hometheater_projector

HOMEHome TheaterProjector

ホームシアター - 映像系(プロジェクター)

SONY VPH-1252QJ

それは、VPH-1252QJをオークションで落札したことから始まった!
ソニーの業務用3管プロジェクター!当時の定価はなんと250万円!

sony_vp-1252qjSONY VPH-1252QJ

【仕 様】
・投影サイズ:70~300インチ
・投影方式:3管3レンズ、直接投射方式
・ブラウン管:7型(有効画面6.2型)
・高輝度着色液冷管、ピュアフィルター搭載
・レンズ: HACCマルチコーティングレンズ(ダブルフォーカス)、F1.06/140mm、6枚構成
・水平解像度:700本(ビデオ入力時)
・900本(ハイビジョン入力時)
・1,500 * 1,200ドット(RGB入力時)
・カラー方式: NTSC, PAL, SECAM, NTSC4.43
・光出力: 700ルーメン(ホワイトピーク)、200ルーメン(全白)
・走査周波数: 水平15K~61.5KHz、垂直38~150Hz
・ビデオ帯域: 40MHz
・設置方式: 床置き、天吊り
・投射距離: 80型 2.3m、100型 2.8m、120型 3.4m
・テスト信号: クロスヘアーパターン内蔵
・ゾーン調整ポイント: 9ヶ所
・スピーカー: 内蔵(3Wモノラル)
・接続端子: HD(色差入力)、RGB・HD/VD入力
・ビデオ入力(コンポジット・S)
・リモート入出力、コントロールS入出力
・寸法(mm): 620w*817d*355h
・質 量: 63kg
・消費電力: 最大530W

プロジェクター購入後、すぐにYPbPr → RGB変換器PC-1271Jをまたもやオークションで落札。
手持ちのDVDプレーヤー/Blu-rayプレーヤーのD端子出力を接続して、壁に映写していました。
色々な設定を試しつつ、ようやく壁一面に映写できるようになってから、スクリーンを購入しました。
スクリーンは、新品ですが、韓国製の廉価版(変態スクリーン)です。
4:3で120インチです。Blu-rayは、1080i出力固定です。
※ Blu-rayプレーヤーは、SONY BDP-S370で、この頃のプレーヤーは、D端子での1080i出力が可能でした。
ネットに接続していませんでしたので、今でも出力可能なはずです(多分)。
後に、Blu-rayデコーダーに置き換えたときに、HDMI → YPbPr変換器を入手して、HDMI出力にてBlu-ray鑑賞しています。
ただし、1080i出力固定なのは変わりませんが。

その後は、SONY PC-1271J(2台目)、その他各種スッチャー、Chromatek BIRASTER 3420、3428、9212等のラインダブラー、 またDVDプレーヤー、Blu-rayプレーヤーの他に、LDプレーヤー、D-VHS、W-VHS、S-VHSデコーダーを接続して、楽しんでいました。
地上デジタル、BSデジタルチューナーもすぐに購入、接続しています。
これで、TV放送をプロジェクターで大画面にて鑑賞できるようになりました。
TV番組も大画面で見ると、けっこう迫力があることに感激していました。

SONY VPH-D50QJ(ドルフィン)

でも、環境に慣れてくると(恐ろしいことに)不満が沸きつつ、プロジェクターのグレードアップを考えるようになりました。
もっとも不満に思っていたのは、映写サイズ(レシオ)が、4:3であったことです。
映画のほとんどが、16:9サイズ(レシオ)での供給が標準となり、4:3でスクリーン上下に黒帯が入るのが気に入らなくなってきたのです。TV放送でさえ、HDTV(16:9)です。

そんな時、タイミングが良いのか悪いのか、SONY VPH-D50QJを(またもや)オークションで入手することができました。
その落札価格は、1252QJが、4,700円でしたが、D50QJは、5,000円でした。なんとまぁ。
ちなみに、発売当時の定価は、1252QJ:2,500,000円、D50QJ:1,400,000円。なんとまぁ、なんとまぁ。

sony_vph-d50qjSONY VHP-D50QJ

【仕 様】
・投影サイズ:60~250インチ
・投影方式:3管3レンズ、直接投射方式
・ブラウン管:7型(有効画面5.5型)
・静電フォーカスCRT
・レンズ HACCマルチコーティングレンズ(ダブルフォーカス)、F1.0/135mm、6枚構成
・水平解像度: 700本(ビデオ入力時)
・1,000本(ハイビジョン入力時)
・1,280 * 1,024ドット(RGB入力時)
・カラー方式:NTSC, PAL, SECAM, NTSC4.43, PAL-M自動切り替え
・光出力:160ANSIルーメン(水平64KHz、垂直50Hz、6,500K)、130ANSIルーメン(水平15KHz、垂直60Hz、6,500K)、800ルーメン(ホワイトピーク)
・走査周波数:水平15K~64KHz、垂直38~150Hz
・ビデオ帯域:75MHz
・設置方式:床置き、天吊り
・投射距離:80型:2.5m、100型:3.1m、120型:3.7m
・テスト信号:クロスヘアーパターン、ハッチパターン、ドットパターンほか内蔵
・ゾーン調整ポイント:21ヶ所
・接続端子:RGB・HD/VD入力
・ビデオ入出力(コンポジット・S)
・リモート入出力、コントロールS入出力
・ABLリンク入出力、トリガー出力(入力端子の増設が可能)
・寸法(mm):603w*671d*345h
・質 量:54kg
・消費電力:最大450W(スタンバイ時7W)
・リモコン:ワイヤレス/ワイヤード両用、バックライト付き
・備 考:ラインダブラー内蔵可能

おかげさまで、RGBサイズを16:9に設定でき、最大の不満は解消できました。
D50QJ導入時は、埃まみれでしたので、内部清掃、接点復活剤を適所に塗布、レンズ清掃、レンズフォーカス、電磁フォーカスから、正確な投射位置に設置、一からレジスト調整の結果、けっこう満足のいく映像になりました。

TOSHIBA TDP-EW25 DLPデータプロジェクター

で、3台目のプロジェクターですが(おい)、色々と紆余曲折があったのですが、最終結果DLPプロジェクターを、つい最近入手しました。
またもや、オークションです。

toshiba_tdp-ew25TOSHIBA TDP-EW25

【使用220h】1.2mで100インチ投射可能!東芝TDP-EW25 定価45万

一般仕様一覧
・消費電力:385 W
・質量:4.2 kg
・外形寸法( 突起部含む):幅338 ×高さ128 ×奥行268 mm
・キャビネット材質※:PC+ABS 樹脂およびABS 樹脂
・使用環境条件温度:5℃~ 35℃、相対湿度:30%~ 70%表示
・表示素子:1DLP® チップ
・表示画素数:1,024,000 画素( 水平1,280 ×垂直800)
・レンズ:F=2.63 f=8.37 mm
・ランプ:高圧水銀ランプ (275 W)
・投写画面サイズ:41 ~ 120 型
・投写距離:498 ~ 1526 m
・スピーカー:1W ( モノラル)
・接続端子:
COMPUTER-1 IN 端子ミニDサブ15 ピン RGB / Y/PB/PR( 兼用)
COMPUTER-2 IN 端子ミニDサブ15 ピン RGB / Y/PB/PR( 兼用)
MONITOR 端子ミニDサブ15 ピン RGB / Y/PB/PR( 兼用)
S-VIDEO 端子ミニDIN 4 ピン
AUDIO(L/R) 端子RCA ピンジャック× 2、1.5V(rms)、22k Ω以上
VIDEO 端子RCA ピンジャック、1V(p-p)、75 Ω
AUDIO(L/R) 端子RCA ピンジャック× 2、1.5V(rms)、22k Ω以上
AUDIO IN 端子φ 3.5mm ステレオミニジャック、1.5V(rms)、22k Ω以上
AUDIO OUT 端子φ 3.5mm ステレオミニジャック
CONTROL端子Dサブ9ピン(RS-232C)
USB 端子USB2.0 High-Speed 対応 タイプA 出力電圧 DC+5V
供給電流:500mA
LAN 端子:10BASE-T/100BASE-TX

データプロジェクターで、DLP方式ですが、対応周波数も高く、ホームシアター用としても十分なスペックです。
フルハイビション(1,920x1,080)でもなく、16:9でもなく(16:10です)、ですが今のところは不満もありません(かな?)。
懸念でもあったレインボーノイズも全くありません(というか感じません、目の解像度が大分劣化しているのも確かですが)。
ちなみに落札価格は、25,500円。当時の標準価格は、449,400円。なんとまぁ。なんとまぁ。なんとまぁ。
1252QJに比べてTDP-EW25は、標準価格で1/5、 質量比に至っては約1/15です。落札価格は、5倍ですが。
ウォームアップも要らなくて、ポンと置いてフォーカス調整すれば、16:9で鮮明な映像が得られるなんて。
なんといっても、図体のコンパクトなこと。しかも短焦点レンズのおかげで、視聴位置の前にプロジェクターを置くことができます。持運び用のバッグまで付属していました。
いい時代になりました(ちょっと遠い目)。
でも画質的には、黒浮きがちょっと・・・。基本的に部屋を暗くして見ていますので、コントラスト・明度をギリギリまで下げてはいるのですが・・・。うーん。

SONY VPL-VW90ES

sony_vpl-vw90esSONY VPL-VW90ES

ついにフルハイビジョン(1,920 pixel × 1,080 pixel)、3D対応液晶プロジェクターを購入しました。
"TOSHIBA TDP-EW25" を購入してからちょうど2年が経ちました。3Dソフトも何作か揃い、スクリーン(大画面)で、3D映画を鑑賞したくて、思い切って購入に踏み切りました。
当然(笑)、ネットオークションによる中古です。標準価格:690,000円(税抜き)なんて今の私には逆立ちしても出せるような金額ではありません。それでも、20万円近い出費となりましたが(泣)。これまで購入してきたプロジェクターでの最高実費価格です。まぁ、標準価格でいえば、3管プロジェクターが圧倒的に高価なのですがね。

ビデオプロジェクター VPL-VW90EShttp://www.sony.jp/video-projector/products/VPL-VW90ES/
・120Hzハイフレームレート対応、「SXRD」フルHDパネル(*1)搭載。最大150,000:1 のコントラスト比(*2)。映画の新たな映像美を求めた、3D対応の高画質ビデオプロジェクター
・生産完了
・希望小売価格 690,000円+税
・付属:リモートコマンダー・AC電源コード・3DメガネX2・3Dメガネ用フィルター(レギュラー・スモール)・変換コネクター
LMP-H201・PSS-H10
*1 水平1,920×垂直1,080画素
*2 プロジェクター本体の設定により異なります

【商品の特長】
・シングルオプティカルエンジン搭載による、高画質な3Dホームプロジェクター
・「SXRD」の技術をベースに、くっきりとした3D映像を再現
・セットコントラスト比150,000:1(*1) を実現した120Hzハイフレームレート対応フルHDパネル(*2)「SXRD」
*1 プロジェクター本体の設定により異なります
*2 水平1,920×垂直1,080 画素
・映像の奥行きや、被写体の質感や立体感をリアルに再現。高コントラスト比を実現する「アドバンストアイリス3」
・モーションエンハンサーとフィルムプロジェクション、2つの機能をもつ「モーションフロー」を搭載
・動きの速いシーンをなめらかに再現。1秒間60コマの映像を120コマに変換する、モーションエンハンサー機能
・約500とおりの調整が可能な「11種類のガンマモード」
・映画ならではの映像を堪能できる、3つのシネマモードを搭載
・ARC-F(オールレンジクリスプフォーカス)レンズ搭載でくっきりとした映像を再現
・200W高圧水銀ランプにより、明るさと色再現を両立
・約20dB(*)の静音設計で視聴を妨げる駆動音を低減
* プロジェクター本体の設定および使用環境により異なります
・ダイレクトキーを新配置したリモコンを採用
・充実の入出力端子と操作性
・映画本来の質感が楽しめる24p信号に入力対応

【仕様表】
ビデオプロジェクター 仕様
・光学系 投影方式: 3SXRDパネル・1レンズ、三原色液晶シャッター方式
・パネル: ソニー製0.61型SXRD、6,220,800画素(2,073,600×3)(ハイフレームレート対応)
・レンズ: 1.6倍ズームレンズ(電動)、f18.5-29.6mm/F2.50-3.40、電動レンズプロテクター
・シフト V:+/-0.65V(電動)、H:+/-0.25H(電動)
・光源: 200W 高圧水銀ランプ
・光出力 *1 1,000ルーメン
・ダイナミックコントラスト: ダイナミックコントラスト 150,000:1
・電気系 カラーシステム *2: NTSC3.58、PAL、SECAM、NTSC4.43、PAL-M、PAL-N、PAL60
・主な対応信号: 15kHz RGB/コンポーネント50/60Hz、プログレッシブコンポーネント50/60Hz、
480/60i、576/50i、480/60p、576/60p、720/60p、720/50p、1080/60i、1080/50i、1080/24PsF(48i)、1080/60p(HDMI入力のみ)、1080/50p(HDMI入力のみ)、1080/24p(HDMI入力のみ)、コンポジットビデオ、Y/Cビデオ
・対応コンピューター信号: fH:19-72kHz、fV:48-92Hz
・最高解像度: 1,920×1,080(HDMI入力のみ)
・入力端子: HDMI入力端子 2系統(CEC、ブラビアリンク対応)、コンポーネント入力端子 1系統(Y CB/PB CR/PR)、PC入力端子 1系統(HD D-sub15ピン)、Sビデオ入力端子 - ビデオ入力端子 1系統、コントロール端子:トリガー 1系統 (ミニジャック :DC12V電源/アナモフィック)
・RS-232C ●
・IR IN ●
・3Dシンクロ ●
・その他 アドバンストアイリス3 ●
・3D対応 ●
・ガンマモード数 11
・MPEGノイズリダクション ●
・アナモフィックズームモード対応 ●
・x.v.Color対応 ●
・Deep Color対応 ●
・電源: AC100V、50/60Hz
・消費電力: W 最大320 スタンバイモード(標準)選択時:8/待機時:0.5
・外形寸法(幅×高さ×奥行mm): 470×179.2×484.9
・質量: 約12kg
・駆動音: 20dB
・付属品: リモートコマンダー・AC電源コード・3Dメガネ×2・3Dメガネ用フィルター(レギュラー×2・スモール×2)・変換コネクター・CD-ROM
*1 光出力は、出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2003データプロジェクターの仕様書様式にのっとって記載しています。測定方法、測定条件については付属書2に基づいています
*2 自動切り換え/手動切り換え(PAL60は自動切り換えのみ)

→ 2015.11.22 "VPL-VW90ES"がやって来たのですが、不具合があって修理の必要があり、とりあえずは、出品者に返却することになりました。残念。
→ 2015.11.25 出品者より「不具合再現せず」との連絡あり。設置条件の違いにより映像の焦点が合わずにMENU画像が確認できなかったのでは、との指摘。再度設置条件を整え、当方で確認することに。当方へ商品を再送付してもらうことにしました。
→ 2015.11.29 再度設置作業。今回は無事問題なく設置、調整、各種設定でき、3D映像も確認できました。よかったー。

[ホームシアター] [サラウンド] [3D対応] [上映中] [機器たち(1)] [機器たち(2)]

▲TOP