧倒されます。そこで(?)、登場した「白騎士」。魔人と五分に渡り合い、あまつさえソウジたちを邪魔者扱いにします。彼らの存在も新たな謎、伏線となります。
次巻も面白そうで、期待できますね。

kuro_no_seikentsukai_2「黒の星眷使い ~世界最強の魔法使いの弟子~ 2」

落ちこぼれ魔法使いが這い上がる! 変身×戦闘×英雄譚!!
落ちこぼれの上に魔王と同じ『黒魔力』を持つがゆえ、生家をも追われた転生者のソウジ。
彼は世界最強の魔法使いソフィアに拾われて修行を積み、王都のレーネシア魔法学園へと入学した。そこで自分を憎む実の弟に危機へ追い込まれるも、ソウジは黒の星眷魔法で変身、学園の危機を救うのだった。
だが、学園が結界維持のために守護する『核結晶(コアクリスタル)』を悪用しようと、更なる魔の手が学園やギルドの仲間たちに迫る――
『これ以上、手を出してみろ。焔剣で灰にしてやる!』
仲間を守るため、赤魔力の星眷使いフェリスの力を借りてソウジは新フォームに変身!? 学園だけでなく、王都の街にまで敵の襲撃範囲は拡がり、ますますの奮闘を迫られるソウジの運命は!?
落ちこぼれ魔法使い&魔法少女たちの、魔法×変身×戦闘ファンタジー、待望の第二弾!!」
- 2019.2.13 MFブックス「黒の星眷使い ~世界最強の魔法使いの弟子~ 2」より

星眷使い、ということは、「星眷を使う」イコール「変身する」ということだったのですね。今更ながら気付いてしまいました。
そして、ソウジだけが、2段階の変身ができて、黒騎士に変身できる、という。更に、ソウジが黒騎士であることは秘密である、というのはお約束ですね。
更にまた、黒騎士の上に、各色の変身もまた可能となりました。赤の焔とか、青の水とかですね。
そして、宿敵の暗躍と登場と対決、死闘とこれまた王道の異世界ファンタジーが展開されてます。また、「巫女」と「星遺物」とは(?)、という謎と伏線もありましたね。
次巻も、物語の展開が楽しみです。

kuro_no_seikentsukai_1kuro_no_seikentsukai_1_pamph「黒の星眷使い ~世界最強の魔法使いの弟子~ 1」

落ちこぼれが魔法で変身! 魔法少女と共に、悪と戦うファンタジー
転生者ソウジは魔力があっても魔法を使う才能はない落ちこぼれで、魔王と同じ黒魔力を持つがゆえ、まだ幼い身ながら生家をも追われて路頭に迷う。そんな彼を救ったのは、『世界最強の魔法使い』と言われるソフィア・ボーウェンだった!?
ソウジはソフィアの弟子として、家族として、生き直すことを決意する。
『俺は魔法が使えるようになりたい。魔法の使えない過去の自分と、さよならしたい!』
9年に及ぶ修行で上級魔法を習得し、魔法使いを超えた『星眷使い』になったソウジは、とある目的のためにレーネシア魔法学園へ入学する。そこで親友となるレイド、美少女フェリス、半獣娘コンビのクラリッサ(犬耳)&チェルシー(猫耳)らと出会い、ギルドを結成するに至るが、黒魔力を憎むオーガストなる生徒と激しく対立、孤立していく。
更にソウジ自身の因縁が魔の手となり、学園に危機が迫る――。
落ちこぼれから這い上がる魔法使いと、魔法少女たちの戦いと青春の日々がここに開幕!!
- 2019.2.11 MFブックス「黒の星眷使い ~世界最強の魔法使いの弟子~ 1」より

まるでラノベファンタジーの王道のようなストーリーでしたね。
剣と魔法の世界に生まれ、落ちこぼれで、しかも名家の生まれでありながら、家を追い出されて「世界最高の魔法使い」に拾われて弟子となり、そこで最強の魔法を身につけていく。ついでに(?)主人公は、日本からの転生者だったという。
そして、魔法学園へと入学して、幼馴染みであった美少女に出会うが、主人公は最初思い出せずに、美少女の恋慕が募るという。
やっぱり、王道ですね。
ただ、単なる魔法だけでなく、それを超えた「星眷」というのが面白い設定でしたね。
第1巻は、主人公の紹介と、彼が師匠の元で成長し、学園生活を始めるという、物語の導入編といった様子でした。それにしても、個人の魔法戦、ギルド同士の魔法戦や実家での因縁との決別、等とイベントが沢山あって、退屈することなく一気に最後まで読んでしまいました。次巻以降の物語の展開が楽しみですね。

good_bye_dragon_life_15good_bye_dragon_life_15_characters"GOOD BYE, DRAGON LIFE." ー 「さようなら竜生、こんにちは人生 15」

累計40万部! 元最強竜の村人転生ファンタジー第15章!!
最強最古の神竜の魂を持つ辺境の村人ドランは、久々に帰郷する道中、不思議な女芸人二人組と出会う。妙に思わせぶりな態度の彼女達に加えて、見慣れぬ女傭兵二人までもが彼の周囲をうろつくようになったものの、四人の正体が知己の邪神に関係すると見当をつけたドランは、害はないと判断して放置していた。しかし、神造魔獣の魂を持つ少女――レニーアが彼女達に噛みついた事で、事態は急変。破壊と忘却を司る大邪神本人まで降臨し、“身内”同士の修羅場が展開される!?」
- 2019.2.10 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「さようなら竜生、こんにちは人生 15」より

今巻では、ドランの活躍はなくて、それがちょっと残念。
リネットを学院に連れ帰ったドランは、レニーアとの対面に気を使います。彼女が新たな美少女を認めるかどうかが、とても気になるようです。それにしても、ドランの回りには美少女、美女ばかりです。それも人外な存在ばかりなのは・・・(笑)。
今度は、邪神カラヴィスが大活躍(!?)。また、意図したのでなく、偶然誕生した眷族(邪神)が楽しかったですね。
最後は、レニーアと闘うことになるわけですが。カラヴィスの邪神ぶりが最後に光ります。
次巻は、ロマル帝国へ弔問に訪れる王太子の護衛として赴くようです。内乱の気配濃厚な帝国ですが、次巻ではドランの活躍が見られるのでしょうか。楽しみですね。

isekai_shoukan_ha_nidome_desu_4isekai_shoukan_ha_nidome_desu_4_illust_cardisekai_shoukan_ha_nidome_desu_4_pamph

「異世界召喚は二度目です 4」

「もう一人の勇者であり、前世からのライバルでもあった冬真を倒した主人公・須崎雪こと勇者・セツ。だが、冬真を慕うガイアの暴走はとまらず、封印されし者はついに長き眠りより目を覚ます。創造神<クレアシル>――次元すら異なる神の降臨に、セツたちは恐怖し、絶望する!!「小説家になろう」発、痛快バトルファンタジー第4弾。書き下ろし番外編「魔王の恋路」も収録。」
- 2019.2.9 モンスター文庫「異世界召喚は二度目です 4」より

創造神クレアシルにより、「消失」させられたと思われたセツでしたが、破壊神デストロイアによって、かろうじて消失は免れるが、魔力を失い、地上最強でなくなってしまいます。
一方で、創造神は、力を蓄えるためにしばしの間、姿を消すのですが、同時に復活した「聖剣」により、地上世界は混乱を来すことになります。その聖剣とセツは、同じく力を失ったデストロイとともに死闘を展開するのですが。
聖剣が、自我を持ち、かつ人族の抹殺を企む、というのは面白い発想ですね。
そして、セツの出生の秘密が・・・。
次巻が完結巻となりますが、どのような展開となるのか楽しみですね。

isekai_shoukan_ha_nidome_desu_3isekai_shoukan_ha_nidome_desu_3_pamph「異世界召喚は二度目です 3」

「異世界召喚も二度目ということで、できることなら静かに暮らしたいと願う須崎雪こと勇者・セツ。ところが本人の気持ちとは裏腹に、人間軍と魔族・獣人連合軍との戦いが始まってしまう。セツは魔王デザストル(※女性です)を救うため、再び魔族大陸へと向かうのだが――そこには前世からの宿敵の姿があった!! 怒濤の急展開を迎える「小説家になろう」発、痛快バトルファンタジー第3弾!」
- 2019.2.9 モンスター文庫「異世界召喚は二度目です 3」より

戦闘に次ぐ戦闘、死闘に次ぐ死闘が続きましたね。
主人公のセツだけでなく、そこら中で、分かれて戦闘シーンが展開していきます。各戦闘場面で味方(?)は都度絶体絶命の危地に陥るのですが、何とか撃退することに成功します。
主人公も「不殺」の誓いを破ることなく、宿敵との対決となります。
そして、ついに顕現するラスボスとの対決。しかしながら・・・。と、各々の戦闘場面に目が離せずに一気に読んでしまいました。
次巻もセツの行方共々とても気になりますね。

isekai_shoukan_ha_nidome_desu_2isekai_shoukan_ha_nidome_desu_2_pamph「異世界召喚は二度目です 2」

「再び召喚された異世界で、主人公須崎雪こと勇者・セツは遊ぶ気マンマンだった。ところが思い通りにならないのは、異世界も現実も同じ。セツは召喚早々、人間国やら魔王城やら飛び回り、今度は獣人の王に会うため、海神リヴァイアと共に獣人大陸へとやって来たのだった。そして魔王城で襲いかかってきた黒いローブがまたしても現れ……。はたして暗殺者たちの狙いとは!? 書き下ろし番外編『冒険者の心得』を収録した『小説家になろう』発、痛快バトルファンタジー第2弾!」
- 2019.2.8 モンスター文庫「異世界召喚は二度目です 2」より

前回召喚されたときのように、やっぱり戦争を止めるように動くセツなのでした(笑)。
そして獣人国にやってきたセツは、ネコの獣人二人(もちろん美少女)と出会い、というか襲われて、これを撃退、更に仲間にします。王道パターンですね。
獣人は、脳筋であるようで、これもお約束ですね。獣王の娘(これも美少女)と再会し、これも撃破。それにしても、獣人たちは、自分より強い牡に飼ってもらいたい(主人になってもらいたい)と思うようですね。楽しい設定でした。
次巻は、宿敵との対決となるのでしょうか。読むのが楽しみですね。

isekai_shoukan_ha_nidome_desu_1「異世界召喚は二度目です 1」

「かつて異世界へと勇者召喚され、その世界を救った男がいた。もちろん男はモテまくるようになり、異世界リア充となった。だが男は『罠』にハメられ、元の世界へと強制送還。おまけに赤ん坊からやり直すことに――。これは、今はちょっぴり暗めの高校生・須崎雪として生きる元勇者が、まさかまさかの展開で、再び異世界へと召喚されてしまうファンタスティックすぎる勇者様のオハナシ!! 書き下ろし番外編「輝くは朝日、決意は夕陽」を収録した『小説家になろう』発、痛快バトルファンタジー第1弾!」
- 2019.2.8 モンスター文庫「異世界召喚は二度目です 1」より

日本では、ネクラでいじめられっ子のセツが、実は異世界召喚されていた勇者で、日本へ強制送還されて、赤ん坊に転生した二度目の人生であった。そして、魔法は使えなくても身体能力は、勇者のままであったので、わざといじめられても従容と受け入れて反撃もしてこなかった、という。そんなセツが幼馴染みとクラスメトートたちとともに再召喚される。
そのようなセツであったがゆえ、再召喚され勇者ともてはやされることを避け、無能力者として国外に(自ら)放逐されることを選ぶのでした。
一見して自分勝手で、やる気のない主人公かと思いましたが、実は、人間の王が自らの領土拡大をもくろんで仕掛けた戦争を、召喚した勇者たちに肩代わりさせて闘わせようという「裏」を知っていたゆえの行動であり、また前回の異世界召喚にて殺人を行ってから「不殺」の誓いを立てて実践している、という一面もあるのでした。
セツ単独の冒険行の始まりですね。また、前回の異世界召喚にて、知り合った仲間たちとの繋がりから、この戦争を阻止すべく世界を駆け巡ることになりますが、その先々での無双ぶりが楽しい。
次巻は、獣人の国での活躍となりそうですね。続けて読んでいくつもりです。

new_saga_2new_saga_2_characters"NEW SAGA" - 「強くてニューサーガ 2」

話題沸騰の“強くてニューゲーム”ファンタジー、第二章!
早くも累計4万部突破! 超話題沸騰中の “強くてニューゲーム” ファンタジー、待望の第二章! 滅びの運命を変える為、前世の記憶と実力を駆使して英雄を目指す魔法剣士カイル。王女からの信頼を得たカイルとその仲間達は、使者として鉱山都市カランを訪れる。しかしそこでは住民の行方不明事件が続発しており、ついには伝説の “魔王殺しの聖剣” を持つ都市長も姿を消してしまう。王女の依頼を果たし、更には聖剣を手に入れる為に都市長の行方を追うカイル達。そんな彼等の前に、恐るべき仇敵・魔族と邪悪な陰謀が立ち塞がるのだった――」
- 2019.2.6 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「強くてニューサーガ 2」より

英雄になるべく奮闘するカイルですが、次のイベントを決めかねているときに、王女からの要請により、使者として鉱山都市カランを訪れることに。そこで、カイルたちは予想外の事態に遭遇しながらも、鍛冶師や魔道兵器の復元、更には魔族との闘い、といった収穫を得ることができるのでした。
本作の主人公のカイルは、英雄となる素質はありながらも、(今は?)魔族に無双できるほど強くはありません。智恵を絞り、戦術を練りながら、準備を行って、決戦に臨むというほどです。それでも、ぎりぎりの攻防を繰り広げるのですが。ここら辺が、従来の英雄譚とは異なるところでしょうか。ちょっと、リアリティを感じますね。
次巻以降も読むのが楽しみですね。

new_saga_1new_saga_1_characters"NEW SAGA" - 「強くてニューサーガ」

ネットで話題沸騰の “強くてニューゲーム” ファンタジー!
インターネット上で話題沸騰の “強くてニューゲーム” ファンタジー、待望の書籍化!激戦の末、魔法剣士カイルはついに魔王討伐を果たした…と思いきや、目覚めたところはなんと既に滅んだはずの故郷。そこでカイルは、永遠に失ったはずの家族、友人、そして愛する人達と再会する――人類滅亡の悲劇を繰り返さないために、前世の記憶、実力を備えたカイルが、仲間達と共に世界を救う2周目の冒険を始める!」
- 2019.2.6 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「強くてニューサーガ」より

「死に戻り」ではなく、また「異世界転生」でもありませんね。剣と魔法の世界での英雄の過去への「タイムスリップ」ですね。ただし、記憶を持ったままの魂のみの転移で、過去の自分自身に転移します。
そこで、過去に戻った魔法剣士カイルは、数多の悲劇を繰り返さないために、早くから英雄として立ち、各国への影響力を増して、来る魔族との人類の存続を賭けた闘いに備えようとします。
元々、英雄の素質を備えていた主人公ですので、それが努力する目標を得たのですから、以前にも増して鍛錬に励むことになります。また、前世の知識から様々なチートな方法により、金、人脈、そして運を味方に着けようと画策する訳なのですが、数百万もの犠牲を避けるには手段を選ばない(大事の前の小事と割り切る)、と決心、覚悟する位には、非情で狡賢かったりするのです。
幼馴染み2人が、カイルの英雄譚の最初の仲間となるのですが、彼らの性格がある意味ぶっ飛んでいて、とても楽しい。また、前世では死亡していた王女を救うのですが、その王女もまた一癖も二癖もある性格であるのも楽しい。
2周目の冒険譚ですが、前世の記憶とは違った運命をたどることになり、事件の予測ができなくて、今後の展開がどのようになるのか、楽しみですね。

shirokuma_tensei_6「シロクマ転生 ―森の守護神になったぞ伝説― 6」

小クマキチ大冒険!
賞金稼ぎたちをなんとか倒したクマキチたち。しかし生き残った敵との戦いで魔術攻撃を受け、クマキチの身体はみるみるうちに縮んでゆく。縮小化の呪いを解くには遠く住む沼地の魔女の力を借りるしかない。ルルティナたちは縮みゆくクマキチを助けることができるのか――? 大人気シロクマファンタジー第六巻!」
- 2019.2.5 HJノベルス「シロクマ転生 ―森の守護神になったぞ伝説― 6」より

森に戻って平穏な生活は続かず、今度はクマキチに呪いがかけられて、それが身体の縮小化、というとんでもないものだった、というのが面白かったですね。
シロクマの能力というか体力にものを言わせて無双していたクマキチですが、その能力が身体の縮小化によって、封じられてしまい守護神としてのアイデンティティーの危機を迎えます。
しかし、クマキチの勇気は変わりなく、小さな体でも敢然と敵に向かっていきます。その姿が格好いいですね。
また、クマキチの呪いを解くことのできる「沼地の魔女」ですが、なかなか難しい性格らしくて、一筋縄ではいかなそう、というかこれもお約束でしょうか。
小さくなったクマキチですが、自身の能力だけに頼らずに、仲間の助力を得ながら困難を排していくのですが、「沼地の魔女」とは敵対する関係となってしまい、苦悩することになります。それでもクマキチは・・・。
物語の展開が2転3転し、とても面白くて、一気に読んでしまいました。特に最後は、怪獣大接戦のように、体長30メートルを超すモンスターとの対決となり、とても楽しかったですね。
次巻の発刊が待ち遠しく思います。

fantasie_geshichte_von_soldner_in_grosser_armut_8"Fantasie Geshichte von Soldner in grosser Armut" - 「食い詰め傭兵の幻想奇譚 8」

大剣の秘密を明かすべくラピスの実家へ!
ロレンの持つ大剣の謎を追うため、(半ば強制的に)ラピスのご両親へとあいさつへ向かうことに。魔族領へと抜ける大洞窟へと踏み入るロレンたちだが、その道中で出会ったのは、かつてゴブリンの遺跡で共闘した懐かしい顔ぶれだった。これは、新米冒険者に転職した、凄腕の元傭兵の冒険譚である――。」
- 2019.2.3 HJノベルス「食い詰め傭兵の幻想奇譚 8」より

相変わらず面白いですね。ロレンがほぼ人外な力を備えているのですが、ラピスとグーラらが、ロレンン以上の力を有している、というのが楽しい。
ロレンが、自身の能力(「死の王」を宿していること)や、ラピスが魔族であること、グーラが暴食の邪神であることを他の冒険者たちに隠すことに腐心する様もまた楽しい。
魔族領のラピスの実家に着いてから、明らかになるラピスの素性。そこで、母親から直々に依頼されるロレンなのですが・・・。ラピスの性格も大概なのですが、それはどうも母親譲りだったようで・・・。
いつもは、1話完結だったのですが、初めて「続く」となりました。次巻が楽しみですね。

world_of_leadaleworld_of_leadale_cover_all

world_of_leadale_pamph"WORLD OF LEADALE" - 「リアデイルの大地にて」

目覚めたのは200年後の世界――そこで彼女が為すべきことは?
事故によって生命維持装置なしには生きていくことができない身体となってしまった少女 "各務桂菜" は VRMMORPG 『リアデイル』の中でだけ自由になれた。そんなある日、彼女は生命維持装置の停止によって命を落としてしまう。しかし、ふと目を覚ますとそこは自らがプレイしていた『リアデイル』の世界……の更に200年後の世界!? 彼女はハイエルフ "ケーナ" として、200年の間に何が起こったのかを調べつつ、この世界に生きる人々やかつて自らが生み出した NPC と交流を深めていくのだが――。
書籍だけの特別短編『職業参観の顛末』を収録!」
- 2019.2.2 KADOKAWA eb! enterbrain「リアデイルの大地にて」より

夜を徹して読んでしまいました(おい)。
面白かったですね。ゲーム世界でありながら、プレイしていた時期より、目覚めたら200年経っていたという。どうも、睡眠中にリアルでは、停電があって、死亡、ところがそのまま魂(精神)のみがゲーム世界に転移したのではないか、と。
200年というのが、みそですね。人の寿命は、約100年として、多くのプレイヤーが姿を消しています。エルフ族やドワーフ族のような長命な種族を除いて、ですが。
すなわち、自分(ハイエルフ)以外は全て NPC が生きている世界、というわけですね。
ゲームでも、スキルマスターとして君臨していたケーナでしたが、200年の間にスキルの大半を失われ、レベルの低い NPC の世界では、規格外、人外な能力を有し、無双します。ケーナ自身が無自覚で力を行使してしまうのが、面白かったですね。
「リアデイル」で生きていくことを余儀なくされ、また決心したケーナですが、今後の物語の展開が楽しみですね。

wizard_princess_1wizard_princess_1_pamph"Wizard Princess" - 「ウィザードプリンセス ~落ちこぼれ少女を最強魔道士に~」

元エリート騎士が、落ちこぼれ少女を最強魔導士に育てる!
精鋭騎士団の百騎長、ユウ・ブラウン(二十五歳)は自身の能力に限界を感じ、年齢とこれまでのキャリアを考慮し、騎士団を辞め冒険者になることを決意する。
一方、名門魔法学院の落ちこぼれ少女、ティファ・ベイカー(八歳)も、自身の身の振り方の選択を迫られていた。彼女は異常に魔力量はあるが、魔法を使えず極貧であったのだ。
普通の生活では交わることのない二人。しかし、ユウは落ちこぼれ少女のその不遇さを知って、自分が育てることにする。ところがそれは騎士団特有の非常識な魔法鍛練と育成方法だった――。
どこか世間ズレした、スパルタ上等(?)年の差師弟コンビの行方は!?
『フェアクロ』の埴輪星人が描く、ハートフルな異世界 “ウィザードメーカー” ストーリー!」
- 2019.2.2 MFブックス「ウィザードプリンセス ~落ちこぼれ少女を最強魔道士に~」より

けっこう面白くて、一気に読んでしまいました。
ユウの規格外なところと、更に規格外な弟子、ティファとのコンビ(師弟)が楽しいですね。ティファは、いわゆる天才なのですが、魔法が使えないという致命的な欠陥を抱え、学院の特待生でありながら、「落ちこぼれ」ていました。
そこで、異国の精鋭騎士団を辞めて冒険者になった、ユウがティファの指導をするのですが。
魔物とか魔神とか、ダンジョンなどの設定が(ちょっとだけ)目新しくて、それなりに楽しめました。ティファは、9歳になって、魔法も使えるようになりましたが、まだまだ修行が必要なようです。
早く続巻を読みたい、ですね。

2019.1

kujonin_9kujonin_9_pamph「駆除人 9 ~つなぎ合う世界篇~」

北半球と南半球を隔てていた赤道上の壁が消失。世界がひとつに!
神々のシステムから外れることでレベルを失ったナオキ。レベルの上がりすぎでガタがきていた今の身体を捨て、新たな身体に転生し直したナオキだったが、直後に空間の精霊に拉致されてしまう。
空間の勇者を助けてほしいと、赤道直下のバルニバービ島に飛ばされたナオキは、そこで時の精霊を壊し、時の勇者の駆除に成功。空間の勇者を助けて、彼は五年ぶりにコムロカンパニーのメンバーと再会したのだった。
『近々、この星の1000年続いたルールが変わる』
北半球と南半球を隔てていた赤道上の壁が1000年ぶりに消失する第9巻。大気が、海流が、魔素が混じり合い、未曾有の自然災害を経て二つの世界がひとつになる!? 」
- 2019.1.31 MFブックス「駆除人 9 ~つなぎ合う世界篇~」より

5年ぶりに帰ってきたコムロカンパニーの社長コムロ・ナオキ。帰ってからも疾風怒濤のごとく、物語は展開します。
また、社員たちは、皆裕福になっており、有名になっていたりしましたが、社長が戻ってきたことにより、また皆は社員として戻ってくるのでした。そんなコムロカンパニーは、世界の大災害に対して、獅子奮迅の活躍を見せます。
世界中を縦横無尽に駆け回る様が、まるで目が回るようで、ストーリーについて行くのに必死になりました。
そして、氷の女王と火の勇者との対決。神々からの依頼による、勇者の駆除もしっかりと行います。
この世界にとって、コムロカンパニーは、無くてはならない存在のようです。
次巻も読むのが楽しみですね。

mushoku_tensei_isekai_ittara_honki_dasu_20mushoku_tensei_isekai_ittara_honki_dasu_20_pamph「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 20」

クリフ帰郷!? これもヒトガミの罠なのか……?
ザノバとともにシーローン王国から、ラノア王国へ帰ってきたルーデウス。
打倒ヒトガミへの布石を打つ日々を送っていた。
そんなある日、魔法大学を卒業したクリフにミリス神聖国の祖父から手紙が届く。
ザノバの時と同じように、ヒトガミの罠と疑っていると、なんとルーデウスにも手紙が……!?
それは、ゼニスの実家であるラトレイア家からの呼び出しの便りだった!!
『はじめましてお祖母様、ルーデウス・グレイラットと申します、本日は――』
様々な思惑が入り乱れる中、ミリシオンへやってきたルーデウス達を待ち受けていたものとは!?
人生やり直し型転生ファンタジー第二十弾、開幕!! 」
- 2019.1.31 MFブックス「無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 20」より

今巻は、前巻が「動」の巻だとすると、「静」の巻ですね。強大な敵に向かって、様々な策を巡らし、戦闘する、と言うようなことは無く、ラプラスとの戦闘に備え、ヒトガミの陰謀に警戒する、という日常が淡々と描かれていきます。
そして、次巻へのプロローグでしょうか。クリフとともにミリス神聖国へと赴き、様々な人と出会います。
そこで、最後の最後になって、ゼロスが誘拐(!?)、という場面で終わっています。今巻で出会った人々と、次巻以降どのような縁を結び、あるいは絡んで展開していくのでしょうか。次巻が楽しみですね。

all_points_are_devided_to_vid_because_a_paintful_one_is_not_liked_5all_points_are_divided_to_vit_because_a_painful_one_is_not_liked_5_pamphall_points_are_divided_to_vit_because_a_painful_one_is_not_liked_5_card_frontall_points_are_divided_to_vit_because_a_painful_one_is_not_liked_5_card_illust

"All points are divided to VIT. Because a painful one isn't liked." - 「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 5」

新層に突入したメイプル、最強ギルドたちと共闘開始!?
ギルド対抗戦で二大ギルド【集う聖剣】と【炎帝ノ国】を下し、それぞれのギルドマスターとも交流を深めたメイプル。次なる階層でメイプルは彼らと冒険することに! 最強たちの目に彼女はどう映るのか――!?」
- 2019.1.30 KADOKAWA BOOKS「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 5」より

のんびり、ゆっくり、ほのぼのとした VRMMO ゲームを楽しんでいるメイプルが素敵です。今巻では、超絶スキルのゲット、とはいきませんでしたが、「楓の木」以外のギルドメンバーたちとの共闘を通じて、メイプルの規格外さが描かれています。
また、サリーやマイ、ユイ、カナデ、カスミ、イズ、クロムら「楓の木」ギルドメンバーも大概なのですが。
次巻もほのぼのゲーム攻略の様子が描かれるのでしょうか。楽しみですね。

almost_forty_wisemans_isekai_seikatsu_nikki_8almost_forty_wisemans_isekai_seikatsu_nikki_8_pamph「アラフォー賢者の異世界生活日記 8」

【大賢者】は人助けがお好き!?
イルマナス地下街道の開通工事に無理やり参加させられたゼロスは、工事の途中で発見したイーサ・ランテ古代遺跡にて本物の悪魔とガチバトルしたり、遺跡の最終攻撃兵器【セラフィム・バースト】を意図せずに発動させたりと、怒涛の作業ライフを過ごす。
ゼロスはほどなくして街道工事を終えると、休む暇もなく今度はソリステア魔法王国の外交官をアルトム皇国まで護衛することに。そんなゼロスは、道中に潜伏していた勇者一行の襲撃を受けるも、皇国側の護衛担当・ルセイとの活躍によって、見事勇者達を取り押さえることに成功する。
こうしてゼロス達は捕虜の勇者達を連れ、皇都アスーラーを目指すのだが、
『僕は王宮に着いたらお役御免ですね。観光でもして帰るかな~』
厄介事センサーに何か反応したのか、おっさんは早くも帰りたいオーラを解放し……!?」
- 2019.1.28 MFブックス「アラフォー賢者の異世界生活日記 8」より

えーと、毎回思うのですが、前巻の内容が思い出せない(!)。
さて、召喚された勇者たちと皇都に到着した途端に、ルセイとともに追放された母と妹を訪ねることになります。実は、ルセイが仮面を外すと、その顔を見たゼロスは、唖然として・・・。それは、神官である人に瓜二つであったのです。
一方で、魔物の暴走の行先が誘導されて、Gのモンスターが大挙押し寄せて来ます。迎え撃つのは、ゼロスとアド。魔物のボスには、魔王になりかけている【グレート・ギヴリオン】が。おっさんは、どのようにこのモンスターたちに立ち向かうのでしょうか。
次巻も楽しみですね。

the_survived_alchemist_with_a_dream_of_quiet_town_life_5the_survived_alchemist_with_a_dream_of_quiet_town_life_5_cover_all

"The survived alchemist with a dream of quiet town life." - 「生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 05」

『私たちはきっと、自分の力で歩いていけるから』
『迷宮都市』に住まう人々に残された時間は、少ない。
『金獅子将軍』レオンハルト率いる迷宮討伐軍の最高戦力と、『精霊眼』を取り戻したジークムント、そして『生き残り錬金術師』マリエラは、愛する街と人々を守るために、『迷宮の主』と対峙する!!
200年の時を超えて紡がれる、錬金術ファンタジー、感動のクライマックス!!」
- 2019.1.26 KADOKAWA eb! enterbrain「生き残り錬金術師は街で静かに暮らしたい 05」より

いつもののほほんとしたストーリー展開で無く、モンスターとの戦闘が続きます。マリエラも錬金術師として討伐軍に参加して、戦場で、ポーションを造りまくります。もちろん、師匠も戦闘に参加です。
そして、マリエラは、自覚無く、錬金術師の至高に到達するのです。伝説のポーションである、エリクサーを錬成できるほどの。
「迷宮の主」と対峙したマリエラが面白かったですね。あと一歩でエリクサーを作成できる経験値が足りない場面が特に。
そして、師匠がやっぱり素敵です。「炎災の賢者」の称号は伊達ではないのです。しかも、その称号は、かなり昔から語り継がれており、またマリエラの元から静かに去って行くのでした。再会を約しながら。

dungeon_ni_deai_14dungeon_ni_deai_14_pamph「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 14」

ベルとリューを待ち受ける運命は!?
ベル不在での『冒険』、そして孤立無援のベルとリュー。彼らの前に立ちはだかる最凶の事態とは――!?
『迷宮の孤王――アンフィス・バエナ!』
絶望の『予言』は終わらない。
惨禍の宴が繰り広げられた27階層で巻き起こる新たな異常事態。退路を断たれたリリ達は、ベル不在の中で『冒険』を余儀なくされる。
『深層......』
一方でベルとリューを待ち受ける過酷の名は『37階層』。孤独、孤立、孤絶、最凶の舞台で幕を開ける最悪の決死行。
そして迫りくる【厄災】の影。かつてない過酷に翻弄される中、リューは生と死の狭間で過去の情景を見る。
『私には、もう......『正義』はない』
これは少年が歩み、女神が記す、 ──【眷族の物語】──」
- 2019.1.22 GA文庫「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 14」より

とても読み応えがありました。全編モンスターとの死闘、死闘のシーンが続きます。しかも、いずれの場合も試練が続き、都度絶体絶命の危地となります。
これを跳ね返して「冒険」するのが、読み所となっていますね。
ヘスティア・ファミリアのベルを欠けての初めての「冒険」。精神的支柱を失って初めて、如何にベルに頼っていたのかを認識し、それでも希望を失わず、死闘に立ち向かっていくのが素敵です。
一方、ベルとリューの2人だけでの深層域の冒険行は、それこそ困難を極めます。リューは過去の因縁から、自己犠牲を厭わず、ベルを生かそうとしますが、それを超えて「冒険」するベルが素敵です。
リューが最後にかつての仲間の名を呼びながら、魔法を放つ姿に感動しました。

hachinan_tte_sorewa_naidesho_15hachinan_tte_sorewa_naidesho_15_pamphhachinan_tte_sorewa_naidesho_15_special_ss

「八男って、それはないでしょう! 第15巻」

蘇る悪夢! 地下遺跡の冒険再び!
冒険者予備校の臨時講師を引き受けたヴェルの講師生活はなおも続いている。
バウルブルクに新設された冒険者予備校も軌道に乗り始め、ヴェル発案による講義での挨拶や帰りの掃除などといった独自ルールが導入されていく。
さらには、学習の成果を発表するといった場を設けない、純然たる祭り要素強めの学園祭を催すに至るのだった。
そんなある日、ヴェルは特別講師として招いたアーネストへの報酬として、探索済みの地下遺跡にて学術調査の手伝いをすることに。
ヴェルは、護衛役として弟子の三人とエルを連れて遺跡に入るも、調査は小一時間で終了し、若干肩透かしを食わされる。
だが、帰りがけに造り物のネズミを発見し捕らえようとした際、そのネズミに魔法をかけられヴェルは子供の姿へと変えられてしまう。
しかも、この地下遺跡が実は広大なものであると判明した瞬間、冒険者デビューをはたしたあの地下遺跡の悪夢がヴェルの脳裏を過るのであった……。」
- 2019.1.21 MFブックス「八男って、それはないでしょう! 第15巻」より

最初、表紙絵を見たとき、「ヴェルの息子か!」と思いましたが、あに図らんや、ヴェル本人なのでした・・・。
ヴェルと冒険者予備校の弟子とも言うべき3人、アーネストとともに地下遺跡を図らずも冒険することになりましたが、ヴェルが弱体化してしまい、無双できなくなってしまって、窮地に立たされます。それでも、ヴェルは、これまで培ってきた経験などを武器に弟子たちを指揮して、次々と困難を克服していきます。ヴェルって、魔法の能力に頼っているばかりでなく、ちゃんと経験を積んでいたのですね。再認識しました。
また、地下遺跡を脱して、日常生活に戻るヴェルでしたが、様々な騒動が起こります。
それにしても、多くの妻を娶りながら、弟子の3人の美少女たちも、(近い)将来娶りそう・・・。どこまでも、ハーレム気分のヴェルなのでした・・・。

the_failure_at_ashley_magic_academy_3the_failure_at_ashley_magic_academy_3_characters"The Failure at Ashley Magic Academy" - 「魔法学校の落ちこぼれ 3」

落ちこぼれ少年×天才魔法使い! 大人気の魔法ファンタジー第3章!
二匹目の竜を誕生させたフィンは、竜の素晴らしさを人々に知ってもらうため、魔法学校の生徒を乗せた飛行訓練の実施や、竜の成長を描いた絵本作りに勤しんでいた。それらが実を結び始めた夏休み、フィンと師匠ルーベンスは、北方のサリン王国へ偵察に向かう。そこでは人質としてサリン王国に嫁ぐことになったカザフ王国の王女が、未来のない結婚から逃げる機会を今か今かと窺っていた。たまたまフィンと知り合った王女は、街中が盛り上がる夏至祭の夜に、自分を連れて逃げてほしいと頼み込む。彼女と関わるうちに、フィン達は陰謀の渦中に巻き込まれることになる!」
- 2019.1.19 アルファポリス - 電網浮遊都市 - 「魔法学校の落ちこぼれ 3」より

フィンとウィニー、ルーベンスとの魔法学校での、ほのぼのとした学園風景が描かれています。フィンも成長しつつあるといっても、まだまだ子供で、同級生とのほのぼのとした交流が、読んでいても楽しくなってきますね。
フィンも大分大きくなってきており、二人乗りでも十分にこなすようになってきました。
そして、夏休みを利用して、ルーベンスとフィンは、吟遊詩人に扮して、サリン王国に偵察に出るのでしたが。その再臨王国の夏至祭で、カザフ王国からサリン王国へ嫁ぐ予定の王女と出会うのですが・・・。
カザフ王国の陰謀が明らかになり、フィンは、アシュレイの残した防御魔法の大切さを改めて認識することになるのでした。
竜の魔力が、アシュレイの防御魔法に大きく関わっていることを確認したルーベンスとフィンは、またバルト王国に偵察に出かけるのでしたが・・・。
次巻は、ルーベンスとフィンとの、バルト王国での偵察の様子が描かれるのでしょうか。早く読んでみたいものですね。

netooku_otoko_no_tanoshii_isekai_boueki_7netooku_otoko_no_tanoshii_isekai_boueki_7_pamph「ネトオク男の楽しい異世界貿易 7」

異世界に戻れない!! 現代で明かされた世界の真実とは!?
異世界に通じている鏡が割れ、落ち込んでいた次郎だったが、ネトオクの落札者から、鏡を修繕できる人物の情報を得る。早速コンタクトをとった次郎の前に現れたのは、異世界で行方不明とされていた英雄・夢幻の大魔導師その人だった!!
そして彼の口から、異世界と現世、そしてディアナにまつわる真実が明かされる!
元通りになった鏡を抜けて、仲間の元へ戻った次郎はとうとうヒトツヅキを迎える事に。
それぞれが戦支度を進める中、己の無力さを悔やむディアナに、次郎はある提案をする。その時、彼女に誓ったネオニートの重大な決意とは!?
現代日本と異世界が交差する新感覚貿易ファンタジー小説、感動のフィナーレ!」
- 2019.1.17 MFブックス「ネトオク男の楽しい異世界貿易 7」より

シリーズ完結巻らしく、大団円でしたね。
鏡が破壊されて、粉々になってしまったことにより、茫然自失となった次郎。ネットオークションでも悪い評価がついて、1ヶ月ほど、呆然と過ごすことになります。
その一方で、掲示板の方では、ネットオークションのアカウントにより、「1」のメアドが判明し、また、「夢幻の大魔導師」を名乗るアカウントから、鏡を修復できるという書き込みが・・・。
ネトオク男の面目躍如、というか、思いもよらない伝手で、鏡が修復されることになりましたね。
また、「夢幻の大魔導師」により語られる異世界の真実。ハイエルフの秘密・・・。
そして、ついに迎えたヒトツヅキによるモンスターとの死闘へと。
物語の展開が早くて、あっという間に最後まで読んでしまいました。面白かったですね。

grimgar_of_fantasy_and_ash_14grimgar_of_fantasy_and_ash_14_pinupgrimgar_of_fantasy_and_ash_14_special_ss

"Grimgar of Fantasy and Ash" - 「灰と幻想のグリムガル Level. 14 ─ パラノマニア [parano_mania] ─」

そして物語は原初に至る。
摩訶不思議な世界パラノに迷い込んでしまったハルヒロ達は
散り散りになってしまい、それぞれが自分の弱さと向き合っていた。
他界パラノ編完結――シリーズ14巻。そして物語は転換点へ。」
- 2019.1.17 オーバーラップ文庫「灰と幻想のグリムガル Level. 14 ─ パラノマニア [parano_mania] ─」より

ハルヒロたちが迷い込んだ「パラノ」世界の異様な様子の描写が半端ないっ(!)。
各人の過去における心象風景が極端な形になって表に現れてきます。シホルの屈折した心境もまた。
その中で、ハルヒロは、やはり平凡なのか・・・(?)、いや、特別なのでしょうか。各人が必ず持つ魔法も、ハルヒロは非常に稀有なものであるようです。
それにしても、「そして物語は原初に至る。」というのは、何ということでしょう。最後に、このような展開が待ち受けていようとは。次巻の展開が気になって、しようがなくなるではありませんか。

kumo_desuga_nanika_comic_6kumo_desuga_nanika_comic_6_pamph「コミック版 蜘蛛ですが、なにか? 6」

蜘蛛子の前に現れた謎の男と1台のスマホ。蜘蛛子の命運が大きく動く!!
並列意志共々レベルアップを続ける蜘蛛子。そんな時、突然転移魔法で謎の男が現れる。その男とは言葉が通じず困り果てる蜘蛛子だが、さらにそこにスマホが現れ女性声の日本語で蜘蛛子に話しかけてくるのだった!」
- 2019.1.14 角川コミックス・エース「コミック版 蜘蛛ですが、なにか? 6」より

「謎の男」と「D」との邂逅場面も、並列意志がマザーにウィルス攻撃に出撃するシーンも、改めて漫画で見直すと感慨深いものがありますね。
また、「禁忌」が、Lv.10 に達して(本当は未来の)あるシーンを夢見るというのも、本編を読んだあとでは、「ああ、なるほど」と思われるシーンでした。
原作がより詳しく描かれているところを、うまく編集して漫画にしていると感心させられますね。
次巻の蜘蛛子の活躍も見るのが楽しみです。

kumo_desuga_nanika_10kumo_desuga_nanika_10_pamph"Kumo desuga nanika?" - 「蜘蛛ですが、なにか? 10」

秘密も陰謀も全部まるっとお見通しだ! 蜘蛛子、スパイ活動に目覚める!
偵察蜘蛛たちを世界中に解き放ってみたら情報が集まるわ集まるわ……お、反乱を目論む魔族ども発見! 人族との戦争も控えてるし、面倒事は先に排除すべし。ってことで、新・魔王軍結成へ向け粛正をおこないまーす!」
- 2019.1.14 KADOKAWA BOOKS「蜘蛛ですが、なにか? 10」より

「神」へとレベルアップを果たした「白」ちゃんでしたが、まだまだ弱っちい(?)。それでも、日々精進を重ねて、強化に余念がないところ、分体を作り出し、諜報活動にも力を注いでいます。
そこで、掴んだ反乱計画。また、その反乱計画の裏で暗躍するエルフたちの動向もキャッチする「白」。
エルフの本拠地に転移で乗り込んだ直後に、首魁ポティマスに問答無用とばかりに「先手必勝パーンチ!」を喰らわす「白」が、面白かったですね。
けっこうシリアスな展開ばかりだったのですが、たまにこのようなくすっとするシーンがあると和みますね。
そのシリアスな展開場面で、「白」は「邪神」として生きていくことを決心しますが・・・。MAエネルギーについて、この世界のシステムについて、世界の滅亡を避けることができるのか、また世界の謎の一端が明らかになりましたね。
今後の展開が楽しみですね。

netooku_otoko_no_tanoshii_isekai_boueki_6「ネトオク男の楽しい異世界貿易 6」

「結成した騎士隊と共に古代のクエストを達成したネオニートの青年、綾瀬次郎。
クエストの報酬を使い、次郎はお導きの示す鉱山都市『ルクラエラ』へ旅立つことになる。旅先の宿でレベッカに詰め寄られているのがディアナ達に見つかり、あわや修羅場に!?
『……は、ははは。変に勘違いするなよディアナ』
騎士隊に囲まれてたじたじの次郎。そして、新たなお導きによって出会ったグラマラスな女魔族は次郎に興味津々で……!?
リアルとファンタジーに跨る新感覚貿易ファンタジー小説 、興奮の第六弾開幕!」
- 2019.1.12 MFブックス「ネトオク男の楽しい異世界貿易 6」より

怒濤の展開で、一気に最後まで読んでしまいましたが、エピローグの最後の事件で、全ての出来事が頭から飛んでしまいましたね。
全てが順調に進み、騎士団のオーナーとして、また、仲間たちに自分の素性を全て明らかにして、これから、というところだったのに・・・。
次巻がフィナーレ(完結巻)となるようですが、気になって仕方がありませんね。今から読むのが楽しみです。

netooku_otoko_no_tanoshii_isekai_boueki_5「ネトオク男の楽しい異世界貿易 5」

「ディアナを奪おうと画策するディダを退け、ディアナとの絆を深めたネオニートの青年、綾瀬次郎。
平静な異世界生活を楽しむ最中、次郎は蚕の市にてレアアイテムである “クエスト発注書” を手に入れる。しかし、そのクエストは1000年も昔に発注された内容だった!?
戸惑う次郎であったが、クエストに挑戦するために、さらに訓練をすることに。
時を同じくして、エリシェ市場にエルフの里の品を扱う謎の店の噂が流れ……!?
『……さて、半端な詐欺師はやっつけてやるか』
現実と異世界が交差する新感覚貿易ファンタジー小説、新展開の第五弾!」
- 2019.1.12 MFブックス「ネトオク男の楽しい異世界貿易 5」より

レースを手に入れるために打った一芝居は、ちょっとやり過ぎ、というか「策士、策に溺れる」という感も無きにしも非ず(?)。でも、おかげで、レースを思い通りに手に入れて、しかもエレピピと出会い、雇うことができたのは、予定調和、ということでしょうか。まぁ、ちょっとあざとかった、とも思いますが。
しかも、おかげで少女騎士団の結成を思いつき、お導きまで出たのですから、結果オーライということですね。
そして、千年前の「クエスト発注書」のおかげで、熊のモンスターと闘うことになり、絶体絶命の危地に陥りますが・・・。
次巻は、いよいよエリシェを出て、ドワーフの鍛冶師に会いに行くようです。続けてすぐに読んでいくつもりです。

netooku_otoko_no_tanoshii_isekai_boueki_4「ネトオク男の楽しい異世界貿易 4」

「『……ディアナ、待って……待ってくれよ……!』
借金返済の目途が立ち、エリシェ市場での商売を始めようと意気込んでいた、ネオニートの青年綾瀬次郎は、ディアナが自らの元から去る夢を見る。
そんなはずはないと考える次郎だったが、唐突に現れた謎の男から要求されたのは、ハイエルフ……ディアナから手を引けという内容だった!?
深まるハイエルフのお導きへの謎、迫られる次郎の選択。ディアナとの運命の行方はどうなるのか……!?
現代日本と異世界、二つを舞台に繰り広げられる新感覚貿易ファンタジー小説、波乱の第四弾登場!」
- 2019.1.10 MFブックス「ネトオク男の楽しい異世界貿易 4」より

エリシェ市場の片隅に約4坪はどの小さな店を構えた次郎。順風満帆に商売が進むかと思えましたが、性格の悪いイケメンが帝都からやってきて・・・。
次郎が剣の修業に身を入れて、剣士としても無双するのかと思いきや、本人の希望は全然そんなことなくて、ちょっと肩透かし(?)でしたが。それでも、普通の野盗相手ならば撃退できるほどの腕前にはなったようですね。
また、ディアナとの関係ですが、お導きの強制力でなく、互いに惹かれ合っているのが、だいぶ明確になってきました。
色々な人達の正体も明らかになり、伏線はだいぶ回収されてきましたが、今後の展開のことを考えると、完結まであと少し、のようにも思えます。
次巻も続けて読んでいくつもりです。

shirokuma_tensei_5「シロクマ転生 ―森の守護神になったぞ伝説― 5」

シロクマ家に侵入者!?
アニ村から、無事ヴァリアントの森に帰ったクマキチたち。ホッとひと息、ログキャビンの扉を開けると、そこでは白銀の兜を被った少女騎士がビキニ姿で部屋を荒らしていた。漂泊の騎士を自称するヴィオレットの存在に人間嫌いであるルルティナの怒りが爆発して――!? 大人気シロクマファンタジー第五巻!」
- 2019.1.9 HJノベルス「シロクマ転生 ―森の守護神になったぞ伝説― 5」より

クマキチ一家に新しいヒロインが登場します。それは、「漂泊の騎士ヴィオレッタ」という。
ロムレスの大貴族の三女ですが、ゆえあって、一人旅のようです。騎士としての腕前は、けっこうなものであるようですが、クマキチ家のログキャビンに侵入するまで、どのような旅であったのかは、詳細不明です。
一方で、ルルティナたちに冒険者の賞金稼ぎたちの魔の手が・・・。散々にルルティナたちウェアウルフを狩ってきた冒険者たちですが、ルルティナたちにはクマキチが付いています。
ウェアウルフの白の女王伝説を絡めながら、冒険者たちとクマキチたちの戦闘が最後に繰り広げられます。
クマキチは、シロクマとしての身体能力を存分に発揮して、冒険者たちを翻弄するのですが・・・。
とても楽しい、まさにエンターテインメントでした。一気に最後まで読んでしまいました。
次巻の発刊が、今から楽しみですね。

shirokuma_tensei_4「シロクマ転生 ―森の守護神になったぞ伝説― 4」

聖熊祭開幕!
エルムの村での大祭・聖熊祭が開始。ロミスケの、ジュリキチへの求婚をバックアップするため聖熊祭での協力を約束したクマキチたちだが、聖熊祭での優勝特権に、アドリエンヌとの婚約を求める強力なライバルたち(熊)が出現した。聖熊祭で鎬を削って戦うエルムたち。そんな彼らの裏では、ある企みが進行していて――。大人気シロクマファンタジー第四巻!」
- 2019.1.8 HJノベルス「シロクマ転生 ―森の守護神になったぞ伝説― 4」より

聖熊際に参加したクマキチでしたが、その予選方法は何と大食い競争(!)。フードファイターの秘技を覚えていたクマキチが、勝利する様子が楽しかったですね。
エルム族は、肉体言語が好きなようで・・・(笑)。祭での神事であるはずが、がちの戦闘が繰り広げられます。クマキチも例外ではありませんが。
そして、そもそもエルム族の村を訪れた理由のロミスケが川に突き落とさした犯人が判明するのですが。それは、エルム族全てに関わる陰謀であった。ということで、クマキチが大乱闘で無双するのですが、その様にすかっとしましたね。
次巻は、ログハウスに帰ってからの話になるようです。続けてすぐに読むつもりです。楽しみですね。

kenja_no_mago_extra_story_2kenja_no_mago_extra_story_2_pamph「賢者の孫 Extra Story 2 張子の英雄」

シリーズ累計120万部! ヤングエース UP にて漫画連載決定!
世界の危機を救った『英雄』として讃えられるマーリンとメリダ。国中が『英雄』誕生に沸く一方、二人は友人カイルを救えなかった事を後悔していた。それから数年後、二人は息子スレイン、アールスハイド王国の王子ディセウム、護衛ミッシェルともに国を出ることに。楽しくも騒がしい旅をしていると、創神教の神子エカテリーナに出会い、『ダーム王国まで護衛して欲しい』と頼まれるのだが……。超人気シリーズ『賢者の孫』の外伝第二弾、登場!!」
- 2019.1.7 ファミ通文庫「賢者の孫 Extra Story 2 張子の英雄」より

二人の息子スレインが成人し、一旦は独り立ちしようとしますが、危篤の祖母を喜ばすために、高等学院の入試を受けて合格します。しかし、直後に祖母が他界したため、マーリン一家は旅に出ることを決意します。そして、旅の同行者には・・・、そして、旅先でエカテリーナと出会い、スレインと恋に落ちます。
さらに行商人であるアーロンとも出会い、一緒に旅を続けることに。
本編で語られていた、賢者、導師と修行の旅が詳細に語られていました。
それにしても、メリダの強者ぶりは、この頃に確定された(?)ようですね。エカテリーナを小娘と呼ぶようになったことにも触れられていましたね。
後にアールスハイド王国に戻り、隠遁生活を送ることになるマーリンとシンとの出会いも描かれていました。

kenja_no_mago_9kenja_no_mago9_anime_pamph「賢者の孫 9 驚天動地の魔人襲来」

悪人を成敗する美少女戦士! 魔法少女キューティースリー参上!
シン達の盛大な誕生日パーティが催され、楽しい時間を過ごすアルティメットマジシャンズ。彼らが次の戦いに備えるために憩いの時間を過ごている一方で、アールスハイド王国中に『王都の治安を守る魔法少女キューティスリー参上!』と名乗る可愛い女の子三人組が現れるという噂が流れ始め……。美少女三人組の正体は!? さらにその目的とはいったい!? 小説も漫画も常識破りで破天荒な超人気異世界ファンタジーライフ、待望の第九巻登場!!」
- 2019.1.6 ファミ通文庫「賢者の孫 9 驚天動地の魔人襲来」より

「魔法少女キューティスリー」の正体は、アレですが(笑)、意図せずに魔人たちの陰謀を防いだことは、ご愛嬌(?)。
そして、物語は急転直下、旧帝国領帝都の監視体制が整い、戦争終息宣言が為される直前の、教皇に対する凶行。それが、魔人たちの計略で、帝都から災害級の魔獣と魔人たちの襲撃の陽動であったことが明らかにされます。
対応に振り回されるアルティメット・マジシャンズでしたが・・・。
終盤にアクションシーンが立て続けに展開し、あっという間に最後まで読んでしまいました。また、珍しくも今巻で完結せずに、次巻へ緊迫した状況が続いています。今から読むのが楽しみですね。

kenja_no_mago_extra_story_1kenja_no_mago_extra_story_fbn_pamphkenja_no_mago_extra_story_pamph_1kenja_no_mago_extra_story_pamph_2

「賢者の孫 Extra Story 伝説の英雄達の誕生」

アニメ化企画進行中! 『賢者の孫』の外伝が登場!!
シンがマーリンに出会う三十五年前。当時のアールスハイド高等学院では問題児マーリン、才女メリダ、秀才カイルが慌ただしくも騒がしい学院生活を送っていた。そんな中、野外実習での出来事からマーリンとメリダは恋人同士に。その報告を受けたカイルは二人を祝福しつつも、マーリンに嫉妬心を燃やし始める。そして卒業を迎え、マーリンとメリダはハンターに、カイルは魔法師団の道へと進むのだが……。超人気シリーズ『賢者の孫』の外伝がついに登場!!」
- 2019.1.5 ファミ通文庫「賢者の孫 Extra Story 伝説の英雄達の誕生」より

本編でのマーリンと外伝で語られるマーリンとは、まるで別人の様ですね。本編でも確かに若い頃の破天荒な様子は、言及されてはいたのですが。
また、カイルが魔人へと至った様子や事情が詳細に語られていますね。英雄と呼ばれるようになるマーリンと同等の実力を持ちながらも、周囲環境に恵まれず、埋もれつつある様子、上司に責任を転嫁されて、その罪を問われることになる様子。
さらに婚約者にまで裏切られて、ついに魔人へと至ってしまう、という。
まぁ、カイルにも人を見る目がなかった、という面もあるのですが、それにしても悲しい結末でした。

kenja_no_mago_8「賢者の孫 8 遊嬉宴楽の英雄生誕祭」

新英雄シン、シシリー、マリアの生誕祭開催!!
賢者マーリンと導師メリダの力を借りて魔人の侵攻を食い止めたシン達は、次の戦いに備えるため憩いのひとときを過ごしていた。そんな中おとずれた、シン、シシリー、マリアの誕生月が同じであることを知ったオーグの提案により、シンの家でパーティを開催することに。しかしなんとそこにはエカテリーナ教皇とアーロン大統領が!! 彼らはシン達の誕生日を祝うために出席したと言うのだが――。大人気異世界ファンタジーライフ、第八弾登場!!」
- 2019.1.4 ファミ通文庫「賢者の孫 8 遊嬉宴楽の英雄生誕祭」より

終戦間近で、ややほのぼのとしたストーリー展開でしたね。そして、シン、シシリー、マリアの誕生パーティが開催されることに。
プレゼントを色々と考える様子が楽しかったですね。
一方、マーリンとメリダ、エカテリーナ、アーロン、ディセウムたちが旧交を温め合う様もまた。
次巻では、急転直下、事態が動くようです。今から読むのが楽しみですね。

kenja_no_mago_7「賢者の孫 7 豪勇無双の英雄再臨」

小説&コミカライズで三ヶ月連続刊行スタート!!!!
創神教教皇エカテリーナから新しい二つ名を拝命したシンとシシリー。彼らが嬉しくも恥ずかしい二つ名に身悶えている中、ついに動き出した「魔人領攻略作戦」。魔人領の中枢である旧帝国に辿り着いたシン達連合軍だったが、翌日の総攻撃に備えるための小休憩の最中、功を焦った一部の軍人が、魔人の軍団に攻撃を開始してしまった!! 戦闘音に気づいたシン達は、すぐさま現地に向かうのだが……。大人気異世界ファンタジーライフ、第七弾!!」
- 2019.1.3 ファミ通文庫「賢者の孫 7 豪勇無双の英雄再臨」より

最後の最後で、賢者と導師が登場し、いいところをかっさらっていきましたね。シンたちもまだまだ若くて経験不足、と言うところでしょうか。じいちゃん、婆ちゃん、格好いい(!)。
それにしても、今回の闘いで、色々な「二つ名」が出てきましたね。
未だに、主人公と主要人物以外は、見分けの付かない私ですが(おい)、何となくですが、キャラクターとイラストが繋がってきそうです(?)。次巻も続けて読んでいくつもりです。

kenja_no_mago_6kenja_no_mago_6_fbn_pamphkenja_no_mago_6_pamphkenja_no_mago_6_pamph_2

「賢者の孫 6 英姿颯爽の神使降誕」

対魔人、開戦迫る――!! 伝説の賢者パーティが再集結!?
無事に三国会談が終わりアールスハイド王国に帰ってきたシン達アルティメット・マジシャンズ。魔人との戦争に備えるため世界各国が戦力増強を図る中、シン達も合同訓練や魔物狩りで基礎魔力値を上げることに。時を同じくして、その動きを察知した魔人シュトロームも謀略を巡らし、シン達の矛先を自分たちから離反した魔人達へ向けようとするのだが――!? 『魔王』シンの破天荒で型破りな大人気異世界ファンタジーライフ、第六弾が登場!!」
- 2019.1.2 ファミ通文庫「賢者の孫 6 英姿颯爽の神使降誕」より

三国会談も何とか無事に終了し、連合を組むことになりました。そして、シンたちは、魔人との戦争に備えるべく、基礎魔力値を上げるのに余念がありません。アルティメット・マジシャンズの規格外ぶりに磨きが掛かります。
また、連合を組んだ各国との首脳会談後、いよいよ進軍を開始するのですが、そこで教皇が檄を飛ばすべく、シンを神輿に担ぐのですが・・・。
賢者と導師、ディセウム王、教皇エカテリーナ、そしてアーロン大統領の繋がりが明らかにされます。世界最強は、婆ちゃんだったのですね。

kenja_no_mago_5「賢者の孫 5 狂瀾怒濤の三国会談」

ヤングエース UP にて好評漫画連載中!!
幾度となく魔人の侵攻を食い止めた功績を称えられ勲章を賜ることになったアルティメット・マジシャンズ。三国会談に出席するオーグの護衛でシン達も開催国であるスイード王国に向かう事に。だが、各国と同盟を結ぼうとするオーグの努力もむなしく、各国の思惑が錯綜し決裂してしまう。そんな中、イース神聖国のフラー大司教を洗脳しようとする凶悪な魔人の手が迫り――。 『魔王』シンの破天荒で型破りな大人気異世界ファンタジーライフ、第五弾!!」
- 2019.1.1 ファミ通文庫「賢者の孫 5 狂瀾怒濤の三国会談」より

アルティメット・マジシャンズの仲間たちが、ゲートの魔法が使えるようになりましたね。シンによる仲間たちの「魔改造」が、順調に進んでいるようです。
また、シンは、ついに「魔石」の存在を知り、さっくりとその「世界の謎」を解き明かし、魔石を創り出してしまいます。
それがまた、驚愕の出来事ですが、更に魔石を利用することにより、とんでもない魔道具を創り出してしまいました。まだまだ改良の余地があるようですが。
それにしても三国会談に集まる、エルス自由商業連合国代表のナバルは、どうして関西弁風でしゃべるのでしょうか(ねぇ)。そう言えば、「Re:ゼロから始める異世界生活」でも、同じように表現されていましたね。

kenja_no_mago_4「賢者の孫 4 天下無双の魔王降臨」

魔法使いの王、魔王シン誕生!!
スイード王国へ侵攻していた魔人の集団を撃退したシン達アルティメット・マジシャンズ。その後シン達は世界各国に及ぶ魔人の脅威に対抗するため、周辺国に連合の結成を提案する。そして、無事にカーナン王国とクルト王国との交渉が終わったその時、魔人の集団がクルト王国へ侵攻を始めた!! その報せを聞いたシン達は新開発の魔道具を駆使して魔人の集団を迎え撃とうとするのだが――!? シンの型破りな大人気異世界ファンタジーライフ、第四弾!!」
- 2019.1.1 ファミ通文庫「賢者の孫 4 天下無双の魔王降臨」より

周辺国にゲートを開くために、各国訪問を考えるシンとジークでしたが、アルティメット・マジシャンズの仲間たちも同行することになり。その先々で遭遇するトラブル。
魔人が、魔物を創り出しているのは、新しい発想でしたね。また、アルティメット・マジシャンズの仲間たちは、さっくりと魔物を退治してしまうのですが(笑)。
しかも、シンは、ビーチバレー(もどき)をこの世界にもたらしますが・・・。アルティメット・マジシャンズの仲間たちのその熱中する様が楽しい。魔法ありのスポーツだと、もう苛烈な別次元のスポーツとなりましたね。
そして、ひょうなことからシンの代名詞が定着することに。それは、「魔王」(笑)。この世界には、いわゆる「魔王」とか「勇者」が存在せず、「魔王」の意味が「魔法の王」の意味だとは。シンは、本来の「魔王」の意味を知っており、「魔王」と呼ばれる度に身をよじるような感じに襲われます。その様子もまた楽しかったですね。

[Blu-ray] [CDs]

▲TOP