self_introduction

HOMEBowling diaryBowling diary 2019

ボウリング日記 - 2019年

趣味のボウリング日記です。
週1回のボウリング教室に通っています。取り敢えずは、そこでのボウリングスコアを記録していこうかな、と。

スコアシートは、「ポンコツエンジニアのごじゃっぺ開発日記。」サイトにある、"Web Browser App" を利用させてもらっています。
・ 「ポンコツエンジニアのごじゃっぺ開発日記。」: https://www.pnkts.net/
・ "Web Browser App - Bowling Score Sheet" : https://www.pnkts.net/hobby/bss.html

[2018年] [2019年] [2020年] [2021年]

2019.12.24

20191224_1

20191224_2

20191224_3

合計: 493、平均: 164.3、HDCP: 25(200ベース、70%)

今日は、4Q 最終日で(ハンディキャップ付きの)記録会でした。レーンコンディションは、"Charlie" でした。比較的遅く感じるレーンコンディションでしたが、キャリーダウンが激しく、あっという間にコンディションが変化して対応することができませんでした。
1ゲーム目はなかなかストライクが続かずに、10フレームに至っては、痛恨の10番ピンスペアミス(!)。
結局このスペアミスが最後まで響いて(?)波に乗ることができずにずるずるとスペアミスを繰り返すことに・・・。
3ゲーム目でやっとアベレージまで戻すことができたのですが、2フレーム、9フレーム目でのスペアミスが悔やまれます。
来年は、これまでのボウリング場が閉鎖されるために、別のボウリング場に移ってボウリング教室を継続する予定です。今日までボウリング教室に通ってきたボウリング場が気に入っていただけに残念ですが、仕方がありません。
来年も頑張ろう、と。

2019.12.17

20191217_1

20191217_2

20191217_3

合計: 470、平均: 156.7

かろうじてアベレージが 150 を超えてやれやれでしたね。
レーンコンディションは、 "Oscar" でした。スパット付近でのオイルの境目はなくて、13枚目くらいまでゆるやかにオイルが増えていって、後は MAX となっていました。また、一応 40Ft. まではオイルが引いてありますが、極端に短い、いわゆる「遅い」レーンとなっていました。手前のオイル量が多くて短い、キャリーダウンの激しいレーンコンディションで、アジャストがとても難しく感じました。
結果は、やはりストライクが出ずに、スペアミス多発でまたスプリットも多発してしまい、ローゲームの連発となりました。
スペアを取りに行っても、ストレートボウルがストレートにならずに苦労しました。
こんなときでも安定してスペアがとれるコントロールを身につけないと・・・。

2019.12.10

20191210_1

20191210_2

20191210_3

合計: 555、平均: 185.0

今日のレーンコンディションは、"Golf" で、最もオイル量が多いパターンとなります。スパットあたりのオイルの境目は、6、7枚目付近、10、11枚目付近にありますが、それより内側は最大量までオイルが塗ってありました。
ボウルの曲がりはかなり奥にまでいってからしか生じずに、またキャリーダウンの激しいレーンコンディションでした。
3ゲームでの成績は、けっこう良かったのですが、とても悔いの残るゲーム内容となりました。1ゲーム目、2ゲーム目ともターキーがあったにもかかわらず、スペアミスが2フレームもあり、200up することができませんでした。
3ゲーム目もスペアミスが、3フレームもあり、ストライクが続かなかった分、スコアもぱっとしないものとなってしまいました。
まだまだ、ストレートボウルで狙ったスパットを通すことができません・・・。うーん。

2019.12.3

20191203_1

20191203_2

20191203_3

合計: 464、平均: 154.7

レーンコンディションは、"Echo"。遅いレーンコンディションとなります。オイル量は普通でしたが、レーン両端のオイルは少なくて、壁のように立ちはだかっているような感じでした。前回の同じレーンコンディションのときは、外側へ向かって投げ込んでいたのですが、今回は内側のスパット(15枚目付近)を通して、投げてみました。
結果は惨敗・・・。
いえ、3ゲーム目からはスパットを7枚目くらいに思い切って戻して、投げてみて、フォースまで持ってこれたのですが、とにかくスペアが壊滅的・・・。
練習ボウルのときはそこそこストレートでも思ったところへ投げられていたのですが、スコアを録り始めるととたんにコントロールが乱れて、思ったところへ投げられなくなってしまいました。
3ガーム目の5フレは、バケットで4ピン残りなのですが、6フレ、7フレに至っては1ピン残りのスペアミス。
おそらくは練習不足だとは思うのですが、こればっかりはどうも時間がとれなくて・・・。うーん・・・。

2019.11.26

20191126_1

20191126_2

20191126_3

合計: 506、平均: 168.7

今日のレーンコンディションは、"Papa" でした。45Ft.までオイルがあり、スパット地点では、5-7枚目、11-13枚目付近にオイルの境目があります。けっこう「早い」レーンであるように感じました。
早いレーンであっても、手前側のオイルが多いので、キャリーダウンは生じます。更に早いレーンの特徴として、ボウルの曲がりが奥側になり、結果としてポケットにボウルが行ってもその角度が浅くなりがちです。板目を多く使って外側からフックして角度を稼いでもボウルはロールアウトしてしまい、これもストライクになりません。タップが多く発生して、スコアが伸びませんでした。
幸いにもスペアミスが少なくて、スコアは(一応は)安定しましたが、タップとともにスプリットも多く発生して、ローゲームまっしぐら、というゲームが続いてしまいました。うーん、難しかったぁ・・・。

2019.11.19

20191119_1

20191119_2

20191119_3

合計: 443、平均: 147.7

今日のレーンコンディションは、"Foxtrot" でした。40Ft. までオイルが引いてあるのは標準ですが、スパット付近にオイルの段差がなく、比較的オイル量が少ないにもかかわらず、40Ft. ぎりぎりまでオイルが伸びているパターンでした。
まぁ、とにかく難しかった。
ポケットに向かうスパット、立ち位置がまるで分かりませんでした。練習ボウルのときからそれは同じで、たまさかポケットに行ってもタップしまくり、という。
また、キャリーダウンしているのか、3番ピン直撃とか薄く1番ピンに当たってバケット頻発。
しかも、スペアミスが連発、という散々な結果となりました。2ゲーム目などに至っては、ダブルが2回もあったのに平凡なスコアとなってしまいました。
やっぱり、スペアを確実に取れるコントロールが如何に大事か、痛感しました。でも、どうやって改善すればいいのか、分からないのですが・・・。

2019.11.12

20191112_1

20191112_2

20191112_3

合計: 501、平均: 167.0

今日のレーンコンディションは、"Oscar" でした。オイルは、40Ft. までと標準ですが、手前側オイル量が多くて、すぐにレーンコンディションがキャリーダウンにより変化する対応の難しいレーンでした。
実際に投げてみると、手前は滑っていくのですが、奥の方で、今日にかなり曲がる、という印象でした。確かに「遅い」レーンコンディションでしたが、すぐに曲がらなくなるように感じました。
レーンコンディションが激しいレーンでしたが、ヘッドピンを残したのは、3ゲーム目の5フレのみで、大体ポケットに集めることができました。ただ、相変わらずスペアミスが目立ちます。1ゲーム目、2ゲーム目なんてどうしようか、と悩みこむほどでした。
3ゲーム目は、10フレまでノーミスだったのに惜しいことをしました。かろうじて、200up はできましたが。

2019.11.5

20191105_1

20191105_2

20191105_3

合計: 495、平均: 165.0

今日のレーンコンディションは、"Alpha" でした。このボウリング場でもっとも基本となるオイルパターンです。
オイルは、40Ft. まであります。スパット地点でのオイルの境目は、7枚目、12枚目にあります。
今日は、スパットを12枚目に固定して、立ち位置を曲がりが感じられなくなる度に右にずらしていくことで対応しました。
それにしても、(3週間ぶりの精なのか)スペアミスが目立ちます。ストレートボウルでスペアを狙いにいくのですが、ピン手前でちょっとだけ曲がったり、右に(ガターに)ずれたりして、まるでスペアをとることができませんでした。
10番ピン残りなどは、壊滅的でした。やっぱり練習不足なんでしょうねぁ。

2019.10.15

20191015_1

20191015_2

20191015_3

合計: 507、平均: 169.0

今日のレーンコンディションは、"Bravo" です。"Alpha" と同じく40Ft.までオイルがありますが、手前側のオイル量が7、8枚目から内側に極端に多くなっています。"Alpha" と同じくやや遅く感じるレーンですが、内側から入るとキャリーダウンが多く、また曲がりが甘くなるようでした。
全般的には、ボウルが真ん中に集まるような感じでしたが、ポケットに持っていくにはかなりのコントロールを有するように感じました。
また、2ゲーム目にありますように、今日のボウリングは、スペアミスが「痛い」結果となりました。1ゲーム目なんて、ターキーがあったので、200up したかった・・・。

2019.10.8

20191008_1

20191008_2

20191008_3

合計: 506、平均: 168.7

レーンコンディションは、"Echo"。遅いレーンコンディションとなります。オイル量は普通でしたが、レーン両端のオイルは少なくて、壁のように立ちはだかっているような感じでした。
で、結果ですが、まぁ、アベレージ並み、というか色々と残念な投球があるゲームとなりました。
相変わらず、イージーミスが、1ゲームに1回はあります。慎重に投げているつもりなのですが、どうもうまく投げることができませんね。明らかに練習不足なのですが・・・。
また、遅いレーンコンディションである精なのか、スプリットも目立ちました。3ゲームの7フレ、8フレなんて、直前までノーミスで回っていたのに・・・。ターキーがあったので、200up したかったですね。

2019.9.24

20190924_1

20190924_2

20190924_3

合計: 494、平均: 164.7、HDCP: 32(200ベース、70%)

今日は、3Q 最後のボウリング教室ということで、HDCP を加えた競技会となりました。
HDCP から逆算すると、3Q(27ゲーム)のアベレージは、145 ということになります。前2Q から10ポイント以上のダウンです。
如何に不調であったかを表すアベレージですね。
今日の結果も散々でした。レーンコンディションは、"Echo" で、40Ft.までオイルを引いてありますが全体的に薄くて、「遅い」レーンとなります。いわゆるハイスコ・レーンですね。
でも自分にとっては、スコアが振るわず、なかなか難しいレーンコンディションとなってしまいました。
とにかく、ストライクが出ない。ポケットになかなかボウルをコントロールすることができませんでした。また、1ピン残りが多発しました。そうこうしているうちにスペアボウル(基本ストレートで投げています)もコントロールできなくなってしまいました。

2019.9.17

20190917_1

20190917_2

20190917_3

合計: 397、平均: 132.3

今日のレーンコンディションは、"Juliett" でした。38Ft. までしかオイルがない「遅い」レーンになりますが、手前から 8Ft. までは、ベタで最大量のオイルがひいてあります。即ち、キャリーダウンが激しく、コンディションの変化が顕著なレーンとなります。
で、結果なのですが・・・。もう、悲惨としか言いようのないほどの散々な結果となりました。
思っていたスパットを通っても、ポケットに行かず、スペアに至っては、まるで思ったところには投げられませんでした。3ゲーム通して2、3球くらいしか・・・。ストレートボウルのコントロールが無茶苦茶でした。どうしてなのか、自分でも解らず・・・。
多分、ここ数年来で最低のスコアかと(泣)。
もう、これは忘れてしまうしかない(!)と。

2019.9.10

20190910_1

20190910_2

20190910_3

合計: 429、平均: 143.0

今日のレーンコンディションは、 "Foxtlot" でした。40Ft. までオイルがしっかりと入っている「早い」レーンです。
結果は、・・・惨敗でした。
先週のトータルと比べても、100点ダウンの体たらく・・・。
「早い」レーンのおかげでしょうか。曲がりが少なくて、ポケットに入っても角度を得られずに、10番ピンが残ってしまったりして、ストライクがなかなか出ません。
また、3番ピン直撃して、フェンスの残りピンになり、スペアが難しくなってしまいました。1、2、4、10番ピンのような残りになったこともありました。
うーん、難い(!)。どーすればいいのか、わからない、ですね。

2019.9.3

20190903_1

20190903_2

20190903_3

合計: 530、平均: 176.7

今日のレーンコンディションは、"Charlie" で、オイルが 38Ft. までしかなく、いわゆる「遅い」レーンとなります。
ただ、手前の方にはオイル量は、最大まで台形状に塗ってあり、かなり早めに曲がり始めますが、キャリーダウンが激しく、あっという間に曲がらくなっていきます。また、7番ピンをとりにいこうとすると、ストレートでもけっこうピン手前で曲が出て、コントロールしにくいレーンコンディションでした。
スコアは、久しぶりのシリーズ500超えとなりましたが、1ゲーム目は忘れることにしましょう(笑)。実際、2ゲーム目を投げるときには、1ゲーム目はなかったことにして投げましたから(汗)。
まぁ、とにかくスペアが取りにくかったですね。ストレートがストレートになりません。予期せずに曲がってしまい、イメージしたのとは違う方向に(ボウルが)行ってしまいました。

2019.8.20

20190820_1

20190820_2

20190820_3

合計: 483、平均: 161.0

今日のレーンコンディションは、"Golf" で、最もオイル量の多いパターンだそうです。41Ft. までオイルがあり、手前側は、両端5枚分を除いてベッタリとオイルが乗っていました。
投げ始めは、クロスでもなんとか戻ってきたのですが、すぐにオイルが伸びて、曲がらなくなりました。
2ゲーム目からは、まるでボウルが反応しなくなって、ストレートボウルとその軌道が変わらなくなってきました。
ゲームの成績は、相変わらずですね。アベレージで10点以上落としてしまっています。それも、スペアミスが目立ちます。大体1ゲームあたり、3回スペアミスしてしまっています。これでは、スコアアップなんてできるはずがありませんね。

2019.8.6

20190806_1

20190806_2

20190806_3

合計: 476、平均: 158.7

今日のレーンコンディションは、"Alpha" で、最も基本的なオイルパターンだそうです。40Ft. までオイルがあり、中央のオイル量が多く、両端へ行くほど少なくなっています。また、手前のオイルパターンは広く、奥へ行くほど窄まっていきます。
スパット地点でオイルの段差は7枚目、12枚目にあります。
レーンコンディションの感覚としては、「遅く」感じましたが、けっこうキャリーダウンがあったようにも感じました。
相変わらず、スペアミス多発です。特に2ゲーム目後半は、調子が狂ってしまい、元に戻すことができませんでした。
うーん、残念・・・。

2019.7.30

20190730_1

20190730_2

20190730_3

合計: 468、平均: 156.0

今日のレーンコンディションは、"Bravo"。40Ft. までオイルがあるのは、標準ですが、手前側のオイル量が多くなっています。
基本は、「遅いレーンコンディション」なのですが、キャリーダウンが多く、レーンアジャストが難しいコンディションでした。
1ゲーム目は、ミスもありましたが、ダブルが2回あり、スコア的にも惜しい、と言えるのではないかと。
2ゲーム目、3ゲーム目は、レーンコンディションの変化に対応できず、スペアミスも連発し、大きくスコアを落とす結果となりました。こういうときこそ、安定してスペアを取れれば良いのですが(はぁ)。
3ゲーム目に至っては、ストライクが1個だけという、ていたらく・・・。リリースも安定しなくなり、ボウルの回転軸も回転数も安定せずに、ボウルがどこに行くのか全くコントロールできずに終わってしまいました。

2019.7.16

20190716_1

20190716_2

20190716_3

合計: 501、平均: 167.0

今日のレーンコンディションは、"Delta" のパターンとなりました。40Ft. までオイルがあるのですが、全体的にオイル量は低め、というか少なく、それが、40Ft. まで続いています。クラウンレーンですが、スパット付近にオイルの(いわゆる)段差というのは無くて、なだらかなオイルパターンとなっています。かなり手前から曲がりがある、「遅い」レーンコンディションとなります。
また、スペアボウルもけっこう先で曲がりが出てしまい、スペアの難しいレーンコンディションのように感じました。
3ゲームスコアは、今日も散々な結果でしたが、(感覚的には)それなりに頑張ったかな、というものでした。ジリ貧でスコアが低くなっていくのは、今の実力、なのかもしれませんが・・・。

2019.7.9

20190709_1

20190709_2

20190709_3

合計: 457、平均: 152.3

今日のレーンコンディションは、"Charlie" となります。38Ft. までしかオイルが無くて、手前スパットまでのオイルが台形状にてんこ盛り(?)になっています。早くに曲がりが出ますが、キャリーダウンが激しく、直ぐにコンディションが変化します。
スペアのコントロールがとても難しく感じました。まぁ、本日は、ストレートボウルに対するコントロールが無茶苦茶でしたが。
実際、10番ピンのスペアミス、2番、4番、5番のバケットのスペアミスも目立ちました。
ストライクも極端に少なくて、2ゲーム目なんて、10フレームに1回だけという惨憺たる結果に・・・。

2019.7.2

20190702_1

20190702_2

20190702_3

合計: 435、平均: 145.0

今日のレーンコンディションは、"Foxtlot" となります。40Ft. までオイルがひいてあるのは標準ですが、手前より 40Ft. までオイルの厚い層が続いています。いわゆる「早い」レーンコンディションとなります。
曲がりがなかなか出なくて、ほとんどストレートのようになりました。3番ピン直撃の場面が多く、ヘッドピンが残ることが多くありました。また、ストライクが全然出ませんでしたね。
こんな時こそ、スペアが大事になるのですが。残りピンが多く、フェンスも多く発生して、スペアメイクが難しかった。まぁ、1ピンのこりでもスペアミスしているので、何とも言えませんが・・・。

2019.6.25

20190625_1

20190625_2

20190625_3

合計: 461、平均: 153.7、HDCP: 21(200ベース、70%)

2Q 最後のボウリング教室ということで今日は HDCP を加えた競技会となります。
今日のレーンコンディションは、"November" となります。
どちらかというと「早い」レーンコンディションのように感じました。
スプリットが多い、ストライクが出ない(ポケットにボウルが行かない)、そしてスペアミスが多い、という散々な結果となりました。やっぱり、スペアは大事ですが、コントロールの乱れを抑えることができませんでした。

2019.6.18

20190618_1

20190618_2

20190618_3

合計: 481、平均: 160.3

今日のレーンコンディションは、"Papa" というものでした。(おそらく)初めて遭遇したオイルパターンだと思います。
特徴としては、オイルが 45Ft. までひいてあり、レーンの端から真ん中へ向けて山なりに(クラウン上に)オイルがあり、どちらかと言えば「遅く」感じるレーンでした。
ところが、フッキングポイントが板目を多く使うと安定せずに、ブルックリン側へボウルが流れていっていまうという感じで、とにかくコントロールを要求されたレーンコンディションのように感じました。
1ゲーム目からスプリットが続き、スペアミスも連れて続き、ローゲームを叩いてしまいました。
このような我慢を強いられるレーンコンディションであるときこそ、スペアが大切なのですが・・・。

2019.5.28

20190528_1

20190528_2

20190528_3

合計: 565、平均: 188.3

今日のレーンコンディションは、"Alpha" でした。40Ft. までオイルが引かれていて、標準的なクラウンレーンとなります。スパットのある位置で、4~6枚目、9~12枚目辺りにオイルの段差があります。
今日は、とにかくストライクが出ませんでしたね。ダブったのが、3ゲーム目10フレームというのが何とも・・・。ピンポイントで狙ったスパットを通らないとストライクになりませんでした。
逆に(?)スプリットは、3ゲーム目の7フレの1回だけでした。
スペアは、比較的まともにとることができました。ミスは、2ゲーム目の6フレ、10フレ、3ゲーム目の7フレと3回で押えることができました。ちなみに2ゲーム目の10フレでミスったのは、(例の)4番ピンだったりします。

2019.5.21

20190521_1

20190521_2

20190521_3

合計: 571、平均: 190.3

今日のレーンコンディションは、"Echo" でした。40Ft. までオイルは引いてはいますが、全体的にオイル量が少なく、両端には、ほとんどオイルがありません。いわゆる「遅い」レーンのはずですが・・・。
投げてみると、けっこう曲がりが少なくて、すっぽ抜けるような感じで、ボウルが転がってしまうことが多かったように思います。
スペアミスが多いのも相変わらずですね。特に2ゲーム目の4フレ、5フレは、共に残りピンが4番で、ボウルがピンの右側を抜けていってしまいました。なるべく苦手に思わないようにはしてはいるのですが、やっぱり、4番ピン残りは苦手です(おい)。
3ゲーム目は、これまでの、HG の更新となりました。

2019.5.14

20190514_1

20190514_2

20190514_3

合計: 485、平均: 161.7

今日のレーンコンディションは、"Charlie" でした。オイルが、38Ft. まで、と普段より 2Ft. 短くなっていますが、手前側のオイル量は多くて、スパット辺りまで、多いままひかれています。
スパット付近の7、10枚目あたりに段差があり、当初は、このラインに沿って投げて、曲がりを見て、調整することになります。
投げ始め当初は、手前より曲がりが出ますが、キャリーダウンにより、段々と曲がりがでなくなってくるタイプですね。
相変わらず、スペアミスが目立ちます。10番ピンカバーでは、5割くらいしかスペアできませんでした。
特に3ゲーム目8フレームも10番ピン残りで、これさえミスしなければ、ノーミスダブルで 200Up できたかも知れなかったのに、とても残念でした。

2019.5.7

20190507_1

20190507_2

20190507_3

合計: 561、平均: 187.0

2週間ぶりのボウリングです。今日のレーンコンディションは、"Bravo" でした。標準的な "Alpha" に対して、手前のオイルが多くなっていて、キャリーダウンもまた多くなっているレーンです。
投げ初めは、「遅く」感じていたのですが、投げるにつれて、曲がりが出にくくなり、順次右側に立ち位置を移動しながら、スパットも右に移しながら、レーンアジャストを行っていきました。
相変わらず、スペアミスが目立ちますね。また、スプリットも多かったですね。それでも、3ゲーム目はなんとかノーミスで回ることができました。
因みに、3ゲームで、スペア:14(41%)、ストライク:14(41%)となっていました。

2019.4.23

20190423_1

20190423_2

20190423_3

合計: 467、平均: 155.7

今日のレーンコンディションは、"Golf" でした。
パターンは、あまりよく覚えていません(汗)。ただ、とにかく難しかった、それだけを記憶しています。「早いレーン」であったのは、確かです。曲がりがまるで読めませんでした。
1ゲーム目は、8フレーム目のスプリット(7番、8番のベビースプリット)も何とかしのいで、ノーミスに持ってこれたのですが、もうこれで本日の記録会はお腹いっぱいで、精根尽き果てたようになりました。
と言うわけではないはずなんですが(おい)、2ゲーム目、3ゲーム目は散々な結果となってしまいました。
スプリットが多くなり、スペアミスの連続、そしてストライクが続かない、という。
特にスペアミスが、致命的でした。
・・・後は、何も言うまい・・・。早く忘れようっと。来週は、GW で休みですし・・・。

2019.4.16

20190416_1

20190416_2

20190416_3

合計: 545、平均: 181.7

今日のレーンコンディションは、"Foxtlot" です。40Ft. までオイルがあり、手前のオイル量は多めです。クラウン状に段差無くオイルが塗布されており、キャリーダウンの激しい、シビアなレーンアジャストが求められるコンディションとのことでした。
普段は、午前中から、朝から誰も投げていないレーンで練習から始めるのですが、今日は、午後からの教室参加(自己都合)でしたので、レーンコンディションは、かなり落ち着いてはいましたが、キャリーダウンもまた進行しており、更にアジャストが困難な状況と感じられました。
1ゲーム目は、スペアミスもありましたが、何とかいつものスコアになりましたが、2ゲーム目では、最近のダメさ加減が出てきて、スペアミスが重なり、ローゲームとなってしまいました。
そして、3ゲーム目でしたが、センタープロのアドバイスもあり、思い切って、立ち位置を右に寄せて、ほぼストレートのイメージで投げることにより、何とかスコアを戻すことができました。
私のボウルの回転では、キャリーダウンすると、まるで曲がることなく滑ってしまう、とのことです。もっと回転軸を寝かして、回転数も多めでないと、曲がりが出ないようです。
9フレーム目でのスペアミスは、痛かったですね。10番ピンのスペアミスです。

2019.4.9

20190409_1

20190409_2

20190409_3

合計: 456、平均: 152.0

今日のレーンコンディションは、プロテスト用ということでした。パターン図は表示されていませんでしたが、オイルは、短めに塗ってあり、量は多めで、なだらかに山型になっているそうです。手前から曲がりが出ますが、キャリーダウンが激しくて、直ぐにコンディションが変化していく、レーンアジャストが難しいコンディションとのことでした。何よりコントロールが求められるとのことでした。
それで、記録会の結果ですが・・・、散々でした(泣)。
3ゲームで、スペアが7つというあり得ない・・・、いえ、やってまった、という感じでしたね。2ゲーム目に至っては、スプリットが4つ、スペアが1つしかないという・・・。もう、笑っていなければやっていられない、というか。
ケアレスミスも目立ちました。どうも、コントロールが(何故か)狂っている、としか言いようのないほどのコントロールの無さ、が目立ちます。原因は不明です。こういうときこそ、投げ込みが必要だとは思うのですが、なかなか思うように時間が取れません。

2019.4.2

20190402_1

20190402_2

20190402_3

合計: 449、平均: 149.7

アベレージ:150 に僅かに届かず・・・。いえ、先週に引き続き散々なスコアでした。
レーンコンディションは、"Echo"。今日は極端に遅いレーンコンディションとなります。
1ゲーム目で、いきなりの3連チャンスペアミス。4番ピン、6番ピン、10番ピンを連続ミスったことになります。ボウルが狙ったスパットの3枚以上右に行ってしまっていました。
後半は何とか持ち直したのですが、ポケットにボウルをコントロールできないのは、相変わらずで、どうしてもスコアが伸びませんでした。3ゲーム目なんて、ストライクが1フレーム目だけ(しかも裏側に回ったラッキーストライク)。
このようなときにこそ、スペアを確実にとる必要があったのですが。
ちょっと寝不足気味で、体のコンディションも良くなくて、集中力にも欠けていたように思いました。今後の反省材料ですね。

2019.3.26

20190326_1

20190326_2

20190326_3

合計: 423、平均: 141.0、HDCP: 24(200ベース、70%)

ボウリング教室1Q最後ということで、記録会を行いました。ハンディキャップは、1月からの27ゲームの平均から計算しています。
レーンコンディションは、"Charlie" で、遅いレーンコンディションでした。
比較的ハイスコアレーンと呼ばれるもののはずでしたが・・・。
結果は惨憺たるものになりました。まずストライクが取れません、ボウルをポケットにコントロールできないのです。
そして、スペアミスの連発。ストライクボウルがコントロールできなくなるにつれ、スペアボウルのコントロールも乱れ始めて、収拾がつかなくなってしまいました。
結果、3ゲーム目には、稀に見るローゲームへと。
早く忘れて、次に備えることにしましょう・・・。

2019.3.19

20190319_1

20190319_2

20190319_3

合計: 526、平均: 175.3

今日のレーンコンディションは、"Bravo" でした。"Alpha" よりも手前に多くオイルがあり、キャリーダウンの激しいレーンコンディションです。投げるにつれて、曲がりが感じられなくなるようになって、都度右側へ移動して、調整していました。
ただやっぱり、というか、調整しきれなくて、スプリットが多くなり、またヘッドピンを外す、というちょっと恥ずかしい内容となりました。また、スペアメイクも今ひとつで、ミスが多くなりましたね。
スペアが確実になると、アベレージで 170 の壁も何とかなる、と思うのですが。
それから、どうも最近オーバーターン気味になっているようです。ボウルの回転数、回転軸が安定しません。1ゲーム7フレーム目のガターは、久しぶりにやってまった、という感じですね。

2019.3.12

20190312_1

20190312_2

20190312_3

合計: 509、平均: 169.7

今日のレーンコンディションは、"Alpha" でした。
3週間ぶりのボウリング教室です。ということで、張り切って記録会に臨んだのですが・・・。アベレージが、170 を超えることはありませんでした。残念・・・。
今日の敗因は、スペアが取れなかったこと。これに尽きますね。特に 10番ピンミスが致命的でした。何と、3回もミスってしまいました。どうしたもんじゃろのぅ。
レーンの状態は、左右で大きく変わっているように感じました。また、キャリーダウンも激しく、立ち位置を右に右にと移動しながらの投球でした。アジャストの難しいレーンコンディションだと感じてしまいました。
でも、スペアを取りに行くときは、ストレートで投げるので、あまり関係ないのですけどね(おい)。

2019.2.19

20190219_1

20190219_2

20190219_3

合計: 505、平均: 168.3

今日のレーンコンディションは、"Oscar"。
手前にオイルが集中していて、奥ではオイルが無い、といういわゆる「遅い」レーンとなります。また手前のオイル量も少なく、クラウンレーンとなっています。
今回も1ゲーム目、2ゲーム目がローゲームとなってしまいました。両ゲームともダブルがありながら、スペアが壊滅的で、スプリット頻発でした。3ゲーム目で、何とかトータル500点アップにこぎ着けましたが、ダブルが3つもありながらも、200up できないという・・・。
当初は本当に「遅い」レーンでしたが、途中からどんどんと曲がりがなくなり、安定しなくなってしまい、立ち位置とスパットも変更しながら対応しましたが、対処仕切れませんでした。こんなに立ち位置が移動したのは初めて、というくらい動きました。

2019.2.12

20190212_1

20190212_2

20190212_3

合計: 527、平均: 175.7

今日のレーンコンディションは、"Juliett" となります。38Ft. までしかオイルがない「遅い」レーンになりますが、手前から 8Ft. までは、ベタで最大量のオイルがひいてあります。即ち、キャリーダウンが激しく、コンディションの変化が顕著なレーンとなります。実際、フッキングポイントが安定せずに、またスペアを取りにストレートで投げると奥で(予想せず)曲がって、ミスしてしまう場面もありました。
ポケットにボールを集めることが難しくて、また、ストライクがでない、スプリット頻発、そしてスペアミス、と悪い面がまた多く出てしまいました。
それでも、3ゲーム目にはレーンコンディションも落ち着いてきて、フォースに持っていけたことは僥倖でした。久方ぶりの 200up でしたね。6フレーム目のミスさえなければ、ノーミスだったのに残念でしたね。

2019.2.5

20190205_1

20190205_2

20190205_3

合計: 492、平均: 164.0

今日のレーンコンディションは、先週と同じく "Echo" でした。
ただし、オイル量は先週と比較にならないくらい、たっぷりと載っていました。おかげさまで、何とかアベレージを 160 まで持っていくことができましたが、これまでのアベレージ 170 には、届きませんでした。
ストライクがでない、スプリットが頻発、おまけにスペアが取れない、といういつもの(?)三重苦でした。3ゲーム目で、何とかパンチアウトできましたが、最後までレーンコンディションが読めずに対処しきれませんでした。
スペアの重要性を痛感する次第です、はい。スペアボールが欲しくなってきましたね・・・。

2019.1.29

20190129_1

20190129_2

20190129_3

合計: 532、平均: 177.3

今日のレーンコンディションは、"Echo"。
先週と同様に「遅い」レーンです。ただ、先週と違って、5枚目、10枚目、15枚目に(オイルの)段差があります。
投げてみて、「先週よりも遅く」感じました。どこを投げても、裏側に行ってしまいます。仕方なく、センタープロに、ずばり、どこに投げればいいかをレクチャーしてもらいました。
いつも投げている立ち位置より、15枚左側に立って、スパットも15~17枚目を通すラインをイメージして投げるようにしました。
こんな内側を狙って投げるのは、ほんと久しぶり、でした。
そこで、ようやくボウルがポケットに入るようになりました。ただ、少し内側、外側に出すと(出てしまうと)裏側に行ってしまいまうのは変わりありませんでしたが。非常にシビアなコントロールを要するレーンコンディションでした。
ゲーム内容を見てもらえれば、スプリットの多さに唖然としますね。ボウルが厚めに集まった結果、1番ピン直撃、という場面が多く、結果、スプリットの量産、ということになったと思われます。

2019.1.22

20190122_1

20190122_2

20190122_3

合計: 404、平均: 134.7

何と言うことでしょう(!)。絶不調ですね。
今日のレーンコンディションは、"Delta" でした。クラウンレーンで、かなり「遅い」レーンコンディションでした。
ただ、どうしてもボウルが裏側に流れてしまい、修正しても1番ピン直撃してしまい、スプリット連発となってしまいました。
特にストライクが出なくて(3ゲームでストライク2回、2ゲーム目、3ゲーム目はストライクなし)スコアアップの望み無し。しかも、スペアも狂ってしまい、まるでフォローできませんでした。
3ゲーム目に至っては、ローゲームの得点記録を塗り替えてしまいました。
自身、ゲーム中はパニックで、ただただ笑わずにはおられない、という心境でした。
うーん、どのように改善すればいいのか、まるで分かりませんね。
なるべく早く忘れるようにしましょう(汗)。

2019.1.15

20190115_1

20190115_2

20190115_3

合計: 488、平均: 162.7

今日のレーンコンディションは、"Charlie"でした。
昨年のレーンコンディションの説明、状況を再掲すると、

「38 Ft. までオイルがあり、手前側のオイル量が、"Alpha" や "Bravo" よりも多くなっています。外側では、早くに曲がり始め、しかもキャリーダウンが激しく、徐々に曲がりが甘くなっていくような感じでした。
とにかく、繊細なコントロールを要するレーンでした。投げ初めから、厚め、厚めに集まり、すぐにスプリットを量産してしまう、という。また、ストレートでスペアを取ろうとしても、最奥で僅かに曲がり、スペアミスをするという。
ポケットに入っても、曲がりが浅いのか、1ピン残りが多かったように思えます。
最後まで、立ち位置、スパットが定まりませんでした。」

正にそのまんま、ですね。
分かっちゃいるけど、直らない・・・(!)。ストライク率が、20% を切り、スプリットが頻発。ボウルが、ポケットになかなか向かわずに、裏側へ行ってしまい、3番、6番、10番ピンが残る(いわゆるフェンス)ということが頻発してしまいました。

2019.1.8

20190108_1

20190108_2

20190108_3

合計: 485、平均: 161.7

今年最初のボウリング教室、と張り切って投げたのですが・・・。
今日のレーンコンディションは、"India" となります。10Ft. までオイル量が最大で、ベタ塗り。それから極端にオイル量が減っていき、40Ft. まで今度は最低量のオイルで塗られている、というキャリーダウンの激しい、精密なボウルコントロールを要するレーンコンディションでした。
それで、ということでもありませんが、ストライクが出ない、スペアが取れない、という散々な結果となりました。
1ゲーム目の9フレ、10フレ、2ゲーム目の6フレ、3ゲーム目の2フレ、5フレ、とイージーミスとも言うべきミスが散発しました。
何とか改善したいのですが、方策が見つかりません。練習を重ねるのが一番、だとは思うのですが、週1回のボウリング教室では、これが限界なのかも知れませんね・・・。

▲TOP